「パニック」映画一覧

パニックタグのついている映画は、自然災害や未知の生物からの脅威など、過酷な状況下で出演者が立ち向かう設定の作品が多くなっています。また、ハラハラとドキドキが止まらないストーリー展開の作品も多く、学生から社会人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ミスト」「ジョーズ」「海猿シリーズ」などがあります。

映画:プレデターズ エヴォリューション

プレデターズ エヴォリューションの紹介:2010年に公開されたフランスのホラー映画です。タイトルに「プレデターズ」とついてはいますが、あの「プレデター」とは一切関係がありません。そもそも原題は「La traque」なので「プレデター」要素は入っていないのです。つまり日本で公開される際、「プレデターズ」とまるでパチモン映画のようなタイトルをつけられたということです。なのでモンスターは出てこず、凶暴化したイノシシが登場する映画となっています。

ネタバレを読む
映画:無知との遭遇

無知との遭遇の紹介:2010年に公開されたSFドキュメンタリー映画。吉本興業のお笑いコンビである野生爆弾のロッシーの純粋で天然な性格を利用した作品。TBSの製作を務める合田隆信が監督を務め、千原兄弟の千原ジュニアが出演している。UFOが目撃されたという村を番組で取材するジュニアとロッシーが、宇宙全体を巻き込む壮大な物語に巻き込まれていく様子を記録した作品だが、全ては仕込みのドッキリであり、主演のロッシーのみが知らされていないというドッキリ作品である。

ネタバレを読む
映画:トラフィッカー運び屋の女

トラフィッカー 運び屋の女の紹介:2018年製作のアイスランド映画。コカイン密輸を企てる兄弟と運び屋の女の運命を綴るクライム・スリラー。多額の借金を抱える弁護士エリックと、刑務所から出所したばかりの弟アトリ。二人は運び屋ソフィアのコカイン密輸を手伝うことになるが、麻薬捜査局の刑事レナの捜査の手が迫ってくる…。

ネタバレを読む
映画:ヒドラ

ヒドラの紹介:2009年に公開されたモンスターパニック映画です。大金持ちが犯罪者狩りを行おうとした島で、9つの首を持つヒドラが現れるというストーリーとなっています。いわゆるCGを使ってヒドラを描いていますが、登場段階では首が3つしかありません。9つの首が登場するのはクライマックス辺りです。さらにヒドラをモンスターとして登場さセットているため、ゼウスやヘラクレスの剣といったギリシャ神話の要素もいくつか登場します。

ネタバレを読む
映画:超感染ファイナルデッド

超 感染 ファイナル・デッドの紹介:2019年12月7日公開の中国映画。ゾンビの巣と化した高級ホテルから脱出を図る人々の恐怖を映し出すスリラー。運転手ジャックがホテルで会食中のボスを待っていると、突如人食いゾンビが出現。逃げ惑う市民が次々と襲われるなか、ボスから救助要請を受けたジャックはホテルの最上階を目指す。

ネタバレを読む
映画:フィナーレそいつが見えたら終わり

フィナーレ “そいつ”が見えたら、終わり。の紹介:2018年製作のデンマーク映画。残忍な殺戮を繰り返す“リングマスター”と名乗るピエロの恐怖を映し出すデンマーク発のミステリー・ホラー。夜勤中のガソリンスタンド店員アグネスと同僚のベリンダ。奇妙な来客が現れたことをきっかけに、彼女たちの周囲で次々と不気味な出来事が発生し…。原作は、デンマークの人気ホラー作家スティーン・ラングストルプの小説。シネマート新宿・シネマート心斎橋で開催される特集企画『のむコレ3』にて上映。

ネタバレを読む
映画:エスケープルーム~デッドオアアライブ

エスケープ・ルーム~デッド オア アライブの紹介:2017年に公開された映画です。原題は「ESCAPE FROM MARWIN」、日本語に訳すと「マーウィン邸からの脱出」という意味になります。いわゆるソリッドシチュエーションスリラーと呼ばれるジャンルで、集められた囚人が屋敷からの脱出を目指して謎解きをするというストーリーです。とはいえ謎解きはほとんどせず、粗暴な囚人たちがいがみ合いつつ、屋敷からの脱出を目指すといったものになっています。

ネタバレを読む
映画:デッドハング

デッドハングの紹介:「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」で、レイプ犯に壮絶な復讐を繰り広げる女性を演じたセーラ・バトラーを主演に迎え、会社の横領を巡る秘密の「口封じ」のために命を狙われるヒロインを描いたサスペンス・アクションです。エレベーター内に閉じ込められるという、閉鎖空間での心理戦や戦いが見ものになっています。

ネタバレを読む
映画:ハイルシュテッテン~呪われた廃病院~

ハイルシュテッテン~呪われた廃病院~の紹介:旧ナチス時代の陰惨な過去がある廃療養所ハイルシュテッテンに侵入したYouteberらの恐怖を描く2018年ドイツのPOVホラー。監督/脚本はマイケル・デイビット・ペイト。出演は「ブレイク・ビーターズ」のゾンヤ・ゲルハルト、「THE WAVE ウェイヴ」(2008年)のティム・オリバー・シュルツなど。

ネタバレを読む
映画:ZOOMBIEズーンビネクストレベル

ZOOMBIE ズーンビ ネクスト・レベルの紹介:低予算ホラーやパニック映画を次々と世に送り出す、アサイラム社製作の動物パニック映画です。凶暴化した動物たちの群れに立ち向かう人々を描いた作品で、前作「ZOOMBIE ズーンビ」とは違う舞台での物語ですが、最後に前作との繋がりがわかる仕掛けになっています。

ネタバレを読む
映画:コモド vs キングコブラ

コモド vs キングコブラの紹介:2005年に公開されたモンスターもののパニック映画です。「コモド」や「コモド・リターンズ」に続くモンスターパニックシリーズの第3弾にあたり、本作ではコモドの宿敵としてキングコブラが登場します。巨大なコモドとキングコブラに襲われる人々が描かれており、「ストリート・オブ・ファイヤー」で有名なマイケル・パレ氏が出演しています。なお「コモド vs キングコブラ」というタイトルですが、言うほど戦いません。

ネタバレを読む
映画:クロール ー凶暴領域ー

クロール ー凶暴領域ーの紹介:「死霊のはらわた」「スパイダーマン(トビー・マクガイア主演)」シリーズのサム・ライミが製作を担当し、「ヒルズ・ハブ・アイズ」「ピラニア3D」のアレクサンドル・アジャが監督を務めた、凶暴なワニの脅威を描いた作品です。残酷・ショック描写では定評のある「両巨頭」がタッグを組んだことにより、巷に溢れる「B級アニマルパニック映画」とは一線を画す、期待以上の仕上がりになっています。

ネタバレを読む
映画:4×4殺人四駆

4×4殺人四駆の紹介:2018年製作のアルゼンチン&スペイン合作映画。外から中は見えず、防弾ガラスで傷一つつかず、防音で声は一切届かない。車上荒らしで押し入った車に閉じ込められ、脱出不可能な状況に陥った男に待ち受ける衝撃の結末とは…。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019参加作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。