映画ネタバレあらすじを5,403件掲載中です

マルティンと鳥の紹介:2016年に制作されたアルゼンチン・ウルグアイ映画で、ダニエル・エンドレールがメガホンをとったドラマ。独立した党を作りたい富豪の男性が、公約のスポットを作るなどして、イメージ作りをしていく様を描いている。

ネタバレを読む

雨に唄えばの紹介:サイレント映画から新時代へ移り変わる映画界。俳優陣の舞台裏でのドタバタや、恋愛模様を軽快なダンスと歌で綴ったミュージカル作。主演はミュージカルスターのジーン・ケリーで、スタンリー・ドーネンと共に監督・ダンスの振付けも務めた。言わずと知れた傑作ミュージカルで、1952年の公開作。

ネタバレを読む

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女の紹介:楳図かずおのデビュー50周年を記念し制作された2005年公開のホラー作品全6作の1本。楳図の代名詞とも言える”へび女”を題材とした原作「まだらの少女」の実写化作品。監督は「片腕マシンガール」「猫目小僧」の井口昇。脚本は「ガラスの脳」「稀人」(共に脚本)の小中千昭。主演は「神童」「瑠璃の島」の成海璃子。オープニングテーマはルルティアの「蝶ノ森」。

ネタバレを読む

楳図かずお恐怖劇場 ねがいの紹介:楳図かずおのデビュー50周年を記念し制作された2005年公開のホラー作品全6作の1本。手作りの不気味な人形”モクメ”が動き出すトラウマ漫画「ねがい」の実写化作品。監督は「蛇女」「ユメ十夜(「第四夜」)」の清水厚。脚本は「蟲師」(2007年実写版)、「スチームボーイ」などのアニメ作品の脚本で知られる村井さだゆき。主演は「身毒丸 ファイナル」(舞台)の笠原織人。オープニングテーマはルルティアの「蝶ノ森」。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ36の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2010年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第36作。上階の騒音の正体を捉えた「騒音」、”心霊博士”と思しき投稿映像「恨眼」、ある不審メールにより不審死が相次ぐ「呪いの携帯メール」など7本を紹介する。構成・演出は「口裂け女0(ゼロ)~ビギニング~」「ヒトコワ」シリーズの児玉和土。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

ぼくらは”テルマ&ルイーズ”の紹介:2012年に制作されたブラジル映画で、マルセロ・ガルバオンがメガホンをとり、数々の映画賞を受賞した異色のコメディ。映画「テルマ&ルイーズ」に影響を受けたダウン症の3人が、施設から抜け出して、冒険に繰り出す姿を描いている。

ネタバレを読む

ミニバスに乗ったお姫様の紹介:2015年に制作されたトルコ映画で、ブラク・アクサクが監督を務めたファンタジーコメディ。下町でみんなに愛されるミニバスの運転手が、美女を連れてきたことから起こる騒動を描いている。

ネタバレを読む

プールの紹介:2016年製作のアメリカ映画。閉ざされたプールを舞台に描くパニック・シチュエーションスリラー。閉館間際のプールで泳ぐ姉妹。姉のブリーが婚約指輪を失くしたことに気付き、姉妹は指輪を探すが、全員が帰宅したと勘違いした館長がプールの電動カバーを作動させてしまい…。

ネタバレを読む

彼女がその名を知らない鳥たちの紹介:2017年10月28日公開の日本映画。沼田まほかるのベストセラー小説を『凶悪』の白石和彌監督が映画化したミステリー。同居人の男に嫌悪感を抱きつつも、その稼ぎで働きもせずにだらだらと本能のままに生きるヒロインの十和子を蒼井優が演じ、新境地を発揮する。また、その同居人を阿部サダヲ、元恋人の黒崎を竹野内豊、新しい彼氏を松坂桃李が演じる。

ネタバレを読む

パパVS新しいパパ2の紹介:2017年製作のアメリカ映画。『パパVS新しいパパ』の続編。再婚相手の子どもたちに新しいパパと認められた男・ブラッドは実父のダスティとよい関係を築けていたが、クリスマスに双方の父(子どもたちにとっては祖父)が現れたことで新たな騒動が巻き起こる。

ネタバレを読む

クリスマスは家族での紹介:2016年に製作されたカナダ映画で、ジェームズ・ブローリンが監督・主演を務めたドラマ。地区検事補のシングルマザーが、疎遠となっていた父と再会し、一緒にクリスマスを過ごすことで起こる出来事を描いている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。