ドキュメンタリー映画のネタバレあらすじ一覧

映画:アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン
アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリンの紹介:2021年5月28日公開のアメリカ映画。300万枚以上の販売を記録したことでも知られる、「ソウルの女王」アレサ・フランクリンによるライブアルバム「AMAZING GRACE」。1972年にロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会で行われたそのライブの模様を収め、現代の技術で編集したドキュメンタリーをスクリーンで上映する。映像を撮影したのは、『愛と哀しみの果て』でアカデミー賞を受賞したシドニー・ポラック監督。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:SNS 少女たちの10日間
チェコで製作された「SNS上の性暴力」を赤裸々に描き出したドキュメンタリー、リアリーティーショー。3人の18歳以上の女優が「12歳」という容姿と役になりきり、セットで作られた子供部屋でSNSで自分の写真などをSNSに投稿したらどうなるか?10日間、撮影され記録された衝撃の映像が刻々と映し出されれる。本作はチェコで異例のヒット作になり、日本でも連日、劇場が満員御礼とじわじわと評判が広がっている。本作を資料にチェコ警察も実際に動き出した。バーラ・ハルポヴァー監督、ヴィート・クルサーク監督、2021年劇場公開作品。104分 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画製作やカメラマンとしての経歴を持つジョン・チェスターが荒れ果てた土地に移り住み、理想の農場を作り上げるまでの8年間の奮闘を追ったドキュメンタリー。 ジョンと妻のモリーは長年の夢だった農場を作って理想の暮らしを手に入れるため、都会を離れて広大な農場跡地に移住した。二人は型破りなアドバイザー・アランと共に農場作りに取り組み、荒れ果てていた土地は見違えるほど美しく生まれ変わっていく。ところが、アランには二人に明かしていない秘密があった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
WE ARE Xの紹介:2016年製作のイギリスドキュメンタリー映画。独創的なビジュアルと過激な音楽性で国内外で人気のロックバンド、X JAPANに迫ったハリウッド製作のドキュメンタリー。2014年10月に行われた、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでのライブの舞台裏を追いながら、メンバーの死、解散、復活など、バンドに降りかかった数々の出来事を振り返っていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
SOUL RED 松田優作の紹介:2009年製作の日本映画。今もなお、その存在感が失われることのない松田優作の生誕60年、没後20年を記念し公開されたドキュメンタリー。今まで公にされなかったインタビューや未公開映像をはじめ、本人直筆のメモが記された台本や“本物”を追求した彼の魂が浮き彫りにされる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
真珠のボタンの紹介:2010年のフランス、ドイツ、チリ合作映画。監督はチリのドキュメンタリー映画の巨匠として知られるパトリシオ・グスマン。前作「光のノスタルジア」の続編で、パタゴニアの海で見つかったボタンから、先住民の大量虐殺や独裁政権下で命を奪われた人々の歴史を紐解いている。日本公開は2015年。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
中国最後の秘境と呼ばれるココシリの平均海抜は4700mでチベットカモシカの生息地だ。1985年以来チベットカモシカの乱獲が横行し、欧米でその毛皮が売りさばかれるとわずか数年で生息数が100万頭から1万頭まで激減した。 それを食い止めようとリータイが隊長となり民間パトロール隊が組織され、密猟者との攻防が繰り広げられていた。そんな中に北京からジャーナリストのガイが取材に訪れリータイ達に同行することに・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ノマドランド
ノマドランドの紹介:2021年3月26日公開のアメリカ映画。『スリー・ビルボード』の製作会社サーチライト・ピクチャーズとオスカー女優フランシス・マクドーマンドが再タッグを組み、第77回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞、第45回トロント国際映画祭で観客賞を受賞したロードムービー。『ザ・ライダー』のクロエ・ジャオ監督が、ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション「ノマド:漂流する高齢労働者たち」を原作に、車上生活者の生き様をアメリカ西部の美しい大自然とともに描く。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ホームレス ニューヨークと寝た男の紹介:2014年のオーストリア、アメリカ合作のドキュメンタリー映画。家を持たないファッション・フォトグラファーのマーク・レイに、3年がかりで密着している。日本公開は2017年。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
光のノスタルジアの紹介:2010年のフランス、ドイツ、チリ合作映画。監督はチリのドキュメンタリー映画の巨匠として知られるパトリシオ・グスマン。アタカマ砂漠を舞台に、星を探す天文学者たちと、独裁政権下で大切な家族を失い、その遺骨を探す女性たちの時間を交差させた作品。日本公開は2015年。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2012年のフランス・スイス合作映画。アルゼンチン出身の伝説的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチの素顔に迫ったドキュメンタリー。私生活や演奏会の密着取材を通じて、ピアニストとして、母親としてのアルゲリッチの姿を映し出していく。アルゲリッチの三女、ステファニーが監督を務めた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×