「原作マンガ/小説」映画一覧

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:シャイアン

シャイアンの紹介:1964年にアメリカで製作されたリチャード・ウィドマーク主演の西部劇。マリ・サンドズのノンフィクション作品に基づいた作品で、1878年から79年にかけて実際に起きたシャイアン族脱出の旅を描いていく。名匠ジョン・フォードが手掛けた最後の西部劇で、アメリカ政府による先住民支配をテーマとして取り上げている。

ネタバレを読む
映画:馬上の二人

馬上の二人の紹介:1961年にアメリカで製作された名匠ジョン・フォードによる西部劇。主演はジェームズ・スチュワート、リチャード・ウィドマークが務めた。ウィル・クックの小説「Comanche Captives」を映画化した作品で、コマンチ族にさらわれた子どもたちを救出する男たちの姿を描く。

ネタバレを読む
映画:大砂塵

大砂塵の紹介:1954年にアメリカで製作された西部劇ドラマ。ロイ・チャンスラーによる同名小説を「理由なき反抗」で知られるニコラス・レイ監督が映画化、主演は名優ジョーン・クロフォードが務めた。風が吹き荒れるアリゾナの街外れを舞台に繰り広げられる女の戦いを描いていく。

ネタバレを読む
映画:ミルドレッドピアース

ミルドレッド・ピアースの紹介:1945年にアメリカで製作された犯罪ドラマ。「カサブランカ」で知られるマイケル・カーティスがジェームズ・M・ケインの同名小説を映画化した作品で、ジョーン・クロフォードが主人公のミルドレッド・ピアースを熱演、第18回アカデミー賞では主演女優賞に輝いた。経営者として成功を収めながら、母親としての道を誤った女性の苦悩を描いていく。

ネタバレを読む
映画:ルイの9番目の人生

ルイの9番目の人生の紹介:2016年公開のイギリス&カナダ&アメリカ合作映画。出生から8年の間に8度も生死に関わる大事故に遭った謎多き少年ルイ。9度目の事故による昏睡状態から彼を救おうとする担当医が少年の秘密に迫っていく姿を描くサスペンス。アンソニー・ミンゲラ監督が生前に映画化を熱望していたベストセラー小説を、息子のマックス・ミンゲラがプロデューサー&脚本家を務め、悲願の映像化が実現。

ネタバレを読む
映画:悪と仮面のルール

悪と仮面のルールの紹介:2018年1月13日公開の日本映画。愛する人を守るため、悪事を重ねる男の葛藤を描いた、芥川賞作家・中村文則による同名小説を映画化したクライム・サスペンス。顔を変え、まったくの別人になりすましてまでも愛する人のために自らを捧げる男を玉木宏がクールに演じる。

ネタバレを読む
映画:悪の教典(序章)

悪の教典-序章-の紹介:2012年公開の日本映画。貴志祐介のベストセラー小説を三池崇史監督、伊藤英明主演で映画化した『悪の教典』のスピンオフ。映画版より少し前の世界。スクールカウンセラーの水落聡子が学園の闇を追う。全4話を収録。

ネタバレを読む
映画:南瓜とマヨネーズ

南瓜とマヨネーズの紹介:2017年11月11日公開の日本映画。揺れる心情を繊細に描写した魚喃キリコの代表的恋愛コミックを「ローリング」の冨永昌敬が映画化。ミュージシャン志望のせいいちとの生活を支えるため、キャバクラで働くツチダ。忘れられない元恋人ハギオと再会し、過去にすがるように彼にのめり込んでいく。2つの恋に揺れるツチダを「愚行録」の臼田あさ美が、スランプに陥り働かないせいいちを「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の太賀が、ツチダが引きずる元恋人ハギオを「オーバー・フェンス」のオダギリジョーが演じる。

ネタバレを読む
映画:羊の木

羊の木の紹介:2018年2月3日公開の日本映画。原作・山上たつひこ、作画・いがらしみきおという、ギャグ漫画で知られる2人がタッグを組んだ異色作を、『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化したヒューマン・サスペンス。過疎対策として仮釈放された元殺人犯を受け入れた港町で起きる出来事を、錦戸亮演じる市役所職員の目を通して描き出す。

ネタバレを読む
映画:ソイレントグリーン

ソイレント・グリーンの紹介:人口増加により絶望的な食糧危機に陥った人類の暗澹たる未来を描いた1973年公開のSF映画。原作はハリィ・ハリスンのSF小説「人間がいっぱい」。監督は「海底二万哩」「ミクロの決死圏」のリチャード・フライシャー。1974年のアヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭グランプリ、サターンSF映画賞を受賞している。主演は「猿の惑星」「ベン・ハー」のチャールトン・へストン。

ネタバレを読む
映画:マンハント追捕

マンハントの紹介:2017年製作の中国映画。西村寿行の小説を高倉健主演で映画化し、中国でも大ヒットを記録した『君よ憤怒の河を渉れ』をジョン・ウー監督がリブートしたサスペンス・アクション。何者かにハメられた弁護士をチャン・ハンユー、事件の謎に迫る刑事を福山雅治が演じ、身分や国籍を超えた絆で結ばれていく男たちのドラマを熱く盛り上げる。

ネタバレを読む
映画:狂った果実

狂った果実の紹介:1956年に製作された太陽族映画。石原慎太郎の同名小説を映画化した作品で、石原慎太郎は脚本も務め、石原裕次郎、津川雅彦が主人公の兄弟を演じた。真夏の鎌倉を舞台に、同じ女性を愛してしまった兄弟の悲劇を描いていく。

ネタバレを読む
映画:俺たちに明日はないッス

俺たちに明日はないッスの紹介:2008年の公開作で、R-15指定。さそうあきらの同名人気コミック全18編の中から、3編を基に映像化。『百万円と苦虫女』『四十九日のレシピ』のタナダユキ監督と、数々の名作を生んだ脚本家の向井康介がタッグを組んだ。童貞喪失のことしか頭にない男子高校生3人組が、女性に翻弄され恋に戸惑う姿を温かくも切なく綴った性春?!物語。

ネタバレを読む
映画:マライアと失われた秘宝の謎

マライアと失われた秘宝の謎の紹介:2013年に製作されたイギリス映画で、G・P・テイラーの小説を原作としている。マイケル・シーンやレナ・ヘディ、ヨアン・グリフィズ、サム・ニールらが出演したファンタジーアドベンチャー。1885年のロンドンを舞台に、伝説の箱をめぐり、青年が誘拐された家族を助けに向かう姿を描いている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。