「怖い」映画一覧

怖いタグのついている映画は、ゾンビや幽霊といった出演者が登場し、暗がりから襲ってくるなど、背筋が凍って夜も眠れなくなるストーリー展開の作品が多くなっています。子供よりも、大人向けで高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「エクソシスト」「オーメン」「エルム街の悪夢」などがあります。

ガーディアンズ 呪われた地下宮殿の紹介:2017年に製作されたオーストラリア・中国映画で、キンブル・レンドールが監督を務め、ケルシー・グラマーらが出演したSFスリラー。調査中の鉱山で行方不明になった弟を助けるため、地下宮殿へと向かう女性と救助隊の姿を描いている。

ネタバレを読む

アイズの紹介:2008年に公開されたアメリカ映画で、ジェシカ・アルバ主演で贈るホラー。パン兄弟の大ヒット作である、2002年の「The EYE」のハリウッド・リメイク。角膜手術を受けたことで、ドナーと同じ特徴が現れた女性が、真相を探っていく様を描いている。

ネタバレを読む

不能犯の紹介:2018年2月1日公開の日本映画。グランドジャンプ連載の人気コミックを松坂桃李主演で映画化したサイコスリラー。赤く光る目で見つめるだけで人の心を操る男、宇相吹と、その力が唯一効かない刑事の多田との対決の行方が描かれる。

ネタバレを読む

不能犯 dTVオリジナルドラマ2巻完結の紹介:2017年12月22日配信の日本テレビドラマ。映画『不能犯』劇場公開に先駆けて、オリジナルドラマが配信、地上波にて放送された。映画本編の序盤で殺害される、木島ファイナンスの社長・木島に関係する殺人事件と、宇相吹の暗躍が描かれる。

ネタバレを読む

不能犯 dTVオリジナルドラマ1巻の紹介:2017年12月22日配信の日本テレビドラマ。映画『不能犯』劇場公開に先駆けて、オリジナルドラマが配信、地上波にて放送された。映画本編の序盤で殺害される、木島ファイナンスの社長・木島に関係する殺人事件と、宇相吹の暗躍が描かれる。

ネタバレを読む

人狼ゲーム インフェルノの紹介:2018年製作の日本映画。テレビドラマ『人狼ゲーム ロストエデン』の完結篇となる劇場版。クラスメイト9名と共に見知らぬ場所に監禁され、命を賭けた人狼ゲームに参加することになった私立鶴ヶ岡高校2年3組の紘美。次々と犠牲者が出る中、最後に生き残るのは誰なのか……?主演は「ポエトリーエンジェル」の武田玲奈。監督はテレビシリーズの演出も手掛けた綾部真弥。

ネタバレを読む

ロミーナの紹介:2018年に製作されたメキシコ映画で、ディエゴ・コーエンがメガホンをとったホラー。湖の近くのキャンプ場にやってきた仲良しグループが、学校で変わり者扱いされている同級生と接触したことで、惨劇に巻き込まれる姿を描いている。

ネタバレを読む

ゴッド・オブ・ウォー 導かれし勇者たちの紹介:2010年に製作されたイギリス・ドイツ映画で、ショーン・ビーンやエディ・レッドメイン、カリス・ファン・ハウテンらが出演したアクションドラマ。黒死病が蔓延する中世のイギリスを舞台に、病気の元凶と思われる村に向かう修道士と騎士団の姿を描いている。

ネタバレを読む

マウス -終わらない戦禍-の紹介:2017年に製作されたスペイン映画で、ヤヨ・エレーロが監督を務めたホラー。ドイツ人の彼氏と森の中で立ち往生したボスニア人の女性が、内戦で経験した恐怖に再び直面する姿を描いている。

ネタバレを読む

デス・レター 呪いの手紙の紹介:2017年製作のロシア映画。1通の手紙から底なしの恐怖が始まるホラー。イーゴリは会社宛てに間違って届けられた手紙を届けて欲しいと依頼される。宛先の住所に向かった彼は、そこにいた老婆にここの住所ではないと言われる。手紙を見ると書かれていた住所と宛名が変わっていた…。

ネタバレを読む

オキナワノコワイハナシ4の紹介:2009~2012年に放映された沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ第4弾。あるカップルの悲劇「と或る仕合せの果て」、悪霊(マジムン)を見ないようにする「スイッチ」、大学生がとある廃ビルの都市伝説に挑む「幽霊ビル」の3作品。

ネタバレを読む

脱獄者の紹介:2011年に製作されたアメリカ映画で、ドミニク・パーセルやフェイス・フォードらが出演したサスペンス。元恋人を殺して精神病棟に収監されていた男が、見学に来ていた元恋人に似ている女子大学生を気に入り、脱獄を図って執拗に追い求める姿を描いている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。