映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

2020年9月公開の日本映画。監督は「GO」や「ナラタージュ」などの行定勲。主演は関ジャニ∞の大倉忠義、「スマホを落としただけなのに」や「ホムンクルス」などの成田凌。原作は水城せとなの「窮鼠はチーズの夢を見る」。 学生時代から、「流され侍」とあだ名され、来るもの拒まずだった恭一は結婚してからもその癖は治らずに妻がありながらも求められれば不倫をしていた。そんなある日、大学時代の後輩の今ヶ瀬が目の前に現れる。懐かしく思う恭一に対し、今ヶ瀬は恭一の妻の知佳子から身辺調査を依頼されていることを告げ、証拠写真を見せてくる。金か?と尋ねた恭一に対し、今ヶ瀬は口止め料としてキスをねだる。調査結果は今ヶ瀬が誤魔化してくれたにも関わらず、恭一は知佳子から付き合っている人がいると別れを告げられる。離婚した恭一の元に入り浸っている今ヶ瀬。恭一も関係性に居心地の良さを感じているのか穏やかな生活を続けていたが、ある日、大学時代の元カノの夏生と再会する。今ヶ瀬の気持ちも知っている夏生は最初から敵意剥き出しで、ついには恭一にどちらを取るのかと迫ってくる。ゲイではないからと夏生を選ぶ恭一だが、結局夏生相手には何もできずに失望されてしまう。自宅に戻った恭一に今ヶ瀬は俺と寝てくださいと頼み、断られたら二度と触りませんと言い、反応がない恭一を置いて出て行こうとする。恭一は立ち去ろうとする今ヶ瀬の手を掴んで引き止めるが・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ポプラン
ポプランの紹介:2022年1月14日公開の日本映画。「カメラを止めるな!」の上田慎一郎が10年間温めてきた企画を映画化。東京で空飛ぶ未確認生物の報道があった朝、漫画配信の経営者・田上が目覚めると、イチモツが消えていた。やがて田上は、イチモツを失った人々の集会“ポプランの会”と出会うが……。出演は「メランコリック」の皆川暢二、「ヤクザと家族 The Family」のアベラヒデノブ、「眉村ちあきのすべて」の徳永えり。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド
アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイドの紹介:2022年1月14日公開のドイツ映画。恋愛に縁のなかった女性が、アンドロイドと“完璧な恋”に落ちるラブロマンス映画。ドラマ「ダウントン・アビー」や『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』のダン・スティーヴンス、『まともな男』のマレン・エッゲルトが出演。監督を、エミー賞を受賞したドラマ「アンオーソドックス」のマリア・シュラーダーが務める。また、主演のエッゲルトがベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年公開の韓国映画。監督は「王宮の夜鬼」などのキム・ソンフン。主演は「王宮の夜鬼」ドラマ「愛の不時着」などのヒョンビン。 北朝鮮で、捜査にあたっていた刑事のチョルリョンは、偽札工場での捜査の最中に上司のギソンの裏切りに合い、妻を殺されてしまう。偽札の銅板を持って国外に逃げたギソンは中国を経由して韓国へと逃げてしまう。チョルリョンは南北会談の間にギソンを殺害し、銅板を回収する密命を受けて韓国にやってくる。一方韓国では、偽札の銅板のことを知らされずに殺人事件の捜査だと聞かされている。韓国情報員は北朝鮮の刑事の単独行動を許すわけにもいかず、共助捜査と称しジンテを監視役としてつけて、北朝鮮の思惑を探るように命令をする。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:無聲 The Silent Forest
無聲 The Silent Forestの紹介:2022年1月14日公開の台湾映画。台湾のろうあ学校で実際に起きた性的暴行事件をモチーフにした社会派ドラマ。同級生の少女が性暴力を受けている現場に遭遇した少年が、教師と共に彼女を救おうと奔走する。監督は短編やドラマなどに携わってきたコー・チェンニエン。リウ・ツーチュアン、バフィ・チェン、キム・ヒョンビン、リウ・グァンティンらが出演。台湾の金馬奨で最優秀新人監督賞など8部門にノミネートされ、最優秀音響賞とバフィ・チェンが最優秀新人俳優賞を受賞した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:シークレット・マツシタ/怨霊屋敷
シークレット・マツシタ/怨霊屋敷の紹介:2022年1月21日公開のアメリカ映画。ペルー共和国にまことしやかに伝わる怨霊伝説を映画化。日本人一家がかつて住み、数々の超常現象が目撃されている実在の“マツシタ邸”を舞台に描く<日系ペルー・ホラー>。屋敷に潜入して消息を絶った撮影チームの失踪の謎が、残されたビデオデータから明らかになる。2014年、ペルー全土150館で公開され、興行成績初登場第1位を記録。監督はペルーの大ヒットホラー映画「へネラル・セメンタリー」などのドリアン・フェルナンデス=モリス。ブルーノ・エスペホ、ルピタ・モーラ、エドゥアルド・ラモスのほか、ウィリー・グティエレス、ミゲル・ルデオンらが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:こんにちは、私のお母さん
