映画ネタバレあらすじを6,140件掲載中です

映画:狂人ドクター

狂人ドクターの紹介:2017年製作のアメリカ映画。19世紀に実在した<ローズウッド研究所>と呼ばれた精神療養所。そこで秘密裏に行われていた狂人医師による恐ろしい研究プロジェクトを描いた衝撃のサスペンス・スリラー!!

ネタバレを読む
映画:スリーデイズ

スリーデイズの紹介:2008年公開のフランス映画「すべて彼女のために」をリメイクした作品です。本作は2010年ごろに公開されており、ネタ元と違ってアメリカで制作されています。基本的なストーリーは「すべて彼女のために」と変わりありませんが、「クラッシュ」や「告発のとき」でお馴染みのポール・ハギス監督が手がけているためか、演出方法といった点が異なっています。ですのでネタ元とリメイクを比較して、どこがどう違うのかを見比べてみるのも一つの楽しみ方だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王の紹介:「仮面ライダーキバ」の劇場公開作品です。テレビシリーズとは一部設定が異なったパラレルワールドのような世界観になっているのが特徴的です。「仮面ライダー電王」のレギュラー声優陣が俳優としてゲスト出演しているのも一つのウリとなっています。声優陣はそれぞれ「電王」で演じたキャラを彷彿とさせる台詞回しを使っているため、ファンにとっては嬉しいシーンだと言えるでしょう。もちろん劇場版だけのオリジナル仮面ライダーやテレビシリーズの先行形態も登場しています。

ネタバレを読む
映画:サバイバー(2015年)

サバイバー(2015年)の紹介:伝説のテロリストに追われる外交官が、人々を救うため立ち上がるという映画です。この映画最大の特徴は「バイオハザードシリーズ」のミラ・ジョヴォヴィッチと「5代目ジェームズ・ボンド」のピアース・ブロスナンの二人が共演していることです。大ヒット映画シリーズの主人公を務めた二人が敵対している映画だけあって、アクションは激しいものになっています。二大スターの夢の共演を楽しめるのが一番のウリの映画だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ラビング 愛という名のふたり

ラビング 愛という名のふたりの紹介:2016年の英・米合作。異人種間の結婚を禁じる州があった1950年代のアメリカ。法律に抗いながらも夫婦愛を貫いたラビング夫妻の実話を、名優コリン・ファースがプロデューサーに名乗り出て映画化。監督・脚本は『MUD マッド』のジェフ・ニコルズ。主演のジョエル・エドガートンとルース・ネッガの演技が各映画祭で高い評価を受けた。

ネタバレを読む
映画:アベンジャーズインフィニティウォー

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの紹介:2018年公開。「アベンジャーズ」シリーズ第3作目であり、共通の世界観を持つ「マーベル・シネマティック・ユニバース」第19作目。これまでシリーズ作品のポスト・クレジットシーンに度々登場してきた、最強の敵・サノスが満を持してメイン・ヴィランとして登場。ドクター・ストレンジやスパイダーマン、ブラックパンサーがアベンジャーズに加わり、大人気ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々も初合流。スーパー・ヒーロー勢揃いで、サノスに挑む。

ネタバレを読む
映画:ドランクモンキー酔拳

ドランクモンキー酔拳の紹介:黄飛鴻という実在の人物を主役としたジャッキー・チェン主演の映画です。もっとも人物設定を借りているだけで、内容そのものは史実とは一切関係ありません。映画オリジナルの内容となっています。「スネーキーモンキー 蛇拳」の姉妹作とされており、続編ではありませんが、スタッフやキャストはほぼ一緒です。公開当時は香港カンフー映画は敵討ちが主流でしたが、本作はコミカルな内容になっており、ある意味斬新な映画だったと言えます。

ネタバレを読む
映画:スリザー

スリザーの紹介:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のジェームズ・ガン監督が、2006年に監督した、コメディタッチのSFホラー作品。とあるアメリカの田舎町に突如飛来した、ナメクジのような地球外生命体により、町の人々が次々と肉体を乗っ取られ、そこから巻き起こる恐るべき侵略をコメディタッチを交えて描く。

ネタバレを読む
映画:バッド・バイオロジー 狂った性器ども

バッド・バイオロジー 狂った性器どもの紹介:1980年代初頭にカルトホラーとして名高い「バスケット・ケース」を監督したフランク・ヘネンロッターが、約16年振りにメガホンを撮って製作した作品。生まれつき7つものクリトリスを持つという特異体質と、異常な性欲を持った女性が、怪物のような巨大なペニスを持つ青年と運命的な出会いをしたことから始まる騒動を描く。(DVDタイトルは「バッド・バイオロジー 狂った♂♀ヤツラども」)

ネタバレを読む
映画:チームバチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光の紹介:チーム・バチスタの栄光は医師であり作家でもある海堂尊によって2006年に出版され、ベストセラーとなった同名小説を映画化した作品です。不定愁訴外来の田口と厚生労働省の白鳥が病院内の事件を解明する物語としてシリーズ化もされている作品ですが、映画版では原作とは異なり田口が女性として描かれているのも特徴です。医師でありながら血を見るのも苦手という田口が相手の話しを聞きながら事件の真相に迫っていきます。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ55

ほんとにあった!呪いのビデオ55の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2013年に劇場公開された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第55作。街中の公園の怪現象「銅像」、死人の顔が浮かぶという奇怪な映像「ロールシャッハ」など8本を紹介する。構成・演出は本シリーズの元演出補であり「心霊玉手匣」「鬼談百景」(「どこの子」「空きチャンネル」)で知られる岩澤宏樹。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:フランケンフッカー

フランケンフッカーの紹介:「バスケット・ケース」でカルトホラーの奇才として名を馳せたフランク・ヘネンロッター監督が、人造人間をテーマに描く、コメディタッチのスプラッタ・ホラー。事故により愛する恋人がバラバラ死体になってしまった主人公が、恋人を蘇らせようと千切れた肉片を繋ぎ合わせ、足りないパーツは街角に立つ娼婦を殺して補ったため、恋人は娼婦の記憶を持つ人造人間「フランケン・フッカー(娼婦)」となってしまい、そこから巻き起こる騒動を描く。

ネタバレを読む
映画:アントマン&ワスプ

アントマン&ワスプの紹介:2018年公開。2015年公開「アントマン」の続編であり、マーベル・シネマティック・ユニバースの第20作目となる作品。2016年公開「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でアベンジャーズの内戦に参加したアントマンのその後が描かれており、同じく2018年公開の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」との繋がりも描かれる。2019年公開予定「アベンジャーズ/エンドゲーム 」へ続く、重要な作品。

ネタバレを読む
映画:ブレインダメージ

ブレインダメージの紹介:1980年代初頭に、カルトホラーとして話題を集めた「バスケット・ケース」のフランク・ヘネンロッター監督が作り上げた、「バスケット・ケース」と同じく「異形のクリーチャー」が登場し、人々を翻弄していく作品。何百年もの間、人の脳みそを食らいながら生きてきた謎の生物・エルマーと、エルマーに出会ったことで人生を狂わせてしまった主人公の青年・ブライアンの苦悩を描く。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。