ホラー映画のネタバレあらすじ一覧

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

プラネット・オブ・ピッグ 豚の惑星の紹介:2019年製作のカザフスタン&ブルガリア合作映画。豚と人間が融合した生物兵器に人間たちが戦いを挑むアクション。人間を食らう生物兵器「マズル」の巣窟となっているニューヨーク・マンハッタンで、マズルのリーダーを倒すべく賞金稼ぎの主人公たちが奮闘する。本作の基となった短編映画を制作したティムール・トゥリスベコフが主演を務め、『マチェーテ』シリーズなどのダニー・トレホなどが共演。監督を『クライモリ デッド・ホテル』などのヴァレリー・ミレフが務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ワーニング その映画を観るなの紹介:2020年製作の韓国映画。“史上最恐のホラー映画”の謎に迫る男の運命を追った韓国発のオカルトミステリー。ホラー映画の脚本を2週間で仕上げるようにプロデューサーから厳命された映画監督のミジョンは、心臓発作で死人まで出たという呪われたホラー映画の噂を聞きつけ興味を抱く。出演は「王の運命 歴史を変えた八日間」のソ・イェジ、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。特集企画『夏のホラー秘宝まつり 2020』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986年)の紹介:1986年製作のアメリカ映画。ニューヨークのダウンタウンに店を構える売れない花屋の店員と吸血植物の愛憎を描く。ロジャー・コーマン監督の未公開作品“The Little Shop of Horrors(61)のミュージカル舞台劇版の映画化作品。監督は「ダーク・クリスタル」の共同監督でマペット作家のフランク・オズ、製作はデイヴィッド・ゲフィン、脚本・作曲はハワード・アシュマン、撮影はロバート・ペインター、プロダクション・デザインはロイ・ウォーカー、特殊視覚効果はブラン・フェエレン、“オードリー2”デザイン・創造はライル・コンウェイ、音楽はマイルス・グッドマン、作曲はアラン・メンケン、編集はジョン・ジンプソンが担当。出演はリック・モラニス、エレン・グリーンほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
リトル・ショップ・オブ・ホラーズ(1960年)の紹介:1960年製作のアメリカ映画。日本では劇場未公開。わずか二日間の撮影で完成させたというR・コーマンの伝説的ブラック・コメディ。この映画はのちに1982年にミュージカル化され、また1986年にリメイクもされた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
人狼ゲーム 夜になったら、最後の紹介:2020年製作のアメリカ映画。パーティーゲームとして知られる「人狼ゲーム」を題材にしたVRゲームを映画化。雪に閉ざされた田舎町で不可解な殺人事件が起こり、新任の森林警備員と町の住人たちが犯人捜しに乗りだす。監督は俳優としても活動するジョシュ・ルーベン。キャストには『トゥモロー・ウォー』などのサム・リチャードソン、ドラマシリーズ「Flaked フレークド」などのジョージ・ベイジルのほか、ミラーナ・ヴァイントゥルーブ、サラ・バーンズ、マイケル・チャーナス、グレン・フレシュラーらが名を連ねる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:貞子DX

映画「貞子DX」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

貞子DXの紹介:2022年10月28日公開の日本映画。デジタル社会となった現代にあわせて変異した貞子の呪いにIQ200の天才が挑むサスペンスホラー。『屍人荘の殺人』の木村ひさしがメガホンをとり、原作者である鈴木光司が世界観監修を担当した。IQ200の天才である文華に扮するのは、実写映画版『魔女の宅急便』の小芝風花。共演に、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬、黒羽麻璃央、西田尚美、池内博之ら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
クリーチャーズ/宇宙から来た食人族の紹介:2022年6月17日公開のイギリス映画。「キュート・リトル・バニーズ」のトニー・ジョピア監督によるSFアクション。宇宙を救うパワーを秘めた小動物型エイリアン“マンピー”を追って邪悪な肉食エイリアン軍団が地球に到来。偶然研究旅行に来ていた大学生たちが、人類の存亡をかけエイリアンと戦う。様々なSFホラー作品のエッセンスやパロディが随所に散りばめられている。視覚効果スーパーバイザーには「バーフバリ 王の凱旋」のプラカーシュ・クマララジャンが、特殊メイク・特殊効果スーパーバイザーには「DUNE/デューン 砂の惑星」のテオドール・ローワン・サリスバリーが参加。「キュート・リトル・バニーズ」のロマン・バルベイが大学生グループを率いるサーリング教授を演じたほか、製作及び製作総指揮も兼任。「クロネズミ」の斎藤莉奈が日本人留学生アカネ役で出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
マーシー・ブラックの紹介:2020年製作のアメリカ映画。「ハッピー・デス・デイ」などのブラムハウス制作によるホラー。母親の病気を治すため、友人リリーを刺し、指を切った少女マリーナ。それは悪夢を現実化する魔物“マーシー・ブラック”を呼び出す儀式だった。15年後、彼女は新しい人生を始めようとするが……。出演は「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のダニエラ・ピネダ、「エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に」のオースティン・アメリオ。監督は「モンスター・フェスティバル」のオーウェン・エガートン。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて開催される『未体験ゾーンの映画たち2022』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:カラダ探し

映画「カラダ探し」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

カラダ探しの紹介:2022年10月14日公開の日本映画。終わらないループの中で殺され続ける6人の高校生の姿を描いたホラー。小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿されたウェルザードによる同名小説を、「海猿」シリーズを手掛けた羽住英一郎が実写映画化した。主人公の森崎明日香を演じる橋本環奈をはじめ、ドラマ「プロミス・シンデレラ」の眞栄田郷敦、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の山本舞香らがループに巻き込まれる高校生に扮する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
悪魔の毒々おばあちゃんの紹介:1988年製作のベルギー映画。笑いと恐怖、さらにスプラッター描写のバランスが絶妙。ヨーロッパの田園を舞台に高齢化社会をシニカルな視点で描いた、トロマ社配給のベルギー産Z級ムービー。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
悪魔の毒々サーファーの紹介:1986年製作のアメリカ映画。無法者のサーファーたちに息子を殺された母親の復讐を描く。製作はロバート・ティネル、監督は本作品がデビューとなるピーター・ジョージ、脚本はジョー・アイル、撮影はロルフ・ケスターマン、音楽はジョン・マッカラムが担当。出演はゲイル・ニーリー、バリー・ブレナーほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
悪魔の毒々ハイスクールの紹介:1986年製作のアメリカ映画。『悪魔の毒々モンスター』のロイド・カウフマン監督による、強烈なユーモアとホラーが見事に融合したヒット作。ハイスクール篇は続編2作も製作され、多数のファンを生んだ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
シン・感染恐竜の紹介:2021年製作のアメリカ映画。『サメデター』のダスティン・ファーガソン監督が贈るパンデミックホラー。最新科学で復活した肉食恐竜が研究所から脱走。その恐竜はエボラ出血熱ウイルスをばらまく生物兵器であることが判明し、街では“ジュラシック・ロックダウン”が発令される。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトルの紹介:2000年製作のアメリカ映画。カルト的な人気をほこるホラー・コメディの最新作。正義と悪の毒々モンスターが町の命運を巡り死闘を展開。カブキマンや悪のネオナチ軍団らユニークなキャラが続々登場! ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×