「笑える」映画一覧

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:ホームレス中学生

ホームレス中学生の紹介:2008年公開。人気お笑いコンビ・麒麟の田村裕が自身の中学生時代からの出来事を綴った自伝小説「ホームレス中学生」を原作にした実写映画作品。監督は古厩智之。主人公の田村裕を演じるのは当時アーティストとしても活躍していた小池徹平。その脇を池脇千鶴やイッセー尾形、柄本時生ら豪華役者陣が固める。また、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣も主人公の兄役で出演している。

ネタバレを読む
映画:シャザム!

シャザム!の紹介:2019年4月公開。DCコミック原作の映画で、世界観を共有する映画シリーズ「DC EXTENDED UNIVERSE」の作品である。それまでのDC作品とは異なるユーモアたっぷりのコメディヒーロー映画として製作されている。監督はデビッド・F・サンドバーグが務め、主演は「マイティ・ソー」シリーズ等で出演のザッカリー・リーバイ。DCEUでは初めて実在の都市が舞台となっている。

ネタバレを読む
映画:悪魔の毒々パーティ

悪魔の毒々パーティの紹介:年に一度のお楽しみ、プロム・パーティーを控えた高校のある町で、突如死人がゾンビとなって次々と生き返る緊急事態に。なんとかゾンビの襲撃を逃れた高校生たちは、クラスメイトを救うべくパーティー真っ最中の学校へ向かうのだが・・・というお話で、「悪魔の毒々モンスター」で有名なトロマ社の製作ではありませんが、明るく楽しいゾンビコメディになっています。

ネタバレを読む
映画:マーダーオブキャット

マーダー・オブ・キャットの紹介:いい歳をして母親離れ出来ないニートな青年が、「唯一の親友」だった飼い猫を殺されたことから、「猫殺し」の犯人を捜すため奔走する!という物語で、猫を殺した犯人を探しつつ成長していく主人公を描いたコメディ・ドラマです。監督のジリアン・グリーンは、本作の製作を担当している「死霊のはらわた」「スパイダーマン」などの監督サム・ライミの奥様で、これが監督デビュー作になります。

ネタバレを読む
映画:スリークリミナルズ

スリー・クリミナルズの紹介:人生の転機を迎えて旅に出たいという叔父の希望を叶えるため、キャンピング・カーを購入した甥っ子兄弟。そんな「なんでもない」はずの行動が、2人を犯罪の渦中へ巻き込むことになったのでした・・・!というクライム・サスペンスで、犯罪モノですが出てくる悪人もほとんどが「憎めないキャラ」の、オフビートな感覚のドラマになっています。

ネタバレを読む
映画:ゴーストチームワン

ゴースト・チーム・ワンの紹介:低予算ながら大ヒットした「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」以来、数多く製作されるようになった「POVホラー」の形式を用いて、それを徹底的にチャカしまくったパロディ・ホラーです。POVホラーの定番である、ドキッとさせるシーンはちゃんと作り込まれていて、ゾンビ・パロディ映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」のPOVホラー版とも言える作品になっています。

ネタバレを読む
映画:ナニカの断片

ナニカの断片の紹介:2018年制作のショートムービー。俳優事務所・バウムアンドクーヘンに所属する役者のプロモーション映像を、多彩な映画監督が制作するという企画『バウムちゃんねる』の中の一作。監督・脚本・撮影・編集は『カメラを止めるな!』の上田慎一郎。3編の物語で構成されるオムニバス作品。

ネタバレを読む
映画:霊的ボリシェヴィキ

霊的ボリシェヴィキの紹介:とある廃工場で行われた心霊実験の恐怖を描いた2017年公開のホラー映画。旧ソ連の偉人の肖像の元、”人の死に立ち合った経験”がある7人の男女が各々の恐怖体験を語るうち、不可思議で怖ろしい現象が起こるが…。監督/脚本はJホラーの重鎮「恐怖」「狂気の海」の高橋洋。主演は「アジアの純真」「西北西」の韓英恵。

ネタバレを読む
映画:ドッグイートドッグ

ドッグ・イート・ドッグの紹介:2016年のアメリカのクライムスリラー映画。エドワード・バンカーの原作小説を「タクシードライバー」の脚本などで知られるポール・シュレイダーが実写映画化。出演はニコラス・ケイジ。日本公開は2016年。

ネタバレを読む
映画:まじめに愛して

まじめに愛しての紹介:1974年のフランス映画。フレンチポップの永遠のアイコン、ジェーン・バーキンが27歳の時に主演したラブコメディ。日本では劇場未公開だったが、ジェーンの熱烈なファンの支持を得て、2007年の彼女の誕生日にソフト化された。アリアーヌとパトリスとブリュノは、女1人と男2人の3人で一緒に暮らす恋人同士。行き当たりばったりの旅に出た3人だったが、アリアーヌの前に魅惑的な大人の男が現れて…。

ネタバレを読む
映画:ライオンキング3ハクナマタタ

ライオン・キング3ハクナ・マタタの紹介:2004年製作のディズニーアニメ映画。映画『ライオン・キング』の第3弾。ティモンとプンバァの出会いを軸にして、映画『ライオン・キング』の舞台裏を描いた内容となっている。

ネタバレを読む
映画:おとなの恋はまわり道

おとなの恋は、まわり道の紹介:2018年12月7日公開のアメリカ映画。キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーが4度目の共演を果たした、ユニークなラブストーリー。空港で出会い、同じ結婚式に参列することが判明した2人の男女が、毒舌交じりの会話を交わしながらも恋に落ちていくさまがつづられる。結婚式の招待客である2人にしかセリフがなく、マシンガンのごとく繰り広げられるトークが笑いを誘う。

ネタバレを読む
映画:殺したい女

殺したい女の紹介:ダニー・デビート、ベット・ミドラー主演のブラックコメディ。オー・ヘンリーの短編小説「赤い酋長の身代金」を原案としており、ある中年男が企てた妻殺害計画が思わぬ形で破綻していく様をユーモラスに描いていく。第1回アメリカン・コメディ・アワードでは、ベット・ミドラーが主演女優賞を獲得した。1986年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:マクリントック

マクリントックの紹介:ジョン・ウェイン、モーリーン・オハラ主演の西部劇。ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「じゃじゃ馬ならし」を原案にしており、田舎の大地主と都会志向の妻との大喧嘩をコメディタッチで描く。監督は「大いなる男たち」、「チザム」でもジョン・ウェインとタッグを組んだアンドリュー・V・マクラグレン。1963年アメリカ製作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。