「ほのぼの」映画一覧

ほのぼのタグのついている映画は、自分のペースで見ることができる、ゆるい設定の作品が多くなっています。また、気持ちが落ち着いて、癒やされるストーリー展開の作品も多く、小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「かもめ食堂」「グーグーだって猫である」「しあわせのパン」などがあります。

それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!の紹介:2017年公開のアニメ映画です。「それいけ!アンパンマンシリーズ」の29作目の映画となります。原作者やなせたかし氏の絵本「やさしいライオン」の主人公をモデルとしたブルブルというオリジナルキャラクターが登場し、多部未華子氏が声優を務めています。他にゲスト声優として、キャイーンのウド鈴木氏と天野ひろゆき氏が登場しています。さらに「それいけ!アンパンマンシリーズ」の劇場版長編で初めてカレーパンマンが主人公となっています。

ネタバレを読む
映画:raintown

rain townの紹介:長編劇場アニメ『ペンギン・ハイウェイ』の石田祐康が、京都精華大学の卒業制作として2011年に発表した短編アニメ。今作で第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞に輝いた。雨がやまなくなった街に迷い込んだ少女と、街に残されたロボットとの交流を、柔らかなタッチの映像で、台詞を排し抒情的に綴る。

ネタバレを読む
映画:柴公園劇場版

柴公園 劇場版の紹介:2019年6月14日公開の日本映画。公園で、柴犬を連れた中年男3人がダラダラと喋る様子を映す同名TVドラマの劇場版。日々壮大な無駄話を繰り広げるあたるパパ、じっちゃんパパ、さちこパパ。ある日、3人の中で唯一独身のあたるパパに恋の予感が。相手は真っ白な柴犬・ポチを連れたポチママだった…。

ネタバレを読む
映画:猫が教えてくれたこと

猫が教えてくれたことの紹介:イスタンブールの街でのびのびと生きる猫たちの姿を追ったドキュメンタリー。メガホンを取ったのはイスタンブール出身の女性監督チェイダ・トルンで、本作が初の長編映画となった。2016年サイドウォーク映画祭ではベストファミリーフィルム賞を受賞した。2016年トルコ・アメリカ合作。

ネタバレを読む
映画:一粒の麦

一粒の麦の紹介:2017年に公開された日本のショートフィルムです。横浜の魅力を伝えるためのショートフィルムプロジェクトの一環として制作された作品で、元町に実在するパン屋「ウチキパン」をモデルにしています。本作の撮影は「ウチキパン」の店舗を借りて行われました。シャーロット・ケイト・フォックス氏と柄本明氏がメインを演じています。監督を務めているのは鈴木勉氏で、彼は「SSFF & ASIA 2008」で日本人初のグランプリを受賞した人物です。

ネタバレを読む
映画:スーパーヒーローパンツマン

スーパーヒーロー・パンツマンの紹介:2017年に公開されたアメリカの3Dアニメ映画で、ドリームワークスアニメーションが制作しています。全世界で7000万部以上を売り上げる絵本「Captain Underpants」を原作に迎えた作品で、パンツ一丁のスーパーヒーローを描いています。完全な子供向けの作品で、いわゆるコメディです。「パンツマン」というタイトルからも分かるとおり、少々お下品な内容となっています。

ネタバレを読む
映画:怪談新耳袋第1夜

怪談新耳袋 第1夜の紹介:怪談蒐集家木原浩勝/中山市朗による実話怪談集「現代百物語『新耳袋』」(「新・耳・袋-あなたの隣の怖い話」)を原作としたホラードラマシリーズ。2003年2月に放送された第1シリーズの第1巻。清水崇、三宅隆太、鶴田法男などJホラーの礎となった名監督陣が参加、古旅館の恐怖体験「修学旅行」、渡辺いっけいの一人芝居が冴える「棚さがり」、父娘の珍妙な不可思議体験「背広返し」、ほろりと来る「覆水」など10本を収録。

ネタバレを読む
映画:アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジークの紹介:伊坂幸太郎の小説「アイネクライネナハトムジーク」を原作とした実写映画作品。同作は仙台市在住の伊坂幸太郎が仙台を舞台に執筆した作品であり、今作も撮影はオール仙台ロケで行われている。監督は「たまの映画」「愛がなんだ」などでしられる今泉力哉が務めた。また、原作小説はシンガーソングライターの斉藤和義が伊坂に作詞を依頼し、作詞をしたことがなかった伊坂が短編「ナハトムジーク」を代わりに執筆したことが発端となっていることから、今作の音楽は斉藤和義が担当している。

ネタバレを読む
映画:相対性理論

相対性理論の紹介:2014年製作。Tick Tack製作の短編映画シリーズの4作目となる作品である。日本人ならば誰でも知っている昔ばなし「浦島太郎」をモチーフとした連作短編映画シリーズの第4弾として製作された。監督・脚本・編集を務めたのは、Tick Tackの中心人物でもある堤真矢が務めている。第一弾の作品から第五弾の「浦島太郎」まで緻密に製作されていることが特徴であり、評価されている。

ネタバレを読む
映画:タマテバコ

タマテバコの紹介:2014年製作。Tick Tack製作の連作短編映画シリーズの第4作目となる作品である。日本人ならば誰でも知っている昔ばなしの「浦島太郎」をモチーフとした、全5作から成る連作短編映画シリーズの4作目に当たる作品である。監督・脚本・編集を務めたのは、Tick Tackプロジェクトの中心人物でもある映像作家の堤真矢監督。今作では浦島太郎の玉手箱にフォーカスを当てている。

ネタバレを読む
映画:名探偵ピカチュウ

名探偵ピカチュウの紹介:2019年公開。世界中で人気の日本が生んだゲームシリーズ「ポケットモンスター」シリーズの最も著名なポケモン・ピカチュウを主人公としたスピンオフゲーム「名探偵ピカチュウ」をハリウッドが実写映画化した作品。CG技術を駆使して、実際に俳優が演技している映像に数多くのポケモンを合成して作品を仕上げた。ピカチュウの声を演じたのは「デッドプール」シリーズでお馴染みのコメディ俳優ライアン・レイノルズ。

ネタバレを読む
映画:クレアのカメラ

クレアのカメラの紹介:2017年の韓国映画。2016年のカンヌ国際映画祭期間中、映画祭に出席するために現地に滞在していたイザベル・ユペールとキム・ミニをキャストに迎えて撮影した中編作品。監督は独創的なスタイルが特徴のホン・サンス。突然会社を解雇された女性と、カンヌを訪れていたフランス人女性との交流をホン・サンスらしい会話劇で綴る。

ネタバレを読む
映画:ナニカの断片

ナニカの断片の紹介:2018年制作のショートムービー。俳優事務所・バウムアンドクーヘンに所属する役者のプロモーション映像を、多彩な映画監督が制作するという企画『バウムちゃんねる』の中の一作。監督・脚本・撮影・編集は『カメラを止めるな!』の上田慎一郎。3編の物語で構成されるオムニバス作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。