「爽快」映画一覧

爽快タグのついている映画は、理不尽な要求に屈せず、正義を貫くヒーローが出演者であったり、ダイナミックでスピード感あふれる演出で、悩みを吹き飛ばす気分爽快な作品が多く、子供から大人まで楽しむことができ、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「REDシリーズ」「TAXi」「トリプルX」などがあります。

映画:十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたちの紹介:2019年1月25日公開の日本映画。杉咲花、橋本環奈、高杉真宙、新田真剣佑ら若手実力派たちが豪華共演するサスペンス。安楽死を求めて廃病院の密室に集まった12人の未成年の男女が、予期せぬ出来事の連続に疲弊していく…。

ネタバレを読む
映画:エルドラド

エル・ドラドの紹介:名匠ハワード・ホークスが監督、脚本を手掛けた西部劇。ハリー・ブラウンの小説を映画化した作品で、極悪牧場主と対峙するガンマンたちの戦いと友情を描いていく。主演を務めたのは、ハワード・ホークスと名コンビを組んできたジョン・ウェイン。1966年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:忍風戦隊ハリケンジャーシュシュッとTHEMOVIE

忍風戦隊ハリケンジャー シュシュッと THE MOVIEの紹介:2002年に公開された日本の特撮映画です。「忍風戦隊ハリケンジャー」の劇場版作品で、前年に公開された「ガオレンジャー」の映画が好評だったため、制作されました。テレビシリーズに先んじて、天雷旋風神が登場しています。ただしテレビ版の天雷旋風神とは設定が異なっています。なお本作のエンディングはキャスト陣が歌って踊るものになっており、以降に制作された戦隊映画でも採用されています。

ネタバレを読む
映画:侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!

侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!の紹介:「侍戦隊シンケンジャー」と「炎神戦隊ゴーオンジャー」のクロスオーバー作品で、「スーパー戦隊VSシリーズ」の1つとなります。「スーパー戦隊祭」の第2弾となり、劇場公開用の「スーパー戦隊VSシリーズ」として制作されました。本作を機に両戦隊の敵が登場するようになり、次作のスーパー戦隊も先行登場しています。そのため「スーパー戦隊VSシリーズ」の転換となる作品と言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:TAXi2

TAXi2の紹介:2000年に公開されたフランス映画です。「TAXiシリーズ」の第2弾となり、「レオン」で有名なリュック・ベッソン氏が制作と脚本を手掛けています。本作においては日本のヤクザが敵役です。しかし実際の日本とは大きく異なっており、いわゆる勘違い日本と言った感じです。たとえばヤクザの部下に忍者っぽいものがいたり、北日本を支配しているという言葉が出て来たり、アジア系の服装だったりといったことです。

ネタバレを読む
映画:少林寺木人拳

少林寺木人拳の紹介:1976年に制作された香港映画です。日本で公開されたジャッキー・チェン主演映画として最古のものに当たります。興行的にはそこまで成功しなかったものの、ジャッキー・チェンファンからの評価は高く、一時期は「好きなジャッキー映画ランキング」で1位を獲得したほどです。本作が初出となる「木人」は後の香港映画に数多くの影響を与えており、亜流となる作品も生み出されています。なお吹き替えにおいては少林寺拳法と訳されていますが、実際に作中で使われたのは少林拳となります。

ネタバレを読む
映画:レッドドラゴン新怒りの鉄拳

レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳の紹介:1976年に公開されたアクション映画で、原題は「新精武門」です。ブルース・リー主演の「ドラゴン怒りの鉄拳」の続編と銘打たれていますが、前作を見ていなくても楽しめる作りになっています。主演は大人気カンフースターのジャッキー・チェンで、本作は再デビュー作となります。オリジナル版と日本版の2種類があり、後者は30分近くシーンがカットされています。この記事で紹介しているストーリーは日本版のものであるため、オリジナル版とは多少ストーリー展開が異なります。

ネタバレを読む
映画:KARATEKILLカラテキル

KARATTE KILL/カラテ・キルの紹介:唯一の肉親である妹を、凶悪なカルト集団に拉致されてしまった青年が、達人の域にある空手のワザを駆使しながら、妹の救出に挑む!という物語で、主役を演じるハヤテさんの、まさに達人級のカラテが見もののハイパー・肉弾アクション映画です。

ネタバレを読む
映画:ブリッツ

ブリッツの紹介:2011年に公開されたクライムサスペンス映画です。大人気アクション映画「トランスポーター」や「アドレナリン」などでお馴染みのジェイソン・ステイサム氏が主演を務めており、「シンデレラマン」のパディ・コンシダイン氏や「THE WIRE/ザ・ワイヤー」のアイダン・ギレン氏などといった実力派俳優が脇を固めています。肝心のストーリーは乱暴者な刑事とゲイの相棒が、警察官ばかりを狙う愉快犯と対決するといったものとなっています。

ネタバレを読む
映画:デスペラードガールズ欲望の荒野

デスペラード・ガールズ 欲望の荒野の紹介:政界へ進出しようとしたり、トランプ大統領とのスキャンダルがウワサになったりと、色々とお騒がせなアメリカの人気ポルノ女優、ストーミー・ダニエルズさんが監督・脚本・主演を務めたセクシー西部劇です。低予算ムービーではありますが、出てくる女優さんたちが皆さんお綺麗なのは見逃せません。

ネタバレを読む
映画:燃えよ、マッハ拳!

燃えよ、マッハ拳!の紹介:2011年に中国で公開されたカンフー映画です。言わずと知れたカンフースター、サモ・ハン・キンポー氏とその息子サミー・ハン氏が共演した記念すべき作品でもあります。日本のアクション俳優ケイン・コスギ氏も出演しており、なんとカンフー界の大御所ユン・ワー氏もキャスティングされているなど、豪華なキャスト陣になっています。ストーリーそのものは、道場の買収を賭けた試合というシンプルなものになっています。

ネタバレを読む
映画:バッドガール(2012)

バッド・ガール(2012)の紹介:2012年に公開された映画で、原題は「Girls Against Boys」です。男に酷い目に遭わされた主人公が相棒の女性と出会うことで、復讐に転じていくという話で、いわゆるリベンジものと言えます。主演は「ピラニア リターンズ」のダニエル・パナベイカー氏で、相棒の女性は「僕が教えるアメリカ成功術」のニコル・ラリベルテ氏が演じています。R15認定されていますが、そこまでどぎつい描写はありません。

ネタバレを読む
映画:ヒトラー最終兵器

ヒトラー最終兵器の紹介:2013年に公開されたイギリスのゾンビもの映画です。ナチスドイツ軍が作り上げた不死身の兵士に、ソ連軍の精鋭部隊が立ち向かうという話です。ほぼ全編通してバトルシーンのオンパレードというのが特徴的な作品です。主人公がやたらと強いのも見どころの1つで、原題は「Outpost III: Rise of the Spetsnaz」です。実はナチスゾンビシリーズの第3弾なのですが、なぜか邦題ではそのことが明記されていません。といってもストーリーは独立しているため、本作から見ても問題ありません。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。