「実話/ノンフィクション」映画一覧(5ページ目)

実話/ノンフィクションタグのついている映画は、実際にあった出来事を設定にしており、説得力のある、深く脳裏に焼き付くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「それでも夜は明ける」「ダンケルク」「シンドラーのリスト」などがあります。

映画:路上のソリスト
路上のソリストの紹介:2009年制作のアメリカ映画。「ロサンゼルス・タイムズ」紙の記者であるスティーヴ・ロペスが、路上生活者として暮らす天才チェリストのナサニエル・エアーズとの交流を綴った連載コラムを基に描いている。日本公開は2009年。 ネタバレを読む
ほんとにあった!呪いのビデオ78の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2018年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第78作。神社での肝試し中に起こった怪現象を追う「ずっと一緒」の完結編、家出した女子高生が身を寄せた男性宅で起こった怪異「排水溝」など7本を紹介する。演出/構成は長年演出補として活躍してきた川居尚美と「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平。ナレーションは中村義洋。 ネタバレを読む
ほんとにあった!呪いのビデオ77の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2018年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第77作。心霊スポットと言われる神社の肝試しで起こった怪現象を追う「ずっと一緒」、生後間もない我が子との記念写真の撮影中に起こった不可思議な現象「写真スタジオ」など7本を紹介する。演出/構成は長年演出補として活躍してきた川居尚美と「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平。ナレーションは中村義洋。 ネタバレを読む
ランナウェイズの紹介:1970年代後半、セクシーな衣装で挑発的な歌を歌い、一世を風靡した10代女子のバンド「ザ・ランナウェイズ」の結成から解散までを描いた作品です。主演は「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュアートと、「宇宙戦争」の子役だったダコタ・ファニング。ランナウェイズのボーカル、シェリー・カーリーが書いた自伝を原作としており、ギタリストだったジョーン・ジェットが製作を担当、出演者にアドバイスをしました。 ネタバレを読む
ほんとにあった!呪いのビデオ76の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2018年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第76作。SNSイジメの闇を捉えた「誰がために」、存在しないはずの後輩の姿に怯える「温泉旅行」、投稿者が謎の失踪を遂げる「料理」など7本を紹介する。演出/構成は長年演出補として活躍してきた川居尚美と「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平。ナレーションは中村義洋。 ネタバレを読む
ラブ&ドラッグの紹介:2010年に公開された作品。バイアグラを一躍ヒット商品にしたセールスマンのジェイミー・レイデイのノンフィクション自伝小説『涙と笑いの奮闘記 全米セールスNo.1に輝いた<バイアグラ>セールスマン』を原作としている作品である。監督を務めたのは『ラストサムライ』などの監督として知られるエドワード・ズウィック。主演はジェイク・ギレンホールとアン・ハサウェイ。 ネタバレを読む
映画:ダムドファイル2
ダムド・ファイル2の紹介:2003~2004年に放映された名古屋テレビ=メ~テレ制作の名古屋/東海地方の都市伝説を元としたTVドラマ。三池崇史監督によるオープニングも圧倒的な世界観を醸している。「あかね雲」「ekiden[駅伝]」の浜本正機監督による「少年・南区」「墓地・千種区」「埠頭・港区」「学校・熱田区」の4作品を収録。 ネタバレを読む
映画:ダムドファイル1
ダムド・ファイル1の紹介:2003~2004年に放映された名古屋テレビ=メ~テレ制作の名古屋/東海地方の都市伝説を元としたTVドラマ。三池崇史監督によるオープニングも圧倒的な世界観を醸している。「ドレミファ娘の血は騒ぐ」の万田邦敏監督による「テレビ局・中区」「伊勢神トンネル・足助町」「カラオケボックス・千種区」「終の家・瑞穂区」の4作品を収録。 ネタバレを読む
映画:シンクロダンディーズ
シンクロ・ダンディーズ!の紹介:2019年9月20日公開のイギリス映画。スウェーデンの中年男性シンクロチームの実話を、舞台をイギリスに移し映画化。中年の危機を抱える男性たちが、輝きを取り戻そうと奮闘する姿を描く。コメディアンのロブ・ブライドンほか、「ダウントン・アビー」のジム・カーターなど英国で人気の俳優たちがトレーニングに励み、本格的なシンクロシーンに挑んだ。監督はオリバー・パーカー。 ネタバレを読む
映画:新ポリスストーリー
新ポリス・ストーリーの紹介:1993年に公開されたジャッキー・チェン主演の映画です。1990年に香港で起きた「資産家誘拐事件」をベースにしており、実際に事件が起きた現場の一部がロケ地として使用されています。そのため従来のジャッキー映画よりもシリアスさが前面に押し出されているのが特徴的です。とはいえ警察当局からの要請もあって捜査内容は簡略化されており、すべてが実話ベースではありません。ちなみにジェット・リーが主演をするという話もあったそうです。 ネタバレを読む
映画:フォースカインド
フォース・カインドの紹介:アラスカの小村で頻発する不可解な失踪、殺人事件が実は地球外生命体によるモノだとする2009年公開のアメリカのホラー・モキュメンタリー。案内役と再現ドラマの主人公を「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチが演じた事で話題となった。監督/原案/脚本は「エビデンス-全滅-」のオラトゥンデ・オスンサンミ。原題の『The Fourth Kind』とは「第4種接近遭遇=地球外生命体による拉致」の意。 ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ75
ほんとにあった!呪いのビデオ75の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2018年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第75作。自死した母親の本意に愕然とさせられる「母の願い」、季節外れの湖に出現して生者を誘う「下見」、山あいの無人駅に出現する異形「無人駅」など6本を紹介する。演出/構成は「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平、「境界カメラ」シリーズ「ミテハイケナイ都市伝説」の寺内康太郎。ナレーションは中村義洋。 ネタバレを読む
映画:アバンダンド 太平洋ディザスター119日
アバンダンド 太平洋ディザスター119日の紹介:2015年にニュージーランドで制作された映画で、実際に起きた遭難事件を元にしたストーリーになっています。転覆して漂流することになった4人の男たちのサバイバル生活を描いており、基本的に船の上だけで物語は展開されていきます。さらにドミニク・パーセル氏が主演とあらすじに書かれている場合が多いですが、実際のところ、ジョン役を務めるピーター・フィーニー氏の方が主人公です。 ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ74
ほんとにあった!呪いのビデオ74の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2017年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第74作。温厚な人物が突如豹変する三部作の完結編「おくりもの 後編」、山道を猛スピードで這い回る異形「山道」、生霊と思しき姿を捉えた「カメラ機能」など6本を紹介する。演出/構成は「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平、「境界カメラ」シリーズ「ミテハイケナイ都市伝説」の寺内康太郎。ナレーションは中村義洋。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×