「笑える」映画一覧

笑えるタグのついている映画は、お腹を抱えて笑うことができ、元気を与えてくれるストーリー展開の作品が多く、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「クレヨンしんちゃんシリーズ」「アニー・ホール」「ホーム・アローン」などがあります。

映画:キン肉マン晴れ姿!正義超人

キン肉マン 晴れ姿!正義超人の紹介:大人気アニメ「キン肉マン」の劇場版第5作目です。江戸時代にタイムスリップして戦うという内容であるため、時代劇のパロディが数多く散りばめられているのが本作の特徴となります。それに加えて夢の超人タッグ編のコンビが再結成され、敵に立ち向かうというのも本作の特徴であり、見所だと言えます。ちなみに蟹江栄司氏が死去したため、本作からはラーメンマンの声は銀河万丈氏が担当しています。

ネタバレを読む
映画:ヘルベイビー

ヘル・ベイビーの紹介:夢の新居として格安のボロ屋に引っ越してきた夫婦の、臨月の妻が悪魔に取り付かれて次第におかしくなっていく様を描いた、悪魔憑きホラーを下敷きにした大バカコメディ。コメディだがホラーテイストのシーンはしっかり血みどろで、しかも下品極まりないシーンも多く、悪趣味映画好きにはたまらない逸品になっている。

ネタバレを読む
映画:キン肉マン大暴れ!正義超人

キン肉マン 大暴れ!正義超人の紹介:大人気アニメ「キン肉マン」の劇場版第2作目です。時系列としては7人の悪魔超人編と黄金のマスク編の間とされていますが、バッファローマンの加入やキン肉ドライバーお披露目のエピソードが違うなど、原作とは異なる展開を迎えています。得にキン肉ドライバーに関してはテレビアニメよりも先に劇場版で披露されています。ちなみに本作に登場するビビンバは原作におけるヒロインであり、キン肉マンの正妻でもあります。

ネタバレを読む
映画:キン肉マン奪われたチャンピオンベルト

キン肉マン 奪われたチャンピオンベルトの紹介:大人気アニメ「キン肉マン」の劇場版シリーズ第1作目です。「奪われたチャンピオンベルト」という副題は映画公開時にはつけられていませんでした。この副題がついたのはソフト化されたときです。本作は悪魔超人編後のストーリーを描いており、真の友情をテーマとした作品になっているのが特徴的です。なお本作で登場する忍者超人のボス、ウコンに関連する人物が後の劇場版にも数多く出演しています。

ネタバレを読む
映画:拳精

拳精の紹介:1978年に制作されたカンフー映画です。ジャッキー・チェンが自らの持ち味を活かしたカンフーコメディ「カンニング・モンキー 天中拳」に怒ったロー・ウェイ監督が、「本当のコメディとは何たるかを見せてやる」と豪語し、作られたのが本作となります。こうした経緯もあって、主演のジャッキー・チェンは本作を良くは思っていないそうです。むしろ酷評しており、ジャッキー・チェンが「スネーキーモンキー 蛇拳」で人気を得るまではお蔵入りされたほどの作品です。

ネタバレを読む
映画:キン肉マン正義超人vs戦士超人

キン肉マン 正義超人vs戦士超人の紹介:大人気アニメ「キン肉マン」の劇場版第7作にして、最後の映画作品となります。テレビアニメシリーズ終了後に公開された作品で、原作にはなかった戦士超人という設定があることから本編のパラレルワールドとされています。さらに本作は原作者ゆでたまご氏の読みきり「デスゲーム」をベースにした内容となっており、劇場版としては珍しくキン骨マンや五分刈刑事、イワオの戦闘シーンがあるのが特徴的です。

