「青春」映画一覧(2ページ目)

青春タグのついている映画は、学生を出演者とした作品や、胸を熱くしたり、甘酸っぱくも切ないストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「愛と青春の旅だち」「ロミオとジュリエット」「スタンド・バイ・ミー」などがあります。

映画:ビームマシンで連れ戻せテレポーテーション大作戦

ビームマシンで連れ戻せ テレポーテーション大作戦の紹介:2013年に公開されたドイツ映画です。子供向けのアドベンチャー映画で、ベルリンの壁があった頃のドイツが舞台となります。「雪の女王」のフローラ・ティーマン氏、「ヒトラーの贋札」のデーヴィト・シュトリーゾフ氏など、有名な俳優も出演しています。主役は子供たちであり、どちらかと言えばユーモア溢れるコミカルアドベンチャーといった感じです。とはいえベルリンの壁があった頃の社会情勢も盛り込んでいるため、ある意味では大人向けの要素もあるかもしれません。

ネタバレを読む
映画:ブギーポップは笑わない Boogiepop and Others

ブギーポップは笑わない Boogiepop and Othersの紹介:2000年に公開された映画です。大人気ライトノベル「ブギーポップは笑わない」を実写化した作品で、原作者の上遠野浩平氏がエキストラとして出演しています。内容は第1巻をベースにしたものになっており、いわゆる群像劇です。主演は吉野紗香氏で、「相棒」で有名な寺脇康文氏や「仮面ライダー」や「ウルトラマン」などの高野八誠氏などもキャスティングされています。

ネタバレを読む
映画:こんぷれっくす×コンプレックス

こんぷれっくす×コンプレックスの紹介:2015年公開のアニメ。全編flashアニメーションで構成され、背景以外のアニメは監督のふくだみゆき自身が制作した。プロデューサーはふくだの夫で映画監督の上田慎一郎。自主制作の短編作品としては初となる毎日映画コンクールアニメーション映画賞の受賞を皮切りに、数多くの賞に輝いた。中2のゆいは、男性のワキ毛に興味を抱くことに“こんぷれっくす”を感じていた。ワキ毛の濃い同級生・武尾を目で追ってしまうゆいだったが、一方彼は、そのワキ毛の濃さこそがコンプレックスだった…。

ネタバレを読む
映画:フォーハンズ

フォー・ハンズの紹介:20年前、両親が強盗に殺害される現場に居合わせてしまった姉妹の悲劇を描いた2017年制作のドイツのホラー・サスペンス。監督/脚本は初長編作「Bis aufs Blut–Brüder auf Bewährung」で数々の賞を受賞したオリヴィエ・キーンル。妹役をフリーダ=ロヴィーサ・ハーマン、姉役を「顔のないヒトラーたち」のフリーデリーケ・ベヒトが演じている。

ネタバレを読む
映画:アイスと雨音

アイスと雨音の紹介:オーディションで選ばれた少年少女たちが、舞台公演に向けて練習を重ねていた。ところが突如、公演中止が決定してしまう…。 2018年の公開作で、監督・脚本・編集は『私たちのハァハァ』『アズミ・ハルコは行方不明』の松居大悟。今作は74分をワンカットで撮影し、劇中の音楽はラップグループのMOROHAが生演奏する演出で、虚構と現実の間でもがく若者たちの姿を鮮烈に描き出した。

ネタバレを読む
映画:打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(1995年)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の紹介:1995年製作の日本映画。小学生の男の子と女の子の淡い恋心と悲しい別れを描いたドラマ。監督は「Love Letter」の岩井俊二。主人公のふたりの小学生を演じるのは、「グッバイ・ママ」の山崎裕太と「パ★テ★オ PATIO」の奥菜恵。もともとはフジテレビで放送されていた『ifもしも』の一篇として製作され、93年8月26日に放送されたもので、テレビ・ドラマとして初めて日本映画監督協会新人賞を受賞した作品。

ネタバレを読む
映画:花のあすか組 NEO!

