「ほのぼの」映画一覧

ほのぼのタグのついている映画は、自分のペースで見ることができる、ゆるい設定の作品が多くなっています。また、気持ちが落ち着いて、癒やされるストーリー展開の作品も多く、小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「かもめ食堂」「グーグーだって猫である」「しあわせのパン」などがあります。

男はつらいよ 寅次郎恋やつれの紹介:1974年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの13作目。『柴又慕情』で青年・正圀と結婚して多治見に行ったはずの歌子と津和野で再会した寅次郎は、歌子が夫と死に別れたことを知って、歌子の幸福を願い、奔走するが…。

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎忘れな草の紹介:1973年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの11作目。売れない歌手で全国を旅してまわっている女性・リリー松岡と北海道で会い、柴又で再会した寅次郎は、些細なことから気持ちがすれ違い…。

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎夢枕の紹介:1972年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの10作目。改悛して落ち着こうと考えた寅次郎は縁談を探すが、誰も嫁のなり手がないと知り、気分を害する。その柴又に元同級生の千代が離婚して帰ってきて…。

ネタバレを読む

男はつらいよ 望郷篇の紹介:1970年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの5作目。当初は本作でシリーズを完結させる予定で、テレビドラマでさくら役を演じた長山藍子がマドンナとして、団子屋のおばちゃん役を演じた杉山とく子がマドンナの母役、博役を演じた井川比佐志が恋敵を演じるなど、作品を締めくくるため以前のキャストを総動員させたが、本作があまりの人気にシリーズは延長されることになった。

ネタバレを読む

ワタシが私を見つけるまでの紹介:2016年公開のアメリカ映画。眠らない街ニューヨークを舞台に、4人の独身女性たちの葛藤を描いている。リズ・タシーロの小説が原作で、ドリュー・バリモアが製作総指揮を務め、ダコタ・ジョンソンやレベル・ウィルソンが出演したロマンチックコメディ。

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎恋歌の紹介:1971年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの8作目。さくらの夫・博の母が亡くなったことを聞きつけた寅次郎が葬儀に出向き、その後、柴又で喫茶店を経営する未亡人の女性と出会うことから発した騒動を、シリーズでは珍しく2時間弱の長尺で送る。

ネタバレを読む

男はつらいよ 奮闘篇の紹介:1971年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの7作目。「嫁をもらう」という葉書をもらった寅次郎の実母・お菊が上京し、とらやを訪ねてくる。諍いになった寅次郎は、旅先で出会った少女と親しくなるが…。

ネタバレを読む

ユキとニナの紹介:2009年公開のフランス・日本映画。フランスと日本を舞台に、フランス人の父と日本人の母が離婚することになった少女の成長を描いている。諏訪敦彦とイポリット・ジラルドが監督と脚本を務めたファンタジードラマで、主題歌はUAの「てぃんさぐぬ花」。

ネタバレを読む

新・男はつらいよの紹介:1970年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの4作目。競馬で大金を儲けた寅次郎が、いつも心配をかけている「おいちゃん」こと叔父夫婦に対し、恩返しのハワイ旅行をプレゼントしようと考えるが、ふいになってしまう…。

ネタバレを読む

みんなで一緒に暮らしたらの紹介:2011年制作のフランス・ドイツ映画。悩みを抱えるシニア5人の男女が、共同生活を始める姿を描いている。オスカー女優のジェーン・フィンダや、ダニエル・ブリューエル、ジェラルディン・チャップリンら豪華出演者で贈るコメディドラマ。

ネタバレを読む

ハッピー・ゴー・ラッキーの紹介:2008年公開のイギリス映画。いつも陽気で楽観的な、30歳の小学校教師の行動から起こるドラマを描いている。海外の多数の映画賞で、受賞やノミネートをした作品であり、サリー・ホーキンス主演で贈るコメディドラマ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。