「恋愛」映画一覧

恋愛タグのついている映画は、胸がときめいて恋がしたくなるストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ビフォア・サンセット」「ゴースト/ニューヨークの幻」「タイタニック」などがあります。

映画:アンダー・ハー・マウス

アンダー・ハー・マウスの紹介:2016年のカナダ映画。ジェンダーレスモデルのエリカ・リンダーの映画初主演作。監督のエイプリル・マレンをはじめ、ほぼ女性で構成されたスタッフが、女性視線で作り上げた官能的なラブストーリー。R18+指定。女大工のダラスは毎晩違う女性を渡り歩いていた。ある時出逢った美しいジャスミンに魅了されたダラスだったが、彼女には男性の婚約者が…。次第にダラスに惹かれていったジャスミン。2人の出した答えとは。

ネタバレを読む
映画:テス

テスの紹介:1979年にイギリス・フランス合作で製作された文芸ドラマ。監督はロマン・ポランスキー、主演はナスターシャ・キンスキーが務めた。トーマス・ハーディによる小説「ダーバヴィル家のテス」を映画化した作品で、悲劇的な運命に翻弄される絶世の美少女の物語を描いていく。第53回アカデミー賞では撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞の三部門を制した。

ネタバレを読む
映画:アリー/スター誕生

アリー/スター誕生の紹介:2018年の公開作。何度も映画化されてきた『スタア誕生』をレディー・ガガ主演で、現代劇としてリメイク。ジャクソン役を務めたブラッドリー・クーパーは今作にて監督デビューを果たした。歌手になることを夢に見ながらも、自分に自信が持てないアリー。ある日出逢った世界的ミュージシャンのジャクソンに見初められ、アリーはスター街道を進んでいくのだが…。

ネタバレを読む
映画:ジュリエッタ

ジュリエッタの紹介:2016年のスペイン映画。原作はアリス・マンローの短編集の中の3編で、『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール〈帰郷〉』の巨匠ペドロ・アルモドバルが映画化。主演のエマ・スアレスの演技は、様々な映画祭の女優賞に輝いた。中年のジュリエッタは娘の親友と再会した途端、激しく心が揺れ動いてしまう。何を隠そうジュリエッタは娘と12年間も音信不通だったのだ。ジュリエッタはこれを機に、今まで封印してきた過去と向き合い始める。

ネタバレを読む
映画:デイジーミラー

デイジー・ミラーの紹介:1974年にアメリカで製作された文芸ドラマ。ヘンリー・ジェームズの同名中編小説を映画化した作品で、「ペーパー・ムーン」で知られるピーター・ボグダノヴィッチ監督がメガホンを取った。ヨーロッパ社交界で自由に生きるアメリカ人女性と、彼女に惹かれる青年の姿を描いていく。シビル・シェパードが主役のデイジー・ミラーを演じた。

ネタバレを読む
映画:続・青い体験

続・青い体験の紹介:1974年公開のイタリアンお色気コメディ。前年に公開された『青い体験』のシリーズ作。ストーリーは前作と異なるが主演のラウラ・アントネッリと相手役のアレッサンドロ・モモのコンビ、監督のサルヴァトーレ・サンペリが続投した。少年サンドロは兄から妻ラウラの警護を依頼されるが、セクシーで挑発的な兄嫁に翻弄され、いつしか彼女の虜になってしまい…。

ネタバレを読む
映画:シルク(2006年)

シルク(2006年)の紹介:日本の天才物理学者が、反重力を作り出し幽霊を捕獲できる物質を開発するが、”死”に魅入られ暴走するという2006年公開の台湾のホラー映画。監督/脚本は「ダブル・ビジョン」のスー・チャオピン。出演は「レッドクリフ」「ブエノスアイレス」のチャン・チェン、「GOEMON」「戦国自衛隊1549」の江口洋介、「恋の風景」のカリーナ・ラムなど。美術は「キル・ビル Vol.1」「不夜城」の種田陽平。

ネタバレを読む
映画:ハムレット・ゴーズ・ビジネス

ハムレット・ゴーズ・ビジネスの紹介:1987年のフィンランド映画。シェークスピアの『ハムレット』を1980年代のフィンランドに置き換え、大胆に翻案したサスペンス・コメディ。監督・脚本は鬼才アキ・カウリスマキ。大企業の社長が殺害される。社長の息子であるハムレットは、会社を乗っ取ろうとする叔父に対抗しようとするのだが…。

ネタバレを読む
映画:ラヴィ・ド・ボエーム

ラヴィ・ド・ボエームの紹介:1992年のフィンランド映画。アンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』をアキ・カウリスマキ監督が長い年月をかけて映像化。第42回ベルリン国際映画祭では国際評論家連盟賞、第5回ヨーロッパ映画賞では主演・助演ともに男優賞を獲得した。3人の芸術家の男たちのボヘミアンな暮らしぶりをカウリスマキ監督らしいタッチで綴る。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。