「青春」映画一覧(4ページ目)

青春タグのついている映画は、学生を出演者とした作品や、胸を熱くしたり、甘酸っぱくも切ないストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「愛と青春の旅だち」「ロミオとジュリエット」「スタンド・バイ・ミー」などがあります。

映画:スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの紹介:2019年公開。MARVELコミック原作の、同一の世界観を共有する作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の第23作目であり、トム・ホランドが演じるMCU版スパイダーマン単独作としては2作目となる。2019年4月公開の「アベンジャーズ/エンドゲーム」のその後の出来事を描いている作品で、シリーズ第一作である2008年公開「アイアンマン」から始まった「インフィニティ・サーガ」の締めくくりとなる作品である。監督は前作「スパイダーマン:ホームカミング」から引き続きジョン・ワッツが務めている。

ネタバレを読む
映画:風が強く吹いている

風が強く吹いているの紹介:三浦しをんの同名小説を映画化し、大森寿美男が監督・脚本をつとめて2009年に公開された作品です。とある大学の弱小陸上部を舞台に、寄せ集めの個性的なメンバーたちが箱根駅伝を目指すまでの物語が描かれています。小出恵介と林遣都が主演をつとめ、走ることに情熱を燃やすランナーたちの心情を演技で表現してくれています。またタイトルでもある「風が強く吹いている」も、箱根マラソンをあらわす印象的な言葉として劇中に登場しています。

ネタバレを読む
映画:想影

想影の紹介:2017年公開の短編映画。『女による女のためのR18文学賞』の最終選考候補作である野村実来の小説に着想を得たラブストーリー。監督は若手の加藤慶吾。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016では短編部門で観客賞第1位に輝いた。アーミーナイフを持ち歩いていた初恋相手。彼が結婚すると聞いた由美は、ずっと伝えられずにいた想いが溢れ出し、ある行動に出るのだったが…。

ネタバレを読む
映画:あやかし神楽

あやかし神楽の紹介:2011年に公開された日本の特撮映画です。子役として有名な美山加恋氏が主演を務めています。巫女の家に生まれた主人公が、4人のお供やあやかしと共に妖怪マギラオに挑むという物語です。脇を固めるキャスト陣には、笑福亭鶴瓶氏の息子、駿河太郎氏や数多くのドラマに出演している浅野麻衣子氏が選ばれています。さらに本作のアクション監督を手掛けるのは、世界的スターのジャッキー・チェン氏やアクション俳優として有名なドニー・イェン氏と仕事をしたことのある谷垣健治氏です。

ネタバレを読む
映画:ビューティフルクリーチャーズ光と闇に選ばれし者

ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者の紹介:全米でベストセラーになったヤングアダルト小説を、60億円の製作費をかけて映画化したラブ・ファンタジー大作。古い因習にとらわれたアメリカ南部の町に転向して来た少女は、光と闇の魔術を継ぐ魔術師だった。彼女と恋に落ちた主人公の運命は・・・?というストーリー。

ネタバレを読む
映画:ゴーストスクール

ゴースト・スクールの紹介:スペインや中南米で大ヒットしたという、スペイン産のホラー・コメディ。幼少時代からの「霊を見てしまう能力」に悩んでいた教師が、この世に未練を残したまま霊となり、学校へ留まり続けている生徒たちを「成仏」させるべく奮闘する、青春モノとしても楽しめる作品になっている。

ネタバレを読む
映画:フェリスはある朝突然に

フェリスはある朝突然にの紹介:1986年製作のアメリカの青春コメディ。学校をズル休みした高校生たちの奔放な一日をユーモラスに描いていく。数多くのコメディ映画を手掛けてきたジョン・ヒューズが監督を務め、マシュー・マロデリックが自由気ままな主人公をチャーミングに演じた。

ネタバレを読む
映画:THELIMITOFSLEEPINGBEAUTYリミット・オブ・スリーピングビューティ

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティの紹介:2017年製作のラブロマンス。現実と妄想の区別がつかなくなったヒロインの苦悩を、色鮮やかな映像美で描いていく。インディーズ映画を数多く手がけてきた二宮健監督にとって初となる商業映画で、主演は桜井ユキと高橋一生が務めた。

ネタバレを読む
映画:小さな恋のうた

小さな恋のうたの紹介:2019年公開。日本の著名な3ピース・ロックバンドMONGOL800の代表曲「小さな恋のうた」を題材として、彼らの出身地である沖縄県を舞台に、高校の軽音部に所属するバンドの物語を描く。撮影も実際に沖縄で行われた。監督は橋本光二郎。この物語の世界観では現代を舞台としているが、MONGOL800が存在していない世界となっており、MONGOL800の楽曲は主人公たちのバンドが生み出した楽曲として扱われている。主人公たちが演奏する楽曲の他にも、MONGOL800の多くの楽曲がBGMとして挿入されており、メンバー3人もカメオ出演している。

ネタバレを読む
映画:深呼吸の必要

深呼吸の必要の紹介:香里奈の映画初出演・初主演作品として2004年に公開された映画で、脇を固めるキャスト陣も豪華な面々が集まった作品となっています。沖縄の大自然の中で行われるサトウキビの収穫を通して挫折を経験した若者が再生していく姿が映し出されるストーリーとなっています。 MY LITTLE LOVERが歌う映画タイトルと同名の主題歌「深呼吸の必要」が、心地よい空気を作り出している作品です。

ネタバレを読む
映画:あこがれ(1958年)

あこがれの紹介:1958年の仏映画。ヌーヴェル・ヴァーグを代表するひとりである巨匠フランソワ・トリュフォーの初期作品。トリュフォーが本格的に手掛けた初めての作品で、原作はモーリス・ポンスの短編小説。原題は悪ガキという意味合いの『Les Mistons』。フランスの片田舎の5人の少年たちが、憧れの年上女性に夢中になる姿を甘酸っぱく綴った珠玉の短編映画。

ネタバレを読む
映画:ザビートルズEIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Yearsの紹介:2016年のイギリス・アメリカ合作によるビートルズのドキュメンタリー。1962年から1966年のライブツアーの映像やインタビューを通して、当時のバンドが抱えていた苦悩や作曲秘話を明らかにしていく。アカデミー賞受賞経験者のロン・ハワードが監督を務め、第69回エミー賞ではノンフィクション部門で音響賞、編集賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ラフROUGH

ラフ ROUGHの紹介:あだち充原作の同名漫画を、長澤まさみと速水もこみち主演で2006年に映画化した作品です。同じ高校の水泳部に所属する亜美と圭介、そして大学生スイマー弘樹を軸として、圭介と弘樹のスイマーとしてのライバル関係や、亜美との三角関係の行方が描かれています。主題歌にはスキマスイッチの「ガラナ」が起用され、劇中でもスキマスイッチの楽曲が印象的なシーンとともにたびたび使用されています。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。