ホラー映画のネタバレあらすじ一覧

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

クローゼットの紹介:2020年製作の韓国映画。「神と共に」シリーズのハ・ジョンウと「殺人者の記憶法」のキム・ナムギル共演のミステリー。事故により妻を失ったサンウォンは、一人娘イナと新居へ引っ越す。サンウォンがクローゼットから聞こえる声や悪夢に悩まされていたある日、イナが忽然と姿を消す。製作は、「1987、ある闘いの真実」のチョン・ウォンチャン。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
僕を憐れむ子守唄-呪われたベッドNO.6-の紹介:2019年製作のイタリア&アルゼンチン合作映画。小児病院を舞台に描かれたイタリアンホラー。夫の紹介で、小児病院の夜勤医師の面接に向かったビアンカ。院長から前任者が飛び降り自殺で亡くなったことを聞いたビアンカは恐怖を覚えるが、主人の面子を潰さないためにも辞退することができず…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「エクステ」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

エクステの紹介:2007年製作の日本映画。エクステことヘアー・エクステンション(つけ毛)をモチーフに作り上げた想像を絶するホラー作品。髪の持ち主の怨念がエクステに宿り、それを身に付けた者を次々と死の追いやる恐怖体験を描く。黒いストレートのロングヘアーがトレードマークの栗山千明がヒロインにふんする。奇妙な髪フェチ男を演じてた大杉漣のハジケぶりや、髪の毛が人を襲うという、前代未聞のVFX映像は一度見たら目に焼き付いて離れない。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ステイ・ホームの紹介:2019年製作のイタリア映画。ロベルト・デ・フェオ監督作品。孤立した邸宅に住む少年を描いたゴシックホラー。どこかの時代。母親・エレナに邸宅から離れることを厳格に禁止されていた少年は、外の世界に思いを馳せていた。そこへ、メイド・デニスが現れ、少年は母親に反抗し、外の世界に出る決心をするが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「死霊の盆踊り」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

死霊の盆踊りの紹介:1965年製作のアメリカ映画。若い男女が墓場で死者たちのストリップを目撃するという大ゲテモノ映画。製作・監督はA・C・スティーブン、脚本はエドワード・デイヴィス・ウッド・ジュニア、撮影はロバート・カラミコ、美術はロバート・ラスロップが担当。出演はウィリアム・ベイツ、パット・バリンジャーほか。2019年12月、新宿シネマカリテにて特集上映【サイテー映画の大逆襲2020!】で、HDリマスター版上映もされた、名作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「デッド・サイレンス」は2007年に公開された「ソウ」「死霊館」などのジェームズ・ワン監督が制作したホラー作品です。人気海外ドラマ「トゥルー・ブラッド」で知られているライアン・クワンテンが主演、また「ソウ」シリーズのドニー・ウォールバーグが出演しています。ジェイミーとリサの若い夫婦の元に、ある日差出人不明の荷物が届き、中を開けると一体の不気味な腹話術の人形でした。その後、ジェイミーが出掛けている間に何者かにリサが惨殺されてしまいます。ジェイミーはリサを殺した犯人は、腹話術人形に関係していると考え、人形の箱を調べると偶然にもジェイミーの故郷である「レイヴンズ・フェア」の名が記されていました。ジェイミーは人形の送り主を探すため、故郷へと向かいます…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ザ・スイッチ

映画「ザ・スイッチ」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ザ・スイッチの紹介:2021年4月9日公開のアメリカ映画。『ゲット・アウト』、『アス』などの話題作を世に送り出してきたジェイソン・ブラムが製作、『ハッピー・デス・デイ』のクリストファー・ランドンが監督と脚本を務める異色ホラー。連続殺人鬼ブッチャーを『ハクソー・リッジ』のヴィンス・ヴォーンが、地味な女子高生ミリーを『名探偵ピカチュウ』のキャスリン・ニュートンが演じ、互いの身体が入れ替わってしまったことから巻き起こる恐怖を、ユーモアを交えて描く。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷の紹介:2020年製作のアメリカ映画。『死霊のはらわた』、『スパイダーマン』のサム・ライミが製作を務め、“呪い”をテーマに恐ろしい怪異現象を描いたホラー。『オブリビオン』などのアンドレア・ライズボロー演じる刑事が、ある変死体の謎を探るうちに思わぬ恐怖に見舞われる。村上龍の原作を映画化した『ピアッシング』のニコラス・ペッシェ監督がメガホンをとり、『明日を継ぐために』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた実力派デミアン・ビチルが共演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
メタモルフォーゼ/変身の紹介:2019年製作の韓国映画。悪霊に取り憑かれた一家を救おうと奮闘する神父を描く韓国発オカルト・ホラー。新居に引っ越してきた一家の周囲で奇妙な現象が起こる。父親は神父として働いていた弟ジュンスに助けを求めるが、過去のある出来事から自信を失くしていたジュンスは協力を拒む。出演は、「スウィンダラーズ」のぺ・ソンウ、「探偵なふたり」シリーズのソン・ドンイル、「無垢なる証人」のチャン・ヨンナム、「未成年」のキム・へジュン。監督は、「技術者たち」のキム・ホンソン。「未体験ゾーンの映画たち2021」にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
劇場版 ほんとうにあった怖い話~事故物件芸人~の紹介:2021年製作の日本映画。ニューヨークやトム・ブラウンなどお笑い第7世代の面々を主演に迎え、実在した事故物件の3つのエピソードを基に構成されたオムニバスホラー。売れないお笑い芸人・綾野晃司は、TVプロデューサーからの依頼で“事故物件に住む”仕事を引き受けるのだが……。出演は、ニューヨークの屋敷裕政、嶋佐和也、かが屋の賀屋壮也、トム・ブラウンのみちお、布川ひろき。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1980~90年代に巻き起こったビデオブーム・スプラッタ映画ブームの中でも、マニアの注目を集めた一作で、日本では劇場未公開、ビデオの発売がされる前から、凄い映画がある!と評判になっていた作品です。原作はH・P・ラブクラフトの「死体蘇生者ハーバート・ウェスト」で、クライマックスの一大スプラッタ絵巻は今見ても十分に見ごたえがあります。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
キングレコード主催の「ホラー秘宝祭り」で、2019年に「ホラー総選挙グランプリ」を獲得したエロチック・ホラーです。監督は「怪談新耳袋Gメン」シリーズの監督などを務めた佐藤周で、ホラー秘宝のイメージガールに選ばれた松川千紘が、精神的に不安定なヒロインをセクシーに演じています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ドリームキャッチャー 呪われた魔除けの紹介:2020年製作のアメリカ映画。怖い夢に怯えていた少年はある日、良い夢を運んでくるというお守り‘ドリームキャッチャー’を手に入れる。その夜から亡くなった大好きな母親の夢を見るようになる。しかし、それは本当の悪夢の始まりだった…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「影なき淫獣」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

影なき陰獣の紹介:1973年製作のイタリア映画。スラッシャー・ムービーの元祖と称される、伝説のサスペンスホラー。ミラノの学生街で覆面姿の連続殺人鬼による凶行が起きる。不穏な空気の中、女学生のジェーンは気分転換に友人と共に田舎の別荘に向かうが、犯人の魔の手はそこにも迫っていた…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×