「元気になる」映画一覧

元気になるタグのついている映画は、疲れや悩みを吹き飛ばし、明るくなれるストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「めがね」「がんばれ!ベアーズ」「大阪ハムレット」などがあります。

ぼくらの7日間戦争の紹介:2019年公開の日本アニメーション映画。実写映画化もされた宗田理の同名ベストセラー小説を、アニメーション映画化した青春群像劇。舞台を2020年の北海道に移し、新たな“7日間戦争”が描かれる。主人公の守役で北村匠海が、彼が想いを寄せる幼なじみ・綾役で芳根京子が声優として参加。さらに宮沢りえが、実写映画版で自身が演じた中山ひとみの声を担当し、31年ぶりに作品に登場する。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2007年製作の香港、フランス、中国映画。ウォン・カーウァイ監督初の英語作品。第60回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として上映。失恋したエリザベスはカフェ・クルーチを訪れ、オーナーのジェレミーと交流。彼が焼くブルーベリーパイに癒されるが、元彼を忘れられずエリザベスはNYを離れて旅に出る。 ネタバレを読む
2011年のフランス・ドイツ・ポーランド・スペイン合作のコメディ映画。ヤスミン・レザの舞台劇をロマン・ポランスキーが脚本監督し、映画化。ブルックリンに住む2組の夫婦が、子ども同士のケンカの和解のために、被害者の子どもを持つロングストリート夫妻の家で、和やかに話し始めます。しかし帰ろうとするたびに話が振り出しに戻り、いつしか子どものケンカから、おとなのけんかになり、収拾がつかなくなっていきます。     ネタバレを読む
2008年イギリス・ドイツ・アメリカ製作のロマンチックコメディミュージカル映画。ギリシャ・エーゲ海に浮かぶ架空の島でホテル経営するドナ。その一人娘ソフィが結婚することになり、ヴァージンロードを父親と歩きたいのだが、なんと父親候補が3人もいたのだった…。 ネタバレを読む みんなの感想が5件届いてます
映画:メランコリック
メランコリックの紹介:近所の寂れた銭湯で深夜あり得ない裏稼業が営まれていたら…それに巻き込まれた東大出のフリーターの気づきと成長を描いた2018年公開のサスペンス・コメディ。本作の発案者でありプロデューサーの皆川暢二が主演の和彦役を演じ、その同僚松本役を演じた磯崎義知はアクションシーンの構成/演出を担当した。監督/脚本/編集を担当した田中征爾の長編初監督作品であり、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門監督賞、第21回ウディネファーイースト映画祭新人監督作品賞など数々の賞を受賞している。 ネタバレを読む
映画:マシュマロ×ぺいん
マシュマロ×ぺいんの紹介:2013年に制作された短編映画です。「カメラを止めるな!」で話題となった上田慎一郎の妻、ふくだみゆきが監督と脚本を務めています。もちろん夫である上田慎一郎も撮影と編集のスタッフとして参加しています。本作はふくだみゆきにとっては初の実写映画作品となります。そのうえ映画製作団体「PANPOKOPINA」に所属してからは初となる監督作でもあります。ちなみに内容は子供には見せられないラブコメとなっています。 ネタバレを読む
隣のリッチマンの紹介:2004年製作のアメリカ映画。アメリカを代表する二人のコメディアン、ベン・スティラーとジャック・ブラックが共演した痛快コメディ。同じ工場で働き家もご近所のニックとティムは気心のしれた親友同士。しかしニックがペットのフンを消してしまうスプレーを発明、商品は瞬く間にバカ売れし、ニックはたちまち大富豪となる。ニックの投資を断ったティムは嫉妬と後悔で大パニックに。やがて妻にも別居され職まで失ったティムはニックの家庭を崩壊させようと思い立つが…。 ネタバレを読む
映画:路上のソリスト
路上のソリストの紹介:2009年制作のアメリカ映画。「ロサンゼルス・タイムズ」紙の記者であるスティーヴ・ロペスが、路上生活者として暮らす天才チェリストのナサニエル・エアーズとの交流を綴った連載コラムを基に描いている。日本公開は2009年。 ネタバレを読む
映画:ムーラン
ムーランの紹介:1998年公開のディズニーの長編アニメーション作品。中国で伝説として語り継がれる人物「花木蘭」をモデルにしており、アニー賞作品賞を受賞した。2004年には続編の「ムーラン2」が公開されたが、日本では劇場未公開となっている。 ネタバレを読む
ファイティングwithファイアの紹介:2019年製作のアメリカ映画。人気プロレスラー、ジョン・シナ主演によるアクションコメディ。優秀だが堅物な消防分隊長・ジェイクは、山火事から3人の子どもを救出するが、両親と連絡が取れず消防署で預かることに。消火作業は得意でも子守は苦手なジェイクは、悪戦苦闘するが…。 ネタバレを読む
26世紀青年の紹介:軍部の実験に被検者として選ばれ、一年間だけ試験的に冷凍睡眠される予定だった男が、軍部のミスで忘れ去られたまま時が経過。目覚めたらそこは「26世紀」だった・・・!というお話で、絶望的なほど国民が「バカ」になった未来の世界を、現代への批判を交えながら描いています。 ネタバレを読む
カツベン!の紹介:2019年12月13日公開の日本映画。「Shall we ダンス?」の周防正行監督が、無声映画上映時に作品の内容を解説する活動弁士を取り上げた青春喜劇。一流の活動弁士を目指す俊太郎は、隣町のライバル館に客も人材も取られ人使いの荒い館主夫婦ら曲者ばかりが残った映画館・青木館に流れ着く。主人公の俊太郎を「愛がなんだ」の成田凌が演じる。作中には、「椿姫」(1921)を再現した「椿姫」や1932年版を参考に制作した「金色夜叉」などの元のある再現作品や、「南方のロマンス」などといった本作オリジナルの無声映画が登場する。第32回東京国際映画祭特別招待GALAスクリーニング作品。 ネタバレを読む
ペンギン夫婦の作りかたの紹介:辺銀愛理の自伝本「ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし」を原作として平林克理監督によって2012年に公開された作品で、沖縄を舞台に石垣島ラー油の製作に取り組んだ夫婦のエピソードが描かれています。主演は小池栄子と台湾の俳優であるワン・チュアンイーで、日本人と中国人で国際結婚をした夫婦が石垣島に移住する様子が描かれているほか、帰化申請など国際結婚ならではのエピソードも見られます。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×