映画ネタバレあらすじを7000件超掲載中です

アタック・オブ・ザ・ジャイアントティーチャーの紹介:2019年製作の日本映画。 特撮ドラマ「ウルトラマンギンガ」シリーズや『ゲームマスター』などの石井良和が監督を務めた特撮ムービー。真面目な高校教師が巨大化し、突如現れた宇宙人と戦う。キャストは『カムイ外伝』などの小嶋マコト、『ゲームマスター』に出演した豊田崇史や藤田健彦をはじめ、『悪い女はよく稼ぐ』などの長谷直美らが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ポスト・モーテム 遺体写真家トーマスの紹介:2022年製作のハンガリー映画。第1次世界大戦後のハンガリーを舞台に、遺体写真家と悪霊の戦いを描くホラー。戦争と伝染病で亡くなった人々が悪霊となった村で、遺体写真家が写真の力によって真実を明らかにしようとする。監督と脚本を手掛けるのは、ベルゲンディ・ピーテル。『バンディット』などのクレム・ヴィクトルをはじめ、ハイス・フルジナ、 ガブリエラ・ハモリ、ユーディト・シェルらが出演する。第94回アカデミー賞国際長編映画賞ハンガリー代表に選出されている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:イチケイのカラス
イチケイのカラスの紹介:2023年1月13日公開の日本映画。型破りな裁判官とエリート裁判官のバディが奮闘する姿を描いたドラマ「イチケイのカラス」の劇場版。浅見理都による同名漫画を原作に、「絶対零度」シリーズの浜田秀哉がテレビシリーズに引き続いて脚本を担当する。メガホンをとるのはテレビシリーズで演出を担当した「コンフィデンスマンJP」シリーズの田中亮。竹野内豊、黒木華が続投するほか、『シン・ウルトラマン』の斎藤工と「信長協奏曲」シリーズの向井理が新たに出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
バージンブルースの紹介:1974年製作の日本映画。藤田敏八監督作品。東京の女子寮で暮らす浪人生が万引き行為をはたらき、逃げる最中に知り合った中年男性と故郷の岡山県に向かい、2人で過ごす数日間を描いたドラマ映画。主演は、秋吉久美子と長門裕之。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!の紹介:2018年製作のフィンランド&ノルウェー合作映画。メタル大国フィンランド発の音楽コメディ。ライブで失態を晒したヘビメタバンド、インペイルド・レクタム。不甲斐なさを噛みしめたトゥロはバンドを再結成させ、盗んだバンに事故死したメンバーの棺を乗せドラマーを誘拐し、夢のフェスを目指して駆けていく。監督は本作が初長編作のユーソ・ラーティオとユッカ・ヴィドゥグレン。「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」のヨハンネス・ホロパイネンがインペイルド・レクタム(直腸陥没)でヴォーカルを務めるトゥロを演じる。SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2018にてワールドプレミア上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
華の乱の紹介:1988年製作の日本映画。大正時代、愛に芸術に社会運動に情熱を燃やした人々の姿を描く。永畑道子原作の小説『華の乱』『夢のかけ橋』の映画化で、脚本は「必殺4 恨みはらします」の深作欣二、「紫式部 源氏物語」の筒井ともみ、「ウェルター」の神波史男が共同で執筆。監督は深作、撮影は「花園の迷宮」の木村大作がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:そして僕は途方に暮れる
そして僕は途方に暮れるの紹介:2023年1月13日公開の日本映画。「娼年」の三浦大輔作・演出、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔主演の同名舞台を三浦・藤ヶ谷の再タッグで映画化。裕一は同棲中の恋人と言い合いになり、家を飛び出す。その夜から親友、姉などの家を渡り歩くが、ばつが悪くなるとその場を逃げ出してしまう。出演は、「もっと超越した所へ。」の前田敦子、「ウェディング・ハイ」の中尾明慶、「ビリーバーズ」の毎熊克哉。第35回東京国際映画祭ガラ・セレクション部門正式出品作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
歎異抄をひらくの紹介:2019年製作の日本アニメーション映画。古典『歎異抄』の著者と言われる唯円が、親鸞聖人と出会い、成長していく姿を描いたアニメーション。鎌倉時代。貧しい農家に生まれながらも賢く利発に育った平次郎は、親鸞聖人から“唯円”の名を授かり、仏教を学ぶが、やがて友人の苦境を知って苦悩する。声の出演はドラマ『やすらぎの刻~道』の石坂浩二、「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」の増田俊樹、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の細谷佳正。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
モンスター上司2の紹介:2014年製作のアメリカ映画。2011年に製作された映画『モンスター上司』の続編。前作で憎き上司から解放されたニック、デール、カートの三人は、独立して起業することを決意する。だが、悪徳投資家であるハンソン親子に騙された三人は、全財産を失ってしまう。そこでハンソンの息子レックスを誘拐するが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
モンスター上司の紹介:2011年製作のアメリカ映画。パワハラ、セクハラ、バカハラ。困ったちゃんな上司を持つ3人の男たちが現状を打破しようと奮闘する姿を描くコメディ。ケビン・スペイシー、ジェニファー・アニストン、コリン・ファレルというベテラン3人が主人公を困らせる上司に扮するほか、ジェイミー・フォックスが胡散臭いサギ師に扮し、いい味を醸し出している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ランドシャーク/丘ジョーズの逆襲の紹介:2017年製作のアメリカ映画。『フランケンジョーズ』のマーク・ポロニア監督が描くパニックムービー。カリフォルニア沿岸で謎の変死事故が多発する。同じ頃、海洋研究所の水槽からサメたちが消えたことに気付いた職員のルシンダは、研究所で殺人ザメが開発されていたことを知り…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
丑三つの村の紹介:1983年製作の日本映画。1938年岡山県苫田郡で発生した津山事件を題材にした、同名の西村望のノンフィクション小説を原作とした映画。村一番の秀才として人人から尊敬されていた青年が結核と診断され、のけ者にされた怒りに無差別殺戮に走るまでを描く。「全編が非道で残虐的」と判断され、R-18(成人映画)に指定された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ムタフカズの紹介:2018年製作の日本アニメーション映画。『鉄コン筋クリート』などを手がけたアニメスタジオ、STUDIO4℃によるバイオレンス描写たっぷりのアクションアニメ。スラム街に暮らす3人の若者に振りかかるトラブルの数々が描かれる。交通事故がきっかけで幻影を見るようになる主人公アンジェリーノの声を草なぎ剛が、その仲間を柄本時生、満島真之介が演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×