「元気になる」映画一覧

元気になるタグのついている映画は、疲れや悩みを吹き飛ばし、明るくなれるストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「めがね」「がんばれ!ベアーズ」「大阪ハムレット」などがあります。

ティ・マイ ~希望のベトナム~の紹介:2018年にリリースされたスペイン映画で、カルメン・マチ主演で贈るコメディドラマ。娘が急逝して悲しみに明け暮れている母親が、娘の願いでもあった養女を迎えに行く姿を描いている。

ネタバレを読む

ビバリーヒルズ・ニンジャの紹介:1997年に制作されたアメリカ映画で、デニス・デューガンが監督を務め、クリス・ファーレイ主演で贈るコメディ。伝説とは打って変わってダメニンジャとして成長した異国の青年が、巨大な犯罪組織に立ち向かう姿を描いている。

ネタバレを読む

スリーブラザーズ&ベビーの紹介:2015年に制作されたドイツ映画で、シナン・アックシュが監督を務めたコメディ。母が大切にしていた店を営んでいる独り身の3兄弟が、ある日赤ん坊の面倒を見ることになって起こる騒動を描いている。

ネタバレを読む

旅は道連れの紹介:2016年に制作されたブラジル映画で、ジョゼ・エドゥアルド・ベウモンチがメガホンをとったコメディドラマ。サンパウロへの旅行中に、車が故障してしまった父息子と、通りかかった美女たちが共に旅をすることになり、その道中で起こるドラマを描いている。

ネタバレを読む

スター・クレイジーの紹介:1980年に制作されたアメリカ映画で、シドニー・ポワチエが監督を務め、ジーン・ワイルダーとリチャード・プライアー主演で贈るコメディ。身に覚えのない罪で投獄された2人が、囚人仲間と共に脱獄を企て、実行する姿を描いている。

ネタバレを読む

家族に乾杯の紹介:2016年に制作されたフランス映画で、ジュリー・ガイエやジュリー・ドパルデュー、ティエリー・ヌーヴィックら出演で贈るコメディ。離婚した両親の家を行き来することにうんざりした子供たちが、大人たちが自分たちの家に訪ねてくるように頼んで、そこで起こるドラマを描いている。

ネタバレを読む

ディードラ&レイニーの列車強盗の紹介:2017年に制作されたアメリカ映画で、ミッシー・パイルやティム・ブレイク・ネルソンらが出演したコメディ。母親が刑務所に入ってお金が尽きてしまい、困り果てた10代の姉妹が列車強盗を行う姿を描いている。

ネタバレを読む

ぼくらは”テルマ&ルイーズ”の紹介:2012年に制作されたブラジル映画で、マルセロ・ガルバオンがメガホンをとり、数々の映画賞を受賞した異色のコメディ。映画「テルマ&ルイーズ」に影響を受けたダウン症の3人が、施設から抜け出して、冒険に繰り出す姿を描いている。

ネタバレを読む

我が家のおバカで愛しいアニキの紹介:2011年公開のアメリカ映画。バカが付くほど正直で天然な男性と、彼に翻弄される妹たちの姿を描いている。ポール・ラッドとエリザベス・バンクスが主演を務めた作品で、キャスリン・ハーンやゾーイ・デシャネル、エミリー・モーティマーら出演で贈るコメディ。

ネタバレを読む

魔法の恋愛書の紹介:2012年製作のアメリカ映画。ベストセラーの恋愛書を参考にした男女の恋愛を描いている。ファンタスティック・フォーなどで知られる、ティム・ストーリーが監督を務めた作品で、ケヴィン・ハートやミーガン・グッド、レジーナ・ホールら出演で贈るラブコメディ。

ネタバレを読む

トマトのしずくの紹介:お互い素直になれず、疎遠になってしまった父と娘の葛藤や家族愛を描く。
2012年製作の作品ながら公開機会に恵まれず、一般公開されなかった映画を上映する『お蔵出し映画祭』にてグランプリと観客賞を受賞し、2017年に晴れて全国公開された。監督・脚本は『捨てがたき人々』の榊英雄。撮影前年に亡くなった父へメッセージを込めたオリジナル作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。