「原作マンガ/小説」映画一覧

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:ブギーポップは笑わない Boogiepop and Others

ブギーポップは笑わない Boogiepop and Othersの紹介:2000年に公開された映画です。大人気ライトノベル「ブギーポップは笑わない」を実写化した作品で、原作者の上遠野浩平氏がエキストラとして出演しています。内容は第1巻をベースにしたものになっており、いわゆる群像劇です。主演は吉野紗香氏で、「相棒」で有名な寺脇康文氏や「仮面ライダー」や「ウルトラマン」などの高野八誠氏などもキャスティングされています。

ネタバレを読む
映画:アンティーク西洋骨董洋菓子店

アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~の紹介:2008年製作の韓国映画。日本発のベストセラー・コミックを韓国の人気俳優共演で映画化。小さな町にたたずむ洋菓子店を舞台に、美しき男たちのユーモラスかつほろ苦いドラマが繰り広げられる。

ネタバレを読む
映画:メリーポピンズリターンズ2

メリー・ポピンズ リターンズの紹介:2018年製作のアメリカ映画。1964年の映画『メリー・ポピンズ』の続編でもある。前作品から25年後のロンドンで、を亡くし悲しみにくれる、大人になったジェーンやマイケルのもとに、再びメリー・ポピンズがやってくる。

ネタバレを読む
映画:来る

来るの紹介:2018年12月7日公開の日本映画。『告白』の中島哲也監督が、岡田准一をはじめ、豪華キャストを迎えて描くサスペンス・ホラー。声と形をまねて、人の心の闇に迫り来る怪物と、霊媒師たちの戦いが繰り広げられる。岡田が怪異現象を目の当たりにするオカルトライターを、霊媒師の血をひくキャバ嬢役の小松菜奈やその姉で霊媒師役の松たか子も強烈なキャラクターを演じている。

ネタバレを読む
映画:魁!!男塾

魁!!男塾の紹介:2007年に公開された実写映画です。大人気格闘漫画「魁!!男塾」を実写化したもので、原作の初期エピソードをアレンジして再構成しています。剣桃太郎を演じる坂口拓氏は元々アクション俳優として活躍しており、漫画「魁!!男塾」の大ファンを公言しています。その熱意から本作では監督や脚本を務めるに至りました。なお原作では驚邏大四凶殺でしたが、キャストを用意できなかったため、映画では驚邏大三凶殺に変更されているそうです。

ネタバレを読む
映画:ブラジルから来た少年

ブラジルから来た少年の紹介:ナチス残党の陰謀を描いたSFスリラー。ナチスの再興を企てる天才博士とナチハンターの老人との戦いを描く。原作はアイラ・レヴィンの同名小説で、監督は「猿の惑星」で知られるF・J・シャフナーが務めた。第50回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞ではローレンス・オリヴィエが男優賞を獲得した。1978年イギリス・アメリカ合作。

ネタバレを読む
映画:ニセコイ

ニセコイの紹介:2018年12月21日公開の日本映画。週刊少年ジャンプで連載され、人気を博した古味直志原作の同名コミックを中島健人&中条あやみ主演で映画化した青春ラブ・コメディ。抗争を鎮めるために偽物の恋人(=ニセコイ)を演じることになった極道一家の一人息子とギャング組織の一人娘の波乱万丈な恋の行方が描かれる。

ネタバレを読む
映画:花宵道中

花宵道中の紹介:2014年11月8日公開の日本映画。遊女たちのせつない生き様を描き、第5回「女による女のためのR-18文学賞」で大賞と読者賞をダブル受賞し、コミックにもなった宮木あや子の同名小説を映画化。普通の青年と運命を変えるような恋に落ちる女郎の波乱の生涯を、『家なき子』以来20年ぶりの主演となった安達祐実が体当たりの演技で挑み、新境地を見せる。

ネタバレを読む
映画:殺したい女

殺したい女の紹介:ダニー・デビート、ベット・ミドラー主演のブラックコメディ。オー・ヘンリーの短編小説「赤い酋長の身代金」を原案としており、ある中年男が企てた妻殺害計画が思わぬ形で破綻していく様をユーモラスに描いていく。第1回アメリカン・コメディ・アワードでは、ベット・ミドラーが主演女優賞を獲得した。1986年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:花のあすか組 NEO!

花のあすか組 NEO!の紹介:2009年に公開された日本の作品です。90年代に流行した高口里純の大人気不良少女漫画「花のあすか組」を実写化した映画です。原作は80年代から90年代に連載された漫画だったため、内容も当時の時代背景が描かれています。しかしこの映画ではアレンジが加えられ、今風のものになっています。ちなみに水森奈々(水)役を演じた高口真々子さんは、原作者である高口里純さんの実の娘でもあります。

ネタバレを読む
映画:ビーバップハイスクール高校与太郎完結篇

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇の紹介:1988年に公開された「ビー・バップ・ハイスクールシリーズ」の第6弾にして完結篇です。完結作とあって、元城東の柴田や西、北高の前川や工藤、立花の菊永やミノルなど、オールスターが勢ぞろいする話になっています。なお本作では、川端純を的場浩司氏が演じています。前作のオーディションで落ちていた的場氏でしたが、制作側が何とか出したかったため、出番の多い川端純役に抜擢したそうです。

ネタバレを読む
映画:ワイルドライフ

ワイルドライフの紹介:個性派俳優ポール・ダノの初監督・脚本作品。原作はリチャード・フォードの小説で、監督の妻であるゾーイ・カザンが共同脚本を務めている。主演は「華麗なるギャツビー」のキャリー・マリガンと「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホール。日本公開は2019年。

ネタバレを読む
映画:ビーバップハイスクール高校与太郎音頭

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭の紹介:1988年に公開された映画で、大人気不良漫画を実写化した「ビー・バップ・ハイスクールシリーズ」の第5弾です。本作ではヒロシ役の清水宏次朗氏がコンサートツアーで撮影に参加できなかったため、トオルのみの出演となっています。またこれまで菊リン役を務めていた石井博泰氏は坊主頭になることがイヤで、本作から降板しています。その代わりに高橋秀治氏が2代目菊リンとして出演しました。

ネタバレを読む
映画:コララインとボタンの魔女

コララインとボタンの魔女の紹介:ニール・ゲイマンの児童文学作品を、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」などで知られるヘンリー・セリック監督がストップモーション・アニメ化した作品。ゴールデングローブ賞アニメ映画賞にノミネートされている。日本公開は2010年。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。