「感動/泣ける」映画一覧

感動/泣けるタグのついている映画は、涙なくして見られない、心に響くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「素晴らしき哉、人生!」、「ロッキー」、「E.T.」などがあります。

映画:raintown

rain townの紹介:長編劇場アニメ『ペンギン・ハイウェイ』の石田祐康が、京都精華大学の卒業制作として2011年に発表した短編アニメ。今作で第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞に輝いた。雨がやまなくなった街に迷い込んだ少女と、街に残されたロボットとの交流を、柔らかなタッチの映像で、台詞を排し抒情的に綴る。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダービルドBeTheOne

劇場版 仮面ライダービルド Be The Oneの紹介:2018年に公開された「仮面ライダービルド」の単独劇場版です。テレビシリーズの45話と46話の間のストーリーだと位置づけられており、本編に先駆けてラストパンドラパネルホワイトが生み出した新世界も一瞬だけ登場しました。さらに次回作の「仮面ライダージオウ」並びに歴代仮面ライダーがエピローグに登場しています。おまけ的な出演のみで、ストーリーには関わっていません。

ネタバレを読む
映画:生きてるだけで、愛。

生きてるだけで、愛。の紹介:2018年公開作で、本谷有希子の同名小説を、今作で長編映画デビューを果たした関根光才が映画化した。鬱による過眠症の寧子は寝てばかりで、家事もせず引きこもり状態。同棲中の津奈木もまた無気力に仕事をこなし、寧子にどんなに激しく感情をぶつけられても、何となく受け流していた。ある時津奈木の元恋人が現れ、寧子を部屋から追い出すために、彼女に仕事を紹介するのだったが…。

ネタバレを読む
映画:イフアイステイ愛が還る場所

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所の説明:2014年公開。ゲイル・フォアマンによる小説「ミアの小説」を実写映画化した作品。監督を務めたのは、ドキュメンタリー映画を多く監督したR・J・カトラーが務めた。主演を務めたのは「キック・アス」シリーズや、「キャリー」「サスペリア」リメイク版などで知られるクロエ・グレース・モレッツ。共演はジェイミー・ブラックリー。

ネタバレを読む
映画:白い沈黙

白い沈黙の紹介:2014年に公開されたカナダのサスペンスミステリー映画です。この映画を手掛けたのはカナダを代表する映画監督アトム・エゴヤンで、エゴヤンワールドは本作でもいかんなく発揮されています。舞台の多くはカナダオンタリオ州で撮影が行われ、銀世界の美しい風景が印象的な作品となっています。カンヌ映画祭のコンペティション部門にも出品されたものの、評価は極めて低く、著名人らからの意見は厳しいものとなっています。

ネタバレを読む
映画:プレイバックプレイボール

プレイバック・プレイボールの紹介:2011年に制作された自主制作映画です。なんとこの自主制作映画を手がけたのは、大ヒット映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督です。上田氏が脚本を手がけ、本作にも出演している南翔也氏が監督を務めています。制作はPANPOKOPINAが行っています。さらに「京都国際学生映画祭」の審査員特別賞受賞をしており、25分ほどの作品ながら、しっかりとしたストーリー構成になっています。

ネタバレを読む
映画:劇場版FAIRYTAIL鳳凰の巫女

劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女の紹介:2012年に公開された劇場版アニメです。原作は週刊少年マガジンにて、2006年から2017年まで連載されており、アニメ化もされた人気作品となっています。本作品は原作者の真島ヒロ氏によってストーリーやキャラクターデザインなど、全面協力を得て制作されています。また漫才コンビ「ますだおかだ」がゲスト声優として、他に平野綾、釘宮理恵など豪華声優陣が出演しています。

ネタバレを読む
映画:家へ帰ろう

家へ帰ろうの紹介:2017年制作のスペイン・アルゼンチン合作映画。ブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋の老人が、70年以上会っていない親友にスーツを届けるためにポーランドまで旅立つ姿を描く。世界中の映画祭で絶賛され、観客賞8冠に輝いた。日本公開は2019年。

ネタバレを読む
映画:ATOM

ATOMの紹介:2009年に公開された3DCGアニメ映画です。手塚治虫氏の「鉄腕アトム」を原作としていますが、制作国はアメリカと香港になります。自称「鉄腕アトム」ファンのデヴィッド・バワーズ氏が監督を務めており、ストーリーや設定、キャラデザなどは多少脚色されています。吹き替えを務めるのは、フレディ・ハイモア氏やニコラス・ケイジ氏、ドナルド・サザーランド氏やサミュエル・L・ジャクソン氏と豪華俳優陣です。

ネタバレを読む
映画:一粒の麦

一粒の麦の紹介:2017年に公開された日本のショートフィルムです。横浜の魅力を伝えるためのショートフィルムプロジェクトの一環として制作された作品で、元町に実在するパン屋「ウチキパン」をモデルにしています。本作の撮影は「ウチキパン」の店舗を借りて行われました。シャーロット・ケイト・フォックス氏と柄本明氏がメインを演じています。監督を務めているのは鈴木勉氏で、彼は「SSFF & ASIA 2008」で日本人初のグランプリを受賞した人物です。

ネタバレを読む
映画:潔く柔くきよくやわく

潔く柔く きよくやわくの紹介:2013年公開。いくえみ綾による同名タイトルの漫画作品を原作とした実写映画作品。原作における最終章である「カンナ編」を原作としている作品である。日本テレビ放送網開局60周年記念作品として制作された作品である。監督は「僕の初恋を君に捧ぐ」など、多くの恋愛映画の監督を務める新城毅彦。出演している池脇千鶴は第6回TAMA映画祭で最優秀女優賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ローズの秘密の頁

ローズの秘密の頁の紹介:2016年のアイルランド映画で、日本公開は2018年。英国で権威のある文学賞に輝いたセバスチャン・バリーの小説を巨匠ジム・シェリダンが5年ぶりの監督作として映画化。ミステリアスな愛の物語を壮大なスケールで描く。赤子を殺した罪で精神病院に40年間も収容されている老女・ローズ。罪を否定し続けていた彼女の謎が、聖書の中に密かに綴られてきた日記によって、紐解かれていく…。

ネタバレを読む
映画:こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話の紹介:2018年12月28日公開の日本映画。難病で車いす生活を強いられながらも、力強い生き様で多くの人々に影響を与えた実在の人物、鹿野靖明さんを、大泉洋が演じるヒューマンドラマ。難病・筋ジストロフィーで、人の助けがないと生きていけないのに病院を飛び出して自立生活を始めた鹿野。そんな彼に振り回されながらも、出会いを機に変わっていく人々の物語が描かれる。

ネタバレを読む
映画:真実(2019年)

真実の紹介:『万引き家族』の是枝裕和監督の国際共同製作による仏・日の合作で、全編フランスで撮影。日本人監督としては初めて、ヴェネチア国際映画祭オープニング作品として上映を果たした。世界的大女優ファビエンヌが、自伝本『真実』を出版する。出版祝いと称して彼女の家族や知人が集まってくるが、娘のリュミールは本に綴られた内容が気がかりだった。やがてファビエンヌとリュミールの間に隠れていた愛憎が入り混じる“真実”があらわになっていく…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。