「原作マンガ/小説」映画一覧

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

2012年製作のアメリカ映画。グリム童話『白雪姫』を題材とした作品。 幼い頃、国王である父親を無くした白雪姫は、悪い継母であり女王にお城に閉じ込められて生活していました。白雪姫は、外の世界に憧れを抱くようになっており、ある日お城で開催される舞踏会にこっそりと参加します。そこで過去に森で出会ったある王子アルコットと再会を果たし、お互い惹かれあって行きます。しかし、邪悪な女王は王子の財産を狙って結婚しようと企んでおり…。 ネタバレを読む
2013年のフランス・カナダの合同製作映画。監督は「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ。主演はリメイク版の「ポルターガイスト」などのカイル・キャトレット。共演に「ハリーポッターシリーズ」などのヘレナ・ボナム=カーター。
天才的な頭脳を持つ10歳のT・Sスピヴェット。携帯電話の電波もないような田舎の牧場で育ち、その頭脳を持て余していたが、ある日自分の発明がスミソニアンで賞を受けたと連絡を受ける。年齢を明かさず、受賞式に参加することを決めたスピヴェットは1人ワシントンに向かうことを決意する。しかしその気持ちの影には、亡くしたばかりの双子の弟や、家族への複雑な想いがあった。
ネタバレを読む
「鉄男」や「東京フィスト」などで知られる塚本晋也監督が、大岡昇平による同名小説を映画化した作品です。原作は1959年にも一度映画化されており、これが2度目の映像化となります。本作では塚本監督が主演も務め、第二次大戦末期にフィリピンのレイテ島に出兵していた兵士が体験した、戦争の惨さ・悲惨さを生々しく描き出しています。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
1970年代に一大ブームを巻き起こし、映画化やドラマ化もされた漫画「愛と誠」を、三池崇史監督が独自の解釈で新たに映像化した作品です。物語の舞台はそのまま70年代に据え置き、レトロな雰囲気を醸し出しながら「青春ミュージカル」に仕立て上げるという大胆な試みがなされています。 ネタバレを読む
マイケル・モーパーゴ原作の長編小説を、スティーブン・スピルバーグが映像化した一作。農耕馬として買い取られた一匹のサラブレッドが戦乱に巻き込まれたあとに類稀なる素質を見出される。その後、第一次世界大戦でイギリスの軍馬に抜擢され名馬とされた数奇な運命を描く、146分。2011年劇場公開作品。 ネタバレを読む
「エイリアン」や「ブレードランナー」の監督として名高いリドリー・スコットが2001年に手掛けた、実話を元にした戦争映画です。民族紛争が泥沼化し、多くの死者が出ていたソマリアに派遣されたアメリカ兵たちの、筆舌に尽くせぬほどの悲惨な戦場体験をリアルに描き出しています。 ネタバレを読む
銀の匙 Silver Spoonの紹介:2013年製作の日本映画。「マンガ大賞2012」で大賞に選ばれるなど、幅広い層から支持を受ける荒川弘による人気コミックを、Sexy Zoneの中島健人主演で実写映画化した青春ストーリー。寮があるからとの理由だけで北海道の農業高校の酪農科に入学した主人公が、実習や部活に悪戦苦闘しながら、クラスメイトたちと絆を深めていく姿が描かれる。 ネタバレを読む
映画 ひみつのアッコちゃんの紹介:2012年製作の日本映画。魔法少女ものの先駆けとして知られ、3度にわたってテレビアニメ化された赤塚不二夫の傑作コミックを、誕生50周年を記念し、実写映画化したラブ・ファンタジー。綾瀬はるかがヒロインの大人の姿を演じ、おなじみの“テクマクマヤコン”という呪文で、フィギュアスケーターにCA、バイクレーサー、OL、ナースなど様々な姿に変身する。 ネタバレを読む
2006年公開。原作は藤沢周平の時代小説『盲目剣谺返し』。山田洋次監督による『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』から続く「藤沢時代劇三部作」の最終作。主演は木村拓哉。藩主の毒見役を務める新之丞は、ある日貝の毒にあたり両目の視力を失った。妻の加世は家の存続のために、番頭の島田に助力を請うが……。 ネタバレを読む
BALLAD 名もなき恋のうたの紹介:2009年製作の日本映画。大人も涙したという「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を実写映画化。未来からやってきた少年と戦国時代の侍との友情、そして侍と姫との悲恋が描かれる。 ネタバレを読む
2006年公開の日本映画。第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の原作小説を『雨あがる』『阿弥陀堂だより』の小泉堯史監督が映画化。 家政婦として働くシングルマザーの杏子は、事故の後遺症で記憶が80分しかもたなくなってしまった博士の元で働き始める。杏子と息子のルートは数学や野球を通じて博士と交流を深めていくが、博士はある悲しい過去を背負っていた。 ネタバレを読む
本能寺の変で織田信長が討たれたあと、愛知県清須市で 1582年に行われた信長亡き後の後継ぎをめぐる織田家家臣たちの話し合いをコミカルに映画化した本作、原作は三谷幸喜の歴史小説。映画も三谷が務める。「ステキな金縛り」で登場した更科六兵衛も本作でカメオ的に登場している。2013年作品、138分。 ネタバレを読む
「遺伝性アルツハイマー」や「若年性アルツハイマー」になってしまった言語学者をジュリアン・ムーアが好演した一作、本作でムーアは世界中の賞を総なめにした。医師の夫と3人の子供を持ち幸せだった言語学者が突然、言葉が出てこない、道がわからなくなるという痴呆症のような身体の変化を感じる。リチャード・グラツァー監督、2014年公開作品、101分 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×