「笑える」映画一覧

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:カメラを止めるな!リモート大作戦!
カメラを止めるな!リモート大作戦!の紹介:2020年に製作された作品。2018年に大ブームを巻き起こした映画『カメラを止めるな!』のスピンオフ作品第2弾。新型コロナウイルスの蔓延により外出自粛が要請されている中で、キャスト・スタッフが一度も会うことなく、すべての撮影をオンラインで行う「リモート撮影」によって完成された作品。監督・脚本・編集は『カメラを止めるな!』と同じく上田慎一郎が務めた。キャストも『カメラを止めるな!』の出演陣が再集結している。YouTubeのPANPOKOPINAチャンネルにて鑑賞できる。 ネタバレを読む
映画:隣の影
隣の影の紹介:北欧のテラスハウスで起こった些細な隣人トラブルがあり得ない惨劇へと発展する2017年制作のブラック・コメディ。監督/脚本は”北欧ニューウェーブ”の俊英ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソン。曲者の老女を演じるのはアイスランドの人気コメディアンで女優のエッダ・ビヨルグヴィンズドッテル。第90回アカデミー賞外国語映画賞を始め、自国アイスランドのアカデミー賞を総ナメにし、日本でもSKIPシティ国際Dシネマ映画祭コンペティション部門監督賞を受賞している。 ネタバレを読む
映画:任侠学園
任侠学園の紹介:2019年9月27日公開の日本映画。今野敏の小説『任侠』シリーズのうち『任侠学園』を西島秀俊と西田敏行のW主演で実写化した人情喜劇。地元密着型ヤクザ・阿岐本組の組長は社会貢献に目がなく、No.2の日村は振り回されてばかり。今度は経営不振の高校の再建を引き受け、日村は学園へ向かう。監督は「劇場版 ATARU」や『民王』などのテレビドラマを手がけた木村ひさし。次々に厄介な案件を引き受ける組長の阿岐本を西田敏行が、組長の気まぐれで高校の理事となる羽目になるNo.2の日村を西島秀俊が演じる。 ネタバレを読む
映画:Peeping Life -WE ARE THE HERO-
Peeping Life -WE ARE THE HERO-の紹介:2014年に公開された作品。独特のゆるい雰囲気が特徴の人気アニメ『Peeping Life』シリーズの内、手塚プロとタツノコプロとのコラボシリーズ『手塚プロ・タツノコプロワンダープロ』の劇場版作品である。手塚プロの人気キャラとタツノコプロの人気キャラがPeeping Lifeの世界観でマイぺースな会話を繰り広げる。 ネタバレを読む
映画:うずまき
うずまきの紹介:うずまきに取り憑かれた町で起こる珍妙怪奇な出来事を描いた伊藤潤二のホラー漫画「うずまき」の実写化作品。2000年公開。「L'Arc~en~Ciel」「GLAY」など数々の有名アーティストのPV監督で知られるHiguchinsky監督の長編デビュー作。主演は「押切」「首吊り気球」など同じく伊藤潤二の実写化作品に多く出演している初音映莉子。共演には大杉漣、高橋惠子などの名優陣や、佐伯日菜子、阿部サダヲ、でんでんなどの個性派が名を連ねている。 ネタバレを読む
映画:ジュマンジ3ネクストレベル
ジュマンジ/ネクスト・レベルの紹介:2019年12月13日公開のアメリカ映画。ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の第3弾(続編)。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。 ネタバレを読む
映画:ラストクリスマス
ラスト・クリスマスの紹介:2019年に公開された作品。世界的に有名なクリスマス・ソングであるワム!の楽曲『ラスト・クリスマス』から着想を得て製作されたロマンティック・コメディ作品である。監督を務めたのは『SPY/スパイ』『ゴースト・バスターズ(リメイク版)』などで監督を務めたポール・フェイグ。主演はドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズや『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で知られるエミリア・クラーク。 ネタバレを読む
映画:危いことなら銭になる
危(やば)いことなら銭になるの紹介:1962年公開の日本映画。都筑道夫原作“紙の罠”より「黒いダイス」のコンビ池田一朗と山崎忠昭が共同で脚色、「若くて、悪くて、凄いこいつら」の中平康が監督したアクション喜劇。撮影もコンビの姫田真佐久。 ネタバレを読む
映画:街の灯
街の灯の紹介:喜劇王チャップリンが製作、監督、主演、音楽を兼任したロマンスコメディ。盲目の花売りの女性に恋をし、彼女のために奮闘する放浪紳士の姿をユーモラスに描いていく、第3回ナショナル・ボード・オブ・レビューでは、トップ10に選出された。1931年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:くまのプーさん(2011)
くまのプーさん(2011)の紹介:2011年に公開された作品。ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品として製作された。世界的に愛されるディズニーのキャラクターであるくまのプーさんの長編映画シリーズの作品。くまのプーさん長編作品としては約6年振りの作品となる。今作は2Dアニメーション作品として製作されており、2020年現在でディズニーが製作した最後の長編2Dアニメーション作品となっている。監督を務めたのはスティーブン・アンダーソンとドン・ホ ネタバレを読む
映画:グーフィーのテニス教室
グーフィーのテニス教室の紹介:1949年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。ディズニーのキャラクターであるグーフィーを主人公としたシリーズの第24作品目にあたる作品である。監督を務めたのはシリーズで多く監督を務め、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していたピント・コルヴィグ。グーフィーたちがテニスをする様子が面白可笑しく語られる。 ネタバレを読む
映画:バッドダディ史上最悪のツアーガイド
バッド・ダディ 史上最悪のツアーガイドの紹介:2011年に制作されたアメリカの映画です。ジャンルとしてはファミリーコメディに当たります。ストーリーは7年間の服役を終えた主人公が娘との絆を取り戻すため、かつての悪友と対決するというもので、どこかコミカルに描かれているのが特徴的です。主演はアメリカのヒールプロレスラーとして知られるトリプルHことポール・レヴェック氏ですが、アクションシーンはそれほど多くはありません。 ネタバレを読む
映画:チャーリーズ・エンジェル(2019)
チャーリーズ・エンジェル(2019)の紹介:TVシリーズとして1970年代に放映され人気を博し、2000年代にも映画化された「チャーリーズ・エンジェル」の最新映画化です。「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが出演し、女優のエリザベス・バンクスが監督・脚本を担当。バンクスは、自らもエンジェルたちを率いる「女性ボスレー」役で出演しています。 ネタバレを読む
映画:ロボシャーク vs. ネイビーシールズ
ロボシャーク vs. ネイビーシールズの紹介:謎の未確認行物体から発せられた、小さな光る玉を飲み込んだサメがメカニック化して「ロボシャーク」となり、シアトルの町をパニックに陥れる・・・!という仰天設定のサメパニック映画ですが、SNSやYou tubeなどの現代的要素と、様々な映画のスチャラカなパロディを盛り込んだ、奇想天外な作品になっています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。