「どんでん返し」映画一覧

どんでん返しタグのついている映画は、伏線を張りながらの、予想がつかない驚愕のストーリー展開の作品が多く、大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「メメント」「シックスセンス」「エスター」などがあります。

映画:スノーロワイヤル

スノー・ロワイヤルの紹介:2019年製作のアメリカ映画。マフィアに息子を殺された除雪作業員の壮絶なる復讐劇を描く、リーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクション。犯罪小説で得た殺しの知識によって、たった1人でマフィアに立ち向かっていく男をニーソンが熱演。ノルウェーの鬼才と呼ばれるハンス・ペテル・モランド監督がステラン・スカルスガルド主演で映画化した自作をリメイク。

ネタバレを読む
映画:悪夢のエレベーター

悪夢のエレベーターの紹介:2009年に公開されたミステリー映画で、木下半太氏の小説「悪夢のエレベーター」を原作としています。この小説はテレビドラマ化や舞台化などもされているほどの人気作品です。内野聖陽氏、佐津川愛美氏、モト冬樹氏、斎藤工氏などの豪華俳優陣がメインキャストを務めており、予測の付かないストーリー展開が醍醐味の一つだと言えるでしょう。さらに本作には俳優やタレント、放送作家としても活動している堀部圭亮氏が監督として携わっています。

ネタバレを読む
映画:アガサクリスティーねじれた家

アガサ・クリスティー ねじれた家の紹介:2019年に公開されたミステリー映画です。タイトルからも分かるとおり、ミステリーの女王と称されるアガサ・クリスティー氏の「ねじれた家」を原作とした作品となります。「ねじれた家」は1949年に発表された小説ですが、映画化されるのは本作が初めてのことです。この「ねじれた家」は著者自身が最高傑作と謳っているほどの作品なので、今まで誰も実写化に挑戦する人がいなかったのかもしれませんね。

ネタバレを読む
映画:屋根裏の散歩者(2016年)

屋根裏の散歩者(2016年)の紹介:2016年に公開された映画です。江戸川乱歩氏の小説「屋根裏の散歩者」をベースにしており、オリジナルキャラクターである女性を2人加え、独自のアレンジを施しています。「江戸川乱歩エロティックシリーズ」の第3弾でもあり、その名の通り、どこか官能的な雰囲気漂う作品です。原作では郷田が主人公でしたが、本作では照子と直子という2人の女性を主演に据え、本作ならではの三角関係を描き出しています。

ネタバレを読む
映画:ガルヴェストン

ガルヴェストンの紹介:2018年製作のアメリカ映画。ニック・ピゾラットの犯罪小説『逃亡のガルヴェストン』を「マレフィセント」のエル・ファニング、「インフェルノ」のベン・フォスター主演で映画化。病に冒された殺し屋ロイは、彼を切り捨てた組織に反旗を翻し、傷ついた娼婦ロッキーを連れて逃避行に出る…。

ネタバレを読む
映画:デッドウィッシュ

デッド・ウィッシュの紹介:2018年製作のアメリカ映画。「ファイナル・デスティネーション」の脚本家ジェフリー・レディックが製作・脚本・原案を担当したスリラー。父の葬儀で帰郷したアーロンは、亡き父が営んでいた骨董品店で、謎めいた壺を発見。これをきっかけに、彼の周囲に想像を絶する死が襲い掛かる……。

ネタバレを読む
映画:モンスターズ悪魔の復讐

モンスターズ 悪魔の復讐の紹介:2018年製作のアメリカ映画。実の娘が斧を使って、父と継母を惨殺したとされるアメリカ犯罪史に名を刻む、19世紀の猟奇的な未解決事件“リジー・ボーデン事件”を描いた、リベンジ・サスペンス。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019参加作品。

ネタバレを読む
映画:ザスリル

ザ・スリルの紹介:妻と幼い子供を抱えて生活に貧窮している主人公が、偶然出会った気前のいい金持ちの持ちかける「賭け」に乗って、人生の1発逆転を狙うのだが・・・という物語で、小規模ながら次第にエスカレートしていく登場人物の行動がスリリングな作品になっています。終盤以降はかなりエグい描写も出て来ますので、観賞にはご注意を。

ネタバレを読む
映画:アンキャニー不気味の谷

アンキャニー 不気味の谷の紹介:見かけも頭脳も限りなく人間に近い「人造人間」を目の前にした時、人はどういう行動を取るのか。そしてそこまで高度に開発されたAIは、どんな進化をしていくのか・・・?というテーマを描いた近未来SF映画で、最後のどんでん返しがなかなか衝撃的な作品になっています。(タイトルの「アンキャニー」は、「不気味な、薄気味悪い」という意味)

ネタバレを読む
映画:スターシップ9

スターシップ9の紹介:環境汚染が進む地球から離れ、遠い宇宙の果てにある惑星へ移住するため、航行中の宇宙船。機器の故障でただ1人船内に残されていた若い女性・エレナだったが、この移住計画には知られざる「秘密」が隠されていた・・・という物語で、計画の実験材料にされることを拒み、自由を求めて逃亡するヒロインと、その手助けをする主人公を描いたヒューマン・SFドラマになっています。

ネタバレを読む
映画:プロディッジー

プロディッジーの紹介:幼い頃から頭脳明晰で、将来を期待された子供・マイルズ。しかしマイルズは次第に、その恐るべき「正体」を見せ始めるのだった・・・!という物語で、猟奇殺人鬼の魂が乗り移ってしまった息子を救おうと、奮闘する母親の姿が胸に迫る作品になっています。(タイトルの「プロディッジー」は、「天才」の意味)

ネタバレを読む
映画:ハッピーデスデイ2U

ハッピー・デス・デイ2Uの紹介:2019年公開。前年公開の「ハッピー・デス・デイ」の続編となる作品。前作で謎の殺人鬼「ベビー・フェイス」から殺害される度に、その日の朝を繰り返し迎えるというループに迷い込んでしまったツリー。今作ではツリーの友人の男ライアンがそのループに迷い込んでしまうという物語。監督は前作に引き続きクリストファー・B・ランドン。主演も引き続きジェシカ・ローテ。

ネタバレを読む
映画:チャイルドコール呼声

チャイルドコール/呼声の紹介:2011年に公開されたサスペンススリラー映画です。ノルウェーとスウェーデン、ドイツの合作映画で、ローマ映画祭2011最優秀女優賞、ノルウェーアマンダ2012最優秀脚本賞などを受賞しています。「ミレニアムシリーズ」でリスベットを演じたノオミ・ラパス氏が、主演女優を務めています。さらに監督・脚本・制作を務めるのは、「ジャンク・メール」という作品で、カンヌ映画祭批評家週間最優秀賞を受賞したポール・シュレットアウネ氏です。

ネタバレを読む
映画:ジーパーズ恐怖の都市伝説

ジーパーズ 恐怖の都市伝説の紹介:同級生の結婚式へ出席するため車で出発した青年が、巨大なタイヤを装着した「モンスタートラック」と、不気味な仮面を被った男に襲われるというホラー映画です。序盤は主役の青年2人の珍道中的なテイストが強いですが、終盤に入り一気にスプラッタ度が増す展開は、見ていて気持ちがいいくらいに痛快です。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。