ホラー映画のネタバレあらすじ一覧

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

映画「犬鳴村」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

犬鳴村の紹介:2020年製作の日本映画。福岡県にある心霊スポット・旧犬鳴トンネルの先にあるとされる犬鳴村を題材にした、「呪怨」の清水崇監督によるホラー。臨床心理士・奏の周囲で奇妙な出来事が次々に起こり始め、奏は謎を突き止めるため、いずれの件にも関与する犬鳴トンネルに向かうが……。身の回りで数々の恐ろしい出来事が起こる奏を、アイドルグループさくら学院の元メンバーで、「ダンスウィズミー」に主演した三吉彩花が演じるほか、「EVEN 君に贈る歌」の坂東龍汰、「ミスミソウ」大谷凛香、ボーカルダンスユニットSUPER★DRAGONのメンバーである古川毅らが出演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ザ・パラサイト 寄生する獣の紹介:2018年製作のアメリカ映画。ジェレミア・キップ監督作品。アメリカ東海岸で続発する、謎の変死事件。遺体はいずれも頭が内部から破裂したように、頭蓋骨が損傷していた。調査に乗り出した女性科学者のルイザは、未知の《寄生生物》の存在を知る。その怪物は人体に侵入し、神経を支配して人間を操る。寄生された人間はゾンビのように狂暴化し、最後は脳を食い荒らされて死に至るのだ。ルイザが真相にたどり着いた頃、CIAも事態の隠蔽に動き出す。だが、すべては手遅れだった…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ドゥームズデイ」や2019年版の「ヘルボーイ」を手がけたニール・マーシャルが2005年に監督した作品で、洞窟探検に出かけた6名の女性が、思いもよらぬ恐怖に襲われる様を描いたホラー映画です。主要登場人物が女性だけの洞窟探検ホラーという、斬新な設定が高く評価され、2009年には続編も製作されました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1980年代にスプラッター映画ブームを巻き起こした「死霊のはらわた」を、2013年にリメイクした作品です。オリジナルを監督したサム・ライミは製作にまわり、ウルグアイ出身の新人監督、フェデ・アルバレスがメガホンを取りました。アルバレス監督は、この後に手掛けたホラー映画「ドント・ブリーズ」も高い評価を受けています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2013年に公開されたアメリカ映画。 後に『IT/‟それ”が見えたら、終わり。』及びその続編『IT THE END』を監督する事になるアンディ・ムスキエティが、自身が過去に発表した短編映画に引き続いて監督を務めたハリウッドデビュー作。 彼を見出したギルレモ・デル・トロが製作総指揮として加わっている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
スケアリーストーリーズ 怖い本の紹介:2019年製作のアメリカ映画。全米で子どもたちにトラウマを与えたとして図書館に置くことを禁じられた児童書ホラーを映画化。ハロウィンの夜、町外れにある古い幽霊屋敷に忍び込み、1冊の本を持ち帰った子どもたちが一人ずつ姿を消していく。『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞を受賞したギレルモ・デル・トロが製作を務め、『トロール・ハンター』のアンドレ・ウーヴレダル監督がメガホンをとる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ブラインデッドの紹介:2018年製作のカナダ映画。盲目の男と妊婦がゾンビに立ち向かうカナダ発のホラー。事故で往生した救急車の中で目を覚ました盲目の男ベンは、状況が呑み込めないまま、無線機でSOSを呼ぶ。それを聞いて駆け付けたのは、女性警官のマーラ。だが、彼女は出産間近の妊婦だった……。出演は「ビジター 征服」のアダム・シーボルド。監督は「マンホール」のジェシー・トーマス・クック。「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
人面魚 THE DEVIL FISHの紹介:2018年製作の台湾映画。台湾に伝わる都市伝説を基に、親子の絆と恐怖を映し出すホラー。チャオハオは、ビデオコンテストに応募して母に旅行をプレゼントしようとしていた。撮影のため、霊媒師の家に忍び込んだ彼は、魚の死体から姿を現す稚魚を発見し、それを自宅に持ち帰るが……。出演は「セデック・バレ」のビビアン・スー。監督は、本作が初の長編劇場作品となるデビッド・ジュアン。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカの紹介:2019年製作のドイツ映画。ドイツ・ハンブルグで1970年代に実際に起きた連続殺人事件に基づく同名小説を映画化。安アパートの屋根裏に住むフリッツは、夜な夜な行きつけのバー“ゴールデン・グローブ”で孤独な女性に声を掛ける。一見無害そうに見える彼には、実は裏の顔があった。監督は、「女は二度決断する」のファティ・アキン。出演は、「僕たちは希望という名の列車に乗った」のヨナス・ダスラー、「パラダイス:愛」のマルガレーテ・ティーゼル、「マリア・ブラウンの結婚」のハーク・ボーム。第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ゴーストマスク~傷~の紹介:2019年9月20日公開の韓国映画。かつて日本全国を恐怖に陥れた都市伝説『口裂け女』をモチーフにしたサスペンス・ホラー。行方不明の姉を探すため、韓国ソウルに留学した美優。ある日、新進気鋭の美容整形外科医ハナと出会い、次第に仲良くなるが、美優はハナに姉の面影を感じるようになる。出演は「再会 禁じられた大人の恋」の茜ゆりか、「蠱毒 ミートボールマシン」の百合沙、「藍色少年少女」の広澤草。監督・撮影・編集は「口裂け女 in L.A.」の曽根剛。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2007年制作のスペイン映画。消防士の取材をしていたレポーターのアンヘラは、通報のあったアパートで閉じ込められてしまう。突然暴れだす、アパートの住民による惨劇にアンヘラたちは逃げまどいますが追い詰められていく。果たしてこのアパートで一体何がおきているのか? ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2013年製作のアメリカ合衆国のホラー映画。「インシディアス」の続編。監督は前作に引き続き、ジェームス・ワン。キャスト陣も続投し、ストーリーも完全な続編となっている。 ダルトンを無事に取り返したものの、エリーズが何者かに殺されてしまった。ランバート一家は警察の捜査のためにジョシュの母親であるロレインの家へ引っ越すもまた新たな恐怖が一家を襲う。何度も現れる白いドレスを着た女の正体とは。。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年製作のカナダ映画で、長大なウォータースライダーが売り物の水上公園に、卒業記念のパーティーで訪れた若者たちが、スライダーの中に仕掛けられた刃物で惨殺されてしまう・・・!という物語です。ラスト10分に凝縮された、血まみれの殺戮シーンが見どころです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×