花のあすか組 NEO!の紹介:2009年に公開された日本の作品です。90年代に流行した高口里純の大人気不良少女漫画「花のあすか組」を実写化した映画です。原作は80年代から90年代に連載された漫画だったため、内容も当時の時代背景が描かれています。しかしこの映画ではアレンジが加えられ、今風のものになっています。ちなみに水森奈々(水)役を演じた高口真々子さんは、原作者である高口里純さんの実の娘でもあります。

ネタバレを読む
映画:天気の子

天気の子の紹介:2019年公開。「秒速5センチメートル」「君の名は。」などで知られるアニメーション監督である新海誠監督作品の最新作である。今作は、社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録した2016年公開の前作「君の名は。」以来となる作品となり、前作同様、主題歌と劇伴をロックバンドRADWIMPSが担当しており、特にボーカルの野田洋次郎はストーリー展開などを決めるミーティングにも参加しており、作品に大きく関わっている。

ネタバレを読む
映画:ビーバップハイスクール高校与太郎音頭

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭の紹介:1988年に公開された映画で、大人気不良漫画を実写化した「ビー・バップ・ハイスクールシリーズ」の第5弾です。本作ではヒロシ役の清水宏次朗氏がコンサートツアーで撮影に参加できなかったため、トオルのみの出演となっています。またこれまで菊リン役を務めていた石井博泰氏は坊主頭になることがイヤで、本作から降板しています。その代わりに高橋秀治氏が2代目菊リンとして出演しました。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダーフォーゼTHEMOVIEみんなで宇宙キターッ!

仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!の紹介:2012年に公開された「仮面ライダーフォーゼ」の単独劇場版です。テレビシリーズにおける38話と39話の間の出来事と位置付けられており、宇宙を舞台とした物語になっています。「宇宙鉄人キョーダイン」のグランゼルやスカイゼル、ブラックナイトが設定やデザインを一新した状態で登場します。そのうえ「大鉄人17」のワンセブンも設定を変えて出演しています。さらに次回作のライダー「仮面ライダーウィザード」も先行登場しています。

ネタバレを読む
映画:それから(1985年)

それから(1985年)の紹介:1985年公開の日本映画。明治後期の東京を舞台に、親友の妻への愛に悩む主人公の姿を描いた夏目漱石の同名小説を、森田芳光監督が映画化。明治後期の東京で、親友・平岡とその妻・三千代、三千代に思いを寄せた平岡の親友・代助。彼ら三人の関係を綴る。

ネタバレを読む
映画:夏ノ日、君ノ声

夏ノ日、君ノ声の紹介:葉山奨之、荒川ちか主演で2015年に公開された作品で、映画監督の神村友征の長編デビュー作でもあります。難病に侵された少女と高校生の淡い恋の物語を、時が経ったあとに主人公が思い出す形で語られるストーリーとなっており、過去との決別も大きなテーマとして描かれています。主題歌の「君ノ風」は、シンガーソングライター「N.O.B.U!!!」が同作品のために書き下ろしたバラードとなっています。

ネタバレを読む
映画:ビーバップハイスクール

ビー・バップ・ハイスクールの紹介:大人気漫画「ビー・バップ・ハイスクール」を原作とした実写映画です。後に大ヒットシリーズとなる「ビー・バップ・ハイスクール」の第1弾であり、仲村トオル氏や清水宏次朗氏がトオルとヒロシを演じています。ヒロインの今日子役には中山美穂氏が抜擢されました。本作には本物の不良がエキストラとして多数出演するなど、不良映画の金字塔としても有名です。なお1作目には敵役として、小沢仁志氏が出演しています。

ネタバレを読む
映画:君の膵臓を食べたい(2018)

君の膵臓を食べたい(2018)の紹介:2018年公開。住野よる著の小説「君の膵臓を食べたい」の2度目の映画化作品であり、初の劇場用長編アニメーション作品でもある。本作のアニメーション映画化の計画は原作小説単行本発売前から指導しており、アニプレックスのプロデューサーが双葉社から送られてきたサンプル版の書籍を読んで、すぐにアニメ映画化を決定した。監督・脚本は牛嶋新一朗。また、原作者の住野よるも脚本に参加しており、牛嶋との共同クレジットとなっている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。