「戦争」映画一覧(5ページ目)

戦争タグのついている映画は、繰り返される悲劇である戦争を設定としており、そこで起こるドラマチックなストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に視聴されています。代表的な映画として、「プライベート・ライアン」「硫黄島からの手紙」「火垂るの墓」などがあります。

映画:グッバイクリストファーロビン
グッバイ・クリストファー・ロビンの紹介:「くまのプーさん」の作者A.A.ミルンと息子クリスファー・ロビンの人生を描いた伝記映画。戦争で心に深い傷を負ったミルンが息子との交流を通じてくまのぬいぐるみの物語を完成させるが、それによって新たな悲劇が生まれてしまう。2017年のミルバレー映画祭では、観客賞を受賞した。2017年イギリス製作。 ネタバレを読む
映画:エアストライク(2018年)
エア・ストライク(2018年)の紹介:2018年製作の中国映画。ブルース・ウィリス、エイドリアン・ブロディ、リウ・イエらハリウッドとアジアのスターが顔を揃えた戦争アクション。日中戦争下の1941年。米軍のジャック・ジョンソン大佐は、圧倒的不利な中国軍空戦部隊を率いて、最新鋭機・ゼロ戦を操る日本軍に挑む。 ネタバレを読む
映画:THEPROMISE君への誓い
THE PROMISE 君への誓いの紹介:2016年のアメリカ・スペイン合作の歴史ドラマで、150万人もの犠牲者を出したオスマン帝国によるアルメニア人虐殺を一人の青年の視点から描いていく。監督は「ホテル・ルワンダ」で知られるテリー・ジョージ、主演はオスカー・アイザック、シャルロット・ルボン、クリスチャン・ベールが務めた。 ネタバレを読む
映画:ガザの美容室
ガザの美容室の紹介:2015年のパレスチナ、フランス、カタールの合作で、日本公開は2018年。第68回カンヌ国際映画祭正式出品作。監督はパレスチナ自治区のガザで生まれで、一卵性双生児のターザン&アラブ・ナザール。ガザにある小さな美容室には、女性客が集まり混雑していた。ところが店の外で銃声が響いた途端に戦闘が始まり、美容室にいた女性たちは監禁状態となってしまう…。 ネタバレを読む
映画:ドローン無人爆撃機
ドローン 無人爆撃機の紹介:2013年に公開された映画です。最新鋭の無人機ドローンをテーマとしており、テロリストや民間人の巻き添えなどが大きくかかわってきます。無人機ドローンのオペレーターと操縦士たちが、テロリストを爆撃すべきか、爆撃しないべきかを話し合いを進める中で、戦争にまつわる思惑が浮き彫りになってくるといった内容となっています。現代だからこその戦争映画となっており、基本的には2人の会話だけで進んでいきます。 ネタバレを読む
映画:山猫
山猫の紹介:1963年のイタリア・フランス合作の歴史ドラマ。イタリア貴族の子孫であるジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサによる同名の歴史小説を、同じくイタリア貴族の子孫であるルキノ・ヴィスコンティ監督が映画化、バート・ランカスター、アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレが主演を務めた。イタリア統一革命に揺れるシチリアを舞台に、山猫の紋章を持つサリーナ公爵と野心的な甥タンクレーディのそれぞれの生き方を対照的に描いていく。第16回カンヌ国際映画祭では最高賞パルム・ドールに輝いた。 ネタバレを読む
映画:ロープ/戦場の生命線
ロープ/戦場の生命線の紹介:2015年製作のスペインのブラックコメディ映画。「国境なき医師団」の医師パウラ・ファリアスによる小説「Dejarse llover」を映画化した作品で、民族紛争停戦直後のバルカン半島で人道支援を行う活動家たちがロープを探し求める様子を皮肉たっぷりに描いていく。第30回ゴヤ賞では最優秀脚色賞を受賞した。 ネタバレを読む
映画:戦場でワルツを
戦場でワルツをの紹介:2008年公開のイスラエル映画。監督のアリ・フォルマンが兵士として参戦したレバノン侵攻にまつわる体験をもとに制作した斬新な手法のドキュメンタリー・アニメ。同年のゴールデン・グラブ賞、セザール賞で外国語映画賞を受賞したほか数々の映画賞に輝いた。PG12指定。友人が猛犬に襲われる悪夢を見続けていると聞いた映画監督のアリは、それが戦争の後遺症ではないかと疑う。一方でアリは当時の記憶が全く無いことに気付き、戦友を訪ねる旅に出るのだったが…。 ネタバレを読む
映画:アメリカンバーニング
アメリカン・バーニングの紹介:2016年公開。1997年にフィリップ・ロスが発表した小説「American Pastoral」を映画化した作品。「スター・ウォーズ」シリーズ、「プーと大人になった僕」などで知られる俳優ユアン・マクレガーが監督・主演を務めていることでも話題となった作品である。原題は原作小説と同名の「American Pastoral」である。アメリカと香港の合同製作作品。 ネタバレを読む
映画:ワーテルロー
ワーテルローの紹介:1970年のイタリア・ソビエト連邦合作の戦争映画。ナポレオン戦争最後のt戦いとして知られるワーテルローの戦いを映像化したスペクタクル大作。第24回英国アカデミー賞では、美術賞、衣装デザイン賞を受賞した。 ネタバレを読む
映画:ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の紹介:2016年製作のチェコ・イギリス・アメリカ・フランス合作の戦争映画。第二次世界大戦中にチェコで起きたナチス高官ハイドリヒ暗殺事件を描いていく。第24回チェコ・ライオン賞では観客賞を受賞した。 ネタバレを読む
映画:第十七捕虜収容所
第十七捕虜収容所の紹介:1953年製作のアメリカのサスペンス映画。ナチスドイツの捕虜収容所で密告者の疑いを賭けられた男の孤独な闘いをサスペンスフルに描いていく。元々はドナルド・ビーヴァンとエドモンド・トルチンスキーのブロードウェイ舞台劇で、ビリー・ワイルダー監督がウィリアム・ホールデン主演で映画化した。第26回アカデミー賞ではウィリアム・ホールデンは主演男優賞を受賞した。 ネタバレを読む
映画:ゴジラ(1984)
ゴジラ(1984)の紹介:1984年公開。1975年公開「メカゴジラの逆襲」以来約9年振りとなるゴジラ作品である、シリーズ16作目となる作品。また、昭和に公開された最後のゴジラ作品でもある。ゴジラシリーズ2作目「ゴジラの逆襲」から15作目「メカゴジラの逆襲」までの出来事を全てリセットし、1作目「ゴジラ(1954)」から約30年振りにゴジラが姿を現したという設定になっている。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×