「スターウォーズシリーズ」映画一覧

スター・ウォーズは、ルーカスフィルムが制作する、ジョージ・ルーカスの構想を中心とした「遠い昔、遥か彼方の銀河系」を舞台に展開するスペースオペラ(娯楽映画&小説)。当時低かったSF映画の地位を押し上げた。異星人種が暮らす世界で、銀河共和国と帝国軍との戦いを描く。フォースを操りライトセーバーを振るうジェダイの騎士やダークサイドのシスの暗黒卿、マスターヨーダ、R2-D2とC-3POは非常に有名。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの紹介:2016年公開のアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズ初の劇場用映画によるスピンオフであり、第一作『エピソード4/新たなる希望』の前日譚である。エピソード4冒頭のテロップで説明された「スパイによるデススター設計図強奪」をテーマとした物語で、シリーズでお馴染みのキャラクターも何人か登場する。監督は『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ、脚本は『ライラの冒険 黄金の羅針盤』『ニュームーン/トワイライト・サーガ』のクリス・ワイツ。製作は
『E.T. the Extra-Terrestrial』『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などのベテラン、キャスリーン・ケネディ。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒の紹介:2015年公開のアメリカ映画。SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の第7作品目。シリーズ主要9部作の中では、レイを主人公とする3部作の第1章『エピソード7』に当たる。エピソード6『ジェダイの帰還』から30年後の世界を舞台にした物語が、ヒロインのレイをはじめとする新キャラクターたちや、ハリソン・フォード、マーク・ハミルといったオリジナルキャストとともに描かれる。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の紹介:1983年公開のアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズの第6弾(制作順は3番目)。公開時の副題は『ジェダイの復讐』。共和軍と帝国軍の熾烈な戦闘と、ルークの父親と妹の存在が描かれる。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズの紹介:2008年公開のアメリカ・アニメ映画。『エピソード2/クローンの攻撃』と『エピソード3/シスの復讐』の間の物語で『スター・ウォーズ』シリーズの映画では初めてクローン大戦を描いた作品。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲の紹介:1980年公開のアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズの第5弾(制作順は2番目にあたる)。必死の逆襲をかける帝国軍と、それに対抗するルーク、ハン・ソロ、レイア姫ら反乱軍の攻防を描く。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の紹介:1977年制作のアメリカ映画。SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの実写版第1作。世界的なSFブームを巻き起こす契機となった作品。後にエピソード1~3までが制作され今作品は4となる。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の紹介:2005年公開のアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズの第3弾(制作順は6番目にあたる)。主人公アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに陥り、ダース・ベイダーになるまでを描く。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の紹介:2002年公開のアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズの第2弾(制作順は5番目にあたる)。アナキンとアミダラの禁断の恋や、ドロイドとクローンとの大戦が描かれる。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスの紹介:1999年公開のアメリカ映画。映画史に残る『スター・ウォーズ』シリーズのアナキン・スカイウォーカーズの少年時代を中心に描いたエピソード。副題は「見えざる脅威」を意味する。

ネタバレを読む
  • 1
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。