「実話/ノンフィクション」映画一覧(4ページ目)

実話/ノンフィクションタグのついている映画は、実際にあった出来事を設定にしており、説得力のある、深く脳裏に焼き付くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「それでも夜は明ける」「ダンケルク」「シンドラーのリスト」などがあります。

映画:ペンタゴンペーパーズ最高機密文書

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の紹介:2017年製作のアメリカ映画。政府を敵に回してまで“報道の自由”を守ろうとした実在のジャーナリストたちの姿を描く、スティーヴン・スピルバーグ監督による人間ドラマ。ベトナム戦争を客観的に調査・分析した国家の機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の全貌を公表しようとしたワシントンポストの女性発行人をメリル・ストリープ、編集主幹をトム・ハンクスが演じる。

ネタバレを読む
映画:ミルク

ミルクの紹介:2008年のアメリカ映画。ゲイの権利活動家で、TIME誌上で「20世紀の100人の英雄」に選ばれたハーヴィー・ミルクの生涯を描いた作品。主演は本作で2度目のアカデミー主演男優賞を受賞したショーン・ペン。日本公開は2009年。

ネタバレを読む
映画:完全なるチェックメイト

完全なるチェックメイトの紹介:チェスプレイヤーのボビー・フィッシャーの人生を描いた2014年のアメリカの伝記映画。監督は「ラストサムライ」などで知られるエドワード・ズウィック。主演はトビー・マグワイア。日本公開は2015年。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ49

ほんとにあった!呪いのビデオ49の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2012年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第49作。女子大生失踪事件を発端とする「死返(まかるがえし) 」の後編、廃線跡のトンネルで映り込んだ怪異「頭のおかしい女」など8本を紹介する。構成・演出は本シリーズの元演出補であり「心霊玉手匣」「鬼談百景」(「どこの子」「空きチャンネル」)で知られる岩澤宏樹。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ48

ほんとにあった!呪いのビデオ48の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2012年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第48作。女子大生失踪事件を発端とする「死返(まかるがえし) 」の中編、本シリーズ45巻の「首の家」の災いの連鎖「続・首の家 憑いてくる怨霊」など8本を紹介する。構成・演出は本シリーズの元演出補であり「心霊玉手匣」「鬼談百景」(「どこの子」「空きチャンネル」)で知られる岩澤宏樹。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ47

ほんとにあった!呪いのビデオ47の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2012年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第47作。女子大生失踪事件を発端とする「死返(まかるがえし) 」の前編、廃墟で見つけたVHSテープの不気味な映像「廃墟の演奏会」など7本を紹介する。構成・演出は本シリーズの元演出補であり「心霊玉手匣」「鬼談百景」(「どこの子」「空きチャンネル」)で知られる岩澤宏樹。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:シービスケット

シービスケットの紹介:2003年制作のアメリカ映画。監督・脚本は「オーシャンズ8」などで知られるゲイリー・ロス。主演はトビー・マグワイア。ローラ・ヒレンブランドの同名小説を基に、伝説の競走馬シービスケットと男たちの物語を描く。日本公開は2004年。

ネタバレを読む
映画:ビニー信じる男

ビニー/信じる男の紹介:2016年にアメリカで製作されたスポーツドラマ。不幸な交通事故から復活を遂げ、世界タイトルを手にしたボクサー、ビニー・パジェンサの実話を映画した作品で、「セッション」のマイルズ・テラーが主演を務めた。主人公を支える名コーチをアーロン・エッカートが好演している。

ネタバレを読む
映画:マクファーランド 栄光への疾走

マクファーランド 栄光への疾走の紹介:2015年にアメリカで製作されたスポーツドラマ。1987年にヒスパニック中心の生徒からなるチームがクロスカントリー州大会で優勝した実話を基に、人種を越えたコーチと生徒の交流を描いていく。第24回ハートランド国際映画祭Truly Moving Picture Award受賞作品。

ネタバレを読む
映画:ホテルルワンダ

ホテル・ルワンダの紹介:2004年制作のイギリス、イタリア、南アフリカ共和国の合作映画。監督・脚本はテリー・ジョージ。実際に起きたフツ族によるツチ族の大虐殺「ルワンダ虐殺」を基に、1200人以上の命を救ったホテルの副支配人の姿を描く。日本公開は2006年。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ46

ほんとにあった!呪いのビデオ46の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2012年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第46作。新築物件に紛れ込んだ遺物「漂流する写真」、家族のみならず周囲の人間をも呪殺する悪意「嫉妬」など7本を紹介する。構成・演出は本シリーズの元演出補であり「心霊玉手匣」「鬼談百景」(「どこの子」「空きチャンネル」)で知られる岩澤宏樹。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ45

ほんとにあった!呪いのビデオ45の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2011年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第45作。公園に出没する幼女の霊「鬼子母神」、廃墟に積まれたマネキンの首の山に出現する不気味なモノ「首の家」など8本を紹介する。構成・演出は本シリーズの元演出補であり「心霊玉手匣」「鬼談百景」(「どこの子」「空きチャンネル」)で知られる岩澤宏樹。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:あいつの声

あいつの声の紹介:韓国三大未解決事件の一つ、1991年の”イ・ヒョンホ君誘拐殺人事件”をモチーフとし、被害者家族と犯人の、事件発生から遺体発見までの44日間の苦悩と攻防を描いた2007年公開のサスペンス映画。監督/脚本は「ユア・マイ・サンシャイン」のパク・チンピョ。主演は「公共の敵」のソル・ギョングと「僕の妻はスーパーウーマン」(ドラマ)のキム・ナムジュ。

ネタバレを読む
映画:遺体明日への十日間

遺体 明日への十日間の紹介:2013年に製作された東日本大震災直後の岩手県釜石市を舞台としたヒューマンドラマ。石井光太のルポルタージュを映画化した作品で、死者の尊厳をテーマに遺体と向き合うボランティアの姿を描いていく。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。