映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

2019年公開のアメリカ映画。主演・脚本・監督をケイシー・アフレックが務めたドラマ作品。第69回ベルリン国際映画祭でプレミア上映されている。 原因不明の感染症の流行により、地球上の女性の大半が死ぬという世界的な惨劇から約10年後。ディストピアと化した世界の中に、生き残った11歳の娘、ラグを必死に守りながら生きる父親がいた。女性の生存者を執拗に追う男たちの手から逃れるため、父はラグを息子だと偽りながら、果てのない放浪生活を続けるのだった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2009年製作のアメリカ映画。主演のヒース・レジャーが作品完成前に他界してしまい、彼の意思を引き継いでジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウら豪華キャストが代役を務めた話題作。 1000年もの年月を生きたと称されているDr.パルナサスは、パーシー、アントンそして娘のヴァレンティナの4人で旅をしながら「パルナサス博士のイマジナリウム」と呼ばれる見せ物を開催していました。そのサーカスでは、鏡の世界に入る客にその人の欲望を見せてあげるというものでした。しかし、その見せ物はパルナサス博士が悪魔と取引した見せ物でした。その取引の代償は娘が16歳になった時に彼女を悪魔に引き渡すというもので…。 ネタバレを読む
2017年、イギリス・アメリカの合作映画。監督はスティーヴン・フリアーズ。1887年、インド女帝でもあるイギリスのヴィクトリア女王の在位50周年式典で記念硬貨を献上する役目に選ばれたインド人のアブドゥル。彼とヴィクトリア女王の交流を描いた真実の物語。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1932年製作のアメリカ映画。アーネスト・ヘミングウェイの「武器よさらば」を映画化した作品で、第一世界大戦中のイタリアを舞台に愛し合う男女を描いていく。第6回アカデミー賞では、撮影賞と録音賞を受賞した。ゲイリー・クーパー、ヘレン・ヘイズが主演を務めた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2020年公開の韓国映画。『サニー 永遠の仲間たち』のカン・ヒョンチョル監督が朝鮮戦争下の韓国を舞台に、タップダンスに魅了された捕虜達と彼らを指導する黒人兵の姿を描くヒューマンドラマ。 元ブロードウェイダンサーのジャクソンは捕虜収容所のイメージアップのため、捕虜達によるダンスチームを作るよう指示される。寄せ集めのメンバー達は衝突しながらもダンスの魅力に目覚めていくが、ある事をきっかけにジャクソンが逮捕されてしまい、チームは存続の危機に立たされる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画「アイズ」は、2002年の香港とシンガポール合作の「THE EYE アイ」のリメイク作品です。ジェシカ・アルバ主演で贈るホラー映画で、盲目のヴァイオリニストのシドニーが角膜移植を受けたことから、彼女の周りで奇妙な現象が起こり始め、角膜ドナー者アンナの過去を探っていくと驚愕の真実が明らかになる・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2013年製作のアメリカ映画。 過去の悲しい事件への復讐に生きる悪霊ハンターのトントは、瀕死の状態に陥っていた男ジョンの命を救います。ある日、ジョンは愛する妻を殺されたことをきっかけに黒いマスクをつけた”ローン・レンジャー”を名乗り、トントと共に凶悪な敵に戦いを挑むのですが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2012年製作のアメリカ映画。グリム童話『白雪姫』を題材とした作品。 幼い頃、国王である父親を無くした白雪姫は、悪い継母であり女王にお城に閉じ込められて生活していました。白雪姫は、外の世界に憧れを抱くようになっており、ある日お城で開催される舞踏会にこっそりと参加します。そこで過去に森で出会ったある王子アルコットと再会を果たし、お互い惹かれあって行きます。しかし、邪悪な女王は王子の財産を狙って結婚しようと企んでおり…。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
SHAME -シェイム-の紹介:多数の映画賞に輝いた、2011年のイギリス映画。「それでも夜は明ける」などで知られるスティーヴ・マックイーンが監督・脚本を務めた。主演はマイケル・ファスベンダーとキャリー・マリガン。性依存症を抱えた兄と、情緒不安定な妹の心の葛藤を描く。日本公開は2012年。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2011年フランス、ドイツ、ベルギー合作。オープニングから数10分で、主人公が死ぬという結末が明かされます。そこから始まる主人公の追憶の旅。生きる喜びを失ったバイオリン弾きの奏でる音に、切なく胸が締めつけられます。原作はコミックで、映画の中にもアニメーションによる語りがありユニークです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間の紹介:2013年製作のアメリカ映画。ある日を境に身体が腐っていく女を描いたホラー。監督・脚本はホラーやスリラー作品を手がけることの多いエリック・イングランド。徐々に身体が腐りゾンビのようになっていく女を「君とボクの虹色の世界」のナジャラ・タウンゼントが、彼女と一緒に暮らす母親を「悪魔のいけにえ2」のキャロライン・ウィリアムズが演じる。ほか、「Madison County」(未)以来エリック・イングランド監督と2度目のタッグを組むマット・マーサー、新鋭のアリス・マクドナルドらが出演。海外で注目を集めながら未公開となっていた作品を集めた特集上映『未体験ゾーンの映画たち2014』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
デッド・ドント・ダイの紹介:2019年製作のアメリカ映画。『パターソン』などのジム・ジャームッシュが監督を務めたゾンビコメディー。町にあふれ返ったゾンビと戦う人々を描く。ジャームッシュ監督作『ブロークン・フラワーズ』などに出演してきたビル・マーレイをはじめ、『スター・ウォーズ』シリーズなどのアダム・ドライヴァー、『少年は残酷な弓を射る』などのティルダ・スウィントン、『ボーイズ・ドント・クライ』などのクロエ・セヴィニーらが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2015年公開のイギリス映画。トニー・コレットとドリュー・バリモア主演のヒューマンドラマで、モーウェナ・バンクス作のラジオ劇「Goodbye」を原作としている。ミリーとジェスは、幼少期から青春の全てを分かち合ってきた親友同士。成長し、それぞれに家庭を持った二人は家族ぐるみの付き合いを続けていたが、やがてミリーの乳がんが明らかになる。一方、長年の不妊治療の末、ジェスは子供を授かるが、ミリーの状況を考えてそれを言い出せないでいる。やがて二人の友情に徐々に変化が訪れるのだった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×