「ほのぼの」映画一覧

ほのぼのタグのついている映画は、自分のペースで見ることができる、ゆるい設定の作品が多くなっています。また、気持ちが落ち着いて、癒やされるストーリー展開の作品も多く、小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「かもめ食堂」「グーグーだって猫である」「しあわせのパン」などがあります。

映画:帰ってきたウサギとカメ新たなる挑戦

帰ってきたウサギとカメ 新たなる挑戦の紹介:2008年にアメリカで制作されたアニメ映画です。本作は「セサミストリート」を生み出したことで知られるジム・ヘンソン・カンパニーと、「ジャンゴ 繋がれざる者」という名作を作ったワイン・スタイン・カンパニーがコラボした作品となります。イソップ童話の「ウサギとカメ」を現代風にアレンジした内容になっており、親子2代に渡っての対決が描かれています。家族愛や友情などを描いた心温まるストーリーになっています。

ネタバレを読む
映画:ゴーストスクール

ゴースト・スクールの紹介:スペインや中南米で大ヒットしたという、スペイン産のホラー・コメディ。幼少時代からの「霊を見てしまう能力」に悩んでいた教師が、この世に未練を残したまま霊となり、学校へ留まり続けている生徒たちを「成仏」させるべく奮闘する、青春モノとしても楽しめる作品になっている。

ネタバレを読む
映画:サカサマのパテマ

サカサマのパテマの紹介:2013年公開。「イヴの時間」「パトレイバーREBOOT」「アルモニ」などの監督として知られている吉浦康裕監督が原作・脚本・監督を務めた長編アニメーション作品である。吉浦が原作・脚本・監督を務めたのは「イヴの時間」に続き二作品目となる。第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞。さらに、スコットランドラブアニメ映画祭2013では観客賞・審査員賞を受賞するなど、海外での評価も高い作品。

ネタバレを読む
映画:つるかめのように

つるかめのようにの紹介:2009年に制作された短編映画。手塚悟監督作品。短編映画ながら家族の絆を描いた感動的な作品。大林宣彦監督はこの作品を見て「生涯でベストの映画だ」発言したほど、評価が高い作品。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009短編コンペティション部門入選、西東京市民映画祭2009 観客グランプリ賞、ふかやインディーズフィルムフェスティバル2009 大林宣彦賞受賞。

ネタバレを読む
映画:クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし

クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろしの紹介:2019年公開。国民的テレビアニメシリーズの「クレヨンしんちゃん」の第27作品目となる劇場用映画作品である。主人公しんのすけの声を、前作までの矢島晶子に代わり、小林由美子が担当している初めての映画作品となる。監督は、今作でシリーズ4度目の登板となった橋本昌和。ゲスト声優として、女優の木南晴夏、芸人の小島よしお、タレントのぺこ&りゅうちぇるが参加している。また、主題歌はあいみょんの「ハルノヒ」。

ネタバレを読む
映画:イルポスティーノ

イル・ポスティーノの紹介:1994年制作のイタリア映画。1950年代のイタリアの小さな島を舞台に、チリから亡命してきた実在の詩人パブロ・ネルーダと、素朴な郵便配達員の青年の交流を描いている。本作で珠玉の演技を見せたマッシモ・トロイージは、撮影を終えてから12時間後に心臓病で他界した。日本公開は1996年。

ネタバレを読む
映画:モリのいる場所

モリのいる場所の紹介:2018年の公開作。自宅の庭に生きる植物や動物を描き続けた実在の画家・熊谷守一こと、通称“モリ”。彼と妻を取り巻く人々とのエピソードをもとにしたオリジナルストーリーで、モリの一日の出来事を温かくもコミカルなタッチで描く。監督・脚本は『南極料理人』や『横道世之介』の沖田修一。夫婦役は日本を代表する名優山崎努と樹木希林が務めた。

ネタバレを読む
映画:ベン(1972年)

ベン(1972年)の紹介:1971年公開の「ウイラード」の続編で、ウイラードに復讐を果たし生き残ったネズミ=ベンと病弱な少年ダニーとの交流を描いた1972年公開のアメリカの動物パニック映画。監督は「ウォーキング・トール」のフィル・カールソン、脚本は前作に続いてギルバート・ラルストンが担当した。当時13歳だったマイケル・ジャクソンによる主題歌「ベンのテーマ」は全米チャートNo.1の世界的大ヒットとなった。

ネタバレを読む
映画:パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフ

パグ・アクチュアリー ダメな私のワンダフル・ライフの紹介:2018年11月3日公開のイギリス映画。初めての愛犬に振り回されっぱなしの女性が恋に仕事に奮闘する姿を描いたイギリス製ロマンティックコメディ。ロンドンで暮らす高校教師サラは恋人募集中。ある日、サラの祖母が他界し、飼っていたパグ犬パトリックを相続することに…。

ネタバレを読む
映画:サムライエッグ

サムライエッグの紹介:2018年公開。スタジオポックによる短編アニメプロジェクトの一作品。「火垂るの墓」や「平成狸合戦ぽんぽこ」などで知られる日本アニメ界の巨匠高畑勲の元で活動した百瀬義行が監督を務めている。CGも使用し、「絵本がそのまま動いている」ような質感を目指して制作された作品である。また、ママ役を務めた女優・尾野真千子は、自身の出身地である岸和田の方言で演技を行い、岸和田弁を採用するためにプレスコ録音が行われた。

ネタバレを読む
映画:ラットレース

ラットレースの紹介:イタリア人観光客に『Mr.ビーン』でお馴染みの喜劇俳優ローワン・アトキンソンが出演したことで話題になった作品です。『天使にラブソングを…』で知られているウーピー・ゴールドバーグも出演しています。なんと本作にはアカデミー賞を受賞した俳優が3人も出演しているなど、意外と豪華な作品となっています。ちなみに監督のジェリー・ザッカーの母親が、「ルーシーそっくりコンテスト」の1人としてカメオ出演しています。

ネタバレを読む
映画:劇場版3Dあたしンち情熱のちょ超能力♪母大暴走!

劇場版3D あたしンち 情熱のちょ〜超能力♪ 母大暴走!の紹介:2010年公開。えらけいこ原作の人気テレビアニメシリーズ「あたしンち」の劇場公開作品第2弾となる作品であり、シリーズ初の3Dでの公開となった作品でもある。テレビシリーズでお馴染みのキャラクターたちが、日常的な模様を描くテレビシリーズとは異なり、非日常な物語で描かれるのが劇場版長編作品の特徴となっている。

ネタバレを読む
映画:インクレディブルファミリー

インクレディブル・ファミリーの紹介:2018年公開。「トイ・ストーリー」「カーズ」「リメンバー・ミー」などのピクサー・アニメーション・スタジオ製作の長編CGアニメーション映画である。2004年公開「ミスター・インクレディブル」の14年振りとなる続編であり、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作作品では第20作品目となる作品である。監督は「ミスター・インクレディブル」「トイ・ストーリー3」などで知られるブラッド・バード。

ネタバレを読む
映画:イヴの時間

イヴの時間の紹介:2010年3月6日公開。2008年にインターネット上で順次公開され、高い評価を受け数々の賞を受賞した、全6話からなるアニメシリーズ「イヴの時間」を元にし、新規シーンを追加して一本の映画にまとめあげた劇場公開作品である。これにより、作品の知名度をさらに上昇させることとなった。劇場公開時のキャッチコピーは「ボクラノキョリ」。主題歌はkalafinaの「I have a dream」。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。