「実話/ノンフィクション」映画一覧

実話/ノンフィクションタグのついている映画は、実際にあった出来事を設定にしており、説得力のある、深く脳裏に焼き付くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「それでも夜は明ける」「ダンケルク」「シンドラーのリスト」などがあります。

嘘を愛する女の紹介:2018年1月20日公開の日本映画。新たな才能の発掘を目的とした“TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015”のグランプリ作品を、長澤まさみ&高橋一生の主演で映画化したラブストーリー。5年も同棲していた恋人がある日突然、病で意識不明となり、職業だけでなく名前までもが嘘だったと知ったヒロインが、彼の秘密に迫っていく姿がミステリアスにつづられる。

ネタバレを読む

はなちゃんのみそ汁の紹介:2015年に製作されたヒューマンドラマ。夫と娘を残し、若くしてこの世を去った女性の実話を映画化した作品で、主演を広末涼子、滝藤賢一が務めた。がんの闘病生活をしながら、愛する娘にみそ汁作りを教え伝える女性の姿を描いていく。

ネタバレを読む

レッズの紹介:1981年に製作されたアメリカの叙事詩映画。製作、共同脚本、監督、主演をウォーレン・ベイティが務め、実在したジャーナリスト、ジョン・リードの波乱に満ちた生涯を描いていく。第54回アカデミー賞では監督賞、助演女優賞、撮影賞に輝いた。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ40の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2010年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第40作。椅子にまつわる怪異「自然発火」、異臭を前兆とし異様な姿で出現する「硫化水素」など8本を紹介する。構成・演出は「口裂け女0(ゼロ)~ビギニング~」「ヒトコワ」シリーズの児玉和土。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライトの紹介:2008年にアメリカで製作されたザ・ローリング・ストーンズのドキュメンタリー映画。監督はマーティン・スコセッシが務め、大量のカメラを用いてビーコン・シアターでのライブパフォーマンスを映像に収めた。

ネタバレを読む

ブエナ★ビスタ★ソシアル★クラブの紹介:1999年のドイツ・アメリカ・イギリス・フランス・キューバ合作のドキュメンタリー映画。監督はヴィム・ヴェンダースが務め、アメリカ人ギタリストのライ・クーダーとキューバの伝説的ミュージシャンがレコーディングを行い、やがてニューヨークコンサートを成功させる姿を描いていく。第53回エディンバラ国際映画祭では観客賞を受賞した。

ネタバレを読む

ドリームの紹介:2016年のアメリカ映画。1960年代初頭、様々な差別と闘いながら、NASAで宇宙開発に尽力した黒人女性3人にまつわる実話を力強くもユーモアいっぱいに描く。原作はマーゴット・リー・シェッタリーの小説『Hidden Figures』(映画原題)。実話をベースにしているが、史実との相違点もある。

ネタバレを読む

傷だらけの栄光の紹介:1956年にアメリカで製作されたヒューマンドラマ。実在のボクシングチャンピオン、ロッキー・グラジアーノの人生に基づいた作品で、不良だった青年がボクシングを通じて成長していく姿を描いていく。第29回アカデミー賞では、美術賞 (白黒)、撮影賞 (白黒)を獲得した。

ネタバレを読む

ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生の紹介:2016年にイギリスで製作されたドキュメンタリー。第69回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを獲得した「わたしは、ダニエル・ブレイク」を最後に映画界から引退したケン・ローチ監督の半生に迫る。「ヴァーサス」(二面性)をキーワードに、ケン・ローチ監督の映画と人生をひもといていく。

ネタバレを読む

ヒッチコックの紹介:2012年のアメリカ映画。スティーヴン・レベロのノンフィクション作品「アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ」を基にしている。アルフレッド・ヒッチコック監督を演じるのは、アンソニー・ホプキンス。日本公開は2013年。

ネタバレを読む

不屈の男 アンブロークンの紹介:2014年に公開されたアメリカ映画で、ローラ・ヒレンブランドによるルイス・ザンペリーニの伝記を原作としている。アンジェリーナ・ジョリーが監督と製作を務め、コーエン兄弟が脚本に参加し、ジャック・オコンネル主演で贈る戦争ドラマ。第2次世界大戦中に日本軍に捕われた、アメリカのオリンピック代表選手で爆撃手のルイス・ザンペリーニの姿を描いている。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ39の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2010年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第39作。”心霊博士”にまつわる不可解な事件の完結編「狂死のビデオテープ 蛮行」、生まれて間もない赤ん坊に起こる怪異「赤子」など7本を紹介する。構成・演出は「口裂け女0(ゼロ)~ビギニング~」「ヒトコワ」シリーズの児玉和土。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ38の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2010年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第38作。”心霊博士”にまつわる不可解な事件の続報「狂死のビデオテープ 暗躍」、悲愴な運命を暗示するかのような「大学ゼミ」、夜景スポットでカップルを脅かす「夜景」など7本を紹介する。構成・演出は「口裂け女0(ゼロ)~ビギニング~」「ヒトコワ」シリーズの児玉和土。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。