「原作マンガ/小説」映画一覧

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

シークレット・デイ あの日少女たちは赤ん坊を殺したの紹介:2014年製作のアメリカ映画。アンソニー賞&バリー賞受賞の小説『あの日、少女たちは赤ん坊を殺した』の映画化。少女ロニーとアリスは炎天下に放置された赤ん坊を見つけ、保護しようと連れ去った。7年後、頻発する幼児誘拐事件を捜査する刑事ナンシーは、少年院を出た二人に目をつける…。

ネタバレを読む

トム・ソーヤーの盗賊団の紹介:2015年に製作されたアメリカ映画で、カイル・ガルナーやメリッサ・ブノワらが出演したコメディ。現代を舞台に、トム・ソーヤーやハックルベリー・フィンらが盗賊団を結成し、少年の頃から夢見た宝を探す姿を描いている。

ネタバレを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気の紹介:2015年に公開されたアメリカ映画で、実話に基づいて製作された作品。ジュリアン・ムーアが主演を務め、エレン・ペイジやマイケル・シャノン、スティーヴ・カレルらが出演した。病に冒されたベテラン刑事の女性が、パートナーに遺族年金を遺すため、平等な権利を求めて戦う姿を描いている。

ネタバレを読む

チャーリング・クロス街84番地の紹介:1986年に製作されたアメリカ映画で、デヴィッド・ジョーンズが監督を務め、アン・バンクロフトやアンソニー・ホプキンス、ジュディ・デンチらが出演したドラマ。ニューヨークに住む女性作家と、ロンドンの古書店で働く男性との交流を描いている作品。

ネタバレを読む

白い犬とワルツをの紹介:1993年に制作されたアメリカ映画で、テリー・ケイのベストセラー小説を原作としている。ヒューム・クローニンやジェシカ・タンディらが出演し、美しい風景を舞台に、老夫婦の愛と家族の絆を描いている作品。

ネタバレを読む

あさひなぐの紹介:2017年9月22日公開の日本映画。小学館漫画賞受賞のこざき亜衣原作の同名コミックを人気アイドルグループ、乃木坂46のメンバーらの出演で実写映画化した青春スポ根ドラマ。スポーツに縁のなかった少女・旭が高校入学を機になぎなたに挑戦。様々な試練を乗り越えて成長していく姿を描く。旭を西野七瀬、憧れの先輩でなぎなた部のエース、真春を白石麻衣が演じる。

ネタバレを読む

ナラタージュの紹介:2017年10月7日公開の日本映画。2006年版「この恋愛小説がすごい!」1位に輝くなど話題を呼んだ島本理生の同名ベストセラー小説を、恋愛映画の名手である行定勲監督が映画化した大人のためのラブストーリー。高校教師と生徒が時を経て再会し、究極の恋に落ちるさまがつづられる。ヒロインの泉を有村架純、教師の葉山を松本潤が演じる。

ネタバレを読む

ガフールの伝説の紹介:2010年に公開されたアメリカ・オーストラリア映画で、キャスリン・ラスキーの小説を原作としたファンタジー。ザック・スナイダーが監督を務めた作品で、ヘレン・ミレンやヒューゴ・ウィービングらが声優として参加した。世界征服を目論む組織から、王国を救おうとするフクロウたちの勇士を描いている。

ネタバレを読む

ザ・リチュアル いけにえの儀式の紹介:2017年に制作されたイギリス映画で、アダム・ネビルの小説を原作としており、デヴィッド・ブルックナーが監督を務めたホラー。亡き友の願いを叶えるため、スウェーデンにハイキングしに来た男たちに、襲いかかる恐怖を描いている。

ネタバレを読む

斉木楠雄のψ難の紹介:2017年10月21日公開の日本映画。超能力を持つ主人公・斉木楠雄と、彼の周りに集まる個性的な人々が繰り広げる騒動を描く、週刊少年ジャンプ連載の学園コメディを山崎賢人主演で実写映画化。ピンクの髪の毛に緑色のサングラスという奇抜な設定そのままに山崎が主人公を、ヒロインの心美を橋本環奈が演じる。監督は『銀魂』の福田雄一。

ネタバレを読む

SPY TIME -スパイ・タイム-の紹介:2015年に公開されたスペイン映画で、マヌエル・バスケス・ガリェゴのコミックを原作としており、イマノル・アリアスが主演を務めたアクションコメディ。時代遅れのベテランスパイが、脱獄した宿敵の悪党から、息子を守るために命を懸ける姿を描いている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。