「爽快」映画一覧

爽快タグのついている映画は、理不尽な要求に屈せず、正義を貫くヒーローが出演者であったり、ダイナミックでスピード感あふれる演出で、悩みを吹き飛ばす気分爽快な作品が多く、子供から大人まで楽しむことができ、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「REDシリーズ」「TAXi」「トリプルX」などがあります。

映画:スコーピオン

スコーピオンの紹介:アメリカ映画にはよくあるギャングものですが、そこにエルヴィス・プレスリーを絡ませたところが、この作品の特徴です。今なお、アメリカではプレスリーが愛されていることが伝わってきます。ただストーリー自体にプレスリーが絡んでくることは、ほとんどありません。登場人物たちがただたんにプレスリーマニアなだけに見受けられます。ですがプレスリーがこの作品の重要なカギになっていることは間違いなく、ラストでおや?と思わせる演出になっています。注意深く観ていないと分かりませんが、そこに気付くとニヤリとできます。

ネタバレを読む
映画:スネーキーモンキー蛇拳

スネーキーモンキー 蛇拳の紹介:1978年に公開された香港映画です。当時の香港映画の定石を打ち破った作品としても知られており、アジア最大のカンフースター、ジャッキー・チェンの最初のヒット作です。ジャッキーのコミカルさが前面に出ており、この作品からジャッキー特有のカンフーが生まれたといっても過言ではありません。もちろんただコミカルなだけではなく、シリアスさも兼ね備えているのが本作の特徴です。コミカルさとシリアスさが融合した新時代を切り開いたカンフー映画だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:イコライザー2

イコライザー2の紹介:2018年10月5日公開のアメリカ映画。昼は堅気の仕事に就き、夜は法で裁けない社会の悪を退治する仕事請負人(=イコライザー)に変身。2つの顔を持つ男の活躍を描く、デンゼル・ワシントン主演によるサスペンス・アクションの第2弾。CIA時代の元上司を何者かに殺されたマッコールの壮絶な復讐劇が繰り広げられる。

ネタバレを読む
映画:いつだってやめられる闘う名誉教授たち3完結

いつだってやめられる 闘う名誉教授たちの紹介:2018年11月16日公開のイタリア映画。落ちこぼれインテリ教授たちがドラッグ製造に手を染めるイタリア発コメディシリーズ最終章となる第3作目。服役中の神経生物学者ピエトロは、ある男が神経ガスによるテロを企てていることを突き止める。テロを阻止するため、ピエトロはかつての仲間を集める…。

ネタバレを読む
映画:いつだってやめられる10人の怒れる教授たち2

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの紹介:2018年5月26日公開のイタリア映画。2009年の欧州危機を踏まえ、学問の道を絶たれた研究者たちが日常の鬱屈を吹き飛ばすイタリア発の風刺コメディ。合法ドラッグ製造で逮捕された神経生物学者のズィンニは、警察からスマートドラッグ蔓延防止のミッションを依頼され、仲間と共に再起を図るのだが…。

ネタバレを読む
映画:いつだってやめられる7人の危ない教授たち1

いつだってやめられる 7人の危ない教授たちの紹介:2018年6月30日公開のイタリア映画。素人ギャングの顛末を独特のビジュアル感覚と小気味良いリズムで活写し、イタリアでスマッシュヒットを記録したクライム・コメディー。『いつだってやめられる』三部作の1作め。予算削減により大学の職を失ったピエトロは、元同僚で不遇をかこつ研究者たちを呼び集め、合法ドラッグを製造するが…。

ネタバレを読む
映画:クレージーモンキー笑拳

クレージーモンキー 笑拳の紹介:「スネーキーモンキー 蛇拳」や「ドランクモンキー 酔拳」に続く第3弾として日本で公開された映画です。ですが実際のところ、「酔拳」や「蛇拳」とは全く関連のない内容です。また本作はジャッキー・チェンが初めて監督を担当した作品で、大ヒットを記録しました。ジャッキー・チェンが立ち上げた「豊年影業」の1作目の作品でもあり、ヒロインがまったく登場しないという極めて珍しい作品になっています。

