映画ネタバレあらすじを7,691件掲載中です

映画:スターシップトゥルーパーズ2

スターシップ・トゥルーパーズ2の紹介:ポール・バーホーベン監督による第一作から9年後に製作された続編で、監督は前作でCGアニメを担当したストップ・モーションアニメの名手、フィル・ティペットが務めています。前作の主要登場人物は出演しませんが、連邦政府による戦気高揚CMを挿入した構成などは、前作をそのまま受け継いでいます。

ネタバレを読む
映画:スターシップトゥルーパーズ3

スターシップ・トゥルーパーズ3の紹介:フィル・ティペット監督によるパート2から4年後に製作された3作目で、前2作でも脚本を担当したエド・ニューマイヤーが、本作の監督を務めています。1作目の主人公ジョニー・リコが再登場し、前2作では映像化されなかった「パワードスーツ」がシリーズ初お目見えすることで話題になりました。

ネタバレを読む
映画:セレニティー

セレニティーの紹介:視聴率低迷のため打ち切りになってしまった、「西部劇テイストのスペースSF」と言われるTVシリーズ「ファイヤーフライ 宇宙大戦争」の映画版で、熱狂的なファンの後押しを得て、TVシリーズを監修したジョス・ウェドンがそのまま本作の監督を務めました。本作の後に「ターミネーター:サラ・コナーズ クロニコル」のアンドロイド役でブレイクしたサマー・グローが、謎めいた少女を熱演しています。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ75

ほんとにあった!呪いのビデオ75の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2018年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第75作。自死した母親の本意に愕然とさせられる「母の願い」、季節外れの湖に出現して生者を誘う「下見」、山あいの無人駅に出現する異形「無人駅」など6本を紹介する。演出/構成は「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平、「境界カメラ」シリーズ「ミテハイケナイ都市伝説」の寺内康太郎。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:アバンダンド 太平洋ディザスター119日

アバンダンド 太平洋ディザスター119日の紹介:2015年にニュージーランドで制作された映画で、実際に起きた遭難事件を元にしたストーリーになっています。転覆して漂流することになった4人の男たちのサバイバル生活を描いており、基本的に船の上だけで物語は展開されていきます。さらにドミニク・パーセル氏が主演とあらすじに書かれている場合が多いですが、実際のところ、ジョン役を務めるピーター・フィーニー氏の方が主人公です。

ネタバレを読む
映画:ワイルドワイルドウエスト

ワイルド・ワイルド・ウエストの紹介:バリー・ソネンフェルド監督、ウィル・スミス、ケビン・クライン主演のSF西部劇。アメリカ支配をもくろむ凶悪な科学者を追う黒人ガンマンと白人連邦保安官の冒険を描いていく。第13回キッズ・チョイス・アワードでは、ウィル・スミスがフェイバリット映画男優賞に輝いた。1999年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:ゴーストランドの惨劇

ゴーストランドの惨劇の紹介:鮮烈な残酷描写が衝撃的だった「マーターズ」のパスカル・ロジェ監督の、「トールマン」以来6年ぶりの新作となる作品です。引っ越してきたばかりの家に突然現れた、恐るべき襲撃者により人生を狂わされた若い姉妹を、ヒネりを加えた構成で描いています。物語の構成上、あらすじの「結」ではなく、「転」の部分に重要な「ネタバレ」がありますので、ご注意下さい。

ネタバレを読む
映画:デンジャラスブロンド

デンジャラス・ブロンドの紹介:メキシコに旅行へ出かけた女子大生2人が、人身売買の組織に捕らえられ、格闘技に長けたヒロインが決死の脱出を試みるというサスペンス・アクションです。いかにも低予算な作りの作品ですが、終盤には「意外な展開」も加味しています。

ネタバレを読む
映画:ターミネーター(ニューフェイト)

ターミネーター:ニュー・フェイトの紹介:2019年11月8日公開のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロン製作による「ターミネーター2」の正統とされる続編。21歳のダニーと弟がターミネーター“REV-9”の襲撃を受ける。2人を守ったのは、未来から送り込まれた強化型兵士グレースだった。そしてサラ・コナーが現れ、REV-9と死闘を展開する。監督は、「デッドプール」のティム・ミラー。出演は、前2作でもサラを演じたリンダ・ハミルトン、ターミネーターを演じたアーノルド・シュワルツェネッガーの他、「タリーと私の秘密の時間」のマッケンジー・デイヴィス、TVドラマ『エージェント・オブ・シールド』のガブリエル・ルナ。通作6作目。

ネタバレを読む
映画:SHOOT X ~霊撮ゲーム~

SHOOT X ~霊撮ゲーム~の紹介:2018年に公開された日本のホラー映画です。藤江れいな、桃咲まゆ、古野あきほの3人の女性芸能人が実名で登場するモキュメンタリーホラーとなります。そのため全編通してハンディカメラの映像で物語は進んでいきます。さらに主演女優の3人以外はほとんど名前が出てこず、詳細な説明もあまりないため、どういう役柄かも作中ではほぼ明らかにされていません。ですので役名もなく、数人の名前はよく分からないという状態になっています。

ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌10

釣りバカ日誌10の紹介:1998年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第11作(レギュラーシリーズ第10作)。監督は「釣りバカ日誌9」の栗山富夫。脚本は「虹をつかむ男 南国奮斗篇」の山田洋次と朝間義隆の共同。撮影を「釣りバカ日誌9」の花田三史が担当している。主演は「虹をつかむ男 南国奮斗篇」の西田敏行と「釣りバカ日誌9」の三國連太郎。ゲストとして「安藤組外伝 群狼の系譜」の金子賢、「プロゴルファー織部金次郎5 ─愛しのロストボール─」の宝生舞が出演している。

ネタバレを読む
映画:グーフィーの水泳教室

グーフィーの水泳教室の紹介:1942年に公開された、ウォルト・ディズニー・プロダクションが制作の作品。ディズニーおなじみのキャラクターであるグーフィーを主人公にしたシリーズの8作品目である。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めたジャック・キニー。タイトルに「教室」がつく「グーフィーの教室シリーズ」の一作品である。

ネタバレを読む
映画:グーフィーのフィッシング

グーフィーのフィッシングの紹介:1942年に公開された、ウォルト・ディズニー・プロダクションが制作の作品。ディズニーおなじみのキャラクターであるグーフィーを主人公にしたシリーズの9作品目である。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めたジャック・キニー。タイトルから「教室」が外れているが、過去の「グーフィーの教室シリーズ」と作風は同じである。

ネタバレを読む
映画:ゾンビランド:ダブルタップ

ゾンビランド:ダブルタップの紹介:ゾンビコメディとして大ヒットした前作から10年後に製作された待望の続編で、この10年でそれぞれ名を上げた監督や主なスタッフ、主要登場人物が前作から引き続き登板しています。新たな登場人物も加わり、更に過酷でバラエティに富んだ「ゾンビとの対決」が見どころになっています。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。