「元気になる」映画一覧

元気になるタグのついている映画は、疲れや悩みを吹き飛ばし、明るくなれるストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「めがね」「がんばれ!ベアーズ」「大阪ハムレット」などがあります。

エイプリルの七面鳥の紹介:2003年のアメリカ映画。「ギルバート・グレイプ」の脚本家であるピーター・ヘッジズの初の監督作品。主演はケイティ・ホームズ。アメリカに欠かせない感謝祭の日を舞台に、一筋縄ではいかない家族像を描く。日本公開は2004年。

ネタバレを読む

エリックを探しての紹介:2009年公開。郵便配達員の男性が、尊敬するカントナに励まされながら、人生を取り戻していく姿を描いている。ケン・ローチが監督を務めた作品で、元サッカー選手のエリック・カントナが出演したコメディドラマ。

ネタバレを読む

フェリシーと夢のトウシューズの紹介:2016年製作のフランス&カナダ合作アニメ映画。エル・ファニングがバレリーナを目指す少女の声を演じるアニメーション。施設で育った少女が持ち前の情熱で度重なる困難を克服し、夢を叶えようとする姿が描かれる。バレエシーンの振付をパリ・オペラ座バレエ団芸術監督であるオレリー・デュポンとジェレミー・ベランガールが担当するなど細部へのこだわりにも注目。

ネタバレを読む

ヴィンセントが教えてくれたことの紹介:2014年公開のアメリカ映画。ぶっきらぼうで気難しいお爺さんが、隣の少年の面倒を見ることになり、彼と奇妙な友情が芽生えていく姿を描いている。ビル・マーレイ主演で贈るハートウォーミングコメディ。

ネタバレを読む

幕末太陽傳の紹介:1957年製作の川島雄三監督、フランキー堺主演の幕末喜劇。品川遊郭で豪遊した挙句、下働きすることになった陽気な男、佐平次の活躍を描いていく。同年のキネマ旬報ベスト・テンでは日本映画部門第4位にランクインした。

ネタバレを読む

ホーリー・キャンプ!の紹介:2017年制作のスペイン映画。音楽好きな問題児の女子2人が、シスターたちが仕切るキャンプを訪れて神に出会い、人生の転機を迎える姿を描いている。世代の違う4人の女性が、音楽を通して1つになっていく。

ネタバレを読む

屋根裏部屋のマリアたちの紹介:2010年公開のフランス映画。1960年代のパリを舞台に、資産家のフランス人夫婦と、屋根裏部屋に住むスペイン人のメイドたちの交流を描いている。フランスで大ヒットを記録した作品で、本当の幸せや家族とは何なのか、笑いと優しさを交えて届けるコメディ。

ネタバレを読む

フランシス・ハの紹介:2012年公開のアメリカ映画。ニューヨークを舞台に、プロのダンサーを目指す女性が人生と向き合っていく姿を描いている。ノア・バームバックが監督を務めた作品で、グレタ・ガーウィグ主演で贈るドラマ。

ネタバレを読む

シルバー・サドル 新・復讐の用心棒の紹介:1978年製作のルチオ・フルチ監督、ジュリアーノ・ジェンマ主演のマカロニ・ウェスタン。ガンマンの青年が思いがけない形で因縁の男の血縁者の少年を守ることとなり、やがて壮大な陰謀に巻き込まれていく。

ネタバレを読む

LUCK-KEY/ラッキーの紹介:2016年製作の韓国映画。内田けんじ監督作『鍵泥棒のメソッド』を韓国でリメイクしたコメディ。韓国映画界では個性派の名脇役として知られるユ・ヘジンが、記憶喪失になり、俳優として奮闘する元殺し屋をコミカルに演じる。

ネタバレを読む

リメンバー・ミーの紹介:2017年にアメリカで製作された3Dファンタジーアニメ。メキシコを舞台に、一人の少年が死者の国への旅を通じて家族の大切さに気づいていく姿を描く。「トイ・ストーリー3」を手掛けたリー・アンクリッチが原案と監督を務め、第90回アカデミー賞では長編アニメーション賞と歌曲賞を受賞した。

ネタバレを読む

ステップ・シスターズの紹介:2017年製作。ハーバードへの進学を交換条件にだされた黒人ソロリティのリーダーが、未経験の白人の女子学生にステッピングを教える姿を描いている。絶妙なリズムと共に、踊って魅せるダンスが見所の青春コメディ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。