ネタバレを読む
映画:キン肉マン 逆襲!宇宙かくれ超人

キン肉マン 逆襲!宇宙かくれ超人の紹介:大人気アニメ「キン肉マン」の劇場版第4作目です。原作における短編読みきり「ロビン・メモの巻」をベースにした物語となっています。時系列は夢の超人タッグ編の後です。特徴としては過去に出てきた敵が再生超人として登場する点が挙げられます。さらにジェロニモは本作が劇場版初登場となります。9人の正義超人が勢ぞろいし、かくれ超人相手に激闘を繰り広げるのが最大の見所だと言えるでしょう。もちろん「キン肉マン」らしいコミカルなシーンもてんこ盛りです。

ネタバレを読む
映画:キン肉マン 正義超人vs古代超人

キン肉マン 正義超人vs古代超人の紹介:「キン肉マン」映画シリーズの第3作となります。「黄金マスク編」が終わった後の物語とされており、内容は完全オリジナルです。前作では原作をベースとしていましたが、本作は映画ならではの内容です。正義超人誕生の設定も映画オリジナルのものとなっており、サタンキングという強大な悪がボスキャラとして設定されています。さらに映画第1作目に登場したウコン一族の子孫も出演しています。

ネタバレを読む
映画:バタリアン2

バタリアン2の紹介:「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」のパロディである「バタリアンシリーズ」の第2弾です。「バタリアン」というのは日本独自の邦題となります。ジャンルはホラー映画ですが、コミカルな要素が強いのが特徴です。本作最大の特徴はゾンビにあります。知能を持っているため喋ることもでき、頭を破壊されても死にません。そのうえガンガン走ります。個性的なゾンビが多数登場するのも本作ならではの特徴だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ロンドンゾンビ紀行

ロンドンゾンビ紀行の紹介:原題は「Cockneys vs Zombies」で、2012年に公開されたイギリスの映画となります。ゾンビ映画のパロディ的な作品で、ホラーではなくコメディタッチで描かれています。老人対ゾンビ、若者対ゾンビという2つのストーリーが交互に進む、一風変わった作りとなっています。これまでにはなかった「老人対ゾンビ」という新しいテーマを取り扱ったことで、コアな人気を獲得した作品です。

ネタバレを読む
映画:どら平太

どら平太の紹介:2000年製作の市川崑監督による時代劇。山本周五郎の「町奉行日記」を原案とした作品で、市川崑、黒澤明、木下惠介、小林正樹による映画人グループ「四騎の会」が脚本を手掛けた。「どら平太」というあだ名の町奉行がある小藩の悪政を正すべく奮闘する姿を描く。

ネタバレを読む
映画:スティング

スティングの紹介:1973年製作のアメリカの犯罪喜劇映画。「明日に向って撃て!」のジョージ・ロイ・ヒル監督とポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードが再び名トリオを組んだ作品で、プロの詐欺師たちが暗黒街の大物を出し抜く様子を軽快に描いていく。第46回アカデミー賞では七冠に輝いた(作品賞、監督賞、脚本賞、美術賞、編集賞、衣装デザイン賞、歌曲編曲賞)。

ネタバレを読む
映画:酔拳2

酔拳2の紹介:「ドランクモンキー 酔拳」の続編と銘打たれてはいますが、前作との関連性はあまりありません。どちらかと言えば単独作品に近く、酔拳と父親、土地以外には共通点はないと言えるでしょう。なお本作にはいくつかのエンディングが存在しています。中国版では主人公のフェイフォンが工業用アルコールの影響で失明し頭がおかしくなるというブラックなエンディングになっていますが、国際公開版ではこの皮肉めいたオチはカットされています。

ネタバレを読む
映画:ハードコア(2018年・日本)

ハード・コア(2018年・日本)の紹介:2018年11月23日公開の日本映画。狩撫麻礼&いましろたかしによるカルト漫画を、同作のファンだったという山下敦弘監督と山田孝之のタッグで映画化した人間ドラマ。廃工場で謎のロボットを見つけたことから運命を狂わせていく男たちの姿を描く。山田演じる主人公・右近と行動を共にする男を荒川良々、右近の弟を佐藤健が演じる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。