「元気になる」映画一覧

金メダル男の紹介:2016年10月公開の日本映画。内村光良が11年に上演したひとり舞台「東京オリンピック生まれの男」を基に、世の中のさまざまな一等賞に挑む男の奮闘を描き、監督&主演を務めた人間ドラマ。水泳、剣道、陸上、絵画、俳句などあらゆる一等賞を目指し、常に全力を尽くす熱き主人公・秋田泉一の若き日を、Hey! Say! JUMPの知念侑李が演じる。

ネタバレを読む

マックス・スティールの紹介:2016年公開のアメリカ映画。全米で人気のアクション・フィギュア・シリーズを映画化したSFアクション。地球外生命体と融合し、スーパーヒーロー、マックス・スティールに変身する高校生が、父親の死の謎に迫っていく姿を描く。

ネタバレを読む

ボクの妻と結婚してください。の紹介:2016年11月5日公開の日本映画。織田裕二が愛する家族の未来のために、再婚相手を探す男を演じるラブストーリー。世の中のいろんな事を好奇心で“楽しい”に変えてきた放送作家が、人生の最後に妻のために最高の結婚相手を探そうとする姿が描かれる。

ネタバレを読む

キャノンボールの紹介:1981年公開。アメリカ大陸を一番早く駆け抜けたら優勝のレースを豪華出演者で描いた作品。キャノンボールシリーズの第一作目。ハル・ニーダムが監督を務め、バート・レイノルズやジャッキー・チェン、サミー・デイヴィスJr、ロジャー・ムーアらが出演。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の宇宙小戦争の紹介:1985年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第6弾。スネ夫の趣味で特撮映画を作っていたのび太たちが知り合った宇宙人パピの窮地を救うため、ドラえもんたちが立ち上がる。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の宇宙開拓史の紹介:1981年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第2弾。2009年にリメイクもされた。超空間での事故で生じた入り口から、開拓星・コーヤコーヤ星へ行けるようになったドラえもんとのび太たちの活躍を描く。

ネタバレを読む

真田十勇士(2016年)の紹介:2016年公開の日本映画。天下の名将として知られる真田幸村が実は腰抜けの武将だったら?という仮想で描かれるユニークな戦国ドラマ。中村勘九郎が幸村をサポートする真田十勇士の中心的存在である猿飛佐助を演じるほか、同じく忍者の霧隠才蔵を松坂桃李が演じる。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の恐竜の紹介:1980年公開の日本アニメーション映画。映画『ドラえもん』シリーズの記念すべき劇場第1弾。2006年にリメイクもされた。恐竜がいたとされる白亜紀中期を舞台に、恐竜の卵を孵化させて育てたピー助を、自然界に返そうとするのび太たちの奮闘が描かれる。

ネタバレを読む

ヤギと男と男と壁との紹介:2009年公開のアメリカ映画。アメリカ軍に実在したという、平和を守る精神の超能力部隊の物語を描いている。ジョン・ロンスンのノンフィクション本が原作。グラント・ヘスロヴが監督を務め、ジョージ・クルーニー、ユアン・マクレガー、ジェフ・ブリッジスなど豪華出演者で贈る作品。

ネタバレを読む

体脂肪計タニタの社員食堂の紹介:実在の会社健康機器メーカータニタで巻き起こるダイエット騒動での悲喜交々を描いた2013年のコメディ映画。原作は同社の社員食堂のレシピ本「体脂肪計タニタの社員食堂 500kcalのまんぷく定食」、レシピの発案者は社員食堂勤務の栄養士荻野菜々子で累計485万部の大ヒットとなった。主人公菜々子を始め「もしもタニタの社員が全員太っていたら」というフィクションだが、レシピやダイエットの極意なども紹介される。監督は「デトロイト・メタル・シティ」の李闘士男、脚本は放送作家として知られる田中大祐、菜々子役「輪廻」の優香や幸之助役「闇金ウシジマくんPart3」の浜野謙太などのデブメイクは「ミュージアム」の百武朋。主題歌は矢野顕子の「さあ、召し上がれ」。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。