「青春」映画一覧(4ページ目)

青春タグのついている映画は、学生を出演者とした作品や、胸を熱くしたり、甘酸っぱくも切ないストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「愛と青春の旅だち」「ロミオとジュリエット」「スタンド・バイ・ミー」などがあります。

「ウォール・フラワー」は同名の小説を原作とし、監督は小説の作者でもあるスティーブン・チョボスキー自身が務めています。80年代を舞台に10代の思春期の瑞々しさや、心の脆さを描いた青春映画です。「パーシー・ジャクソンとオリンポスの杖」のチャーリー・ローガン・ラーマン、「ハリーポッター」シリーズのエマ・ワトソン、「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラーが出演しています。16歳の高校生のチャーリーは学校では目立たない少年、しかし変わり者だが不思議な魅力を持ったパトリックとサム兄妹と出会い、そこからチャーリーの生活は一転し色づき始める…。 ネタバレを読む
妻を亡くし息子との関係も最悪で、甘いものやタバコも医者に止められ、ただ木を切って洗濯物を取り込んで、飯を作り木こりの仕事へ向かう岸克彦60歳。そんな日常生活の中に映画製作隊が入ってきて克彦は映画作りを手伝うようになる。そこで25歳の監督とのやり取りの中で自分自身も刺激を受け、またそれが若い監督を成長させていく。 2011年 日本国製作 沖田修一監督作品 ネタバレを読む
2003年製作のアメリカ映画。売れないバンドのデューイは、自身がバンドを作ったにも関わらず解雇されてしまう。家賃も滞納し、なんとかお金を工面しなければならない時、ルームメイトのネッドに成り代わって、ホレス・グリーン学院の補充教師として働くことに。しかしこの学校はマジメすぎるほどマジメで、ロックしか知らないデューイは…。 ネタバレを読む
三谷幸喜脚本、監督のコメディー映画。とあるラジオ局を舞台に、名も無き主婦のたった一つのラジオドラマを軸に、様々な人間模様が複雑に絡み合っていく。藤村俊二扮する守衛さんがまさかの役で登場する。1997年公開作品。103分。 ネタバレを読む
2006年アメリカ製作のコメディ映画。第79回アカデミー賞で作品賞を含む4部門ノミネートされ、脚本賞、助演男優賞を獲得。世界興行収入は1億ドルを超え、批評家に高く評価された作品。ぽっちゃりとした眼鏡をかけた可愛い少女オリーヴが、ミスコンに出場することになり、母シェリルの兄のフランクと家族みんなで、黄色い古いバスに乗り、「リトル・ミス・サンシャイン」の会場へ長距離のたびに出ます。旅の途中、家族それぞれの問題が出てきます。 ネタバレを読む
海月姫の紹介:2014年公開の日本映画。テレビアニメにもなった東村アキコの同名コミックを、能年玲奈主演で映画化した青春ドラマ。男子禁制の共同アパートのオタクな住人たちと、1人を除いて自分が男であることを隠して同アパートに入り浸る女装男子とのおかしな恋や友情を描く。「仮面ライダーW」で人気となった菅田将暉が、素性を隠し友情を育む女装男子を演じる。 ネタバレを読む
2015年日本で制作されたラブコメディー映画。高校生の松崎はとりは、幼馴染で同じ高校に通う寺坂利太にひそかな恋心を抱いていた。はとりは、利太がほかの女子と付き合ったとしても、最終的に選ばれるのは自分であり、自分は利太の「ヒロイン」だという根拠のない自信を持っていた。しかし現実は甘くなく、利太は地味で控えめな性格の未帆と付き合い始め...。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
ケイトはサラとブライアンの娘として生まれてきたが、2歳の時に急性前骨髄球性白血病を患ってしまう。治療には骨髄移植が必要なのだが両親もケイトの兄のHLAが適合しない。いつ現れるかわからない適合ドナーの出現を待つしかなかった両親が、医者から非公式に伝えられたケイトを救う方法は、受精卵の段階で遺伝子操作を行いケイトのドナーにするための子供を、作るという事だった。そして生まれてきたのがアナだったのだが、生まれると同時に過酷な犠牲を強いられてきたアナは11歳の時、これ以上の提供を拒み、弁護士を雇って訴訟を起こした。 2009年 アメリカ合衆国製作  上映時間:110分 監督:ニック・カサヴェテス ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
「JUNO/ジュノ」は女子高生の予期せぬ妊娠から出産までを描いたハートフルコメディで「サンキュー・スモーキング」「マイレージ・マイライフ」などのジェイソン・ライトマン監督の作品です。アカデミー脚本賞受賞。主演は今作でブレイクしたエレン・ペイジが妊娠した16歳の女子高生を演じています。少し変わり者の普通の女子高生がジュノは興味本位でセックスをし妊娠してしまい、家族や友達に支えられながら出産を経験する。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
北海道にある小さな駅「幌舞」には、寡黙だが忍耐強い本物の「鉄道員」がいた。雨の日も、雪の日も、妻や愛娘が亡くなった日にも、彼はホームに立ち続けた...。浅田次郎原作の小説を、降旗康男監督と、カメラマン池田大作が北海道ロケを敢行し撮られた一作。主演は高倉健である。その年の日本アカデミー賞の最優秀賞を総なめにした。1999年公開作品、112分。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
おおかみこどもの雨と雪の紹介:2012年公開の日本アニメーション映画。『サマーウォーズ』の細田守監督が自ら立ち上げたアニメーションスタジオ、スタジオ地図で製作。2人の子供と母親の姿を描くファンタジーアニメ。“おおかみおとこ”と恋に落ち、“おおかみこども”の姉弟を授かった女性の奮闘と、子供たちの成長という13年の物語が繰り広げられる。脚本を担当するのは『八月の蝉』の奥寺佐渡子。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
2015年2月公開の日本映画。 長崎県の五島列島にある中学校の合唱部を舞台にして、課題曲であるアンジェラ・アキの”手紙 〜拝啓 十五の君へ〜”を通して綴る青春譚ともいえる映画です。 一人の女性教師と、子供たちがそれぞれに抱えた苦悩や葛藤、それでも見失わない未来への希望を素敵な音楽に載せて描いています。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
「許されざる者」や「ミリオンダラー・ベイビー」など数々の名作で知られ、名優であり名監督でもあるクリント・イーストウッドが、監督・主演を務めた作品です。過去の遺物のような頑固者の老人が、それまで触れ合うことのなかったモン族の家族と知り合い、心を開きながら非情な暴力に対抗していく様を描いています。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×