「青春」映画一覧(5ページ目)

青春タグのついている映画は、学生を出演者とした作品や、胸を熱くしたり、甘酸っぱくも切ないストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「愛と青春の旅だち」「ロミオとジュリエット」「スタンド・バイ・ミー」などがあります。

映画:ラストサマー3

ラストサマー3の紹介:「ラストサマー」(1997年)シリーズ第3弾。前作の10年後、スリッカーコートに鉤爪の殺人鬼”フィッシャーマン”が山間部に出現、若者を惨殺するという2006年制作のホラー映画。原作はロイス・ダンカン、監督は「スレンダーマン 奴を見たら、終わり」のシルヴァン・ホワイト、脚本は「ホステル3」のマイケル・D・ワイス。出演は「4400 未知からの生還者」のブルック・ネヴィン、「エビデンス-全滅-」のトーレイ・デヴィート、「デッドコースター」のデヴィッド・パートコーなど。

ネタバレを読む
映画:書道ガールズ!! わたしたちの甲子園

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園の紹介:通常の書とは異なる形で表現される「書道パフォーマンス」について描かれている作品で、音楽と書が一緒になったエンターテイメント性の高いパフォーマンスを見ることができます。2010年に公開され、成海璃子をはじめ多くの若手女優が集まった本作は、実話をもとに描かれた作品でもあり、実際の書道パフォーマンスのモデルとなった愛媛県四国中央市で撮影が行われました。

ネタバレを読む
映画:スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!! 花道と流川の熱き夏

スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!! 花道と流川の熱き夏の紹介:大人気バスケアニメ「スラムダンク」の劇場版第4弾です。インターハイ予選の決勝リーグが終わり、インターハイが始まるまでの1ヶ月間に焦点を当てた映画です。本作のメインキャラクターは流川の中学時代の後輩に当たる水沢イチローです。原作ではあまり描かれなかった流川と後輩の試合ややりとりなどなどが描かれた貴重なストーリーだと言えるでしょう。もちろん湘北メンバーも大活躍しています。

ネタバレを読む
映画:リリイ・シュシュのすべて

リリイ・シュシュのすべての紹介:2001年の公開作。監督・脚本の岩井俊二がウェブサイトの掲示板を通じて、一般参加者と共に書き上げた小説を映像化。第52回ベルリン国際映画祭国際アート・シアター連盟賞受賞作品。学校でいじめられている中学生の雄一は自分を慰めるように、心酔するミュージシャンのファンサイトを主宰し、行き場のない思いを書込んでいた。しかしいじめは激しさを増し、女子生徒までもが被害の対象者になっていた。

ネタバレを読む
映画:スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道の紹介:「スラムダンク」の映画第2弾となります。本作の対戦相手となる津久武高校は原作にも登場しています。原作では試合はダイジェストで描かれており、詳細な流れは明らかにされていません。そうした原作では詳細は描かれなかった試合に焦点を当てたのが、「全国制覇だ!桜木花道」です。また本作では原作アニメ合わせても唯一となるディスクォリファイング・ファウルが登場しているのも特徴の一つだと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:スラムダンク (1994年)

スラムダンク (1994年)の紹介:大人気アニメにしてバスケ漫画の金字塔「スラムダンク」の劇場版第1弾です。原作の第1話で登場し、桜木をふった島村葉子とその恋人、小田竜政がメインで登場する映画になっています。原作では小田は名前くらいしか登場していないため、この映画で初めてどういう人物か明らかにされています。原作ファンにとっては嬉しい映画だと言えるかもしれません。ちなみにこの映画に登場した武園高校は後にテレビアニメでもちょこっと登場しています。

ネタバレを読む
映画:モンスターアイランド

モンスターアイランドの紹介:孤島でライブを楽しんでいた高校生たちが、巨大化した昆虫に襲われパニックに陥る様を、懐かしいストップモーション・アニメを駆使して描いた作品。カーメン・エレクトラがライブに登場する歌姫として、バックストリート・ボーイズのニック・カーターがゲストとして、本人役で出演している。

