「超能力」映画一覧

ウルトラヴァイオレットの紹介:2006年公開。近未来を舞台に、ファージと呼ばれる超人間の女性が人間の少年の守るために戦う姿を描いた作品。日本では、この映画を原案としてテレビアニメ化された。監督・脚本は「リベリオン」のカート・ウィマー。主演は「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ。脇役で活躍するニック・チンランド、ウィリアム・フィクナーも出演。

ネタバレを読む

アイ・アム・ナンバー4の紹介:2011年公開のSFアクション映画。異星人モガドリアンに追われるロリアン星人の生き残り、ナンバー4と仲間達の戦いを描いた作品。監督は「ディスタービア」のD・J・カルーソー。制作は「アルマゲドン」「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ。出演は「ビーストリー」のアレックス・ぺティファー、「ダイ・ハード4.0」のティモシー・オリファントなど。

ネタバレを読む

プラクティカル・マジックの紹介:1998年公開のサンドラ・ブロックとニコール・キッドマン共演の映画。魔法の力を持つ美しい姉妹の成長をファンタスティックに描いた作品。監督は「恋におぼれて」のグリフィン・ダン。脚本は「天使と悪魔」のアキヴァ・ゴールズマンなど。音楽は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのアラン・シルヴェストリ。出演は「ゼロ・グラビティ」のサンドラ・ブロック、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、「ブロードウェイと銃弾」のダイアン・ウィースト、「アクロス・ザ・ユニバース」のエヴァン・レイチェル・ウッドなど。

ネタバレを読む

ウィッチマウンテン/地図から消された山の紹介:2009年公開。特殊能力を持つ兄妹のエイリアンが、暗殺者や政府機関から狙われながらも、タクシー運転手と共にウィッチマウンテンを目指す姿を描いた作品。1975年の「星の国から来た仲間」をリメイク。監督は「ゲーム・プラン」のアンディ・フィックマン。出演は「スコーピオン・キング」のザ・ロックことドウェイン・ジョンソン、「テラビシアにかける橋」のアナソフィア・ロブ。

ネタバレを読む

ウォッチメンの紹介:2009年公開。世界を揺るがすヒーロー、ウォッチメンの活躍を描いた作品。同名のアメリカン・コミックを実写化。監督は「ドーン・オブ・ザ・デッド」「300<スリーハンドレッド>」のザック・スナイダー。出演は「エルム街の悪夢(2010年)」のジャッキー・アール・ヘイリー、テレビシリーズ「スーパーナチュラル」のジェフリー・ディーン・モーガンほか。

ネタバレを読む

ゴーストライダーの紹介:2007年公開。マーベル・コミック社の同名コミックが原作。炎を吹き上げるヘルバイクと共に、ドクロの顔をしたダークヒーローが戦う姿を描いた作品。監督・脚本は「デアデビル」のマーク・スティーヴン・ジョンソン。出演は「アダプテーション」のニコラス・ケイジ、「最後の恋のはじめ方」のエヴァ・メンデス、「イージー・ライダー」のピーター・フォンダ、「バッファロー・ガールズ」のサム・エリオット。

ネタバレを読む

NEXT -ネクスト-の紹介:2007年公開。2分先の未来を見ることができる男の核爆弾テロを阻止する姿を描いた作品。フィリップ・K・ディックの小説が原作。彼は「ブレードランナー」や「トータル・リコール」などの原作の小説も手掛けていて、SF作家として有名である。監督は「007 ダイ・アナザー・デイ」のリー・タマホリ。出演は「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「アリスのままで」のジュリアン・ムーア、「テキサス・チェーンソー」のジェシカ・ビール。

ネタバレを読む

魔法使いの弟子の紹介:2010年公開。現代のニューヨークを舞台に、魔法大戦争に巻き込まれた青年と仲間達を描いた作品。映画「ファンタジア」のセグメントの一つ「魔法使いの弟子」をベースにしている。監督は「クール・ランニング」のジョン・タートルトーブ。制作は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマー。出演は「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「マレーナ」のモニカ・ベルッチ、「明日、君がいない」のテリーサ・パーマー。

ネタバレを読む

みんな!エスパーだよ!~欲望だらけのラブ・ウォーズ~の紹介:テレビドラマが人気を博して2015年に映画化された『みんな!エスパーだよ!』。映画化公開に先駆けて、dTVにて2015年8月19日から全3話配信された作品。配信ドラマ用に書き下ろされた特別ストーリーで、小島梨里杏が同作のオリジナルヒロインを務める。

ネタバレを読む

フローズン・タイムの紹介:2006年公開。失恋のショックで不眠症になった男性がバイト先の女性と恋をする姿を描いた作品。監督・脚本は写真家のショーン・エリスで、長編映画処女作品。主演は「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のショーン・ビガースタッフ、「戦場のピアニスト」のエミリア・フォックス。美大生のベンはスージーと別れて不眠症に陥る。夜勤のスーパーのバイトに応募して、シャロンと知り合う。ベンは悪化する不眠症によって自分以外の時間を凍らせてしまうのだった。

ネタバレを読む

リミットレスの紹介:2011年公開。人間の脳の能力を引き出す新薬を巡る陰謀を描いた作品。アラン・グリン原作の小説「ブレイン・ドラッグ」を映画化。監督はニール・バーカー。主演はブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ。出版契約をしていたエディは筆が進まず、恋人にも振られてどん底の生活を送っていた。ある日、別れた妻の弟のヴァーノンと再会する。彼からもらった怪しげな薬。それは20%しか普通は使われていない人間の脳を100%引き出すもので、試しに飲むエディだった。

ネタバレを読む

シャドウハンターの紹介:2013年公開。妖魔を仕留め、伝説の聖杯を守る役割を知った少女の姿を描いた作品。カサンドラ・クレアのベストセラー小説「シャドウハンター 骨の街」を映画化。監督はハロルド・ズワルト。「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズ、「マッチポイント」のジョナサン・リース・マイヤーズが出演。何も知らされないで生きてきたクラリーは、ある日妖魔を倒すジェイスの姿を目撃する。クラリーに気づいた妖魔は伝説の聖杯を持つクラリーの母、ジョスリンに襲いかかるのだった。

ネタバレを読む

エアベンダーの紹介:2010年公開。気、水、土、火のエレメントを4つの国が統治する世界で、戦乱の世を救う少年の姿を描いた作品。テレビアニメ「アバター 伝説の少年アン」の第1シーズンを基に制作された。世界は4つのエレメントに属する国があり、統治するのは全てのエレメントを使いこなせる「アバター」の役割だった。しかし、代々受け継がれていたアバターは100年前に姿を消してしまう。世の中の秩序は乱れて、人々はアバターを必要とした。

ネタバレを読む

マイノリティ・リポートの紹介:2002年公開のアメリカ映画。起こる殺人を能力者によって予知できるようになった近未来を舞台に、殺人犯のぬれぎぬを着せられた刑事の決死の逃亡劇を描くSFサスペンス。SF作家フィリップ・K・ディックの短編を、監督スティーブン・スピルバーグ、主演トム・クルーズで完全映画化。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。