「原作マンガ/小説」映画一覧

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

2011年公開のアメリカ合衆国の映画。「X-MEN」リーダー兼創設者チャールズ・エグゼビアと、後に「ブラザーフッド」リーダーとなるエリック・レーンシャーが決別する過程を描いたヒーローアクション。チャールズが自分と同じ存在に出会えて喜ぶ一方、エリックは母親を殺された怒りで身を震わせており…。 ネタバレを読む
2008年9月公開の日本映画。 東京でチェロ奏者として暮らしていた男が失業し、故郷・山形に戻った。 仕事を探す彼の目に留まったの「旅のお手伝い」という求人広告。 高給保障という文字に惹かれてその会社を訪ねてみると、それは”納棺師”という未知のお仕事だったのです。 ネタバレを読む
2004年公開の日本映画。 1986年、高校生だったサクは、同級生の少女アキと恋に落ちました。 高松の片田舎で暮らしていた二人は穏やかな日々を暮らしていましたが、アキには秘密がありました。 そして17年後。 サクは思いがけないことからアキのことを思い出し、その懐かしい日々に向き合うことになったのです。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2003年公開のアメリカ合衆国のアクション映画。アメリカン・コミック「X-メン」の実写映画化2作目。X-MENとブラザーフッドの戦いの後、瞬間移動の能力を持つミュータント「ナイトクロウラー」が大統領を殺害しようとします。アメリカ政府は、ミュータント全員を摘発しようと動き出し…。 ネタバレを読む
カノジョは嘘を愛しすぎてるの紹介:2013年公開の日本映画。青木琴美の同名コミックを佐藤健主演で映画化したラブストーリー。元バンドマンのサウンドクリエーターと、バンド好きの女子高生とのせつない愛の行方をつづる。ヒロインの理子を演じるのは、約5000人の中から選ばれた新鋭、大原櫻子。監督は『タイヨウのうた』でデビュー直後のYUIをブレイクさせた小泉徳宏。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2002年公開の日本映画です。 世界のビデオの標準となったVHSの開発を、一人のエンジニアの姿を通して描いています。 日本ビクター、ソニー、松下電器など、当時の会社名がリアルに登場し、まるでNHKの”プロジェクトX”を見ているかのような、胸の熱くなる物語です。 ネタバレを読む
2012年5月公開の日本映画です。 エリート日本人宇宙飛行士の弟・南波日々人(岡田将生)と、出遅れてしまった感のある兄・難波六太(小栗旬)。 日々人が月を目指す中、六太は今まさにJAXAの宇宙飛行士試験を目指していたのです。 そんな二人と彼らを取り巻く熱い人々の物語。 笑って、ほろっと泣ける、そんな素敵な映画です。 ネタバレを読む
名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)の紹介:2014年に公開された作品。コナン達はベルツリータワーで狙撃による殺害を目撃してしまう。コナンは犯人を追うが取り逃してしまい、警察とFBIに協力し犯人を探そうとするのだが...。 ネタバレを読む
予告犯の紹介:2015年公開の日本映画。ネット犯罪の恐怖を描いた筒井哲也による同名コミックを生田斗真主演、戸田恵梨香共演で映画化したサスペンス・スリラー。ネットに犯行予告動画を投稿しては実行していく新聞紙製の頭巾を被った謎の集団“シンブンシ”と警視庁の女性捜査官との戦いをスリリングに描き出す。監督は『白ゆき姫殺人事件』の中村義洋。 ネタバレを読む
姫の犯した罪と罰 「竹取物語」を原作としたスタジオジブリ、高畑勲監督最後の名作。 誰もが知る昔話「かぐや姫」を題材に、かぐや姫というひとりの女性の心理描写にクローズアップした、人間味溢れる長編アニメーション作品です。   ネタバレを読む
2011年10月公開の日本映画です。 売れない漫画家の妻・ハルさんと、真面目なサラリーマンの夫・ツレ。 結婚五年目に訪れた夫婦の危機…それは突然のツレのうつ病発症でした。 これは漫画家・細川貂々さんが自らと夫におこったことを記したコミックエッセイをもとに実写化した夫婦の軌跡です。 ネタバレを読む
昼顔の紹介:2017年公開の日本映画。平日の昼間に夫以外の男と恋に落ちる主婦たちを描き、社会現象にもなったドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」の3年後を描くラブストーリー。過去を忘れるように海辺の町で暮らしていたヒロインの前に偶然、かつての不倫相手が現れ、再び衝動的な愛に身を焦がしていく。上戸彩、斎藤工、伊藤歩らドラマ版のキャストが再集結。 ネタバレを読む
海月姫の紹介:2014年公開の日本映画。テレビアニメにもなった東村アキコの同名コミックを、能年玲奈主演で映画化した青春ドラマ。男子禁制の共同アパートのオタクな住人たちと、1人を除いて自分が男であることを隠して同アパートに入り浸る女装男子とのおかしな恋や友情を描く。「仮面ライダーW」で人気となった菅田将暉が、素性を隠し友情を育む女装男子を演じる。 ネタバレを読む
2015年日本で制作されたラブコメディー映画。高校生の松崎はとりは、幼馴染で同じ高校に通う寺坂利太にひそかな恋心を抱いていた。はとりは、利太がほかの女子と付き合ったとしても、最終的に選ばれるのは自分であり、自分は利太の「ヒロイン」だという根拠のない自信を持っていた。しかし現実は甘くなく、利太は地味で控えめな性格の未帆と付き合い始め...。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×