ドキュメンタリー映画のネタバレあらすじ一覧

2011年製作のチェコ、スロヴァキア合作のドキュメンタリー映画。第二次世界大戦前夜のチェコスロヴァキア、“イギリスのシンドラー”と呼ばれたニコラス・ウィントンによる『キンダートランスポート』の救出作戦が行われ、ナチス・ドイツの脅威から669人のユダヤ人の子ども達が救われた。――それから50年後、一冊のノートが発見され、その真実が明らかとなる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年製作のアメリカ映画。安全装置なしに手と足だけで行うクライミング、フリーソロをテーマとしたドキュメンタリー。若手クライマーのアレックスが巨大な断崖絶壁のフリーソロに挑戦する姿を描く。第91回アカデミー賞では長編ドキュメンタリー賞を受賞した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2010年製作のアメリカ映画。2008年に突然俳優引退とラッパーへの転向を宣言したJ・フェニックスを追ったモキュメンタリー。酒とドラッグに溺れていくフェニックスの姿は周囲を心配させたが、後にフェニックスと監督を務めたC・アフレックの作り話であることが判明、世間の怒りを買い、興行は不振に終わった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「こんなアメリカに誰がした」をキャッチフレーズに、アメリカ人映画監督、マイケル・ムーアが1999年にコロラド州ジェファーソン都立コロンバイン高校で起きた高校生2人による、無差別殺傷銃乱射事件に焦点を当て、アポなし突撃取材を次々と敢行する。ムーア独自の、鋭いアメリカの風刺を描きつつ、国が抱える問題を炙り出してゆく。一躍ムーアの名を世界中に轟かせたドキュメンタリー映画。2002年公開作品、120分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
愛知県高蔵寺に住まいを持つ津端秀一さんと英子さんご夫婦の、穏やかで毎日を豊かに生きてゆくドキュメンタリー。自分たちで土を耕し、果実や畑を耕し、果実の恵みを得て、金銭的に決して裕福ではないが、心を豊かに毎日をこつこつ、ゆっくり生きてゆく姿を描く。伏原健之監督。100分。2017年公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
マイケル・ムーアによる2016年のトランプ大統領が当選するまでの軌跡、と思いきや、そこに至るまでのヒラリー陣営含む選挙戦略や、国民の選挙制度への関心の低さ、トロントの知事による公害問題など鋭く切り込むドキュメンタリー。「119」とは、トランプ陣営が勝利宣言した11月9日に合わせている。トランプ大統領は本作で、最低の映画が選ばれる「ラジー賞」でワースト男優賞受賞。2018年公開作品 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2015年製作のイギリス映画。2011年、27歳の若さで亡くなった歌手エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー。幼い頃からジャズが好きでギターも演奏する少女は、その独特な歌声と才能を見出されアルバムを出すことに。その後一気にスターダムへとのし上がった彼女は徐々に世間の目にさらされる自分と本当にやりたいこととの乖離に悩み…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
個性派俳優、山田孝之。彼を2013年から5年半密着取材したドキュメンタリー。監督・撮影・編集は牧勇太が努める。 30歳を越え「自分から、がむしゃらに動いた」5年半、彼は何を成し遂げ、何を感じ、何に進んでゆくのか。 初舞台、初プロデュース作品の映画、バンド活動と歌手活動、エッセイの出版と目まぐるしく動く山田の姿を追う。 2019年公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ボーリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」など、独特の切り口で世間を切りまくって来たマイケル・ムーアの皮肉が効いたドキュメンタリー 文字通り「世界侵略」を掲げ、アメリカ国旗と共に様々な国を巡り、文字通り「侵略」していく。彼なりのやり方で。 それは絶望なのか、それとも、希望なのか?是非、自らの目で見て判断してほしい。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:同じ遺伝子の3人の他人
同じ遺伝子の3人の他人の紹介:2018年にアメリカで製作されたドキュメンタリー映画。生後6か月で生き別れ、自分に兄弟がいることを知らずに育った三つ子が再会したことから動き出した3人の人生を追った作品となっている。当人とその周囲の人物のインタビュー映像と再現映像を交えながら作品が進んでいく。次第に明らかになっていく事実を当人が知っていく様子が記録されている。監督を務めたのはティム・ウォードル。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:子どもが教えてくれたこと
子どもが教えてくれたことの紹介:難病と闘う子どもたちの日々の暮らしを追ったドキュメンタリー。2017年のジッフォーニ映画祭では、GEx Doc部門の作品賞を受賞した。2016年フランス製作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:RyuichiSakamotoCODA坂本龍一
Ryuichi Sakamoto: CODAの紹介:2017年11月4日公開の日本&アメリカ合作映画。世界的に活躍する音楽家、坂本龍一に5年に渡って密着取材を敢行したドキュメンタリー。オリジナルアルバム「async」の制作過程だけでなく、YMO時代のライブの模様や2014年の闘病生活など、アーカイブ素材や貴重なプライベート映像から、坂本のこれまでを振り返りながら、新たな楽曲が誕生するまでを追う。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ふたりじゃない
ふたりじゃないの紹介:2013年公開。2005年にメジャーデビューし、2018年に解散(完結)したガールズバンド・チャットモンチーのドキュメンタリー映画第2弾。デビューから3ピースバンドとして活動してきたチャットモンチーからメンバーが脱退。2ピース体制となって初のツアーを中心に密着した作品である。監督を務めたのは、第1弾に続いてMINORxU。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧
DENKI GROOVE THE MOVIE?-石野卓球とピエール瀧-の紹介:2015年公開。2014年に結成25周年を迎えた人気テクノバンドである電気グルーヴのドキュメンタリー映画で、前身バンドである「人生」時代から撮影されていた数々の映像のテープがメンバーである石野卓球の自宅から発見されたことをきっかけに制作された作品。監督を務めたのは「モテキ」「バクマン。」などで知られる大根仁監督。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×