映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

恋い焦れ歌えの紹介:2022年製作の日本映画。Netflix映画部門1位を獲得した「性の劇薬」のフューチャーコミックスと、「百円の恋」「アンダードッグ」のスタジオブルーがタッグを組んで贈る新メディアミックスプロジェクト。過去の出来事でトラウマを抱える男・仁の目の前に黒い悪魔のような男・KAIが現れ、仁の本性をえぐり出す。「パーク アンド ラブホテル」で第58回ベルリン国際映画祭フォーラム部門の最優秀新人作品賞を受賞した熊坂出が監督のみならず、原作・脚本の三役を務めた。本作で長編映画初主演を果たす稲葉友が主人公の桐谷仁を、大注目の若手俳優・遠藤健慎が謎多きKAIを、そして仁の妻役を4人組バンド・ゲスの極み乙女。のドラマーであり、Netflix映画「彼女」で映画に進出したさとうほなみが演じた。二人の男が心を通わせるラップシーンはハハノシキュウが監修を担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
怪怪怪怪物!の紹介:2017年製作の台湾映画。「あの頃、君を追いかけた」のギデンズ・コー監督による学園ホラー。いじめられてばかりの高校生シューウェイは、ある日、いじめっ子3人とともに奉仕活動を命じられる。独居老人の手伝いをするはずだった彼らは、夜中に老人の家で2匹のモンスターに遭遇する。主演は「共犯」のトン・ユィカイ。撮影監督を「あの頃、君を追いかけた」のチョウ・イーシエン、音楽を「私の少女時代 Our Times」のクリス・ホウが手がける。2017年10月、第30回東京国際映画祭にて上映。2018年10月、特集企画『シッチェス映画祭 ファンタスティックセレクション2018』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:母性
母性の紹介:2022年11月23日公開の日本映画。1つの事件をきっかけに「母と娘」の恐ろしい関係性を浮き彫りにした、湊かなえの同名小説を実写映画化。ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で共演した戸田恵梨香と永野芽郁が、母性を持てず娘を愛することのできない母親と、母性を求めて母に愛されたいと願う娘をそれぞれ演じた。『ここは退屈迎えに来て』の廣木隆一が監督を務め、『窮鼠はチーズの夢を見る』の堀泉杏が脚本を手掛けた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
プラネット・オブ・ピッグ 豚の惑星の紹介:2019年製作のカザフスタン&ブルガリア合作映画。豚と人間が融合した生物兵器に人間たちが戦いを挑むアクション。人間を食らう生物兵器「マズル」の巣窟となっているニューヨーク・マンハッタンで、マズルのリーダーを倒すべく賞金稼ぎの主人公たちが奮闘する。本作の基となった短編映画を制作したティムール・トゥリスベコフが主演を務め、『マチェーテ』シリーズなどのダニー・トレホなどが共演。監督を『クライモリ デッド・ホテル』などのヴァレリー・ミレフが務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
借王THE MOVIE 2000の紹介:2000年製作の日本映画。あこぎな信用金庫理事長を相手に、伝説の相場師と借王たちがタッグを組んで繰り広げる詐欺計画を描いた痛快金融ドラマのシリーズ第7弾。ビデオレンタルでも高回転を誇る人気シリーズの最新作。訳あって莫大な借金を抱えた男女3人組が、今回は悪らつな“システム金融”を相手にマネーゲームを展開する! ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
借王 ナニワ相場師伝説の紹介:1999年製作の日本映画。あこぎな信用金庫理事長を相手に、伝説の相場師と借王たちがタッグを組んで繰り広げる詐欺計画を描いた痛快金融ドラマのシリーズ第6弾。監督は「ドンを撃った男」の和泉聖治。土山しげると平井りゅうじによる原作コミックを基に、「平成金融道 裁き人」の岩澤勝己が脚本を執筆。撮影を「ドンを撃った男」の鈴木耕一が担当している。主演は、シリーズのレギュラーである「日本黒社会 LEY LINES」の哀川翔、「ドンを撃った男」の志賀勝、「平成金融道 裁き人」の夏樹陽子。ゲストスタアに「たどんとちくわ」の根津甚八。