映画ネタバレあらすじを5,133件掲載中です

エイプリルの七面鳥の紹介:2003年のアメリカ映画。「ギルバート・グレイプ」の脚本家であるピーター・ヘッジズの初の監督作品。主演はケイティ・ホームズ。アメリカに欠かせない感謝祭の日を舞台に、一筋縄ではいかない家族像を描く。日本公開は2004年。

ネタバレを読む

ビリー・ザ・キッド/21才の生涯の紹介:1973年にアメリカで製作されたサム・ペキンパー監督による西部劇ドラマ。親友であるビリー・ザ・キッドを追跡する保安官パット・ギャレットの悲哀溢れる姿を描いていく。ジェームズ・コバーン、クリス・クリストファーソンが主演を務め、ボブ・ディランは音楽を担当しただけでなく、ビリーに付き従う謎の若者を好演した。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ31の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2009年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第31作。結婚直前に失踪した女性のビデオレターに映り込んだ、不気味な森と女の謎を追う「冥界へとつながる森」など7本を紹介する。構成・演出は「口裂け女0(ゼロ)~ビギニング~」「ヒトコワ」シリーズの児玉和土。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎恋歌の紹介:1971年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの8作目。さくらの夫・博の母が亡くなったことを聞きつけた寅次郎が葬儀に出向き、その後、柴又で喫茶店を経営する未亡人の女性と出会うことから発した騒動を、シリーズでは珍しく2時間弱の長尺で送る。

ネタバレを読む

男はつらいよ 奮闘篇の紹介:1971年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの7作目。「嫁をもらう」という葉書をもらった寅次郎の実母・お菊が上京し、とらやを訪ねてくる。諍いになった寅次郎は、旅先で出会った少女と親しくなるが…。

ネタバレを読む

ユキとニナの紹介:2009年公開のフランス・日本映画。フランスと日本を舞台に、フランス人の父と日本人の母が離婚することになった少女の成長を描いている。諏訪敦彦とイポリット・ジラルドが監督と脚本を務めたファンタジードラマで、主題歌はUAの「てぃんさぐぬ花」。

ネタバレを読む

新・男はつらいよの紹介:1970年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの4作目。競馬で大金を儲けた寅次郎が、いつも心配をかけている「おいちゃん」こと叔父夫婦に対し、恩返しのハワイ旅行をプレゼントしようと考えるが、ふいになってしまう…。

ネタバレを読む

超高層プロフェッショナルの紹介:1979年にアメリカで製作されたアクションドラマ。執拗な妨害を受けながらも、建築のプロフェッショナルとして高層ビルの建設に励む男たちの姿を描いていく。主演と製作をリー・メジャースが務めた。

ネタバレを読む

犯る男の紹介:2015年製作の日本映画。夫からのDVに耐える人妻と、強姦強盗を繰り返す男とが惹かれ合っていく姿を描いている。多数のVシネマやピンク映画を監督した、鬼才・山内大輔がメガホンをとった作品で、セクシーアイドルの朝倉ことみと涼川絢音が共演したサスペンス。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ30の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2008年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第30作。本シリーズ25巻収録の「不気味な女」にまつわる後日談、ポルターガイスト現象を捉えた「夢遊病」、謎の投稿者”心霊博士”による「人形を見つめる眼」など8本を紹介する。構成・演出は「口裂け女0(ゼロ)~ビギニング~」「ヒトコワ」シリーズの児玉和土。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。