「原作マンガ/小説」映画一覧

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

2000年公開のアメリカ映画。監督は「π」や「ブラック・スワン」などのダーレン・アロノフスキー。主演にエレン・バースティン、ジャレッド・レト。 夫に先立たれ、息子のハリーも出ていき唯一の楽しみはテレビを見ながら頬張るショコラ、と言う生活をしているサラ。ある日、テレビへの出演が決まったという電話を受け、昔着た赤いドレスを着ていこうと思いつくが、体型は変わり果て、背中のチャックが上まで上がらない。息子のハリーは友達のタイロン、恋人のマリオンと薬をカジュアルに楽しみながら日々面白おかしく過ごしている。そんなご機嫌なある日、薬に混ぜ物をして売る商売を思いつく。サラは医者から処方されたダイエットピルを飲み見るまに痩せるが、異常に汗をかいたり歯軋りをしたりと様子がおかしくなっていく。ハリー、タイロン、マリオンも楽しんでいたはずの薬にだんだんと依存し始め、知らず知らず薬がないといけない体になり、また大元の売人がマフィア同士の抗争に巻き込まれ薬が手に入らなくなってしまう。楽しかった生活がどんどんと崩れ始める。 ネタバレを読む
サブウェイ123 激突の紹介:2009年製作のアメリカ映画。1974年、1998年に映画化された傑作犯罪小説を、デンゼル・ワシントン&ジョン・トラボルタ主演で3度めの映画化。地下鉄の乗客と引き換えに金を要求する犯人と地下鉄職員との頭脳戦が展開する。 ネタバレを読む
「スパイダー・マン2」は2004年のアメリカの映画で、前作「スパイダー・マン」の続編にあたります。監督は全作と同じくサラ・ライミ監督で、トビー・マグワイアをはじめ主要キャストも全て前作から引き続き出演しています。高いVFXの技術が評価され、アカデミー賞の視覚効果賞を受賞しました。前作の敵グリーンゴブリンとの戦いから2年が経ち、ピーター・パーカーはスパイダー・マンとなり犯罪との闘いが忙しく、学業や自分の生活が疎かになってしまい、このままスパイダー・マンを続けていけるのか迷いが出てくきてしまう・・・。 ネタバレを読む
2014年公開の日本映画。原作は柩やなの「黒執事」で、既刊は30巻で累計発行部数は3000万部の大人気漫画。監督は、さとう けいいち・ 大谷 健太郎。主演に水島ヒロと剛力彩。 急速にミイラ化して亡くなった遺体が複数見つかり、女王の番犬である幻蜂家当主、幻蜂清玄は、悪魔で執事であるセバスチャンと共に捜査に乗り出す。首謀者と見られたイプシロン製薬会長の九条は殺され、さらに本筋と見られた武器商人の篠崎まで殺されてしまう。事件の首謀者の意外な正体と、その目的とは? ネタバレを読む
神様はバリにいるの紹介:2014年製作の日本映画。単身バリ島へ渡り、独自の哲学で巨万の富を得た実在の日本人実業家に堤真一が扮するヒューマンコメディ。事業に失敗し、バリ島へやってきたヒロインが大富豪のアニキと出会い、人生をやり直そうとする姿を描く。ほぼ全編にわたってバリ島での撮影を敢行。美しい自然と苦境にもへこたれないアニキの姿が見る者に元気を与える。 ネタバレを読む
山崎豊子の同名小説を3時間22分という長編映画で完成させた本作。あまりにも長いので途中でインターミッションが入ることも特徴の一つ。とある国の「国民航空」が起こした航空事故を中心に描かれる。恩地始が国民航空に就職後、アフリカ勤務を通じて培い失った人間関係、そして航空機事故、その後、国と会社を相手取り戦う姿が描かれる。渡辺謙主演、若松節朗監督、2009年劇場公開作品。 ネタバレを読む
