映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

映画:キャンディマン(2021年)
キャンディマンの紹介:2021年10月15日公開のアメリカ映画。シカゴに実在した公営住宅、カブリーニ=グリーンにまつわる都市伝説を描くホラー映画。『キャプテン・マーベル』の続編の監督に抜擢されたニア・ダコスタがメガホンをとり、1992年の映画『キャンディマン』をリメイクする。主人公を演じるのは『アクアマン』に出演したヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世。 また、「ワンダヴィジョン」のテヨナ・パリス、1992年版にも出演したヴァネッサ・ウィリアムズらが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
夫・チョルスを尻に敷いている気の強い妻・ヨンヒはチョルスが韓国No1の諜報員だとは知らない。 ある日、北朝鮮の外務次官を乗せた飛行機がテロリストに撃墜され、その舞台裏を知る外務次官の娘で核物理学者ソリが各国のスパイから狙われる。 そしてチョルスにソリを韓国に亡命させる指令が下った。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:コレクティブ 国家の嘘
コレクティブ 国家の嘘の紹介:2021年10月2日公開のルーマニア&ルクセンブルク&ドイツ合作映画。2015年、東欧ルーマニア・ブカレストのクラブ“コレクティブ”で実際に起こった火災事件を発端に、製薬会社や病院、長期政権に連なる癒着と腐敗の真実が暴露されていくドキュメンタリー。火傷で入院した人たちが次々に細菌感染で亡くなっていったその原因とは……。ルーマニアの国外で治療された患者は助かり、国内の病院で軽傷だった患者が亡くなる事実に不審を募らせたスポーツ新聞の記者がいた。その地道な調査報道に密着取材を願い出たのは、「トトとふたりの姉」のアレクサンダー・ナナウ監督。映画の後半では熱い使命を胸に就任した30代の新大臣を追い、異なる立場から大事件に立ち向かう人たちを捉えている。まるでリアルな「スポットライト 世紀のスクープ」だとも評される本作は、命の危険を顧みず真実に迫ろうとする人たちの奮闘に思わず手に汗握るだけでなく、日本をはじめ世界中のあらゆる国が今まさに直面する医療と政治、ジャーナリズムの問題に真っ向から迫っている。「メディアが権力に屈したら、権力は国民を虐げる。それがこの国と世界で繰り返されてきたことだ」と語るスポーツ新聞編集長の気概に満ちた言葉が見る者の心に突き刺さる。ドキュメンタリーでありながらアカデミー賞のルーマニア代表として選出され、国際長編映画賞、長編ドキュメンタリー賞の2部門でノミネートを果たしたほか、世界各国の映画祭で28の賞を獲得した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年公開の日本映画。原作は武田綾乃の「響け!ユーフォニアム」シリーズ。今作はテレビアニメシリーズの第二期を、ユーフォニアムパートの黄前久美子、田中あすかを主軸に再構成している。監督は小川太一。主役の黄前久美子役に黒沢ともよ、田中あすか役に寿美菜子。 ユーフォニアムパートの黄前久美子は、同じパートの先輩である田中あすかのことをどこか苦手に感じていた。吹奏楽部としては滝を顧問に迎え、初めて全国大会出場等という快挙を成し遂げる。だが、ある日母親から部活のことを反対されているあすかのことを職員室で目撃する。その日を境にあまり練習にも現れなくなるあすか。全国大会はどうなるのか、あすかのことを苦手なはずの久美子だが気になって仕方がなく、もやもやした気持ちのまま全国大会は刻一刻と近づいてくる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:歩きはじめる言葉たち 漂流ポスト3.11をたずねて
歩きはじめる言葉たち 漂流ポスト3.11をたずねての紹介:2021年10月16日公開の日本映画。大切な人を亡くした人々の心の拠り所となっている岩手県陸前高田市の漂流ポスト3・11をめぐるドキュメンタリー。故・佐々部清監督の盟友・升毅が監督のゆかりの地を訪ね、監督が生前映画制作を果たせなかった東日本大震災の被災地で漂流ポスト3・11と出会う。監督は、佐々部清監督の「群青色の、とおり道」「八重子のハミング」に製作として参加した野村展代。漂流ポストの活動に感銘を受け映画化に向け動き出していたものの、諸事情により監督する予定であった佐々部清氏と話し合い一度企画をストップ。佐々部監督のサポートのもと野村監督のメガホンでドキュメンタリー映画として再出発した矢先に、佐々部監督が急逝した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1971年9月、新兵たちの訓練場所であるルイジアナ州ポーク基地に送り込まれたテキサス出身のローランド・ボズ二等兵は初日から隊律を見出し、サンダース大尉(最終歩兵訓練隊の第3部隊A中隊の隊長)の歓迎スピーチの間腕立て伏せをやらされた。 このあとボズはことごとく上官の命令に抗いながら苦しんでいる仲間たちを軍紀の抜け穴を利用して除隊へ導いてやる。 一方ウィルソン二等兵はそんなボズに反感を抱き・・・。 2000年制作 アメリカ合衆国映画 監督:ジョエル・シューマーカー ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:最後の決闘裁判
