「青春」映画一覧(5ページ目)

青春タグのついている映画は、学生を出演者とした作品や、胸を熱くしたり、甘酸っぱくも切ないストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「愛と青春の旅だち」「ロミオとジュリエット」「スタンド・バイ・ミー」などがあります。

2010年9月公開の日本映画です。 大人気コミック作品を原作に、その実写化はファンに待望されていました。 見た目が暗く、子供の頃からホラー映画のヒロイン”貞子”に重ねて恐れられていた女子高生・黒沼爽子(さわこ)。 そんな彼女が密かに憧れていた”爽やか”男子の風早君と話せるようになったことで少しずつその世界が変わっていきました。 ネタバレを読む
2014年に公開された、スタジオジブリ制作のアニメーション映画。監督は米林宏昌。ジブリ初の宮崎駿・高畑勲が制作に関わらない作品として話題になる。人と接することが苦手な杏奈は、海辺の町に静養のため訪れる。入り江にある湿っ地屋敷を見てからというもの、杏奈の夢には不思議な少女が現れるようになり……。 ネタバレを読む
2008年11月公開の日本映画です。 今まさに羽田空港からホノルルに向けて飛び立とうとしている全日空NH1980便。 そのコクピットには機長昇格を目前にしてやる気が空回りしている副操縦士の鈴木や、キャビンには新人CAの斎藤らが出発の時を待っていました。 個性豊かな乗務員、グランドスタッフ、そしてそれを上回るカオスな乗客たち。 果たして、この飛行機は無事ホノルルに向かうことができるのか?! ネタバレを読む
「小悪魔はなぜモテる?!」は「俺たちチアリーダー」「ANNIE/アニー」などのウィル・グラック監督の作品です。「ララ・ランド」のエマ・ストーン主演による学園ラブコメディです。地味で目立たない17歳のオリーヴは、大学生とエッチしたと嘘を付き、あっという間に噂は広がりオリーヴの元には非モテ男子から嘘のエッチの依頼がたくさん舞い込んできて…。 ネタバレを読む
2001年アメリカ公開映画。知的障害というハンディによって、最愛の娘と引き離されてしまうサム。それでもこの映画には幸せが溢れています。愛とビートルズの精神も溢れています。長編映画初出演ともいえるダコタ・ファニングは、その愛らしさと演技力で数々の賞を受賞しました。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
2017年公開の日本映画です。 原作は羽海野チカさんの大人気コミック作品ですが、「るろうに剣心」などを手掛けた異才・大友啓史監督が制作、主演の神木隆之介さんを始めとして、そのビジュアルを忠実に再現した見事な実写作品となっています。 将棋の世界で孤独に生きてきた少年・桐山零。 彼が巡り合うライバルとの闘い、そしてそんな彼の心のよりどころとなっていった川本家の三姉妹との交流を描く前編です。 ネタバレを読む
名古屋の女子高校に通う工藤さやかはいつも遊び惚けていて学校では一番できの悪いクラスに入れられていた。 ある日さやかは、カバンの中にタバコを入れていることを学校に見つかり自宅謹慎となってしまう。 自宅謹慎となったさやかは、母親から勧められた学習塾の入校テストを受け、目標とする受験校をイケメンが多そうと慶應義塾大学に決めた。 そして母親の支えや自分の可能性を信じてくれる塾の先生と出会い、全く勉強してこなかったさやかはそこから確実に変わり始める。 2015年の日本映画 監督:土井裕泰 ネタバレを読む
2011年7月公開の日本映画です。 昭和38年の横浜、海の見える丘にある古い洋館”コクリコ荘”に暮らす女子高生・松崎海の日々はご飯作りから始まります。 生真面目な彼女が目の当たりにした学園の闘争、そして思いがけず巡り合った恋と、出生の秘密…戦争の爪痕が薄れつつあった時代に、懸命に生きた若者たちの日々が丹念に描かれています。 ネタバレを読む
1997年公開のアメリカ映画。当時はまだ無名に近かったマット・デイモンとベン・アフレックが共同で脚本を作り上げ、出演もしています。他人と上手に交流できなくても、きっかけさえあれば心の扉は開きます。2014年に亡くなってしまったロビン・ウィリアムズがそれを教えてくれます。 ネタバレを読む
埼玉県立川越高校の水泳部が男子だけでシンクロナイズドスイミング公演を文化祭で行ったことを知った、映画監督・矢口史靖が映画化に着目し制作した一作。シネコンの広がりと、地方プロモーションを粘り強く行ったこと、口コミで徐々に広がり「男子のシンクロ」という新たなジャンルを確立し大ヒットした。唯野高校には水泳部はあったものの、部員は佐藤という男子ただ一人、パッとした成績も出せず鬱屈した日々。そんな折、佐久間という若く美人の教師が赴任する、彼女の希望で水泳部顧問となる。佐久間は「シンクロ!しよっ!」と呼びかけるが、男性のシンクロなんて見た事ない生徒達には逃げられていた。佐藤は一人、なんとかシンクロで一発逆転を狙うが...。2001年公開作品、91分。 ネタバレを読む
2006年公開の日本映画です。原作は羽海野チカさんの大人気コミックで、アニメなどメディアミックスで大好評を博していました。 美大に集う若者たち。 凡人と天才、それぞれの苦悩。 そして交錯していくいくつもの淡い恋。 全力で駆け抜けていく青春がそこにありました。 ネタバレを読む
2010年のアメリカ映画。アメリカ屈指の名門校ハーバード大学に通うマークは、学生のステータスでもある秘密結社ファイナル・クラブに入会することができず、恋人とも別れて人生を悲観していた。そんなある日、マークはクラブの会員である友人たちから、学生のコミュニティサイトを作ってほしいという依頼を受け…。世界最大SNSサイトの一つであるFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグらを描いたヒューマンドラマ。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
人気作家・三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を映画化した2014年製作の日本映画。 監督は、『ウォーターボーイズ』など数々のヒット作を送り出してきた矢口史靖監督。 都会育ちの大学受験に失敗した主人公 平野勇気が、ひょんなことから林業をすることとなり、林業の過酷な現場で少しづつ逞しく成長していく様を描く、恋あり、笑いありの青春映画。それとともに、林業という一般的には馴染みのない仕事を若者に分かりやすく紹介した作品としての面も合わせもっている、かなり異色な映画となっております。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2007年に公開された新海誠監督によるアニメーション映画です。新海監督にとっては、劇場公開作品としては3本目にあたります。63分間に渡って、短編が3本組み込まれるという構成で、その3本全て話が繋がっているという形式でした。小学生のときからお互いに両想いだった遠野貴樹と遠野貴樹は、転校がきっかけで疎遠になってしまいます。しかし、その後も手紙のやり取りを続けていました。そんな二人の距離を描いたお話です。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×