「時代劇」映画一覧

時代劇タグのついている映画は、刀を指した侍や、剣を装備した戦士が出演者の作品が多くなっています。また、バタバタと悪を切り伏せるストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「銀魂」「眠狂四郎シリーズ」「300〈スリーハンドレッド〉」などがあります。

映画:アデルの恋の物語

アデルの恋の物語の紹介:1975年のフランス映画。フランスの文豪ビクトル・ユーゴーの娘アデルの執念に満ちた狂気的な愛を綴った実話。原作はフランセス・V・ギールの『アデル・ユーゴーの日記』で、壮絶な偏愛のストーリーをヌーヴェル・ヴァーグの巨匠フランソワ・トリュフォーが映像化した。

ネタバレを読む
映画:ラストソルジャー

ラスト・ソルジャーの紹介:2010年に公開された中国と香港の合作映画です。世界的カンフースターのジャッキー・チェン氏が主演を務めている作品で、なんと構想は20年にも及びます。中国で公開されたジャッキー映画の中では最高の興行収入を得ており、ヒット作と言っても過言ではないでしょう。物語の舞台となるのは紀元前227年の中国の戦国時代で、非常にシリアスな作風となっています。時代背景を知っていれば、より楽しめるかもしれません。

ネタバレを読む
映画:散り椿

散り椿の紹介:2018年9月28日公開の日本映画。直木賞作家・葉室麟の時代小説を岡田准一主演で映画化した人間ドラマ。妻の願いを叶えるために故郷へ戻った男が、不正をただすための戦いに挑む姿が描かれる。カメラマンとして数々の名作を手がけてきた名匠・木村大作が3度目の監督業に挑戦。『蜩ノ記』などでメガホンを握った小泉堯史が脚本を務める。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダル

劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダルの紹介:2011年に公開された「仮面ライダーオーズ」の劇場版です。仮面ライダー生誕40周年記念の作品でもあり、時代劇の要素が散りばめられているのが特徴的です。そのため「暴れん坊将軍」とコラボしており、松平健氏演じる暴れん坊将軍が仮面ライダーオーズと共闘するシーンがあります。さらには次回作の「仮面ライダーフォーゼ」もゲスト出演しています。

ネタバレを読む
映画:四十七人の刺客

四十七人の刺客の紹介:1994年製作の市川崑監督による時代劇ドラマ。池宮彰一郎の同名小説を映画化した作品で、忠臣蔵の物語を独自の切り口で描いていく。主人公である大石内蔵助を高倉健が、赤穂浪士を対立する米沢藩の色部又四郎を中井貴一が熱演した。

ネタバレを読む
映画:空海

空海の紹介:1984年製作の時代劇ドラマ。真言宗を開いた空海の人生を佐藤純彌監督、北大路欣也主演で映画化した大作。空海の劇的な人生を描いた物語だけでなく、豪華なロケ撮影や特撮による映像も話題を呼び、興行収入で大成功を収めた。

ネタバレを読む
映画:トゥルーリベンジ

トゥルー・リベンジの紹介:2010年のアクション映画です。女ガンマンが主人公のウェスタン風の作品となっており、さすらう者たちの戦いが描かれています。「127時間」で有名なリジー・キャブラン氏が主演を努めており、脇を固めるのはドワイト・ヨーカム氏やスコット・スピードマン氏と豪華なキャスト陣です。なお本作はペキンパー氏やタランティーノ氏のテイスト満載と銘打たれており、バイオレンスさも1つの見所となっています。

ネタバレを読む
映画:七人の侍

七人の侍の紹介:1954年に製作された黒澤明監督による時代劇の名作。野武士たちの略奪に怯える百姓たちを守る七人の侍の姿を描いていく。作品は海外でも高い評価を受け、その後アメリカで二度リメイクされた(「荒野の七人」、「マグニフィセント・セブン」)。第15回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞作品。

ネタバレを読む
映画:パンク侍斬られて候

パンク侍、斬られて候の紹介:2018年6月30日公開の日本映画。芥川賞作家・町田康の同名小説を、宮藤官九郎が脚色を手がけ、鬼才・石井岳龍監督が映画化した異色時代劇。綾野剛演じる“超人的剣客”の浪人・掛十之進の前に現れる12人のクセモノや、1人の女を巡る恋の行方、サルたちとの戦いが描かれる。サルになりきった永瀬正敏をはじめ、奇想天外なキャラクターが次から次へと登場する。

ネタバレを読む
映画:蜘蛛巣城

蜘蛛巣城の紹介:1957年製作の黒澤明監督による時代劇。ウィリアム・シェイクスピアの「マクベス」を原案とした作品であり、物の怪の言葉に翻弄される武将の悲劇を三船敏郎、山田五十鈴主演で描いていく。第31回キネマ旬報ベスト・テンでは第4位に選出された。

ネタバレを読む
映画:どら平太

どら平太の紹介:2000年製作の市川崑監督による時代劇。山本周五郎の「町奉行日記」を原案とした作品で、市川崑、黒澤明、木下惠介、小林正樹による映画人グループ「四騎の会」が脚本を手掛けた。「どら平太」というあだ名の町奉行がある小藩の悪政を正すべく奮闘する姿を描く。

ネタバレを読む
映画:さよならの朝に約束の花をかざろう

さよならの朝に約束の花をかざろうの紹介:2018年公開。P.A.WORKS制作の長編アニメーション映画でzり、同社史上で始めて、テレビシリーズの放映の無い、劇場用オリジナル作品である。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」の脚本として知られている岡田麿里の初監督作品である。上海やスペインで行われた映画祭でも数々の賞を受賞した、評価の高い作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。