「どんでん返し」映画一覧

どんでん返しタグのついている映画は、伏線を張りながらの、予想がつかない驚愕のストーリー展開の作品が多く、大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「メメント」「シックスセンス」「エスター」などがあります。

散歩する侵略者の紹介:2017年9月9日公開の日本映画。黒沢清監督が、劇団イキウメの人気舞台を映画化したミステリアスなドラマ。とある町を襲った異変によって、“侵略者”に乗っ取られ、まったくの別人になってしまった夫に困惑する女性や、事件の真相を追うジャーナリストらの姿が描かれる。ヒロインの鳴海を長澤まさみ、その夫を松田龍平、ジャーナリストの桜井を長谷川博己が演じる。

ネタバレを読む

ユージュアル・ネイバーの紹介:2013年製作のアメリカ映画。ジョン・マクノートン監督によるマッドサスペンス。父が亡くなり、祖父母の家に引き取られた少女・マリアン。家の近所を探索していた彼女は、ある家で同年代で寝たきりの少年・アンディに出会い、友だちになるのだが…。

ネタバレを読む

デス・ライナーズの紹介:2016年製作のアメリカ映画。閉ざされた研究室で行われた驚愕の人体実験を描いたシチュエーションスリラー。行き付けのバーで高収入の治験のアルバイトに誘われたアナ。実験では研究者からある条件が提示される。その後、薬を投与された被験者たちは、楽しく過ごしていたが…。

ネタバレを読む

切り裂き魔ゴーレムの紹介:2016年製作のイギリス映画。実在する犯罪をもとにした、作家ピーター・アクロイドによる犯罪小説を「人生はシネマティック!」のビル・ナイ主演で映画化。ヴィクトリア朝ロンドン。連続猟奇殺人事件の容疑者として4人が浮上。そのうち脚本家は別の事件で殺されており、刑事ジョンは夫殺しを疑われた妻に着目する。

ネタバレを読む

SPOOKS スプークス/MI-5の紹介:2015年制作のイギリス映画。MI-5の諜報員たちの活躍を描いたサスペンスアクション。人気テレビシリーズをモチーフに制作され、キット・ハリントンが主演を務め、ピーター・ファースなどオリジナルメンバーも参加した作品。

ネタバレを読む

8人の女たちの紹介:クリスマス前、屋敷の主人が部屋で殺害されていた。外部侵入の形跡はないことから、家にいる女性たちの中に犯人が…。事件の真相、隠されていた真実が次第に暴かれていく。
フランスのロベール・トマの同名戯曲を鬼才フランソワ・オゾン監督が、豪華キャストで映画化。推理ミステリーにミュージカル要素を加えた意欲作で、2002年ベルリン国際映画祭では、史上初めて8人の女優全員が銀熊賞を受賞した。

ネタバレを読む

イエローブーツの娘の紹介:2010年制作。インドにやってきたイギリス人女性が、マッサージ店で働きながら、父を探す姿を描いている。厳しい現実に立ち向かいながらも、突然と姿を消した父に、彼女は会うことができるのだろうか。

ネタバレを読む

レイクサイド マーダーケースの紹介:湖畔の別荘で、3組の親子がカリスマ塾講師による名門私立中学の受験合宿中、訪ねて来た夫の愛人を妻が殺害するという、2005年公開のサスペンス映画。原作は東野圭吾の小説「レイクサイド」。監督/脚本は「EUREKA」「共喰い」の青山真治。共同脚本は深沢正樹。

ネタバレを読む

トゥー・ラバーズの紹介:2008年公開のアメリカ映画。ニューヨークを舞台に、恋愛のトラウマに苦しむ男性と、二人の女性とが、真実の愛を見つけていく様を描いている。ホアキン・フェニックスとグヴィネス・パルトロー共演で贈るラブストーリー。

ネタバレを読む

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たちの紹介:2014年制作のアメリカ映画。19世紀末のイギリスの精神科病院を舞台に、実習に来た学生が巻き込まれる事件を描いている。エドガー・アラン・ポーの小説「タール博士とフェザー教授の療法」が原作。メル・ギブソンらが製作を務めた作品で、ケイト・ベッキンセイルやジム・スタージェス、ベン・キングズレー、マイケル・ケインらが出演したスリラー。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。