「映画賞受賞作」映画一覧

映画賞受賞作タグのついている映画は、アカデミー賞やカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭などで、名誉ある賞を受賞した、歴史に残る優れた作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「わたしは、ダニエル・ブレイク」「ラ・ラ・ランド」「めぐりあう時間たち」などがあります。

ノスタルジアの紹介:1983年のイタリア・ソ連合作映画。巨匠アンドレイ・タルコフスキーがイタリアを旅する詩人の姿を描いた作品で、その幻想的な映像は世界で高く賞賛され、第36回カンヌ国際映画祭では創造映画大賞、監督賞、エキュメニカル審査員賞を受賞した。

ネタバレを読む

BPM ビート・パー・ミニットの紹介:1990年代初頭。実在するエイズ活動家団体『ACT UP』のメンバーが、差別や偏見そして一行に進まぬ治療に抗議しながらも、逞しく生き抜く姿をエモーショナルな映像で描き出した感動作。R15+作品。
2017年の仏映画で、カンヌ国際映画祭グランプリを始めとする世界の映画賞を総なめにした。監督・脚本は『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本家ロバン・カンピヨ。ACT UPのメンバーだった自身の経験をベースに今作を生み出した。

ネタバレを読む

ハッピー・ゴー・ラッキーの紹介:2008年公開のイギリス映画。いつも陽気で楽観的な、30歳の小学校教師の行動から起こるドラマを描いている。海外の多数の映画賞で、受賞やノミネートをした作品であり、サリー・ホーキンス主演で贈るコメディドラマ。

ネタバレを読む

愛おしき隣人の紹介:2007年公開のスウェーデン映画。北欧のとある街を舞台に、ちょっとおかしな住人たちの人生をユーモラスに描いている。巨匠ロイ・アンダーソンが監督を務めた作品で、国内外の多数映画祭で絶賛されたブラックコメディ。

ネタバレを読む

誘う女の紹介:1995年にアメリカで製作された犯罪コメディ。ジョイス・メイナードによる同名小説をガス・ヴァン・サント監督がニコール・キッドマン主演で映画化。有名人になるという欲望に取りつかれた女性と、彼女の野望に巻き込まれる高校生たちの姿をモキュメンタリー風に描いていく。第53回ゴールデングローブ賞では、ニコール・キッドマンが主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を獲得した。

ネタバレを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガールの紹介:2014年公開のイギリス映画。ひとりぼっちだった少女と少年が出会って、最高の音楽が生まれていく姿を描いている。「ベル・アンド・セバスチャン」のステュアート・マードックが監督と脚本を務めた作品で、サンダンス映画祭では審査員特別賞を受賞した。

ネタバレを読む

シシリーの黒い霧の紹介:1962年にイタリアで製作された社会派映画。シチリアの大物山賊サルヴァトーレ・ジュリアーノの死の謎をドキュメンタリー風に描いた作品で、第12回ベルリン国際映画祭では監督賞にあたる銀熊賞を受賞した。

ネタバレを読む

グランドフィナーレの紹介:2015年公開。80歳を迎えて現役を退いた音楽家と、周りの人々との交流を描いている。パオロ・ソレンティーノが監督と脚本を務め、マイケル・ケインやハーヴェイ・カイテル、レイチェル・ワイズ、ジェーン・フォンダら豪華出演で贈る作品。

ネタバレを読む

赤穂城断絶の紹介:1978年製作の深作欣二監督による時代劇。主君の無念を果たした赤穂浪士四十七人の討ち入りまでの壮絶な道のりを描く。萬屋錦之介始め多くの名優がキャストに名を連ね、「仁義なき戦い 完結篇」でも深作監督と組んだ高田宏治が原作と脚本を担当した。第52回キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞受賞作品。

ネタバレを読む

レボリューション・ティガの紹介:2015年製作のインドネシア映画。同じ師の下で学んだ3人の男たちが、国家の陰謀が渦巻く裏社会で対峙する姿を描いている。アンギ・ウンバラが監督を務め、インドネシア・バンダン映画祭では最優秀監督賞に輝いた。東南アジア最強の格闘技、シラットの使い手たちの怒涛のアクションシーンは見もの。

ネタバレを読む

バルタザールどこへ行くの紹介:1966年のフランス・スウェーデン合作のロバを主人公とした異色ドラマ。名匠ロベール・ブレッソン監督が一頭のロバと一人の少女の姿を通して世の中の不条理を描き出していく。第27回ヴェネツィア国際映画祭では、サン・ジョルジョ賞を始め多数の賞に輝いた。

ネタバレを読む

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへの紹介:2014年制作のフランス映画。パリ郊外の高校を舞台に、情熱的な教師が問題児の生徒たちを変えていく姿を描いている。実話を基にしたサクセスストーリーで、名女優アリアンヌ・アスカリッドが主演を務めた作品。

ネタバレを読む

リメンバー・ミーの紹介:2017年にアメリカで製作された3Dファンタジーアニメ。メキシコを舞台に、一人の少年が死者の国への旅を通じて家族の大切さに気づいていく姿を描く。「トイ・ストーリー3」を手掛けたリー・アンクリッチが原案と監督を務め、第90回アカデミー賞では長編アニメーション賞と歌曲賞を受賞した。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。