「元気になる」映画一覧

元気になるタグのついている映画は、疲れや悩みを吹き飛ばし、明るくなれるストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「めがね」「がんばれ!ベアーズ」「大阪ハムレット」などがあります。

夢と希望のベルリン生活の紹介:2015年制作のスペイン映画。高学歴なのに、就職が決まらない2人の青年が、職探しにベルリンに行って起こす騒動を描いている。テレビの宣伝とは違い、厳しい現実を目の当たりにしながら頑張る2人を、ユーモアいっぱいに映し出す。ナチョ・G・ベリーリャが監督を務め、ヨン・ゴンザレス、ブランカ・スアレス、ジュリアン・ロペスら出演で贈るコメディ作品。

ネタバレを読む

クレイジー・パーティーの紹介:2016年にアメリカで製作されたクリスマスコメディ。クリスマスに閉鎖を宣告されたIT企業の従業員たちが起死回生を目指し、社内で盛大なパーティーを開催する。日本では未公開ながら、アメリカではボックス・オフィス初登場二位を獲得するヒットを記録した。

ネタバレを読む

Dearダニー 君へのうたの紹介:2015年公開のアメリカ映画。曲作りをやめた往年のミュージシャンが、自分宛てに送られたジョン・レノンの手紙を読んで、人生を見つめ直す姿を描いている。歌手のスティーヴ・ティルストンの事実に少し基づいて制作された作品。メガホンをとるのはダン・フォーゲルマンで、彼の初監督作。主演はアル・パチーノ、アネット・べニングやクリストファー・プラマーらが出演したドラマ。

ネタバレを読む

のんちゃんのり弁の紹介:2009年に製作された東京の下町を舞台にした人情ドラマ。入江喜和の同名の漫画を緒方明監督が映画化した作品で、ヒロインを小西真奈美が演じた。夫に離婚届を突きつけた31歳の女性が弁当屋の開業を目指し奮闘する姿を描く。第31回ヨコハマ映画祭では監督賞、主演女優賞、助演男優賞を獲得した。

ネタバレを読む

LION/ライオン~25年目のただいまの紹介:2016年製作のオーストラリア映画。5歳の時にインドで迷子になり、養子としてオーストラリアで育った男が、Google Earthのおかげで25年ぶりに母と兄の元へ戻ったという、衝撃の実話をベースにした人間ドラマ。

ネタバレを読む

ベルベット・ゴールドマインの紹介:1998年制作のイギリス映画。グラムロック界のカリスマであるデヴィッド・ボウイをモデルに、1970年代のグラムロック・ブームを描いた作品。主演はジョナサン・リース=マイヤーズとユアン・マクレガー。日本公開は1998年。

ネタバレを読む

寝取られ男のラブ♂バカンスの紹介:2008年公開のアメリカ映画。交際相手の女優にふられた作曲家の男性が、傷心旅行にハワイに行き、そこで新たな出会いと騒動を繰り広げる様を描いている。脚本・主演はジェイソン・シーゲル、制作にはジャド・アパトーが参加したラブコメディ。クリスティン・ベルやミラ・クニスら豪華出演で贈る作品。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~の紹介:2012年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第32弾。ドラえもん誕生(2112年)まであと100年を記念する劇場版。古代の地球で繰り広げられるドラえもんたちの大冒険を、いきいきと描く。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の人魚大海戦の紹介:2010年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第30弾。映画化30周年、映画シリーズ通算30作目、漫画連載開始40周年、テレビアニメ30周年の記念づくしの作品。海底を舞台に人魚の世界を守るため、ドラえもんたちが戦いに挑む。

ネタバレを読む

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声の紹介:複雑な家庭環境で育ち、問題ばかり起こしていたステット。母の死をきっかけに少年合唱団に転入した彼を待っていたのは、厳しい指導者やエリート揃いの生徒たちとの生活だった。
2014年のアメリカ映画。ベテラン俳優陣に対し、ステット役は長編映画初出演となるギャレット・ウェアリングが見出された。受賞こそ逃したものの、世界中の映画祭で正式出品された。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。