「映画賞受賞作」映画一覧

映画賞受賞作タグのついている映画は、アカデミー賞やカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭などで、名誉ある賞を受賞した、歴史に残る優れた作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「わたしは、ダニエル・ブレイク」「ラ・ラ・ランド」「めぐりあう時間たち」などがあります。

2007年製作の日本映画。とある南の島に、一機のプロペラ機が降り立つ。そこから降りてきたのは、2人の女性。ひとりは大きな銀色のスーツケース、もうひとりはハンドバッグひとつ。スーツケースの女性はそれを引きずりながらも、なんとか宿泊先ハマダにたどり着いた。 ネタバレを読む
2012年公開のアメリカ映画。『サムサッカー』『20センチュリー・ウーマン』のマイク・ミルズ監督が75歳でゲイだとカミングアウトした父親と息子の葛藤を描いたヒューマンドラマ。父親ハルを演じたクリストファー・プラマーは本作でアカデミー賞助演男優賞を受賞した。 38歳で独身のオリヴァーは、75歳の父親ハルから突然ゲイだと告白された。ハルは恋人を作り新しい生活を謳歌するが、それから間もなくしてガンを患ってしまう。オリヴァーは病に倒れてもなお自分なりの人生を貫こうとした父の姿に背中を押され、みずから別れを告げた恋人のアナにもう一度向き合おうと決意する。 ネタバレを読む
「マレーナ」は2000年のイタリア映画で、「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品です。主演のモニカ・ベルッチの体当たりの演技が絶賛され、今作をきっかけに彼女は世界的な有名女優の仲間入りを果たします。1940年代の戦時下のイタリアのシチリア島に住む少年レナートの強烈で切ない初恋を描く、青春映画です。 ネタバレを読む
キャッチコピーは「その嘘は、罪ですか」、笑福亭鶴瓶主演、「ゆれる」「永い言い訳」「すばらしき世界」でさまざまな人間を鋭く切り取る作風の西川美和が描く「嘘」をテーマにした一人の中年医者を中心に描かれるヒューマンドラマ。第83回キネマ旬報ベストテン第一位を受賞した。2009年劇場公開作品。127分。 ネタバレを読む
2014年製作のベルギー・フランス・イタリアの合作映画。第87回アカデミー賞主演女優賞にマリオン・コティヤールがノミネートされた。体調を崩して休職していたサンドラは、金曜日に突然上司から解雇を言い渡される。彼女が復職するためには従業員16人の内、過半数がボーナスを諦めることだった。納得のいかない彼女は週末の2日間を使って同僚を必死に説得して回る…。 ネタバレを読む
葉月と呼春は母の佐和と3人暮らし。14年前に女を作って出て行った父が末期がんになったと連絡を受け二人だけで見舞いに行くことになるが… • 第23回日本映画批評家大賞 新人監督賞(中野量太) • 第55回アジア太平洋映画祭(マカオ) 最優秀助演女優賞(渡辺真起子) • 第7回アジアン・フィルム・アワード(香港) 最優秀助演女優賞(渡辺真起子) ネタバレを読む
「遺伝性アルツハイマー」や「若年性アルツハイマー」になってしまった言語学者をジュリアン・ムーアが好演した一作、本作でムーアは世界中の賞を総なめにした。医師の夫と3人の子供を持ち幸せだった言語学者が突然、言葉が出てこない、道がわからなくなるという痴呆症のような身体の変化を感じる。リチャード・グラツァー監督、2014年公開作品、101分 ネタバレを読む
映画「あの日、欲望の大地で」は2008年のアメリカの映画、監督は「バベル」の脚本家ギジェルモ・アリアガの作品です。第65回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門にて上映されました。出演はシャーリーズ・セロンをはじめ、ジェニファー・ローレンス、キム・ベイシンガーなどの実力派のキャストが揃っています。高級レストランのマネージャーのシルヴィアは、罪と悲しい過去を背負って生きていた…ある日、捨てた自分の娘マリアが現れ、シルヴィアは過去の罪と向き合うことになる…。 ネタバレを読む
「ビデオドローム」や「スキャナーズ」など、ホラー系の監督作で有名だったデヴィッド・クローネンバーグが、シリアスなサスペンスアクションに挑んで高い評価を得た作品です。切れ味の鋭いアクションが、短い時間に凝縮されて描写される様に、背筋がヒンヤリするような戦慄を覚えます。 ネタバレを読む
2014年に公開された、アメリカの戦場アクション映画。アメリカ海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」が、アフガニスタンにおける「ターリバーン」首謀者の暗殺を目的にした「レッド・ウィング作戦」を実行した際、唯一生き残ったマーカスの手記に基づく物語です。マーカスは仲間と共に、偵察チームとして現地へ赴くが…。 ネタバレを読む
兄のディッキーは精気溢れるボクサーだったが、今はジャンキーたちとつるんでコカイン中毒になっていた。弟のミッキーは才能に恵まれながらも、トレーナーに付く兄とマネージャーである母のせいで連敗を重ねていた。そんなある日、ディッキーは犯罪を犯し投獄され、ミッキーには新しく試合の話が持ち込まれる。ただそれには一つの条件が付いていた。 2010年・アメリカ合衆国製作・監督:デヴィット・O・ラッセル ネタバレを読む
2014年製作の日本映画。主演の安藤サクラは第39回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得。最優秀脚本賞も受賞。32歳の一子は定職にも就かずに実家の弁当屋も手伝わず、堕落した日々を送っていた。離婚した妹が息子を連れて実家に戻ってきてから、このまま親の年金目当てにしてるんじゃないかと言われケンカをし、家を出ることになったのだが…。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2008年製作のスウェーデン映画。『裏切りのサーカス』のトーマス・アルフレッドソン監督がメガホンをとり、少年とヴァンパイアの少女の純愛を描いたベストセラー小説『モールス』を映画化。 恐ろしくも美しい世界観が絶賛され、トライベッカ国際映画祭の最優秀作品賞をはじめ、世界中の映画祭で60賞を受賞。 12歳のいじめられっ子オスカーは隣に引っ越してきたミステリアスな少女・エリに惹かれていくが、エリには誰にも明かせない秘密があった。 ネタバレを読む
2007年に公開された、岩井俊二原作のアニメーション映画です。台湾、中国、香港などで公開されるなど、大きな話題を呼びました。主題歌は、DAOKO×米津玄師による「打上花火」です。 ネタバレを読む みんなの感想が11件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×