「感動/泣ける」映画一覧

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

映画:オーズ電王オールライダーレッツゴー仮面ライダー

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダーの紹介:2011年に公開された仮面ライダーの映画です。仮面ライダー生誕40周年及び東映創立60周年を記念して制作された作品となります。そのため主人公ライダーからサブライダーまで、合計63名の仮面ライダーが出演しています。そのうえ1号、2号、V3の声は藤岡弘、・佐々木剛・宮内洋のオリジナルキャストが演じています。ファンにとっては堪らない映画だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:今日も嫌がらせ弁当

今日も嫌がらせ弁当の紹介:2019年6月28日公開の日本映画。嫌がる娘への毎日のキャラ弁作りをブログにつづり、エッセイ化されるやシリーズ累計20万部を突破した親子の物語を、篠原涼子主演で映画化。東京の八丈島を舞台に、反抗期の娘へのキャラ弁作りに勤しむシングルマザーと、完食することで抵抗を続ける娘との高校生活3年間の物語が描かれる。反抗期の娘を芳根京子が演じる。

ネタバレを読む
映画:人生の動かし方

人生の動かし方の紹介:2017年にアメリカで公開された作品。日本では2019年4月からAmazon Prime Videoで独占配信が開始され、同年12月20日から全国の劇場で公開が始まった。2011年に公開されたフランス映画の名作「最強のふたり」をハリウッドがリメイクした作品である。監督を務めたのはニール・バーガー。主演のふたりを演じたのはブライアン・クランストンと、「ジュマンジ」の続編シリーズで知られるケヴィン・ハート。また、ニコール・キッドマンも出演している。

ネタバレを読む
映画:サイレン(2017年)

サイレン(2017年)の紹介:2017年に公開された短編映画です。「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017」の観客賞、「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」短編部門優秀賞に選ばれるなど、本作は高い評価を受けています。主演を演じるのは名優の津川雅彦氏です。何と本作は津川氏の主演としての遺作となる作品でもあります。ちなみに三宅伸行監督曰く、ほとんどセリフのない役であるため、自分じゃなくてもいいのではと渋る津川氏を説得するのが大変だったそうです。

ネタバレを読む
映画:未来のカケラ

未来のカケラの紹介:2006年に公開された短編映画です。「未来へススモーション!! 新しい東北」の一環として制作された映画で、これは「わたしたちのふるさと、10年先の物語」を題材に募集した作文を映画化するというキャンペーンとなります。最優秀作品に選ばれたのは小学5年生岩間壮太氏の作文「震災から4年と半年(感謝を忘れない)」です。この作文を原作に映画化したものが本作で、なんとアジア最大の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」がプロデュースに関わっています。

ネタバレを読む
映画:ウエイトレス

ウエイトレスの紹介:2016年に公開された短編映画で、同年の福岡インディペンデント映画祭コンペティション作品でもあります。監督を務めているのは手嶌俊輔氏です。本作はコーヒーを題材とした短編映画シリーズ「コーヒーショート」の第2弾にあたる作品で、ウエイトレスの娘と客の男をメインとしたサスペンスストーリーとなります。舞台となるのは台湾の町で、全編にわたってキャノンの一眼レフカメラで撮影されているそうです。

ネタバレを読む
映画:ハナ~奇跡の46日間~

ハナ ~奇跡の46日間~の紹介:2012年の韓国のスポーツドラマ。邦題の「ハナ」は韓国語で「1つ」という意味。1991年に千葉県で開催された卓球の世界選手権で、韓国と北朝鮮が史上初めて統一チームで参加して優勝した実話を基に描かれている。日本公開は2013年。

ネタバレを読む
映画:イップマン葉問

イップ・マン 葉問の紹介:2010年に作られた香港のアクション映画です。実際に存在した武術家、葉問(イップ・マン)を主人公とした映画で、「イップ・マン 序章」の続編にあたります。世界的カンフースターのドニー・イェン氏がイップ・マンを演じています。同じく世界的カンフースターのサモ・ハン・キンポー氏も出演しており、ドニー・イェン氏と激しいアクションシーンを繰り広げています。ちなみにサモ・ハン氏とドニー氏の戦いを撮影するのに8日間かかったそうです。

ネタバレを読む
映画:陽なたのアオシグレ

陽なたのアオシグレの紹介:2013年に公開された短編アニメーション映画で、スタジオコロリドが制作しています。「フミコの告白」という自主制作作品で注目を浴びた石田祐康監督が手掛けており、第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の審査委員会推薦作品にも選ばれています。さらに石田氏にとっては本作が初監督劇場作品となります。なお本作は日野市を舞台とした物語であるため、作中には日野駅やE233系電車などが登場しています。

ネタバレを読む
映画:駅馬車

駅馬車の紹介:巨匠ジョン・フォードが監督、クレア・トレヴァー、ジョン・ウェインが主演を務めた西部劇。アーネスト・ヘイコックスによる短編を映画化した作品で、駅馬車に乗り合わせた人々のドラマを描いていく。第12回アカデミー賞では、助演男優賞と作品賞に輝いた。1939年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:バーニングレスキュー

バーニング・レスキューの紹介:2017年に公開されたレスキュー映画です。大火災が発生した超高層ビルを舞台としており、夫と子供を救いたい女性が主人公です。タイトルを見る限りだと消防士を主体とした映画のように思いますが、実際には親子愛がメインとなったヒューマンドラマとなります。ストーリーに深くかかわる消防士も1人だけで、消防士たちが大活躍するといった内容の物語ではありません。なお本作では最新のVFXの技術が使われています。

ネタバレを読む
映画:ペンギンハイウェイ

ペンギン・ハイウェイの紹介:森見登美彦原作の同名SF小説をアニメ化して2018年に公開された映画作品で、監督は石田祐康、脚本は「劇団ヨーロッパ企画」の上田誠がつとめています。主題歌には宇多田ヒカルの「Good Night」が使用され、研究熱心な小学生の男の子が体験した不思議な夏の思い出を描いた作品となっています。声優には主人公・アオヤマ君役の北香那をはじめ蒼井優や西島秀俊、竹中直人など俳優陣も多く起用されています。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。