「原作マンガ/小説」映画一覧

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:リトルプリンス 星の王子さまと私

リトルプリンス 星の王子さまと私の紹介:世界中で親しまれているサン・テグジュペリの絵本「星の王子さま」を原作としてフランスで製作され、2015年に公開されたアニメーション作品です。主人公は教育ママのもとで窮屈な生活を送っている女の子で、彼女の隣人でありかつて星の王子と出会ったおじいさんのエピソードを知り、心を通わせていくことで、本当に大切なものに気がついていくというストーリーになっています。

ネタバレを読む
映画:DRAGONBALLEVOLUTION

DRAGONBALL EVOLUTIONの紹介:2009年に公開されたアメリカの映画です。日本の大人気漫画「ドラゴンボール」の実写化作品となります。とはいえ孫悟空が高校生、マイがピッコロ大魔王の部下になっているなど、原作とはキャラ設定が異なります。そのためファンからの評判は芳しくなく、原作者の鳥山明氏も「ダメだと思ったら本当にダメだった某国の実写化映画」とインタビューで答えています。脚本家のベンジー・ラム氏も世界中から苦情を受け、ファンに謝罪するという異例の対応を見せています。

ネタバレを読む
映画:スティーブンキングのキャッツアイ

スティーブン・キングのキャッツ・アイの紹介:スティーヴン・キングの短編の映画化作品で、1匹の野良猫が謎の少女に導かれ3つの怖い話を巡るという1985年アメリカのホラー映画。監督は「クジョー」のルイス・ティーグ。脚本は原作者のS・キングで、最終話は本作の主演であり、この前年にヒットした「炎の少女チャーリー」でも主演を勤めたドリュー・バリモアのための書き下ろし。「ヴィデオドローム」のジェームズ・ウッズ、「デューン/砂の惑星」のケネス・マクミランなどが出演している。

ネタバレを読む
映画:ラーメン食いてぇ!

ラーメン食いてぇ!の紹介:2014年に林明輝が発表した人気WEB漫画を原作とした映画作品で、熊谷祐紀監督によって2018年に公開された作品です。廃れてしまった人気ラーメン店を女子高生2人が復活させるまでのストーリーが描かれ、困難や挫折から立ち直る人間の姿を描いたヒューマンドラマでもあり、女子高校2人の友情を描いた青春ストーリーでもあります。主演は中村ゆりかと葵わかなの2人がつとめています。

ネタバレを読む
映画:怪談新耳袋開けちゃだめ編

怪談新耳袋 -開けちゃだめ編-の紹介:怪談蒐集家木原浩勝/中山市朗による実話怪談集「現代百物語『新耳袋』」(「新・耳・袋-あなたの隣の怖い話」)を原作としたホラードラマシリーズ。2003年8月に放送された第2シリーズの第2弾。「霊的ボリシェヴィキ」の高橋洋監督による「庭」、「赤んぼ少女」の山口雄大監督による「やめて」の3連作、森山享監督の「あそぼ」、「渋谷怪談」の堀江慶監督による「開けちゃだめ」など6本を収録。

ネタバレを読む
映画:怪談新耳袋 -白いひも編-

怪談新耳袋 -白いひも編-の紹介:怪談蒐集家木原浩勝/中山市朗による実話怪談集「現代百物語『新耳袋』」(「新・耳・袋-あなたの隣の怖い話」)を原作としたホラードラマシリーズ。2003年8月に放送された第2シリーズの第1弾。ともさかりえ主演の「かくれんぼ」「たけしくん」「白いひも」の他、「死神」「スクープ」「板人形」「壁を叩く音」の7本を収録。

ネタバレを読む
映画:怪談新耳袋近づく編

怪談新耳袋 -近づく編-の紹介:怪談蒐集家木原浩勝/中山市朗による実話怪談集「現代百物語『新耳袋』」(「新・耳・袋-あなたの隣の怖い話」)を原作としたホラードラマシリーズ。2003年8月に放送された第2シリーズの第3弾。「発狂する唇」の佐々木浩久、「渋谷怪談」の堀江慶などの監督陣が参加、筧利夫の「現場調書」、田中要次の「狐風呂」、津田寛治の「頼んだで」、螢雪次朗の「手形」など7本を収録。

ネタバレを読む
映画:マップオブザワールド

マップ・オブ・ザ・ワールドの紹介:アメリカの田舎町で友人の幼い娘を死なせてしまった主婦アリス。一家の生活は一変し、思いもよらぬ災難へと発展するが…。2大女優シガニー・ウィーバーとジュリアン・ムーアが演じる平凡な主婦の困難と再生を描いた1999年制作の人間ドラマ。原作はジェーン・ハミルトンの同名ベストセラー小説、監督は俳優でも知られるスコット・エリオット。

ネタバレを読む
映画:賭ケグルイ

賭ケグルイの紹介:2019年5月3日公開の日本映画。TVアニメやドラマにもなった河村ほむらの人気コミックが原作の異色学園サスペンスの劇場版。“ギャンブルの強さ”がすべてを決める学園を舞台に、学園を支配する生徒会とそれに立ち向かう生粋のギャンブラーであるヒロインとの対決を描く。

ネタバレを読む
映画:母さんがどんなに僕を嫌いでも

母さんがどんなに僕を嫌いでもの紹介:2018年11月16日公開の日本映画。歌川たいじによるコミックエッセイを「南瓜とマヨネーズ」の太賀主演で映画化。幼い頃から母・光子にののしられ、心身ともに傷つけられてきたタイジ。やがて大人になった彼は、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、母親と向き合っていく…。

ネタバレを読む
映画:七つの会議

七つの会議の紹介:2019年2月1日公開の日本映画。「半沢直樹」「下町ロケット」など数多くの映像化作品で知られる人気作家・池井戸潤の同名作を、野村萬斎主演で映画化したミステリー。万年係長が上司のパワハラを告発したことを機に、会社内で起こる騒動が描かれる。TVドラマ化された池井戸作品の常連である、香川照之や片岡愛之助ら実力派俳優が多数共演している。

ネタバレを読む
映画:ファイヤーフォックス

ファイヤーフォックスの紹介:クレイグ・トーマスの小説をクリント・イーストウッド製作・監督・主演で映画化したサスペンス映画。冷戦時代を舞台に、ソ連の最新鋭戦闘機ファイヤーフォックスを盗み出すという大胆な指令を受けたアメリカ空軍パイロットの奮闘を描く。1982年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:ロミオとジュリエット

ロミオとジュリエットの紹介:フランコ・ゼフィレッリが監督・共同脚本を務め、当時10代のオリヴィア・ハッセー、レナード・ホワイティングが主演したラブロマンス。シェークスピアによる同名戯曲を映画化した作品で、敵対する家同士に生まれた若い男女の悲恋を描く。第41回アカデミー賞では、撮影賞、衣装デザイン賞を受賞した。1968年イギリス・イタリア合作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。