「感動/泣ける」映画一覧

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

映画:スリーデイズ

スリーデイズの紹介:2008年公開のフランス映画「すべて彼女のために」をリメイクした作品です。本作は2010年ごろに公開されており、ネタ元と違ってアメリカで制作されています。基本的なストーリーは「すべて彼女のために」と変わりありませんが、「クラッシュ」や「告発のとき」でお馴染みのポール・ハギス監督が手がけているためか、演出方法といった点が異なっています。ですのでネタ元とリメイクを比較して、どこがどう違うのかを見比べてみるのも一つの楽しみ方だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ラビング 愛という名のふたり

ラビング 愛という名のふたりの紹介:2016年の英・米合作。異人種間の結婚を禁じる州があった1950年代のアメリカ。法律に抗いながらも夫婦愛を貫いたラビング夫妻の実話を、名優コリン・ファースがプロデューサーに名乗り出て映画化。監督・脚本は『MUD マッド』のジェフ・ニコルズ。主演のジョエル・エドガートンとルース・ネッガの演技が各映画祭で高い評価を受けた。

ネタバレを読む
映画:ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディの紹介:完成までに8年もの歳月を費やした、2018年公開のイギリス、アメリカの伝記映画。イギリスの伝説的ロックバンド「クイーン」のリードボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を、バンドの結成から1985年におこなわれた「ライブエイド」でのパフォーマンスまで描いている。

ネタバレを読む
映画:アリー/スター誕生

アリー/スター誕生の紹介:2018年の公開作。何度も映画化されてきた『スタア誕生』をレディー・ガガ主演で、現代劇としてリメイク。ジャクソン役を務めたブラッドリー・クーパーは今作にて監督デビューを果たした。歌手になることを夢に見ながらも、自分に自信が持てないアリー。ある日出逢った世界的ミュージシャンのジャクソンに見初められ、アリーはスター街道を進んでいくのだが…。

ネタバレを読む
映画:ジョイラッククラブ

ジョイ・ラック・クラブの紹介:1993年のアメリカ・中国合作のヒューマンドラマ。エイミ・タンによる同名小説を映画化した作品で、中国からアメリカに移住してきた4人の女性と、アメリカ人として育った彼女の娘たちの親子愛を描いていく。

ネタバレを読む
映画:パッドマン5億人の女性を救った男

パッドマン 5億人の女性を救った男の紹介:2018年公開のインド映画。貧しさゆえ安価で清潔な生理用ナプキンが買えず、汚れた布を使っている妻や女性たちのために、自らの人生をナプキン製造と普及に捧げた実在のインド人男性の半生を描いたヒューマンドラマ。監督は『マダム・イン・ニューヨーク』プロデューサーのR・バールキ。何かと生理がタブー視されている本国インドでも大ヒッ中。

ネタバレを読む
映画:フォーエバー・フレンズ

フォーエバー・フレンズの紹介:1988年にアメリカで製作されたヒューマンドラマ。アイリス・レイナー ダートの小説を映画化した作品で、「プリティ・ウーマン」で知られるゲイリー・マーシャルが監督を務めた。海辺で偶然出会った少女二人の友情を感動的に描いていく。主人公の女性二人をベット・ミドラー、バーバラ・ハーシーが演じた。

ネタバレを読む
映画:黙秘(1995年)

黙秘(1995年)の紹介:2度にわたって殺人容疑を掛けられたメイドの母と名うての記者となった娘の確執を描いた1995年米の人間ドラマ。原作はホラーの巨匠S・キングの「ドロレス・クレイボーン」。製作/監督は「愛と青春の旅だち」のテイラー・ハックフォード。主演は「ミザリー」「フライド・グリーン・トマト」のキャシー・ベイツ。共演は「ルームメイト」「マシニスト」のジェニファー・ジェイソン・リーなど。

ネタバレを読む
映画:キミとボク

キミとボクの紹介:2011年公開の中編映画。原作は2001年に発表されたマルチクリエイターやまがらしげとの実体験をもとに制作されたFLASHアニメーション作品。web上で絶大な人気を得て、書籍化ののち実写映画化された。ひとりの青年とアメリカンショートヘアの銀王号が共に過ごした10年間をあたたかに描く。

ネタバレを読む
映画:ロゼッタ

ロゼッタの紹介:1999年のベルギー・フランスの合作。リュック・ダルデンヌ&ジャン=ピエール・ダルデンヌ兄弟の長編第2作目にして、第52回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールと女優賞を獲得したヒューマンドラマ。酒に溺れる母とトレーラーハウスで暮らす少女ロゼッタ。不当な解雇により突然仕事を失った彼女は、厳しい現実に必死で立ち向かうのだが…。

ネタバレを読む
映画:ラブ×ドック

ラブ×ドックの紹介:2018年5月11日公開の日本映画。恋愛下手な女性パティシエが、遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック、ラブドックによって、本当の幸せをつかもうとする姿を描く、吉田羊主演のラブ・コメディ。広末涼子が年齢不詳のクリニックの美人院長を演じるほか、野村周平、吉田鋼太郎ら人気俳優が共演。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。