「どんでん返し」映画一覧

どんでん返しタグのついている映画は、伏線を張りながらの、予想がつかない驚愕のストーリー展開の作品が多く、大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「メメント」「シックスセンス」「エスター」などがあります。

「エスター」で注目されたジャウム・コレット=セラ監督が2015年に手掛けた、クライムアクション・サスペンス映画です。主人公は、酒に溺れるダメ中年親父かと思いきや、実は凄腕の殺し屋だった!という設定で、息子を守るためにかつての仲間や親友まで敵に回して立ち向かう役どころを、リーアム・ニーソンが魅力たっぷりに演じています。 ネタバレを読む
『17歳のカルテ』『フォードVSフェラーリ』など多様な作風で知られるジェームズ・マンゴールド監督が片田舎のモーテルを舞台に繰り広げられる惨劇を描いたサスペンス・スリラー。 ある囚人の死刑執行前夜、11人の男女が片田舎のモーテルで一夜を過ごすことになった。大雨で足止めされ身動きがとれない中、宿泊客達は何者かによって一人また一人と殺害されていく。そんな中、彼らにある共通点があることが明らかになり…。 ネタバレを読む
2011年のアメリカ映画。謎に包まれたFBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生をクリント・イーストウッド監督が映画化。指紋ファイルや科学的な捜査方法を導入し、FBIの礎を築いたことで賞賛される一方、盗聴や脅迫などの強引な手段をとったことで物議をかもしたエドガーの知られざる素顔に迫る。エドガーをレオナルド・ディカプリオが演じ、側近であり公私に渡ってエドガーを支えたトルソンをアーミー・ハマーが演じた。 ネタバレを読む
映画「あの日、欲望の大地で」は2008年のアメリカの映画、監督は「バベル」の脚本家ギジェルモ・アリアガの作品です。第65回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門にて上映されました。出演はシャーリーズ・セロンをはじめ、ジェニファー・ローレンス、キム・ベイシンガーなどの実力派のキャストが揃っています。高級レストランのマネージャーのシルヴィアは、罪と悲しい過去を背負って生きていた…ある日、捨てた自分の娘マリアが現れ、シルヴィアは過去の罪と向き合うことになる…。 ネタバレを読む
2001年制作のアメリカ映画。昔世界一のハッカーの称号を手にした男、スタンリーにジンジャーと名乗る女性が現れる。彼女は、麻薬取締局がため込んだ不正な資金を、ハッキングで奪う作戦に協力してほしいという依頼をする。依頼を受けたスタンリーだが。 ネタバレを読む
2012年1月28日公開の日本映画 監督:土井裕泰 原作:東野圭吾 東京日本橋。ここは日本の道路の起点であることから、ここから羽ばたくという意味を込め橋の中央に翼を広げた麒麟の像が設置されている。 その日本橋の上で事件は起こった。ある晩、ナイフで胸を刺されて自力でそこまでたどり着いた男は欄干から血だらけになった折り鶴を手放すとその場に倒れ伏した。 事件は加賀と松村の捜査により、容疑者とされた青年、その恋人、被害者の遺族たちの人生が浮き彫りになって行く。 ネタバレを読む
福本伸行原作の人気コミック実写化作品第二弾。地下労働施設での「チンチロ」、裏カジノのパチンコ「沼」と原作でも人気のゲームに加え、劇場版オリジナルとして「姫と奴隷」という新ゲームも追加。藤原竜也演じるカイジが109万を元手に仲間たちと自らの借金総額2億円を勝ち取るべく、帝愛グループに立ち向かう。 ネタバレを読む
ギャングの親分の愛人に手を出した男。見逃してもらう条件は誰も見たことが無い「幻の殺し屋 デラ富樫」を探し出すこと!見つからない殺し屋に、困り果てた男はある売れない俳優をデラ富樫に見立てて乗り切ることを思いつく。三谷幸喜監督作品第四作目。映画のような港町を舞台に、嘘が交差するドタバタコメディ作品です。 ネタバレを読む
映画「クロエ」はアトム・エゴヤン監督の作品で、フランス映画の「恍惚」をリメイクした官能サスペンス映画です。キャストにジュリアン・ムーアとリーアム・ニーソンが夫婦役を演じ、「マンマ・ミーア」のアマンダセイフリッドがイメージをガラッと変え、美しくも妖しい娼婦役を演じています。産婦人科医のキャサリンは、大学教授のデビッドと息子のマイケルと3人で不自由なく暮らしていましたが、夫婦はセックスレス気味でした。そんな時、デビッドの浮気しているのではと疑い始め、レストランで出会った娼婦のクロエに夫を誘惑して欲しいと依頼をします。 ネタバレを読む
2014年に公開された、ミステリードラマ『トリック』の劇場版。監督は堤幸彦、主演は仲間由紀恵・阿部寛。シリーズ4本目の劇場版にして、14年続いた作品の完結編となる。上田は多額の研究資金と引き換えに、ある部族の呪術師のタネを暴くよう依頼される。呪いを恐れた上田は、旅行と嘘をついて山田も連れ出すが……。 ネタバレを読む
プラチナデータの紹介:2012年製作の日本映画。東野圭吾の同名小説を、『るろうに剣心』の大友啓史監督が、二宮和也主演で映画化したSFサスペンス。日本国民全員のDNA情報が管理され、犯罪の検挙率100%、冤罪率が0%になった近未来で、警察庁でDNA捜査システムを作り出すも、連続殺人犯の嫌疑をかけられた天才科学者と、彼を追う捜査一課の刑事の姿をスリリングに描く。 ネタバレを読む
映画「ワイルド・シングス」はアメリカのサスペンス映画で、スティーブン・ピーターズ監督の作品です。作品にも出演している俳優のケビン・ベーコンが制作総指揮を担当しています。ある高校の人気教師が引き起こしたレイプ事件、しかしその裏には、とんでもない事実が隠されており、何度もどんでん返しが起こり、驚愕のラストが待ち受けています。本作のヒットを受け、その後シリーズ化されパート4まで制作されています。 ネタバレを読む
2012年製作のアメリカ映画。オーランドからアトランタへ向かう飛行機の機長であるウィップ・ウィトカー。彼は機体トラブルにより背面飛行をし、緊急着陸を行って多くの乗客たちの人命を救って、一躍時の人として英雄扱いされる。しかし事故当時の彼からアルコールが検出され、疑問を感じたマスコミたちが騒ぎ立て、一転して容疑者となってしまう…。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×