「グロテスク/残酷」映画一覧

グロテスク/残酷タグのついている映画は、過激で生々しく、暴力的で残虐な設定の作品が多く、成人を対象としていることから、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ソウ」「死霊のはらわた」「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」などがあります。

映画:マーダーライドショー

マーダー・ライド・ショーの紹介:2003年に公開されたスプラッターホラー映画です。本作はシンガーソングライターでホラー好きとしても知られているロブ・ゾンビ監督のデビュー作品でもあります。カルト的人気を誇っている作品で、続編が作られるほどです。さらに本作には様々なホラーネタが仕込まれており、分かる人には分かる演出になっています。そのためホラー映画に詳しいマニアックな人ほど楽しめる作品だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ダウンヘル

ダウンヘルの紹介:2016年に公開されたサバイバルホラー映画です。Sイーライ・ロス監督の作品で、ファウンド・フッテージホラーの要素もあります。「エクスペンタブルズ3 ワールドミッション」にも出演していたナタリー・バーン氏が主役を務め、「蜜の宮殿」のブライス・ドレイパー氏、「ノック・ノック」のイグナシア・アラマンド氏などの面々が脇を固めています。ストーリーは山岳地帯で、謎の武装集団に襲われるというものです。

ネタバレを読む
映画:デトロイト

デトロイトの紹介:2017年にアメリカで公開された作品。日本では翌2018年の1月に公開された。1967年に発生したデトロイト暴動の中で起こった事件であるアルジェ・モーテル事件を題材に描いた作品となっている。監督を務めたのは、「ハートロッカー」で女性監督としては史上初めてアカデミー賞作品賞を受賞したキャスリン・ビグロー。主演は「スター・ウォーズ」の新シリーズで主要登場人物であるフィンを演じて一躍知名度を上げたジョン・ボイエガ。

ネタバレを読む
映画:早熟のアイオワ

早熟のアイオワの紹介:2008年公開。日本では2014年に公開された。俳優のロリ・ペティが自身の幼少期の実体験を基に制作した映画作品。ロリ・ペティ自身が監督と脚本を務めている。主人公姉妹の姉をジェニファー・ローレンス、妹をクロエ・グレース・モレッツが演じており、後にスター女優となる二人が出演している作品となっている。ローレンスはロサンゼルス映画祭で優秀賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:骨壺

骨壺の紹介:2012年に公開された日本のホラー映画です。作家・山田悠介氏の小説を原作としており、数多くのホラー映画を撮影している永江二朗氏が監督を務めています。主演を努めるのはAKB48の松原夏海氏、もう1人の主人公はアイドリング!!!の横山ルリカ氏、他にSUPER☆GiRLSの宮崎理奈氏、AeLL.の篠崎愛氏など、いろんなグループのアイドルが一堂に会しています。このように本作はアイドル映画でもあります。

ネタバレを読む
映画:プロジェクトゼロ

プロジェクト・ゼロの紹介:2010年に公開されたサイコスリラー映画です。とある麻薬によって引き起こされた惨劇をテーマにしており、グロテスクな描写も多めです。そのためR15+指定作品となっています。とはいえそこまでどぎつい描写でもなく、ただ単に血の量が多いだけといった感じです。なおジャケットは施設のような場所で何かが起きる感じになっていますが、実際は田舎の家で物語は進んでいきます。一応実験的な要素はありますが、施設は全く関係ありません。

ネタバレを読む
映画:キッズリベンジ

キッズ・リベンジの紹介:2012年に制作されたアメリカの映画です。原題は「THE AGGRESSION SCALE」で、意味は「攻撃性尺度」となります。元々は医学用語で、本作の主人公たる少年を示す言葉としてぴったりでしょう。この映画はマフィアの両親を殺された姉弟が奮闘するという物語なのですが、少年は子供とは思えない戦闘力の高さを有しています。わりとバイオレンスな描写も多く、巷では「過激なホーム・アローンだ」と言われているようです。

ネタバレを読む
映画:MissZOMBIE

Miss ZOMBIEの紹介:2013年に公開された日本のゾンビ映画です。元来ゾンビものといえば、人々が襲われる様を売りにしていますが、本作は人々の人間模様を見所にしています。人を襲わないゾンビがやってきたことから家族の関係がおかしくなっていくという一風変わった内容のゾンビもので、ほぼ全編に渡ってモノクロ映像なのも特徴的です。SABU監督による完全オリジナルストーリーで、第34回ポルト国際映画祭において日本初のグランプリを受賞しています。

ネタバレを読む
映画:推理作家ポー 最期の5日間

推理作家ポー 最期の5日間の紹介:2012年に公開された映画です。実在の推理作家エドガー・アラン・ポーを主人公に据えています。ポーの最期はいろいろと謎が多いとされており、いまだに詳しいことは分かっていません。そんな謎めいた最期に切り込んだのが本作です。こういうことがあったのではないかという推測の元、ミステリー風なエッセンスを加えた独自解釈になっています。そのためポーについての知識があれば、より楽しめるかもしれません。

ネタバレを読む
映画:フレーム危険動画サイト

フレーム 危険動画サイトの紹介:2017年製作のスペイン映画。いまや当たり前となった動画配信サービスを題材に、徹底した批判精神と突き抜けた娯楽精神を併せ持つ究極のビジュアル・ショックホラーが登場。『時計じかけのオレンジ』や『ファニーゲーム』を彷彿させる容赦のないビジター・ヴァイオレンスがあなたの目を釘付けにする…!

ネタバレを読む
映画:ザスリル

ザ・スリルの紹介:妻と幼い子供を抱えて生活に貧窮している主人公が、偶然出会った気前のいい金持ちの持ちかける「賭け」に乗って、人生の1発逆転を狙うのだが・・・という物語で、小規模ながら次第にエスカレートしていく登場人物の行動がスリリングな作品になっています。終盤以降はかなりエグい描写も出て来ますので、観賞にはご注意を。

ネタバレを読む
映画:AFFLICTEDアフリクテッド

AFFLICTED アフリクテッドの紹介:世界を巡る旅を始めた2人の青年が、見知らぬ女性と出会ったことにより、予想もしない恐ろしい運命に巻き込まれることになる・・・!というPOV形式のホラー映画で、主役の青年2人を演じる俳優が同名で役柄を演じ、本作の監督も務めています。(タイトルの「アフリクテッド」は、「負傷者」という意味)

ネタバレを読む
映画:怪怪怪怪物!

怪怪怪怪物!の紹介:学校でいじめられていた真面目な生徒が、自分をいじめていた不良たちと共に、怪物の子供を捕獲。抵抗出来ないように怪物を縛り付けると、怪物への恐ろしい「虐待」の日々が始まるのでした・・・という物語で、怪物への凄惨な虐待描写が痛々しく、人の心の闇を描き出すような作品になっています。

ネタバレを読む
映画:ハッピーデスデイ2U

ハッピー・デス・デイ2Uの紹介:2019年公開。前年公開の「ハッピー・デス・デイ」の続編となる作品。前作で謎の殺人鬼「ベビー・フェイス」から殺害される度に、その日の朝を繰り返し迎えるというループに迷い込んでしまったツリー。今作ではツリーの友人の男ライアンがそのループに迷い込んでしまうという物語。監督は前作に引き続きクリストファー・B・ランドン。主演も引き続きジェシカ・ローテ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。