スーパー16ミリからのブローアップ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ワーニング その映画を観るなの紹介:2020年製作の韓国映画。“史上最恐のホラー映画”の謎に迫る男の運命を追った韓国発のオカルトミステリー。ホラー映画の脚本を2週間で仕上げるようにプロデューサーから厳命された映画監督のミジョンは、心臓発作で死人まで出たという呪われたホラー映画の噂を聞きつけ興味を抱く。出演は「王の運命 歴史を変えた八日間」のソ・イェジ、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。特集企画『夏のホラー秘宝まつり 2020』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
変態小説家の紹介:2012年製作のイギリス映画。『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』『宇宙人ポール』 お笑い映画の帝王、サイモン・ペッグ主演作!『宇宙人ポール』『ホットファズ』『ショーン・オブ・ザ・デッド』や、『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『スター・トレック』シリーズなどの超大作でもおなじみのサイモン・ペッグが、得意のコメディ映画に帰ってきた。本作のサイモン・ペッグは、妄想小説家から一線を越えた”変態小説家”役に挑む。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ある男(2022年)
ある男(2022年)の紹介:2022年11月18日公開の日本映画。平野啓一郎の同名小説を原作とした、亡くなった1人の男の正体を追うヒューマンミステリー。『蜜蜂と遠雷』の石川慶がメガホンをとり、男の正体を追う弁護士の城戸を『悪人』の妻夫木聡が演じた。城戸に依頼を持ち込む男の妻を『愛のむきだし』の安藤サクラ、正体を偽り別人として生きた男を劇場版『東京喰種 トーキョーグール』の窪田正孝がそれぞれ演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
マーズ/SETTLERS(2021年)の紹介:2021年製作のイギリス&南アフリカ合作映画。火星の居住地《コロニー》に住む、ある家族の運命を映し出すSFサバイバル・アクション。遠くない未来。人類は火星の開拓を開始、地球を捨てた移住者たちは各自の居住地《コロニー》で生活していた。ある日、辺境のコロニーに暮らす家族3人が何者かに襲われ……。出演は「CLIMAX クライマックス」のソフィア・ブテラ、「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のイスマエル・クルス・コルドバ。ワイアット・ロックフェラー監督による長編デビュー作。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて開催される『未体験ゾーンの映画たち2022』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:土を喰らう十二ヵ月
土を喰らう十二ヵ月の紹介:2022年11月11日公開の日本映画。作家である水上勉が自身の経験を基に描いた料理エッセイ「土を喰う日々 わが精進十二カ月」を原案とするヒューマンドラマ。『パイナップル・ツアーズ』の中江裕司が監督を務め、『キネマの神様』の沢田研二が主人公のツトムを、『ラストレター』の松たか子が恋人の真知子を演じた。また、『新聞記者』の西田尚美や『とんび』の尾美としのり、『太陽とボレロ』の檀ふみらが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
借王THE MOVIE 沖縄大作戦の紹介:1998年製作の日本映画。莫大な借金を背負った3人の借王たちが、悪徳企業と謎の女詐欺師を敵に回して活躍するコメディ・シリーズの第5作。監督は「新宿やくざ狂犬伝 一匹灯」の和泉聖治。土山しげると平井りゅうじによる原作を基に、「新・極道渡世の素敵な面々 女になった覚えはねぇ」の松本功と岩澤克己のコンビが脚本を執筆。撮影を「新宿やくざ狂犬伝 一匹灯」の鈴木耕一が担当している。主演は、「ニンゲン合格」の哀川翔と「残侠」の志賀勝、「借王4」の夏樹陽子。また、ゲストとして「大いなる完」の南野陽子らが出演している。スーパー16ミリからのブローアップ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×