「実話/ノンフィクション」映画一覧

実話/ノンフィクションタグのついている映画は、実際にあった出来事を設定にしており、説得力のある、深く脳裏に焼き付くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「それでも夜は明ける」「ダンケルク」「シンドラーのリスト」などがあります。

2008年9月公開の日本映画。 東京でチェロ奏者として暮らしていた男が失業し、故郷・山形に戻った。 仕事を探す彼の目に留まったの「旅のお手伝い」という求人広告。 高給保障という文字に惹かれてその会社を訪ねてみると、それは”納棺師”という未知のお仕事だったのです。 ネタバレを読む
2002年公開の日本映画です。 世界のビデオの標準となったVHSの開発を、一人のエンジニアの姿を通して描いています。 日本ビクター、ソニー、松下電器など、当時の会社名がリアルに登場し、まるでNHKの”プロジェクトX”を見ているかのような、胸の熱くなる物語です。 ネタバレを読む
アメリカのワイオミング州中西部に位置するウインド・リバーは厳寒の大自然に囲まれたインディアン居住地である。野生動物局のハンターであるコリー・ランバットは、そのウインド・リバーに家畜を荒らす害獣を駆除しに向かったが、雪原に裸足の少女の遺体を発見する。FBIからジェーン・バナーが派遣され、コリーがジェーンをサポートしながら厳寒の地で捜査が始まると、その過程でアメリカ社会の闇も見えてくることになる。 2017年 アメリカ合衆国で公開 テイラー・シェリダン監督 ネタバレを読む
2011年10月公開の日本映画です。 売れない漫画家の妻・ハルさんと、真面目なサラリーマンの夫・ツレ。 結婚五年目に訪れた夫婦の危機…それは突然のツレのうつ病発症でした。 これは漫画家・細川貂々さんが自らと夫におこったことを記したコミックエッセイをもとに実写化した夫婦の軌跡です。 ネタバレを読む
2015年制作のアメリカ映画。スティーブン・スティルバーグ監督、マット・チャーマンとコーエン兄弟脚本による歴史・伝記・ドラマ・政治・アクション・戦争・スパイ・スリラー映画である。舞台は冷戦下のアメリカ、弁護士のジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)は、アメリカFBIに捕まったソ連側のスパイであるルドルフ・アベルの弁護をすることになる。冷戦情勢は次第に悪化していき、ソ連側でも同じくアメリカ側のスパイが捕まったことが分かり...。 ネタバレを読む
2010年公開のアメリカ映画。監督は「トップ・ガン」や「ビバリーヒルズ・コップ2」のトニー・スコット。トニー・スコットは、この作品が最後の監督作品となった。主演は「ボーン・コレクター」や「フライト」などのデンゼル・ワシントン、共演に「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン他。 実際にあった貨物列車の暴走事故を基にした物語。無人走行を始めた貨物列車777号には、大量の燃料と共に発火性の強い有毒化学物質が積まれていた。力行(アクセルを踏んだような状態)の列車は加速していく。大惨事を回避するために大ベテランの機関士と、新米車掌が暴走事故の解決に挑む。 ネタバレを読む
横山秀男原作の長編小説を、堤真一主演で描いたミステリーヒューマンドラマ。1985年8月12日、夕刻。一機の日航機が御巣鷹山に激突した。第一報が入り、北関東新聞社の遊軍記者、悠木をはじめとして記者達は事故直後の状況を「どれだけスクープできるか」という高度な情報戦と、圧倒的な被害に押しつぶされそうになりながら、戦後最大の国内飛行機事故に迫る。2008年公開作品。原田眞人監督、145分。 ネタバレを読む
2006年のアメリカ映画。 原作は、マーヴェルヒーローのデアデビルの生みの親であり、アメコミ業界改革の足掛かりともなった傑作『バットマン:ダークナイト・リターンズ』の作者であるフランク・ミラーのグラフィック・ノヴェル。 古代ギリシア史に燦然と輝く大英雄・スパルタ王レオニダス一世が、300人の兵士たちと共にペルシア帝国100万の軍勢を迎え撃ったデュルモピライの激闘を、鬼才ザック・スナイダーが描いた。   ネタバレを読む
西原理恵子原作の漫画、「毎日かあさん」を軸に、漫画家西原と二人の子供、そして元夫、鴨志田との笑いあり、涙ありの日々を綴る。小泉今日子と永瀬正敏という元夫婦での共演も評判となった。第14回上海国際映画祭アジア新人賞部門で最優秀作品賞に輝き、日本批評家大賞では主演男優賞に永瀬正敏が受賞した。小林聖太郎監督、2011年公開作品。 ネタバレを読む
名古屋の女子高校に通う工藤さやかはいつも遊び惚けていて学校では一番できの悪いクラスに入れられていた。 ある日さやかは、カバンの中にタバコを入れていることを学校に見つかり自宅謹慎となってしまう。 自宅謹慎となったさやかは、母親から勧められた学習塾の入校テストを受け、目標とする受験校をイケメンが多そうと慶應義塾大学に決めた。 そして母親の支えや自分の可能性を信じてくれる塾の先生と出会い、全く勉強してこなかったさやかはそこから確実に変わり始める。 2015年の日本映画 監督:土井裕泰 ネタバレを読む
2013年の是枝監督によるヒューマンドラマです。第66回カンヌ国際映画祭では審査員賞を受賞しました。赤ちゃん取り違いが発覚し、育てていた息子が実際に息子でないと分かったとき、双方の家族がどのような家族の形を選ぶのか、その葛藤を描いた物語です。主演は福山雅治さんです。 ネタバレを読む
2010年のアメリカ映画。アメリカ屈指の名門校ハーバード大学に通うマークは、学生のステータスでもある秘密結社ファイナル・クラブに入会することができず、恋人とも別れて人生を悲観していた。そんなある日、マークはクラブの会員である友人たちから、学生のコミュニティサイトを作ってほしいという依頼を受け…。世界最大SNSサイトの一つであるFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグらを描いたヒューマンドラマ。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2010年アメリカ制作 登山中の思わぬ事故で究極の選択を迫られた若き登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化した、感動的なサバイバル・ドラマ。監督は、『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督 軽いトレイルのつもりで、誰にも行き先を言わず岩山に向かった主人公、アーロン。突然のアクシデントで、右腕を岩壁に挟まれてしまいます。127時間岩山から脱出しようとしますが、正気と幻覚が彼を襲うなか、生きるためにアーロンがとった究極の選択とは? ネタバレを読む
2006年全国公開の日本映画。李相日監督。 第80回キネマ旬報ベスト・テン日本映画ベストテン第1位。 時代の流れで閉鎖に追い込まれた、福島県の炭鉱町。 危機的状況を打開すべく、町おこし事業を立ち上げる。 常夏のレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」を設立したのだった。 炭鉱の少女たちはフラダンスを習得の為に、東京からダンサーの「まどか」を呼ぶのだが…。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×