「呪いのビデオシリーズ」映画一覧

呪いのビデオは、本編だけでも67巻続いている、人気ホラーシリーズ。疑似ノンフィクションのオカルト作品で、投稿者のインタビューを交えていたり、スタッフが現場にいって調査するドキュメンタリーな内容も含まれている。歴代監督は中村義洋、松江哲明、山本清史、岩澤宏樹など。また、劇場版である「呪いのビデオtheMOVIE」は構成・演出を白石晃士が務めている。

ほんとにあった!呪いのビデオ Special4の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオ「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの番外編で、2003年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ Special」シリーズ第4作。屋根裏で発見された不気味なテープ、ヒッチハイクで出会った謎の女性たち、「~呪いのビデオ11」の「ランドセルの少女」にまつわる不可思議な続報など10本を紹介する。構成/演出/撮影/編集は「自殺霊」の坂本一雪。ナレーターは中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ12の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2004年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第12作。廃ホテルらしき場所の渡り廊下に不気味なモノが出現する「謎の廃墟」、「~Special3」の「コンビニの噂」の続報、見知らぬ行き止まりに迷い込んだ3人の男女の恐怖体験「憑りつかれた車」など12本を紹介する。構成・演出・編集は「自殺霊」の坂本一雪。ナレーターは中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ Special3の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオ「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの番外編で、2002年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ Special」シリーズ第3作。かつて自殺者が相次いだ某巨大団地で撮影された不気味な顔、某水門付近で漂うモノ、中古ビデオに遺された謎の女など10本を紹介する。構成/演出は近藤太、坂本一雪(撮影兼任)。監修は中村義洋、ナレーションは本シリーズでは異色の朝コータロー。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ11の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2003年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第11作。湖の湖畔に佇む「ランドセルの少女」、楽しげなわんこそばの映像に滲み出す不気味な少年「謎の影」など8本を紹介する。構成・演出・撮影・編集はこれまで撮影スタッフとして参加していた「自殺霊」の坂本一雪。ナレーターは中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ10の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2002年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第10作。同シリーズの番外編「~Special2」で市松人形の障りでは?と紹介された「白い足」の続報、激しい異臭を放つ下水道の不気味な物体など8本を紹介する。構成/演出は「あんにょんキムチ」「山田孝之の東京都北区赤羽」などで数々の賞を受賞した松江哲明。撮影/編集は後に本シリーズの監督となる坂本一雪。監修/ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ9の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2002年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第9作。打ち捨てられた廃村で録られた子供の声、学芸会で佇む老人、瑕疵物件で見た夢に現れた赤い蛇のような男など10本を紹介する。構成/演出は「あんにょんキムチ」「山田孝之の東京都北区赤羽」などで数々の賞を受賞した松江哲明。撮影/編集は後に本シリーズの監督となる坂本一雪。監修/ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ Special2の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオ「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの番外編で、2001年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ Special」シリーズ第2作。シリーズ第1作目から続く「白い着物の女」の続報、合宿所や磨りガラスに浮かぶ不気味な顔、廃病院に現れる霊など13本を紹介する。構成/演出は「あんにょんキムチ」「山田孝之の東京都北区赤羽」などで数々の賞を受賞した松江哲明。撮影/編集は後に本シリーズの監督となる坂本一雪。監修/ナレーション/出演は中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ8の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2001年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第8作。テレビが異常を来たし子供が倒れる怪現象を追う「テレビ」と「続・テレビ」他、11本を収録。構成/演出は「あんにょんキムチ」「山田孝之の東京都北区赤羽」などで数々の賞を受賞した松江哲明。撮影/編集は後に本シリーズの監督となる坂本一雪。監修/ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ7の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2001年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第7作。第1作から続く”白い着物の女”にまつわる後日談他、一般投稿作品9本を紹介する。構成・演出は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋と「仄暗い水の底から」「アヒルと鴨のコインロッカー」などで共同脚本を担当した鈴木謙一。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ6の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2000年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第6作。一般投稿6本、霊媒師中田の関連作品、「~呪いのビデオ3」に登場した録音スタジオに再び起こった怪異などを紹介する。構成・演出は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋と「仄暗い水の底から」「アヒルと鴨のコインロッカー」などで共同脚本を担当した鈴木謙一。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ Specialの紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオ「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの番外編で、2000年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ Special」シリーズ第1作。本編の第1~3巻で紹介された「作業服の男」「父を呼ぶ声」「タイムカプセル」の後日談や追跡取材、ストーカーの恐怖などを収録。構成/演出は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋と「仄暗い水の底から」「アヒルと鴨のコインロッカー」などで共同脚本を担当した鈴木謙一。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ5の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2000年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第5作。学校で撮影された映像に映りこんだ不可思議なモノや音声など10本を収録。ビデオ版には「呪われた学校編」とサブタイトルがあった。構成・演出は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋と「仄暗い水の底から」「アヒルと鴨のコインロッカー」などで共同脚本を担当した鈴木謙一。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ4の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2000年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第4作。元医師や看護師などの体験談、病院で撮影された記録映像、監視カメラ映像等12本を収録。ビデオ版には「呪われた病院編」とサブタイトルがあった。構成・演出は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋と「仄暗い水の底から」「アヒルと鴨のコインロッカー」などで共同脚本を担当した鈴木謙一。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ3の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、1999年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第3作。1、2巻が原因と思える不可思議な体験から始まり、ラジオドラマ収録中に紛れ込んだ「いるはずの無い男の声」、キャンプ中にありえないアングルで撮られた不可解な映像「4人いる…」など12本を収録。構成・演出は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋と「仄暗い水の底から」「アヒルと鴨のコインロッカー」などで共同脚本を担当した鈴木謙一。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。