「青春」映画一覧

青春タグのついている映画は、学生を出演者とした作品や、胸を熱くしたり、甘酸っぱくも切ないストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「愛と青春の旅だち」「ロミオとジュリエット」「スタンド・バイ・ミー」などがあります。

大手電機メーカーの経営企画室長を務める筒井肇は、ある日専務から呼ばれ工場部門の閉鎖と跡地の売却交渉、人員のリストラを頼まれる。工場部門の責任者は同期の川平だったが工場の閉鎖にめどをつけたころ交通事故で川平はなくなってしまう。その頃出雲の実家で一人暮らす母親にがんが見つかり、実家に戻った時古い缶の中から子供のころ収集して切符を見つけ自分が電車の運転手になりたかったことを思い出す。そして母のことや川平のこと、自分の夢に挑戦してこなかったことを思い、49歳ではあるが電車の運転手になることを決意する。日本映画。2010年 錦織良成監督 上映時間130分。 ネタバレを読む
父親の失踪で学費が払えなくなり、ついには大学を除籍された主人公が、ビラ配りやティッシュ配り、新薬の治験アルバイト、ホストクラブ、日雇い労働者などを経験し果てはホームレスにまで転落するが、そこから立ち直ろうとするストーリー。 佐々部清監督 福澤徹三の小説を2014年に映画化 ネタバレを読む
2003年アメリカ製作。リドリー・スコット監督のコメディヒューマン映画。タイトルの「マッチスティック・メン」とはマッチ棒のように細いものという比喩に使われるほか、詐欺師という意味が含まれている。潔癖症で強迫性神経障害の詐欺師の主人公ロイをニコラス・ケイジが演じる。送り付け詐欺をして小さな詐欺を繰り返して稼いでいる、自称「詐欺アーティスト」ロイと相棒フランク。ロイはかつての元妻が14年前に妊娠して出ていったことがずっと気になっていた。14年経って突然娘が会いたいと言っていると聞かされ、父親の喜びを味わう。ふとしたことで娘に詐欺師だとばれ、大きな詐欺の手伝いをさせてしまったロイだったが・・・ ネタバレを読む
2011年に公開された、京都アニメーション制作のアニメ映画。原作はかきふらいによる4コマ漫画。日常系アニメブームの火付け役とも言われる深夜アニメ『けいおん!』のラストエピソード。大学受験を終えた唯たち軽音部は、ロンドンへの卒業旅行を企画する。そして同時に、後輩の梓に何かしてあげたいと考えるが……。 ネタバレを読む
山形の高校に通う友子は吹奏楽部に何をしても上手くいかない。だがジャズとの出会いを通して、落ちこぼれだった吹奏楽部を建て直してゆく。山形弁を多用したコミカルな演技と見事な演奏が評判を呼び、楽器店では管楽器が売れ、口コミで超ロングランで上映が続いたという一作。2004年公開作品、矢口史靖監督。 ネタバレを読む
浅野いにお作同盟コミック作品の実写化。 OLの芽衣子と冴えない種田は大学生の頃から交際していてゆるく交際、同棲をしている。ふたりはそれぞれ、だらっと続く幸せの中から変化に手を伸ばした。芽衣子は退職、種田はかつて夢見たバンドで新曲を作って事務所に売り込み。果たして、ふたりの未来は…… 20代のモラトリアムを思いきりエモーショナルに描いた大人の青春映画。 ネタバレを読む
ぼくらの7日間戦争の紹介:2019年公開の日本アニメーション映画。実写映画化もされた宗田理の同名ベストセラー小説を、アニメーション映画化した青春群像劇。舞台を2020年の北海道に移し、新たな“7日間戦争”が描かれる。主人公の守役で北村匠海が、彼が想いを寄せる幼なじみ・綾役で芳根京子が声優として参加。さらに宮沢りえが、実写映画版で自身が演じた中山ひとみの声を担当し、31年ぶりに作品に登場する。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2010年公開の米中合作映画。1984年公開の映画「ベスト・キッド」のリメイク版。ウィル・スミスの息子のジェイデン・スミス(当時12歳)と、香港映画界のスター、ジャッキー・チェンが共演して話題となった作品。母親の転勤によりデトロイトから北京へと移り住んだ少年、ドレは、現地に馴染めない上に、到着して早々、他の子供たちからいじめに遭う。そんな彼を救ったのは、一見冴えない風貌の整備士でありながら、実はカンフーの達人の男・ハンだった。 ネタバレを読む
2005年製作の日本映画で、文化祭最終日での演奏を目指す、女子高生バンドの奮闘ぶりを描いた作品です。バンドメンバーの1人として韓国俳優のペ・ドゥナが出演しており、日本語の上手くない留学生を好演しています。主役の女子高生バンドの演奏は、CD化もされました。 ネタバレを読む
心が叫びたがってるんだ。(2015年)の紹介:2015年9月19日公開の日本アニメーション映画。幼なじみ6人が繰り広げるせつないストーリーで人気を博したアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』。監督の長井龍雪、脚本の岡田麿里をはじめとする同作のスタッフが、同じく埼玉県秩父市を舞台に描く青春群像劇。心に傷を抱えた女子高生のヒロインが仲間や音楽との出会いを通して再生していく姿がつづられる。 ネタバレを読む
「ウォール・フラワー」は同名の小説を原作とし、監督は小説の作者でもあるスティーブン・チョボスキー自身が務めています。80年代を舞台に10代の思春期の瑞々しさや、心の脆さを描いた青春映画です。「パーシー・ジャクソンとオリンポスの杖」のチャーリー・ローガン・ラーマン、「ハリーポッター」シリーズのエマ・ワトソン、「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラーが出演しています。16歳の高校生のチャーリーは学校では目立たない少年、しかし変わり者だが不思議な魅力を持ったパトリックとサム兄妹と出会い、そこからチャーリーの生活は一転し色づき始める…。 ネタバレを読む
カノジョは嘘を愛しすぎてるの紹介:2013年公開の日本映画。青木琴美の同名コミックを佐藤健主演で映画化したラブストーリー。元バンドマンのサウンドクリエーターと、バンド好きの女子高生とのせつない愛の行方をつづる。ヒロインの理子を演じるのは、約5000人の中から選ばれた新鋭、大原櫻子。監督は『タイヨウのうた』でデビュー直後のYUIをブレイクさせた小泉徳宏。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
妻を亡くし息子との関係も最悪で、甘いものやタバコも医者に止められ、ただ木を切って洗濯物を取り込んで、飯を作り木こりの仕事へ向かう岸克彦60歳。そんな日常生活の中に映画製作隊が入ってきて克彦は映画作りを手伝うようになる。そこで25歳の監督とのやり取りの中で自分自身も刺激を受け、またそれが若い監督を成長させていく。 2011年 日本国製作 沖田修一監督作品 ネタバレを読む
三谷幸喜脚本、監督のコメディー映画。とあるラジオ局を舞台に、名も無き主婦のたった一つのラジオドラマを軸に、様々な人間模様が複雑に絡み合っていく。藤村俊二扮する守衛さんがまさかの役で登場する。1997年公開作品。103分。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×