「冒険/宝探し」映画一覧

ドラえもん のび太の人魚大海戦の紹介:2010年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第30弾。映画化30周年、映画シリーズ通算30作目、漫画連載開始40周年、テレビアニメ30周年の記念づくしの作品。海底を舞台に人魚の世界を守るため、ドラえもんたちが戦いに挑む。

ネタバレを読む

ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史の紹介:2009年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第29弾。1981年の『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』のリメイクで、テレビ朝日開局50周年記念作品。宇宙の果てにあるコーヤコーヤ星で、のび太たちの笑いと涙に満ちた冒険が展開される。

ネタバレを読む

コーヒーをめぐる冒険の紹介:2012年製作のドイツ映画。ベルリンの街を舞台に、一人の青年の不運な出来事と出会う人々との別れを描いている。ヤン・オーレ・ゲルスター監督の長編デビュー作で、ドイツアカデミー賞で6冠を制覇した。トム・シリング主演で贈る、やさしい気持ちになれる作品。

ネタバレを読む

ヴァルハラ・ライジングの紹介:2009年公開のデンマーク・イギリス合作の映画。奴隷の身から解放された戦士と、ヴァイキングの戦士たちとの旅を描いている。ニコラス・ウィンディング・レフンがメガホンをとり、北欧神話を背景にした作品。主演を務めたマッツ・ミケルセンの戦闘シーンなど、バイオレンスな描写と共に美しくスタイリッシュな映像に注目。

ネタバレを読む

隠し砦の三悪人の紹介:1958年製作の巨匠・黒澤明監督、三船敏郎主演による時代劇。戦国時代を舞台に、敗れた国の姫を同盟国に脱出させるために、侍大将とコミカルな農民二人の冒険劇が描かれる。この映画は世界で絶賛され、若き日のジョージ・ルーカス監督にも影響を与えた(「スター・ウォーズ」のC-3PO、R2-D2は本作の農民コンビをモデルとしている)。第9回ベルリン国際映画祭では監督賞にあたる銀熊賞を受賞した。

ネタバレを読む

アメイジング・トイワールド カラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘密の紹介:2013年製作のスペイン映画。スペインの子供たちに親しまれているコミックを映画化した作品。夏の間、更生学院に行かされることになった双子の兄弟が、友達と共に学院に隠された秘密を暴く姿を描いている。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~の紹介:2007年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第27弾。1984年『ドラえもん のび太の魔界大冒険』をもとに、「ホワイトアウト」の作家・真保裕一が脚本を書いた作品。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の恐竜2006の紹介:2006年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第26弾。まんがドラえもん誕生35周年記念作品。絶大な人気を誇る1980年公開の劇場大作のリメイク作品。白亜紀を舞台に、ハンターから恐竜を守るのび太たちの壮大な冒険が展開する。今作品から声優が一新。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太とふしぎ風使いの紹介:2003年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第24弾。台風の翌朝、のび太が出会って育てた風の子・フー子をめぐる冒険と戦いが、壮大なスケールで展開する。人気アーティスト、ゆずの2人が声優に初挑戦。

ネタバレを読む

ハンターズ・アドベンチャーの紹介:2010年製作のアメリカ映画。父親の牧場にやってきた姉妹が、男の子と3人で黄金を探しに冒険する姿を描いている。父から書庫の整理を頼まれ、ハンナは一冊の書物を発見する。そこには黄金について書かれていた。妹のジャスミン、ルークと共に山へ黄金を探しに行くのだった。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太とロボット王国の紹介:2002年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第23弾。スネ夫に新型ペットロボットを自慢されたのび太は、腹いせに未来デパートでペットロボットを大量注文するが、そのペットたちが町で騒動を起こし…。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の太陽王伝説の紹介:2000年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第21弾。ドラえもん誕生30周年記念作品。タイムホールを使ったことで時空が乱れ、のび太の部屋と古代の太陽の国・マヤナ国が繋がったことで起こる騒動を描く。

ネタバレを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女の紹介:2017年のアメリカ映画。呪われた古代エジプトの王女がミイラとして現代に復活するという物語で、1932年のホラー作品『ミイラ再生』のリブート作品でもある。また、さまざまなホラー映画のモンスターキャラクターを同じ世界観で共演させるという『ダーク・ユニバース』シリーズの一作目として製作され、本作のキャラクターは製作予定の同シリーズにも登場する予定である。監督は『ミッション:インポッシブル3』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』など数々の作品で脚本を担当してきた脚本家兼プロデューサーのアレックス・カーツマン。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。