2013年のアメリカ映画。監督は「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」などのギャヴィン・フッド。主演を「ヒューゴの不思議な発明」や「僕と世界の方程式」などのエイサ・バターフィールド。共演にハリソン・フォードや、ベン・キングズレー他。 異星生命体“フォーミック”に襲われてから50年後の地球。再襲来に備えて優秀な子供達が集められ訓練がされている。その中にいるエンダー。ある日大佐に見出され訓練基地へと向かうエンダー。そこでも才能を発揮し、さらに司令官になるための養成基地へと向かう。そこで仲間達と共に伝説の英雄メイザー・ラッカムの作った訓練ゲームに挑むエンダー達。そんな中、エンダーはフォーミックと戦わずに交渉をすることはできないかと新たな道を模索し始めるが、遂に最終テストと言う名の最大のゲームが始まる。   ネタバレを読む
架空の町「シン・シティ」を舞台としたアメコミの大家フランク・ミラーの原作を、「デスペラード」「グラインドハウス」などを手掛けたロバート・ロドリゲス監督が、原作のタッチを生かした個性的な作風で映画化した作品の2作目です。前作から9年後の公開になりましたが、ジェシカ・アルバやミッキー・ロークなど主なキャストが再び顔を揃え、ジョシュ・ブローリンやレディ・ガガ、ジョセフ・ゴードン=レヴィットなどの豪華な「新顔」も加えた、バイオレンスな娯楽作です。 ネタバレを読む
井上三太による同名漫画の映画化で、小学生の時に受けたいじめの影響により、凶暴な別人格が生まれてしまうという設定に対し、ひとりの人物の別の人格を、それぞれ別の俳優が演じるという奇抜なアイデアが斬新な作品です。元々の内向的な人格を小栗旬が演じ、凶暴な別人格を中村獅童がケレン味タップリに演じています。また、PUFFYの吉村由美が、ヤンキー上がりの人妻を好演しています。 ネタバレを読む
難病を患った『ELLE』編集長ジャン=ドミニク・ボビーがまばたきだけで綴った著書を原作に、周囲の人々とのつながりを通じてジャンの心情が変化していく様子を描いたヒューマンドラマ。監督のジュリアン・シュナーベルはゴールデングローブ賞、カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。 『ELLE』編集長として第一線で活躍していたジャンは、脳卒中の後遺症で体の自由を奪われてしまう。話すこともできなくなったジャンは絶望的な気分に陥ってしまうが、ある人物と再会したことをきっかけに少しずつ前向きになっていく。まばたきで意思疎通ができるようになったジャンは本を出版しようと思い立ち、これまでの人生に思いを馳せていく。 ネタバレを読む
「仮面の男」は1988年のアメリカの映画。アレクサンドル・デュマの小説「ダルタニャン物語」を元にして作られた作品で17世紀のフランス、実在した謎の仮面の男を巡り、三銃士とダルタニアンたちの活躍を描いた歴史活劇です。監督は「パール・ハーバー」や「ブレイブ・ハート」のランダル・ウォレスが制作、レイオナルド・ディカプリオが暴君のルイ14世と心優しいフィリップの2役を演じ、他にもジョン・マルコヴィッチなどが出演しております。 ネタバレを読む
「リンダ・リンダ・リンダ」などで知られる山下敦弘がメガホンを取り、主演を森山未來が演じた一作。金なし、職なし、ロクデナシとなしなし尽くしの男の半生を描く。元は芥川賞受賞の西村賢太の小説になる。本作の役作りのために森山は3畳1間のドヤ街に実際に暮らした。2012年劇場公開作品。114分。 ネタバレを読む
平川雄一監督作品。辻村深月作の同名小説を映画化。死者と正者を仲介し、一度だけ再開させることが出来る「ツナグ」を中心に、親子、親友、恋人といった3組の面会の様子を描いた感動のヒューマンドラマ。松坂桃李初の単独主演作品。 ネタバレを読む
オー!ファーザーの紹介:2013年製作の日本映画。伊坂幸太郎の同名小説を岡田将生主演で映画化したコミカルなサスペンス。年齢も性格もバラバラな4人の父親を持つ高校生が事件に巻き込まれ、父親たちが力をあわせて救出に挑む姿が描かれる。佐野史郎、河原雅彦、宮川大輔、村上淳という個性的な俳優たちが4人の父親に扮する。監督は本作が初の劇場用作品となる藤井道人。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×