ネタバレを読む
映画:シャンハイナイト

シャンハイ・ナイトの紹介:2000年公開の「シャンハイ・ヌーン」の続編です。本作はジャッキー・チェンとオーウェン・ウィルソンが共演する映画の第二弾となりますが、なんとあのカンフースター、ドニー・イェンも出演しています。ドニー・イェンは敵役として出演しており、滅多にない共演だけあって、カンフーアクション好きには堪らないものがあるかもしれません。なおシャンハイというタイトルはついていますが、実はイギリスが舞台の物語になっています。もちろん中国テイストの設定も盛り込まれています。

ネタバレを読む
映画:ポリスストーリー香港国際警察

ポリス・ストーリー/香港国際警察の紹介:言わずと知れた世界的カンフースター、ジャッキー・チェンが監督や脚本、主演に武術指導を兼任した作品です。ジャッキー・チェンの代表的な作品として知られており、1985年に第1作目が公開されて以降、様々な続編やスピンオフが制作されるほどの人気を誇っています。ちなみに本作には英語版や香港版、日本版といくつかのバージョンがあり、ストーリーはほぼ一緒ですが、細かいシーンが異なっています。

ネタバレを読む
映画:ポリスストーリー

ポリス・ストーリー3の紹介:カンフースターのジャッキー・チェンとアクション女優のミシェール・キング(現在はミシェール・ヨー)がタッグを組んだ映画です。ジャッキーに負けず劣らずなミシェールのアクションを堪能できます。この作品でもジャッキーお馴染みのスタントなしのアクションが展開されます。特にヘリコプターに命綱なしでぶら下がるシーンは、ジャッキー映画の中でも危険な部類のアクションだと言えるでしょう。なお本作から吹き替えではなく、ジャッキー自身が自らの声を担当しています。

ネタバレを読む
映画:レッドブロンクス

レッド・ブロンクスの紹介:ジャッキー・チェンが三度目のハリウッド進出を目標として作り上げた作品です。アジア映画初の快挙を成し遂げており、この作品を機に米国でジャッキー・チェンブームが巻き起こりました。この映画の撮影中、ジャッキー・チェンは麻橋からホバークラフトへ飛び移る際、右足首を骨折しています。そのためホバークラフトの後ろに捕まりながら水上を引きずられるシーンでは、靴下に靴の絵を描いて撮影に臨んでいます。ちなみにブロンクスというタイトルですが、実際の撮影場所はカナダのバンクーバーです。

ネタバレを読む
映画:ロミオマストダイ

ロミオ・マスト・ダイの紹介:アンジェイ・バートコウィアク監督によるヒップ・ホップ・カンフーの第一弾となります。ジェット・リーにとっては、初のハリウッド映画主演作でもあります。この作品を機にジェット・リーはハリウッドスターの仲間入りをしたと言っても過言ではありません。さらに本作のスタッフはあの大ヒットシリーズ「マトリックス」に携わった人たちです。そのため本格的なVFXが使われており、ジェット・リーのカンフーアクションと見事に融合を果たしています。

ネタバレを読む
映画:ビーバップハイスクール高校与太郎哀歌

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌の紹介:きうちかずひろ氏の大人気不良漫画「ビー・バップ・ハイスクール」を原作とした映画シリーズ第2弾です。この作品に登場する不良役は一般公募による出演者が多かったため、演技のはずの乱闘シーンから実際の喧嘩に発展することもあったようです。そのため喧嘩禁止の誓約書が用意されてあったとかなかったとか…。いずれにしても出演者たちに生傷が絶えなかったのは言うまでもありません。

ネタバレを読む
映画:キリングガンサー

キリング・ガンサーの紹介:2018年7月14日公開のアメリカ映画。アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション・コメディ。幾多の暗殺を遂行しながらその正体は謎に包まれている伝説の殺し屋“ガンサー”。新進気鋭のヒットマンであるブレイクはガンサーを殺して世界最強の座を手にするため、殺し屋チームを結成する…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。