「どんでん返し」映画一覧

どんでん返しタグのついている映画は、伏線を張りながらの、予想がつかない驚愕のストーリー展開の作品が多く、大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「メメント」「シックスセンス」「エスター」などがあります。

映画:楽園
楽園の紹介:2019年10月18日公開の日本映画。『悪人』『怒り』などの作品で知られるベストセラー作家・吉田修一の短編集「犯罪小説集」を、『64-ロクヨン-』『友罪』の瀬々敬久による監督・脚本で映画化したサスペンス。未解決の少女失踪事件から12年、再び惨劇に見舞われる地方都市で容疑者となる青年役に綾野剛、失踪した少女の親友として心に傷を負ったまま成長した女性に杉咲花、事件が起きたY字路に続く集落で孤立を深めていく男を佐藤浩市が演じる。 ネタバレを読む
映画:影踏み
影踏みの紹介:2019年11月15日公開の日本映画。ミステリー作家・横山秀夫の小説を、山崎まさよし主演で映画化。深夜に人のいる住宅に侵入し、盗みを働く泥棒、通称“ノビ師”。その中でも凄腕の真壁修一はある夜、忍び込んだ家で放火しようとしている女性を止めたことから、警察に逮捕されるが……。共演は「台風家族」の尾野真千子、「十二人の死にたい子どもたち」の北村匠海、「影に抱かれて眠れ」の中村ゆり。監督は「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄。 ネタバレを読む
映画:大日本人
大日本人の紹介:2007年に公開された日本の映画です。お笑い芸人の松本人志が監督と脚本、主演を務めています。松本人志初の長編映画となり、脚本の共同執筆者は長年の盟友である放送作家、高須光聖です。吉本興業の映画製作進出の第1弾に当たるため、海原はるかや板尾創路、原西孝幸、宮川大輔など、数々のお笑い芸人が出演しているのも本作の特徴です。さらに本作はドキュメンタリー風でありつつもどこかコントの要素もあるという映画としては異色な雰囲気を有しているのも特徴の1つだと言えるでしょう。 ネタバレを読む
映画:プリズンルーム
プリズン・ルームの紹介:2016年製作のフランス映画。監獄と化した高級アパートで命懸けのゲームに挑むサスペンス。モデルのキャンディスは、ある夜自分の部屋に侵入者の気配を感じる。既に外部との連絡も取れず、部屋に閉じ込められていた彼女の前に、監禁された親友の姿が映し出され…。 ネタバレを読む
映画:ラストクリスマス
ラスト・クリスマスの紹介:2019年に公開された作品。世界的に有名なクリスマス・ソングであるワム!の楽曲『ラスト・クリスマス』から着想を得て製作されたロマンティック・コメディ作品である。監督を務めたのは『SPY/スパイ』『ゴースト・バスターズ(リメイク版)』などで監督を務めたポール・フェイグ。主演はドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズや『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で知られるエミリア・クラーク。 ネタバレを読む
映画:ゴーストホームアローン
ゴーストホーム・アローンの紹介:2019年製作のアメリカ映画。『ホーム・アローン』×『ゴーストバスターズ』×『IT/イット』! メカオタクの少年イーライは「バーグリーの怪物」を信じている。そして、パパもママも出掛けて、ひとりぼっちの夜、世にも邪悪な存在が、イーライに忍び寄る…! ネタバレを読む
映画:KILLERSキラーズ10人の殺し屋たち
KILLERS/キラーズ 10人の殺し屋たちの紹介:2019年12月20日公開のアメリカ映画。10人の殺し屋たちが騙し合いと殺し合いを繰り広げる、ニコラス・ケイジ主演のサスペンス・アクション。寂れた場末のホテル“デル・フランコ”に吸い寄せられるように集まった客は全員殺し屋。そこには正体を見せない何者かが仕掛けた恐るべき罠が隠されていた。共演はTV『ヴェロニカ・マーズ』のエンリコ・コラントーニ、「ワイルド・ストーム」のライアン・クワンテン、『命の相続人』のアンジー・セペダ。監督・脚本は「リプレイスメント・キラー」の脚本を手がけたケン・サンゼル。特集企画『MDGP(モースト・デンジャラス・シネマグランプリ)2019』にて上映。 ネタバレを読む
映画:共犯
共犯の紹介:2014年に公開された台湾の青春ミステリー映画です。3人の男子生徒が女子高生の死体を偶然発見し、死の真相を探り始めるというストーリーですが、ミステリーの要素もありつつ、少年少女のヒューマンドラマの雰囲気も兼ね備えています。さらにメインキャストの少年少女6人のうち、本格的な演技経験があるのはホアン役のウー・チエンホー氏、チュウ役のウェン・チェンリン氏だけです。他の4人は本作が初めての本格的な演技デビュー作となっています。 ネタバレを読む
映画:ドアロック
ドアロックの紹介:2019年12月20公開の韓国映画。単身世帯が増加する韓国の世相を反映したサスペンススリラー。都心のマンションで一人暮らしを送る銀行員のギョンミンはある朝、何者かがドアロックを操作しようとした痕跡を発見し、パスワードを変更する。その夜、荒々しくドアノブを廻す音が響き……。出演は「エターナル」のコン・ヒョジュン、「プロミス ~氷上の女神たち~」のキム・イェウォン。「のむコレ3」にて上映。 ネタバレを読む
映画:ゴーストランドの惨劇
ゴーストランドの惨劇の紹介:鮮烈な残酷描写が衝撃的だった「マーターズ」のパスカル・ロジェ監督の、「トールマン」以来6年ぶりの新作となる作品です。引っ越してきたばかりの家に突然現れた、恐るべき襲撃者により人生を狂わされた若い姉妹を、ヒネりを加えた構成で描いています。物語の構成上、あらすじの「結」ではなく、「転」の部分に重要な「ネタバレ」がありますので、ご注意下さい。 ネタバレを読む
映画:ドントヘルプ
ドント・ヘルプの紹介:イーライ・ロス監督の「ノック・ノック」の脚本などを担当した、ギジェルモ・アモエド監督・脚本のメキシコ産オカルトホラーです。裕福な家に強盗に入った3姉妹が体験する、恐ろしい一夜・・・という物語で、ベースは「エクソシストもの」なのですが、かなりヒネった筋書きになっているのが特徴です。 ネタバレを読む
映画:オープングレイブ感染
オープン・グレイブ ー感染ーの紹介:「第9地区」のシャールト・コプリーが主演を務めた、サスペンス・ホラーです。記憶を失くした6人の男女が、互いに疑心暗鬼になりながら、自分たちが「ここにいる」理由を探り始める・・・というシチュエーション・スリラー的な展開から、中盤以降は「別のジャンル」へと変貌していく、凝った構成の作品になっています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。