「ほのぼの」映画一覧

ほのぼのタグのついている映画は、自分のペースで見ることができる、ゆるい設定の作品が多くなっています。また、気持ちが落ち着いて、癒やされるストーリー展開の作品も多く、小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「かもめ食堂」「グーグーだって猫である」「しあわせのパン」などがあります。

映画:アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジークの紹介:伊坂幸太郎の小説「アイネクライネナハトムジーク」を原作とした実写映画作品。同作は仙台市在住の伊坂幸太郎が仙台を舞台に執筆した作品であり、今作も撮影はオール仙台ロケで行われている。監督は「たまの映画」「愛がなんだ」などでしられる今泉力哉が務めた。また、原作小説はシンガーソングライターの斉藤和義が伊坂に作詞を依頼し、作詞をしたことがなかった伊坂が短編「ナハトムジーク」を代わりに執筆したことが発端となっていることから、今作の音楽は斉藤和義が担当している。

ネタバレを読む
映画:相対性理論

相対性理論の紹介:2014年製作。Tick Tack製作の短編映画シリーズの4作目となる作品である。日本人ならば誰でも知っている昔ばなし「浦島太郎」をモチーフとした連作短編映画シリーズの第4弾として製作された。監督・脚本・編集を務めたのは、Tick Tackの中心人物でもある堤真矢が務めている。第一弾の作品から第五弾の「浦島太郎」まで緻密に製作されていることが特徴であり、評価されている。

ネタバレを読む
映画:タマテバコ

タマテバコの紹介:2014年製作。Tick Tack製作の連作短編映画シリーズの第4作目となる作品である。日本人ならば誰でも知っている昔ばなしの「浦島太郎」をモチーフとした、全5作から成る連作短編映画シリーズの4作目に当たる作品である。監督・脚本・編集を務めたのは、Tick Tackプロジェクトの中心人物でもある映像作家の堤真矢監督。今作では浦島太郎の玉手箱にフォーカスを当てている。

ネタバレを読む
映画:名探偵ピカチュウ

名探偵ピカチュウの紹介:2019年公開。世界中で人気の日本が生んだゲームシリーズ「ポケットモンスター」シリーズの最も著名なポケモン・ピカチュウを主人公としたスピンオフゲーム「名探偵ピカチュウ」をハリウッドが実写映画化した作品。CG技術を駆使して、実際に俳優が演技している映像に数多くのポケモンを合成して作品を仕上げた。ピカチュウの声を演じたのは「デッドプール」シリーズでお馴染みのコメディ俳優ライアン・レイノルズ。

ネタバレを読む
映画:クレアのカメラ

クレアのカメラの紹介:2017年の韓国映画。2016年のカンヌ国際映画祭期間中、映画祭に出席するために現地に滞在していたイザベル・ユペールとキム・ミニをキャストに迎えて撮影した中編作品。監督は独創的なスタイルが特徴のホン・サンス。突然会社を解雇された女性と、カンヌを訪れていたフランス人女性との交流をホン・サンスらしい会話劇で綴る。

ネタバレを読む
映画:ナニカの断片

ナニカの断片の紹介:2018年制作のショートムービー。俳優事務所・バウムアンドクーヘンに所属する役者のプロモーション映像を、多彩な映画監督が制作するという企画『バウムちゃんねる』の中の一作。監督・脚本・撮影・編集は『カメラを止めるな!』の上田慎一郎。3編の物語で構成されるオムニバス作品。

ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌新米社員浜崎伝助瀬戸内海で大漁結婚式大パニック編

釣りバカ日誌~新米社員 浜崎伝助~瀬戸内海で大漁! 結婚式大パニック編の紹介:2019年1月4日放送のテレビドラマ。濱田岳と西田敏行コンビの釣りバカ日誌、スペシャル第2弾。原作やアニメ、映画でも描かれなかった「ハマちゃんとみち子の結婚」が、オリジナルストーリーで描かれる。

ネタバレを読む
映画:ビームマシンで連れ戻せテレポーテーション大作戦

ビームマシンで連れ戻せ テレポーテーション大作戦の紹介:2013年に公開されたドイツ映画です。子供向けのアドベンチャー映画で、ベルリンの壁があった頃のドイツが舞台となります。「雪の女王」のフローラ・ティーマン氏、「ヒトラーの贋札」のデーヴィト・シュトリーゾフ氏など、有名な俳優も出演しています。主役は子供たちであり、どちらかと言えばユーモア溢れるコミカルアドベンチャーといった感じです。とはいえベルリンの壁があった頃の社会情勢も盛り込んでいるため、ある意味では大人向けの要素もあるかもしれません。

ネタバレを読む
映画:夏目友人帳うつせみに結ぶ

夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~の紹介:2018年9月29日公開の日本アニメーション映画。他の人には見えない妖(あやかし)が見える少年・夏目と妖たちが繰り広げるせつない物語を描く、同名コミックが原作のTVアニメの初の劇場版。夏目の祖母レイコを知る女性や、小学校時代の同級生らとの出会いが新たなトラブルを巻き起こす。原作の緑川ゆきの監修による完全新作のオリジナルエピソードとなる。

ネタバレを読む
映画:トイ・ストーリー4

トイ・ストーリー4の紹介:2019年公開。ピクサースタジオ制作の人気シリーズ「トイ・ストーリー」シリーズの第4作目であり、前作「トイ・ストーリー3」から9年ぶりとなる続編となる。監督は、「Mr.インクレディブル」「カーズ」などでストーリーボードアーティストを務めており、今作が長編初監督となるジョシュ・コーリー。声優陣もシリーズでお馴染みのトム・ハンクス、ティム・アレンが続投している。また、過去三作品でミスター・ポテトヘッド役を務めていたドン・リックルズが既に死去していた為、今作では過去作での未使用音声や、テーマパークやゲーム用に録音されていた音源を使用している。

ネタバレを読む
映画:透明人間(2018)

透明人間(2018)の紹介:2018年公開。アニメーションスタジオとして誕生した「スタジオポノック」のプロジェクト「ちいさな英雄」による
作品。「カニーニとカニーノ」、「サムライエッグ」と共に「ちいさな英雄~カニとタマゴと透明人間~」として劇場公開された作品である。監督を務めたのは、巨匠宮崎駿の下で「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」などの製作において中核を担った山下明彦。これが自身初のオリジナル短編映画作品となる。透明人間の声優を務めたのは俳優のオダギリジョー。

ネタバレを読む
映画:しゃぼん玉

しゃぼん玉の紹介:乃南アサの原作小説を東伸児監督が映画化して2017年に公開された作品で、林遣都が主演をつとめています。犯罪を繰り返して逃亡していた若者が宮崎県にあるのどかな村へとたどり着き、そこに暮らす人々との交流を通して人生を見つめ直し生まれ変わっていく様子が描かれています。主題歌には秦基博の「アイ」がアコースティックバージョンで起用されているほか、劇中でキーとなる役割を演じた市原悦子の遺作となった作品でもあります。

ネタバレを読む
映画:ミックマック

ミックマックの紹介:「アメリ」などで知られるジャン=ピエール・ジュネが手がけるフランスのコメディ作品。流れ弾が当たって頭の中に銃弾が残ってしまった男が、強烈な個性を持った仲間たちと協力して、武器商人に仕返しをする姿をユーモラスに描く。日本公開は2010年。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。