「原作マンガ/小説」映画一覧

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:悪夢のエレベーター

悪夢のエレベーターの紹介:2009年に公開されたミステリー映画で、木下半太氏の小説「悪夢のエレベーター」を原作としています。この小説はテレビドラマ化や舞台化などもされているほどの人気作品です。内野聖陽氏、佐津川愛美氏、モト冬樹氏、斎藤工氏などの豪華俳優陣がメインキャストを務めており、予測の付かないストーリー展開が醍醐味の一つだと言えるでしょう。さらに本作には俳優やタレント、放送作家としても活動している堀部圭亮氏が監督として携わっています。

ネタバレを読む
映画:アガサクリスティーねじれた家

アガサ・クリスティー ねじれた家の紹介:2019年に公開されたミステリー映画です。タイトルからも分かるとおり、ミステリーの女王と称されるアガサ・クリスティー氏の「ねじれた家」を原作とした作品となります。「ねじれた家」は1949年に発表された小説ですが、映画化されるのは本作が初めてのことです。この「ねじれた家」は著者自身が最高傑作と謳っているほどの作品なので、今まで誰も実写化に挑戦する人がいなかったのかもしれませんね。

ネタバレを読む
映画:ガルヴェストン

ガルヴェストンの紹介:2018年製作のアメリカ映画。ニック・ピゾラットの犯罪小説『逃亡のガルヴェストン』を「マレフィセント」のエル・ファニング、「インフェルノ」のベン・フォスター主演で映画化。病に冒された殺し屋ロイは、彼を切り捨てた組織に反旗を翻し、傷ついた娼婦ロッキーを連れて逃避行に出る…。

ネタバレを読む
映画:翔んで埼玉

翔んで埼玉の紹介:2019年2月22日公開の日本映画。埼玉に対する自虐的な笑いが話題となり、1982年の発表から30年以上経った2015年に復刊し、大ヒットした魔夜峰央の同名コミックを実写映画化したコメディ。二階堂ふみ演じる東京都知事の息子・百美が隠れ埼玉県人の麗と出会い、逃避行を繰り広げる。千葉と埼玉の争いや神奈川、群馬など関東の近県を巻き込んだ壮絶なバトルが展開する。

ネタバレを読む
映画:幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆

幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆の紹介:1994年に公開された「幽☆遊☆白書」の映画です。シリーズとしては2作目にあたり、短編映画だった前作とは違って本作は長編映画となっています。本作は原作には登場しない冥界を主軸に置いたストーリーで、映画オリジナルキャラクターは原作者の冨樫義博氏が手がけています。戦闘描写に重きを置いているのが特徴的で、4人のメインキャラ全員に戦闘シーンがあります。さらにはちょっとだけ幻海の戦闘シーンも描かれています。

ネタバレを読む
映画:生きてるだけで、愛。

生きてるだけで、愛。の紹介:2018年公開作で、本谷有希子の同名小説を、今作で長編映画デビューを果たした関根光才が映画化した。鬱による過眠症の寧子は寝てばかりで、家事もせず引きこもり状態。同棲中の津奈木もまた無気力に仕事をこなし、寧子にどんなに激しく感情をぶつけられても、何となく受け流していた。ある時津奈木の元恋人が現れ、寧子を部屋から追い出すために、彼女に仕事を紹介するのだったが…。

ネタバレを読む
映画:ネイムレス無名恐怖

ネイムレス 無名恐怖の紹介:誘拐され死んだはずの幼い娘から電話があり、再び捜索に奔走する母親と刑事の前に立ちはだかる謎のカルト集団の恐怖を描いた、1999年製作のスペインのホラー・サスペンス。原作は英国屈指の恐怖小説家ラムジー(ラムゼイ)・キャンベルの「The Nameless」。「REC」シリーズで知られるジャウマ・パラゲロ監督の長編デビュー作。

ネタバレを読む
映画:劇場版FAIRYTAIL鳳凰の巫女

劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女の紹介:2012年に公開された劇場版アニメです。原作は週刊少年マガジンにて、2006年から2017年まで連載されており、アニメ化もされた人気作品となっています。本作品は原作者の真島ヒロ氏によってストーリーやキャラクターデザインなど、全面協力を得て制作されています。また漫才コンビ「ますだおかだ」がゲスト声優として、他に平野綾、釘宮理恵など豪華声優陣が出演しています。

ネタバレを読む
映画:美人が婚活してみたら

美人が婚活してみたらの紹介:2019年3月23日公開の日本映画。漫画アプリで累計1000万PV突破の同名人気コミックを実写化したラブコメディ。32歳のWEBデザイナー・タカコは、仕事にも容姿にも恵まれていたが、不倫ばかりの不毛な恋を重ねていた。一念発起し婚活サイトに登録すると、対照的な二人の男性と出会うが…。

ネタバレを読む
映画:ヒンデンブルグ

ヒンデンブルグの紹介:マイケル・M・ムーニーの小説を映画化した作品で、実際に起きた巨大飛行船爆発事故をサスペンスタッチで描いていく。監督は巨匠ロバート・ワイズが務め、第48回アカデミー賞では視覚効果と音響効果で特別業績賞を受賞した。1975年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:CUTIE HONEY -TEARS-

CUTIE HONEY -TEARS-の紹介:2016年に公開された日本のSFアクション映画です。永井豪氏の漫画「キューティーハニー」を原作とした実写化作品となりますが、ストーリーや設定などは独自にアレンジされています。西内まりや氏が主演を務めており、本作で初めてアクションシーンを演じたそうです。ちなみに2017年の「ジャパンアクションアワード」にて、西内まりや氏はベストアクション女優賞の優秀賞を受賞しています。

ネタバレを読む
映画:血まみれスケバンチェーンソーRED後編ギーコの覚醒

血まみれスケバンチェーンソーRED 後編 ギーコの覚醒の紹介:2019年2月22日公開の日本映画。2016年に公開された「血まみれスケバンチェーンソー」の新章2部作の後編。自前のチェーンソーを持ち歩く女学生・鋸村ギーコは、ある日、同級生の碧井ネロが創り出した改造死体たちに襲われ始め、ネロや新生徒会総長ネメシスとの対決に身を投じていく…。

ネタバレを読む
映画:血まみれスケバンチェーンソーRED前編ネロの復讐

血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐の紹介:2019年2月22日公開の日本映画。2016年に公開された「血まみれスケバンチェーンソー」の新章2部作の前編。自前のチェーンソーを持ち歩く女学生・鋸村ギーコは、ある日、同級生の碧井ネロが創り出した改造死体たちに襲われ始め、ネロや新生徒会総長ネメシスとの対決に身を投じていく…。

ネタバレを読む
映画:ATOM

ATOMの紹介:2009年に公開された3DCGアニメ映画です。手塚治虫氏の「鉄腕アトム」を原作としていますが、制作国はアメリカと香港になります。自称「鉄腕アトム」ファンのデヴィッド・バワーズ氏が監督を務めており、ストーリーや設定、キャラデザなどは多少脚色されています。吹き替えを務めるのは、フレディ・ハイモア氏やニコラス・ケイジ氏、ドナルド・サザーランド氏やサミュエル・L・ジャクソン氏と豪華俳優陣です。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。