「戦争」映画一覧(11ページ目)

戦争タグのついている映画は、繰り返される悲劇である戦争を設定としており、そこで起こるドラマチックなストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に視聴されています。代表的な映画として、「プライベート・ライアン」「硫黄島からの手紙」「火垂るの墓」などがあります。

日本のいちばん長い日(1967年)の紹介:御前会議で降伏を決定した1945年8月14日の正午から宮城事件、ラジオの玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描く。戦後70年にあたる2015年にリメイクされた。

ネタバレを読む

ワルキューレの紹介:2008年制作のアメリカ映画。第二次世界大戦末期の1944年に起きた、ドイツ国防軍将校によるヒトラー暗殺計画「ヴァルキューレ作戦」と、その指揮を執った実在の将校シュタウフェンベルク大佐を、トム・クルーズ主演で描く。

ネタバレを読む

地獄の黙示録 特別完全版の紹介:1979年制作のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラによる戦争映画で、同年のアカデミー賞やゴールデングローブ賞を総なめにした。2001年に再編集で53分の追加シーンを加えた『特別完全版』が公開。

ネタバレを読む

火垂るの墓(2008年 実写版)の紹介:2008年公開の日本映画。野坂昭如の原作で1988年にアニメ映画化されている『火垂るの墓』を、新たに実写映画化。混乱した戦時下を自力で生き抜こうとする兄妹の痛切な運命を描く。

ネタバレを読む

八月の狂詩曲(ラプソディー)の紹介:1991年公開の日本映画。村田喜代子の芥川賞受賞小説 『鍋の中』を原作とし、原爆体験をした長崎の祖母と4人の孫たちのひと夏の交流を描く反核映画。監督/脚本は黒澤明。

ネタバレを読む

父親たちの星条旗の紹介:2006年公開のアメリカ映画。太平洋戦争最大の戦闘とされる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」のアメリカ側視点の作品である(日本側視点は『硫黄島からの手紙』)。監督はクリント・イーストウッド

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の紹介:1983年公開のアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズの第6弾(制作順は3番目)。公開時の副題は『ジェダイの復讐』。共和軍と帝国軍の熾烈な戦闘と、ルークの父親と妹の存在が描かれる。

ネタバレを読む

ブラックホーク・ダウンの紹介:2001年制作のアメリカ映画。リドリー・スコット監督が、実際にソマリアで起こった15時間に及ぶ壮絶な激闘を映画化。敵地に取り残された兵士たちの姿を、圧倒的な臨場感で描き出す戦争映画。

ネタバレを読む

エンド・オブ・ホワイトハウスの紹介:2013年公開のアメリカ映画。ホワイトハウスが北朝鮮のテロリストに占拠され、大統領が人質にとられたという設定で描くアクション・スリラー映画。アントワーン・フークア監督、ジェラルド・バトラー主演兼制作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。