ネタバレを読む
映画:スラムダンク湘北最大の危機!燃えろ桜木花道

スラムダンク 湘北最大の危機! 燃えろ桜木花道の紹介:大人気アニメ「スラムダンク」の映画シリーズ第3弾です。海南大附属との試合を終え、武里高校と試合を行うまでの6日間の出来事を描いています。第13回ゴールデングロス賞優秀銀賞を受賞した作品でもあります。本作に登場する緑風高校は映画オリジナルキャラクターですが、マイケル沖田以外のメンバーはアニメにも登場しています。インターハイ予選の最終試合である湘北と陵南の観戦客として、ちらっと登場しているので探してみると面白いかもしれません。

ネタバレを読む
映画:ラストサマー2

ラストサマー2の紹介:「ラストサマー」(1997年)の続編で前作で倒されたスリッカーコートの殺人鬼が失った手首をフックの義手に替え、生き残ったカップルに迫るという1998年公開のホラー映画。「CSI:科学捜査班」などTVドラマで知られるダニー・キャノン監督と脚本家トレイ・キャラウェイに加え「トラフィック」の脚本家スティーヴン・ギャガンが参加。主演は前作に続き「待ちきれなくて…」のジェニファー・ラブ・ヒューイット。「シーズ・オール・ザット」のフレディ・プリンゼ・Jr他、「ZOMBIO/死霊のしたたり」などで知られるジェフリー・コムズが出演している。

ネタバレを読む
映画:ラストサマー

ラストサマーの紹介:将来を夢見る4人が高校最後の独立記念日の夜、見知らぬ男を撥ねた事で、スリッカーコートに手鉤の殺人鬼につけ狙われるという1997年公開のアメリカのサスペンス・ホラー映画。監督はジム・ギレスピー。原作はロイス・ダンカンの同名小説で「スクリーム」「パラサイト」のケヴィン・ウィリアムソンが脚本を担当した。出演は「待ちきれなくて…」のジェニファー・ラブ・ヒューイット、「THE JUON/呪怨」のサラ・ミシェル・ゲラー、「白い嵐」のライアン・フィリップ、「シーズ・オール・ザット」のフレディ・プリンゼ・Jrなど。

ネタバレを読む
映画:デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」

デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」の紹介:1999年放送のテレビアニメ「デジモンアドベンチャー」の15周年を記念して作られた映画シリーズの第6弾です。最終章となる本作ではすべての謎が明らかにされます。映画版ならではの究極進化も登場するなど、最終章に相応しいストーリーになっています。テレビシリーズとは違うキャラデザと声優陣ですが、それは「デジモンアドベンチャー tri」という新シリーズを印象付けるためだと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」

デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」の紹介:1999年に放送された初代「デジモンアドベンチャー」の6年後を描いた新作映画シリーズの第2弾となります。当時放送されていたテレビアニメとはキャラクターデザインが一新されており、「選ばれし子供たち」の声優陣も異なっています。ですがパートナーデジモンたちの声優陣はテレビアニメと同じキャストです。なおデジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」は前作第1章のストーリーからの続きとなっています。

ネタバレを読む
映画:デジモンアドベンチャー tri. 第3章「告白」

デジモンアドベンチャー tri. 第3章「告白」の紹介:「デジモンアドベンチャー」の6年後を描いた新シリーズの第3弾となります。デジタルモンスターの企画原案を担当したウィズが合併によって子会社となったため、ウィズのオリジナル玩具事業としては本作が最後です。第3章とあって、物語は中盤に差し掛かっています。さらに3章公開前にテレビシリーズの主題歌を歌った和田光司さんと、テレビシリーズで空の声優を演じた水谷優子さんが他界したため、上映最後に彼らに捧げるテロップが流れました。

ネタバレを読む
映画:デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」

デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」の紹介:1999年に放送された大人気アニメ「デジモンアドベンチャー」の6年後、2000年放送の「デジモンアドベンチャー02」の3年後となる物語を描いた新シリーズの第4弾です。作中の時系列としては2005年にあたる作品で、全6章の中の4章に位置付けられているため、物語の核心に迫る重要な情報が明かされます。「選ばれし子供たち」のキャストはテレビシリーズとは別で、パートナーデジモンはテレビシリーズの声優が声を担当しています。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。