「恋愛」映画一覧

恋愛タグのついている映画は、胸がときめいて恋がしたくなるストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ビフォア・サンセット」「ゴースト/ニューヨークの幻」「タイタニック」などがあります。

映画:愛して飲んで歌って

愛して飲んで歌っての紹介: 2014年の制作のフランス映画。『夜と霧』『巴里の恋愛協奏曲』の名匠アラン・レネ監督がお気に入り作家アラン・エイクボーンの戯曲を映画化し、これが遺作となった。ベルリン国際映画祭では、通常は革新的な若手監督に与えられるアルフレッド・バウアー賞を91歳で受賞した。友人ジョルジュが余命僅かと判明する。過去にジョルジュと関係を持った3人の女性陣は、彼をめぐって火花を散らし、3人の夫たちも振り回されていく…。

ネタバレを読む
映画:デンジャラストレジャー狙われた秘宝

デンジャラス・トレジャー/狙われた秘宝の紹介:サラ・イサイアスの小説を映画化したアクション冒険映画。ヨルダンで弟が謎の死を遂げたことをきっかけに、死海文書の陰謀に巻き込まれる女性医師と国務省職員の冒険を描いていく。アメリカのテレビドラマで人気のスタナ・カティック、ラザ・ジャフリーが主演を務めた。2016年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:ホンドー

ホンドーの紹介:ジョン・ウェイン主演の西部劇。ルイス・ラムーアの短編を映画化した作品で、アパッチ族の襲来が迫る中、一人で牧場を切り盛りする女主人と恋に落ちる通信兵の姿を描いていく。映画のラストを飾る戦闘シーンは、ジョン・ファロー監督のスケジュールの都合の関係で巨匠ジョン・フォードが演出した。1953年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:夏ノ日、君ノ声

夏ノ日、君ノ声の紹介:葉山奨之、荒川ちか主演で2015年に公開された作品で、映画監督の神村友征の長編デビュー作でもあります。難病に侵された少女と高校生の淡い恋の物語を、時が経ったあとに主人公が思い出す形で語られるストーリーとなっており、過去との決別も大きなテーマとして描かれています。主題歌の「君ノ風」は、シンガーソングライター「N.O.B.U!!!」が同作品のために書き下ろしたバラードとなっています。

ネタバレを読む
映画:終電車

終電車の紹介:ナチス占領下のパリを舞台に、劇場を守ろうとする女優の姿を描いていく。監督はフランソワ・トリュフォー、主演はカトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデューが務め、第6回セザール賞では作品賞含む10部門を制した。1980年フランス製作。

ネタバレを読む
映画:世田谷ラブストーリー

世田谷ラブストーリーの紹介:2015年制作。「世界の中心で、愛を叫ぶ」や「今度は愛妻家」などの作品で知られる行定勲監督が、以前から興味を持っていた、「高嶺の花子さん」「クリスマスソング」で知られる日本を代表するロックバンドback numberの楽曲である「世田谷ラブストーリー」を題材にして監督・脚本を担当し制作された短編映画作品。ヒロインには「TOKYO TRIBE」で一躍有名となった清野菜名。

ネタバレを読む
映画:君の膵臓を食べたい(2018)

君の膵臓を食べたい(2018)の紹介:2018年公開。住野よる著の小説「君の膵臓を食べたい」の2度目の映画化作品であり、初の劇場用長編アニメーション作品でもある。本作のアニメーション映画化の計画は原作小説単行本発売前から指導しており、アニプレックスのプロデューサーが双葉社から送られてきたサンプル版の書籍を読んで、すぐにアニメ映画化を決定した。監督・脚本は牛嶋新一朗。また、原作者の住野よるも脚本に参加しており、牛嶋との共同クレジットとなっている。

ネタバレを読む
映画:ウィルペニー

ウィル・ペニーの紹介:チャールトン・ヘストン主演の西部劇。1960年代にサム・ペキンパーが手掛けたテレビドラマの「Line Camp」というエピソードを映画化した作品で、老いたカウボーイが初めて人間らしい暮らしを体験し、恋心に目覚める姿を描く。1967年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:きみと、波にのれたら

きみと、波にのれたらの紹介:2019年6月21日公開。日本アニメーション会では名匠として知られており、劇場版「クレヨンしんちゃん」シリーズでも数作品を手掛けた湯浅政明が監督を務める劇場用長編アニメーション映画。声優には、雛罌粟港役には、若い世代から絶大な支持を誇っているGENERATIONS fromEXILE TRIBEの片寄涼太。ヒロインの向水ひな子役には、女優の川栄李奈。

ネタバレを読む
映画:スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの紹介:2019年公開。MARVELコミック原作の、同一の世界観を共有する作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の第23作目であり、トム・ホランドが演じるMCU版スパイダーマン単独作としては2作目となる。2019年4月公開の「アベンジャーズ/エンドゲーム」のその後の出来事を描いている作品で、シリーズ第一作である2008年公開「アイアンマン」から始まった「インフィニティ・サーガ」の締めくくりとなる作品である。監督は前作「スパイダーマン:ホームカミング」から引き続きジョン・ワッツが務めている。

ネタバレを読む
映画:エリカ38

エリカ38の紹介:2019年の公開作で、監督は日比遊一、プロデューサーは奥山和由。PG12指定。18年に逝去した樹木希林が、旧知の仲である女優・浅田美代子の代表作にしたいと初めて企画に携わった渾身作。世間を賑わせた詐欺事件をモチーフにしたフィクションで、年齢を20歳以上も詐称し、犯罪を重ねては欲望の赴くままに生きた女の姿をリアルに描き出す。

ネタバレを読む
映画:レジェンダリー

レジェンダリーの紹介:2011年に公開されたチェコのファンタジー映画です。人とドラゴンが共存する世界と謳ってはいますが、ドラゴンは冒頭にしか登場しません。基本的には真にドラゴンに立ち向かった勇者と偽物の勇者王子が、姫様を巡って争い合うといった内容です。なので恋愛に重きを置いている映画だと言え、ドラゴンとの壮大な戦いを期待している人には物足りないかもしれません。なお原題は「MICIMUTR」というもので、魔女マルガレッタを表わしています。

ネタバレを読む
映画:コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちにの紹介:2018年9月21日公開の日本映画。本屋大賞の候補になるなどベストセラーとなった川口俊和の同名小説と、その続編を基にしたファンタジーテイストの人間ドラマ。店内のとある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという喫茶店を訪れる客たちと、謎多き店員たちが繰り広げる物語がつづられる。

ネタバレを読む
映画:ジャングル

ジャングルの紹介:2012年に制作されたロシアの映画です。アクションアドベンチャーと銘打っている作品で、旅行に行った夫婦が島で大喧嘩するというストーリーです。メインの登場人物は夫婦だけで、基本的には喧嘩のシーンで進んでいき、それに配偶者を食べるという部族が絡んできます。夫婦喧嘩の域を超えた殺し合いじみた戦いが見所で、「仕事と私どっちが大切なの?」というよくある文言がテーマに据えられているのも特徴的です。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。