映画ネタバレあらすじを6,513件掲載中です

映画:ミッキーのゲーム 世界停止へのカウントダウン

ミッキーのゲーム 世界停止へのカウントダウンの紹介:2014年に公開された家族で楽しめるファンタジーアドベンチャー映画です。前作「アドベンチャーズ 謎の古代兵器と3つの神話」の続編に当たります。その内容は選ばれし子供たちが集まった特殊部隊の面々が、地球上にある電子機器を破壊しようと企む海賊たちとバトルを繰り広げるというものです。この物語の主人公は前作と同じミッキーで、ヒロインも同じくサリーとなっています。

ネタバレを読む
映画:ビッグフットVSゾンビ

ビッグフットVSゾンビの紹介:死体を野外に放置してその腐敗具合を調査する、アメリカに実際に存在する「ボディファーム=死体農場」を舞台に、ゾンビとなり蘇った死体に加えてビッグフットまで現れるという、未曾有の大惨事を描く。ビッグフットは着ぐるみで、ゾンビも腐敗した顔のマスクを被っているだけだったりする、アマチュアが作った超低予算自主映画といった趣きの作品。

ネタバレを読む
映画:ザサンド

ザ・サンドの紹介:2015年に公開されたアメリカの映画です。ジャンルはモンスターパニック系で、タイトルは「ザ・サンド」となっていますが、実際は砂の中に潜む巨大な海洋生物が人を襲います。砂そのものが人を襲うわけではありません。砂浜に降りると襲われるという設定が、本作の肝であり、面白いところだと言えるでしょう。いわゆるB級映画と呼ばれるものに属しており、低予算で作られています。ちなみに本作はたったの12日間で撮影されたそうです。

ネタバレを読む
映画:プラスティック

プラスティックの紹介:2014年に公開されたクライムサスペンス映画です。4人組の大学生がギャングの持ち物を盗んだことで、人生を賭けた詐欺に挑むことになるという内容です。この映画の最大の特徴は、イギリスで起きた事件を元にしているということです。つまり実際にあった詐欺事件をベースに、アレンジを加えたのが本作というわけです。様々な人間の思惑が交差し、互いを騙し裏切り合う点が見どころであり、実際にある詐欺テクニックが出てくるのも特徴だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ポケットモンスター21みんなの物語

ポケットモンスター みんなの物語の紹介:2018年7月13日公開の日本アニメーション映画。たくさんの謎を秘めた不思議な生物、ポケットモンスターとトレーナーの少年少女たちが冒険の旅を通して絆を深めていく姿を描く、人気ゲームを基にしたアニメの劇場版第21作。人々が風と共に暮らす街、フウラシティを訪れていたサトシとピカチュウが5人の仲間たちと出会い、運命の歯車が動き出す。

ネタバレを読む
映画:幸福なラザロ

幸福なラザロの紹介:第71回カンヌ国際映画祭で、コンペティション部門脚本賞を受賞したイタリア映画。1980年代初頭のイタリアで実際に起きた詐欺事件を元に、キリスト教の聖人ラザロのような無垢な青年の人生を描いている。日本公開は2019年。

ネタバレを読む
映画:2ガンズ

2ガンズの紹介:2013年に公開されたアメリカのアクションコメディ映画です。ティーブン・グラントのグラフィックノベルを原作としており、メインを務めるのはデンゼル・ワシントン氏とマーク・ウォールバーグ氏です。この2人のバディものとなっており、様々な勢力の陰謀に巻き込まれ、ドンパチを繰り広げるといった内容です。原作を元にした映画ではありますが、設定や内容は微妙に異なっているため、コミック版を読んだ方も楽しめることでしょう。

ネタバレを読む
映画:パンク侍斬られて候

パンク侍、斬られて候の紹介:2018年6月30日公開の日本映画。芥川賞作家・町田康の同名小説を、宮藤官九郎が脚色を手がけ、鬼才・石井岳龍監督が映画化した異色時代劇。綾野剛演じる“超人的剣客”の浪人・掛十之進の前に現れる12人のクセモノや、1人の女を巡る恋の行方、サルたちとの戦いが描かれる。サルになりきった永瀬正敏をはじめ、奇想天外なキャラクターが次から次へと登場する。

ネタバレを読む
映画:ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOSの紹介:日本を代表する怪獣映画「ゴジラシリーズ」の第27作目となります。第3期ゴジラシリーズとしては7作目に当たり、前作「ゴジラ×メカゴジラ」の直接的な続編です。そのため前作主人公家城茜もちょっとだけ出演しています。さらに1961年に公開された「モスラ」とも深い関係にある作品であるため、かつて中条信一役で出演した小泉博氏が同役を演じています。そのうえ「モスラ対ゴジラ」のオマージュシーンもあるなど、過去作を知っている人ほど楽しめる内容になっていると言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ゴジラvsスペースゴジラ

ゴジラvsスペースゴジラの紹介:1994年に公開された「ゴジラシリーズ」の21作目です。平成シリーズとしては最多となる5体の怪獣が登場するのが見どころの1つです。本来は前作の「ゴジラvsメカゴジラ」でシリーズは終了するはずでしたが、アメリカ制作のエメリッヒ版ゴジラの完成が遅れたため、急遽本作を制作することになったそうです。平成に入ってからの「ゴジラシリーズ」で唯一ゴジラが味方という作品で、人類との共闘やスペースゴジラという強敵などの要素も相まって、人気が高い作品となっています。

ネタバレを読む
映画:ターミネーターウォー

ターミネーター・ウォーの紹介:2012年にアメリカで制作されたSFアクション映画です。タイトルからも分かるように、人間とロボットとの戦いを描いた作品となっています。ただし「ターミネーターシリーズ」とは一切関係がありません。そもそも原題は「Android Insurrection」で、意味はアンドロイドの反乱です。「ターミネーターシリーズ」と基本設定はほぼほぼ一緒であるため、「ターミネーター・ウォー」という邦題が付けられたのでしょう。

ネタバレを読む
映画:モリのいる場所

モリのいる場所の紹介:2018年の公開作。自宅の庭に生きる植物や動物を描き続けた実在の画家・熊谷守一こと、通称“モリ”。彼と妻を取り巻く人々とのエピソードをもとにしたオリジナルストーリーで、モリの一日の出来事を温かくもコミカルなタッチで描く。監督・脚本は『南極料理人』や『横道世之介』の沖田修一。夫婦役は日本を代表する名優山崎努と樹木希林が務めた。

ネタバレを読む
映画:スクリームガールズ最後の絶叫

スクリーム・ガールズ 最後の絶叫の紹介:2015年に公開されたスリラー映画です。「エルム街の悪夢」や「スクリーム」などで有名なウェス・クレイヴン氏が製作総指揮を務めた作品です。そのためか本作はタイトルにスクリームと付けられています。実際は「スクリームシリーズ」とは関係がなく、そもそも原題は「The Girl in the Photographs」です。なお本作はウェス・クレイヴン氏の遺作となっています。

ネタバレを読む
映画:蜘蛛巣城

蜘蛛巣城の紹介:1957年製作の黒澤明監督による時代劇。ウィリアム・シェイクスピアの「マクベス」を原案とした作品であり、物の怪の言葉に翻弄される武将の悲劇を三船敏郎、山田五十鈴主演で描いていく。第31回キネマ旬報ベスト・テンでは第4位に選出された。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。