「笑える」映画一覧

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:キャノンボール2

キャノンボール2の紹介:1984年に公開されたカーアクション映画です。前作「キャノンボール」の続編でもあり、作中の時間軸は翌年となります。バート・レイノルズ氏やサミー・デイヴィスJr.氏、ジャッキー・チェン氏、フランク・シナトラ氏など、豪華なキャスト陣が魅力的です。本作ではジャッキー氏は主役ではなく、レースの参加者の1人といった感じになっています。なお本作は1984年のゴールデンラズベリー賞にもノミネートされたことがあります。

ネタバレを読む
映画:デッド寿司

デッド寿司の紹介:2013年に公開された日本の映画です。「古代少女ドグちゃんシリーズ」や「ケータイ刑事 銭形命」などの井口昇監督が手掛ける作品で、アクションとホラー、コメディの要素を持ち合わせています。寿司が人食い怪物になるという斬新な設定で、アクション女優の武田梨奈氏が主演を務めているため、主人公はカンフーを特技としています。そのため寿司をカンフーで倒すという一般的なホラー映画では見られないシーンが盛りだくさんです。

ネタバレを読む
映画:スチュアートリトル2

スチュアート・リトル2の紹介:2002年に公開されたアメリカのファミリー映画です。「スチュアート・リトルシリーズ」の第2弾にあたり、コンピューターグラフィックスがふんだんに用いられています。前作でリトル家の家族の一員となったスチュアートが、新しい友達のために奮闘するストーリーになっており、ちょっとした恋愛要素も含まれています。監督は前作と同じロブ・ミンコフ氏が務めており、主人公スチュアートの声もマイケル・J・フォックス氏が担当しています。

ネタバレを読む
映画:スチュアートリトル

スチュアート・リトルの紹介:1999年に公開されたアメリカのファミリー映画です。E・B・ホワイト氏の同盟小説を映画化したもので、動物たちはコンピューターアニメーションでリアルに描かれています。脚本を手がけているのは「シックス・センス」でお馴染みのM・ナイト・シャマラン氏です。さらに主人公のスチュアート・リトルの声を担当しているのは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公を演じたマイケル・J・フォックス氏です。

ネタバレを読む
映画:ミラージュ

ミラージュの紹介:幼い頃に両親を殺された男が、あるきっかけから、鍛え続けてきた肉体を、「ヒーロー」として役立たせることを決意する・・・という物語で、「冴えない男が一念発起しヒーローを目指す」映画の走りとも言える作品です。肉体派の主人公の、CGを使わない本気のアクションが見ごたえタップリです。

ネタバレを読む
映画:モンスターVSエイリアン

モンスターVSエイリアンの紹介:2009年に公開された3Dアニメーション映画です。ドリームワークス制作の映画で、コミカルなヒーローものとなっています。SF映画をパロった要素も多いため、知っている人はニヤリとできるかもしれません。本作の内容は突如として巨大化してしまった主人公がモンスターたちと共に、地球侵略を目論むエイリアンと戦うといったものになっています。個性の強いモンスターも多いため、怪物好きにもオススメです。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダー電王&キバクライマックス刑事

仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事の紹介:2008年に公開された「仮面ライダー電王」の劇場版です。「仮面ライダーキバ」もゲスト的な扱いではあるものの登場しており、平成ライダーシリーズでは初めて他のライダーと共演している作品という宣伝文句が謳われています。本編終了後に劇場版が制作されたのも初のことで、この作品がきっかけで「さらば電王」や「超・電王」などの映画が作られることになりました。ちなみに「仮面ライダー剣」で仮面ライダーカリス/相川始を演じた森本亮治氏がゲスト出演しています。

ネタバレを読む
映画:ファイナルプロジェクト

ファイナル・プロジェクトの紹介:1996年公開の香港映画です。言わずと知れたカンフースター、ジャッキー・チェン主演のアクション映画となります。「ポリス・ストーリー/香港国際警察」の4作目にあたりますが、ストーリー的な繋がりはありません。それに加えて前作までと世界観や設定は同じですが、人物の名称は英語名で統一されているという違いがあります。ちなみに本作の水中バトルでは、本物のサメとサメ型ロボットを使ったそうです。

ネタバレを読む
映画:リトルショップオブホラーズ (1986年)

リトル・ショップ・オブ・ホラーズ (1986年)の紹介:1986年に制作されたアメリカのホラーコメディ映画です。元々「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」は1960年に制作されています。そのオリジナル作品はミュージカル化されました。そのミュージカル作品を映画化したものが、1986年版の「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」になります。ちなみにラストは悲劇で終わる予定でしたが、公開直前のスニークレビューで批判が続出したため、急遽ハッピーエンドのラストを追加したそうです。

ネタバレを読む
映画:ゴッドタンキス我慢選手権THEMOVIE2サイキック・ラブ

ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブの紹介:バラエティ番組「ゴッドタン」の人気企画「キス我慢選手権」から派生した映画化作品の第2作目です。前回同様に劇団ひとりを主役に迎え、完全アドリブ演技で待ち受ける数々の誘惑に耐えながら物語を完結させるストーリーとなっています。今回は超能力を持つ少女とのラブストーリーを軸に伊藤英明や近藤芳正といった豪華キャストとともに送る、唯一無二の作品となっています。

ネタバレを読む
映画:カンニングモンキー天中拳

カンニング・モンキー/天中拳の紹介:1978年に公開されたカンフー映画です。今や世界に誇るカンフースター、ジャッキー・チェン氏が若いスタッフと共に作り上げた作品で、パロディ要素が満載です。たとえばポパイや座頭市などをパロッたシーンが出てきます。なので元ネタを知っていればより楽しめるでしょう。ちなみに本作はロー・ウェイ氏によってお蔵入りにされ、ジャッキー・チェンが有名になってから公開されたそうです。ジャッキー氏いわく「レンタルして観る価値のある映画」だそうです。

ネタバレを読む
映画:翔んで埼玉

翔んで埼玉の紹介:2019年2月22日公開の日本映画。埼玉に対する自虐的な笑いが話題となり、1982年の発表から30年以上経った2015年に復刊し、大ヒットした魔夜峰央の同名コミックを実写映画化したコメディ。二階堂ふみ演じる東京都知事の息子・百美が隠れ埼玉県人の麗と出会い、逃避行を繰り広げる。千葉と埼玉の争いや神奈川、群馬など関東の近県を巻き込んだ壮絶なバトルが展開する。

ネタバレを読む
映画:ゴッドタンキス我慢選手権THEMOVIE

ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIEの紹介:テレビ東京の深夜バラエティ番組「ゴッドタン」の企画として生まれた「キス我慢選手権」を、劇団ひとりの全編アドリブ芝居によって映画化した作品です。「砂漠の死神」と呼ばれる暗殺者を主人公に、次々と襲いかかる展開に巻き込まれていくようにストーリーが進行していきます。主題歌には番組のファンでもあるサンボマスターの「孤独とランデブー」が起用され、映画に華を添えています。

ネタバレを読む
映画:正装戦士スーツレンジャー

正装戦士スーツレンジャーの紹介:2018年に制作された日本の短編映画です。THE SUITS COMPANYとミラーライアーのコラボ企画作品で、「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督が手がけています。戦隊ものと社会人を組み合わせた異色の作品になっており、いわゆるパロディものです。なんと本作には職業怪人カメレオール氏が敵役として出演しており、正義のヒーローに負けず劣らぬなキャラクター性を見せています。上田監督が好きな人なら、見て損はない作品と言えるでしょう。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。