「映画賞受賞作」映画一覧

映画賞受賞作タグのついている映画は、アカデミー賞やカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭などで、名誉ある賞を受賞した、歴史に残る優れた作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「わたしは、ダニエル・ブレイク」「ラ・ラ・ランド」「めぐりあう時間たち」などがあります。

映画:ラヴィ・ド・ボエーム

ラヴィ・ド・ボエームの紹介:1992年のフィンランド映画。アンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』をアキ・カウリスマキ監督が長い年月をかけて映像化。第42回ベルリン国際映画祭では国際評論家連盟賞、第5回ヨーロッパ映画賞では主演・助演ともに男優賞を獲得した。3人の芸術家の男たちのボヘミアンな暮らしぶりをカウリスマキ監督らしいタッチで綴る。

ネタバレを読む
映画:しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの紹介:2016年のカナダ・アイルランドの合作で、日本公開は2018年。カナダ人画家モード・ルイスの波乱と愛に満ちた人生をサリー・ホーキンスとイーサン・ホークの共演で感動的に描き、観客賞を中心に世界中の映画祭で度々受賞した。幼少期から手足が不自由だったモードは孤独な日々を送るなか、とある男の家政婦となる。男とトラブル続きの共同生活を送りながら、モードは画家として名を馳せていく。

ネタバレを読む
映画:太陽はひとりぼっち

太陽はひとりぼっちの紹介:1962年にイタリア・フランス合作で製作された作品で、ミケランジェロ・アントニオーニ監督による愛の不毛三部作の最終章となる映画。愛に空虚さしか見いだせない女性の姿を独創的な映像で映し出していく。主演はモニカ・ヴィッティ、アラン・ドロンが務め、第15回カンヌ国際映画祭では審査員特別賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:旅情

旅情の紹介:1955年にイギリス・アメリカ合作で製作されたラブロマンス。アーサー・ローレンツによる戯曲「カッコーの季節」をデヴィッド・リーン監督が映画化、主演はキャサリン・ヘップバーンが務めた。アメリカ人中年女性がヴェネツィアで恋に落ちていく姿がせつなく描かれていく。第21回ニューヨーク映画批評家協会賞では監督賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:スワンの恋

スワンの恋の紹介:1984年にフランス・西ドイツ合作で製作されたラブロマンス。マルセル・プルーストの長編小説「失われた時を求めて」の第1篇第2部「スワンの恋」を映画化した作品で、1890年代のパリを舞台に、社交界の名士として知られる青年が魅惑的な女性に溺れていく姿を描いていく。第10回セザール賞ではプロダクション・デザイナー賞、衣装デザイナー賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:木と市長と文化会館または七つの偶然

木と市長と文化会館 または七つの偶然の紹介:1993年にフランスで製作されたエリック・ロメール監督によるヌーベルバーグ作品。フランスの田舎に文化会館を建設しようとする市長とその周辺の人々の姿を、7つの偶然とともに描いていく。モントリオール世界映画祭FIPRESCI賞受賞作品。

ネタバレを読む
映画:アトミックブロンド

アトミック・ブロンドの紹介:2017年のドイツ・スウェーデン・アメリカ合作のアクションスリラー。アンソニー・ジョンストン、サム・ハートによるグラフィックノベル「The Coldest City」を映画化した作品で、東西冷戦末期のベルリンを舞台にMI6の女性諜報員が二重スパイを追う姿を描いていく。アクションシーンは高く評価され、2018年度の世界スタント賞では二部門を受賞した。

ネタバレを読む
映画:男と女(1966年)

男と女(1966年)の紹介:1966年にフランスで製作されたロマンス映画。クロード・ルルーシュが監督、脚本、撮影を務め、フランシス・レイが音楽を担当した。伴侶を失ったつらい過去を抱えながら、惹かれ合っていく男と女の姿を描いていく。第39回アカデミー賞では、脚本賞と外国語映画賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:かあちゃん

かあちゃんの紹介:2001年に製作された人情時代劇ドラマ。山本周五郎の同名小説を市川崑監督が岸惠子主演で映画化、貧困の中でも人を思いやる心を忘れないある家族の物語を描いていく。第25回モントリオール世界映画祭では、特別功労賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ブランカとギター弾き

ブランカとギター弾きの紹介:2015年のイタリア・フィリピン・日本合作のヒューマンドラマ。ストリートチルドレンの少女と盲目のギター弾きの数日間の日々を描いていく。第72回ヴェネツィア国際映画祭では、ソッリーゾ・ディベルソ賞、マジックランタン賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:マクファーランド 栄光への疾走

マクファーランド 栄光への疾走の紹介:2015年にアメリカで製作されたスポーツドラマ。1987年にヒスパニック中心の生徒からなるチームがクロスカントリー州大会で優勝した実話を基に、人種を越えたコーチと生徒の交流を描いていく。第24回ハートランド国際映画祭Truly Moving Picture Award受賞作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。