「青春」映画一覧(55ページ目)

青春タグのついている映画は、学生を出演者とした作品や、胸を熱くしたり、甘酸っぱくも切ないストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「愛と青春の旅だち」「ロミオとジュリエット」「スタンド・バイ・ミー」などがあります。

映画:マリー・アントワネット
マリー・アントワネットの紹介:女性映画監督として有名な、あのソフィア・コッポラが描く悲劇の王妃、マリー・アントワネットの伝記映画。ただし、歴史事実よりもマリー・アントワネットを1人の女性として描くことに重点を置いた映画となっている。劇中のファッションも注目ポイント。 ネタバレを読む
映画:きみに読む物語
きみに読む物語の紹介:認知症の老女に老父が、ノートに書かれたある物語を読み聞かせる。2004年に作成されたアメリカ映画。2004年6月から7月の全米週末興行成績初登場第4位。 ネタバレを読む みんなの感想が5件届いてます
映画:キャント・バイ・ミー・ラブ
キャント・バイ・ミー・ラブの紹介:題名そのままにビートルズの名曲をテーマにした、ほろ苦くも微笑ましい80年代のアメリカ青春ロマンティックコメディの代表作の一つで、パトリックデンプシ―の出世作。スティ―ブ・ラッシュの自伝という話もあり。 ネタバレを読む
映画:Dearフランキー
Dearフランキーの紹介:オペラ座の怪人で主役を演じたジェラルド・バトラー主演の映画。スコットランドが舞台のマイナー作、しかも監督はこの映画がデビュー作。カンヌ映画祭では10分以上のスタンディングオベーションを受け世界各国で上映されました。 ネタバレを読む
映画:時計じかけのオレンジ
時計じかけのオレンジの紹介:1971年製作のアメリカ映画。スタンリーキューブリック監督が映画化した作品で有名だが、原作者にはとても気に入られていない作品(小説版の完結版の最後の章を映画版に取り入れていないため、ラストが変わってしまうから)。スタイリッシュで奇をてらったファッションなどにも注目。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:言の葉の庭
言の葉の庭の紹介:2013年公開の日本アニメーション映画。雨を題材とした透明感のある世界観と、映像美が魅力。ファンタジア映画祭では今敏賞、第18回アニメーション神戸賞では作品賞・劇場部門を受賞するなど、評価の高い作品。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:アナと雪の女王
アナと雪の女王の紹介:2013年のディズニー映画である。この映画は手書きアニメーションではなく、3Dコンピュータアニメーションで制作されていることでも有名。原作はハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「雪の女王」だが内容は全く異なっている。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×