こんにちは、私のお母さんの紹介:2022年1月7日公開の中国映画。タイムスリップをきっかけに母の幸せのため孤軍奮闘する娘を描くコメディ。コメディエンヌのジア・リンが監督・脚本・主演などを務め、亡き母との実話を基に描くコメディー。母と交通事故に巻き込まれたことをきっかけに、20年前にタイムスリップした娘が、若き日の母を幸せにしようと奮闘する。スン・ジービン、ワン・ユー、ブー・ユーが脚本、シー・シャオイエが製作を手掛ける。『ペガサス/飛馳人生』などのシェン・トンをはじめ、チャン・シャオフェイ、チェン・フー、リウ・ジアらが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
海兵隊員のジョンは除隊処分を言い渡された。 落ち込むジョンを見かねた愛妻ケイトからの提案で、暫く旅に出ようということになり二人は車で出かけるが、給油のために立ち寄ったガソリンスタンドでケイトが銀行強盗団に人質に取られてしまう。 怒りに燃えたジョンは強盗団を追うが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:クライ・マッチョ
クライ・マッチョの紹介:2022年1月14日公開のアメリカ映画。『許されざる者』、『ミリオンダラー・ベイビー』で監督として2度アカデミー賞に輝いたクリント・イーストウッドが監督、主演、製作を務めるヒューマンドラマ。イーストウッド自身の監督デビューから50周年となるアニバーサリー作品であり、落ちぶれた元カウボーイと少年の旅を描く。イーストウッド演じるマイクと旅をするラフォ役に抜擢されたのは、新人のエドゥアルド・ミネット。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
犬金組の構成員である山本健太郎・立花リョウ・杉原和彦は敵対勢力の小黒田組がのさばり始めていることに我慢が出来ず、組に相談もなく殴り込みをかけた。この失態が組長の逆鱗に触れ、3人は「なんでもしますから命だけは…」と命乞いをする。そこで組長はかねてよりアイドルがいい金になると聞いていたため、3人に性転換手術と全身整形手術を受けさせ女性アイドルグループ“ゴクドルズ”としてデビューさせるのだが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:MONSOON/モンスーン
MONSOON/モンスーンの紹介:2022年1月14日公開のイギリス&香港合作映画。「G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ」のヘンリー・ゴールディング主演のロードムービー。両親の遺灰を埋葬するため、英国から30年ぶりに祖国ベトナムに戻ったキット。従兄弟のリーと共に埋葬場所を探す中、彼は自らのアイデンティティを見つめなおす。共演は「モンスターズ/新種襲来」のパーカー・ソーヤーズ。監督は「追憶と、踊りながら」のホン・カウ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2008年、ソウル地方裁判所ではじめての国民参与裁判が開かれることになり、性別も年齢も職業もバラバラなお互いを知らない8人が陪審員に選ばれた。 母親殺しですでに自白している容疑者の裁判だったので量刑を審議するだけの陪審員たちのはずだったが、被告人が突然容疑を否認したことから事件の証拠の脆弱さが浮き彫りになって行く。 そんな中、陪審員たちは被告人の有罪か無罪かの判断を迫られることになる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ロブ・ゴードンはシカゴでマニアックな中古レコードショップを経営しているパッとしない30代の男。 ある晩同棲していたローラから愛想をつかされ出ていかれると、ローラへの想いがなおさら高まり、自分の恋愛は何故上手く行かないのか、過去にさかのぼって5大失恋を考え始めた。そしてなぜ彼女たちは自分をふったのか理由を知るため接触を試みる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:決戦は日曜日
決戦は日曜日の紹介:2022年1月7日公開の日本映画。窪田正孝×宮沢りえ共演によるポリティカルコメディ。ある地方都市で強い地盤を持ち、当選を続ける衆議院議員・川島昌平が病に倒れた。次の選挙に白羽の矢が立ったのは川島の娘・有美。川島の私設秘書・谷村は、自由奔放で世間知らずな有美に振り回されるはめに。監督・脚本は「ピンカートンに会いにいく」の坂下雄一郎。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×