最後の決闘裁判の紹介:2021年10月15日公開のイギリス&アメリカ合作映画。1386年、百年戦争さなかに実際に執り行われたフランス史上最後の“決闘裁判”を描く実話ミステリー。監督をリドリー・スコットが務め、『オデッセイ』のマット・デイモン、「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバー、『フリー・ガイ』のジョディ・カマー、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のベン・アフレックが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
犬神家の一族(1976)の紹介:1976年公開の日本映画。横溝正史が手がけた同名の長編推理小説の実写映画化作品。市川崑監督・石坂浩二主演の金田一耕助シリーズの第1作品であり、2006年にはこのコンビによるリメイク版が公開された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年3月公開のアメリカ映画。監督はジョー・シル。主演のノリ役に「スーサイド・スクワット」などの福島カレン、兄のジン役に「キングコング髑髏島の巨神」などのMIYAVI。 ある日、炭化した奇妙な遺体が見つかり、復帰直後のマーフィー刑事が捜査にあたる。捜査にあたる中でその遺体は燃えた形跡はなく死後1000年が立って石化しているというさらに奇妙なことがわかる。遺体は日本人で、その娘のノリ オオシロと関わるうちに彼女たちには不思議な力があることがわかり、事件は思わぬ展開を見せる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2015年7月公開のアニメ映画。原作は週刊少年ジャンプで掲載されていた古舘春一の「ハイキュー!!」。アニメ版の総集編の前編。監督は満仲勧。主役の日向 翔陽役に村瀬歩。 子供の頃に烏野高校の試合をテレビで見た日向は、その時に小さな選手が中心となり活躍していたのを見て憧れる。小さな巨人と呼ばれていた彼を目指し、烏野高校へと入学した日向。そこで、中学時代に戦った天才セッター影山と出会う。チームメイトとして切磋琢磨する中、二人だけの速攻の武器を手に入れ、烏野の因縁の相手である音駒高校との練習試合に挑む。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ジュンソクは2010年、親友ドンスを殺害した罪で17年の服役を終え出所した。 しかし、かつてジュンソクがいた組織は、ジュンソクの弟分だった今は副会長となったウンギが仕切っており、ジュンソクは父であるチョルジュが作り上げた組織を取り戻すため、かつての仲間達を呼び集め、刑務所で出会った若者・ソンフンも一緒にウンギ一味との抗争に入って行く。 父親の顔も知らず育ったソンフンは、周りの大人を誰一人信用しようとせず荒くれた人生を送って来ていたが、まるで父親のように関わってくれるジュンソクをリスペクトして行くが、ジュンソクが自分の父親・ドンスを殺したと知ると・・・ ヤクザ社会を生きる男たちの切なくてハードな生きざまが描かれるこの作品は、監督:クァク・キョンテクによる2014年公開の韓国映画。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年11月公開のアニメ映画。ガンダムシリーズの作品。監督は吉沢俊一。主演のヨナ・バスタ役に榎木淳弥他。 U.C0079。消息不明となっていたサイコフレーム搭載のガンダム フェネクスが姿を表す。力を手に入れるべく奇跡の子供達と呼ばれていたミシェルは、新型ガンダムのナラティブと、一緒に施設で過ごしたヨナをパイロットにして挑んでいく。地球連邦とジオン軍も巻き込み、フェネクスを追跡していくミシェルの真の目的とは。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:キャッシュトラック
キャッシュトラックの紹介:2021年10月8日公開のアメリカ&イギリス合作映画。フランス映画『ブルー・レクイエム』を下敷きに、金強奪計画に絡み合う謎の男を描くクライムアクション。『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』でともに長編映画デビューを飾り、『スナッチ』『リボルバー』などの作品を作ってきたジェイソン・ステイサムとガイ・リッチー監督が16年ぶりにタッグを組む。ホルト・マッキャラニー、ジェフリー・ドノヴァン、スコット・イーストウッド、ジョシュ・ハートネットら豪華キャストが脇を固める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:劇場版 ルパンの娘
劇場版 ルパンの娘の紹介:2021年10月15日公開の日本映画。本格的なアクションや大胆なパロディなど独特の世界観で話題を集めたテレビドラマ「ルパンの娘」の劇場版。横関大の同名小説シリーズを原作とし、代々続く泥棒一家“Lの一族”の娘である三雲華と、警察一家の息子である桜庭和馬の禁断の恋を描く。ドラマ版から引き続き、深田恭子が三雲を、瀬戸康史が桜庭を演じる。“Lの一族”のひとりで天才的な泥棒センスを持つ三雲玲役で観月ありさがシリーズに初参加する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×