「時代劇」映画一覧

時代劇タグのついている映画は、刀を指した侍や、剣を装備した戦士が出演者の作品が多くなっています。また、バタバタと悪を切り伏せるストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「銀魂」「眠狂四郎シリーズ」「300〈スリーハンドレッド〉」などがあります。

山本周五郎原作の歴史小説を長編映画初監督となった小泉堯史がメガホンを取った一作。主演は寺尾聰、共演は宮崎美子、原田美枝子、三船史郎が演じ、スタッフは主に「黒澤組」と呼ばれた故黒澤明監督に従事した「黒澤組」が集結したことでも注目を浴びた。プロデューサーは黒澤久雄、衣装デザインは黒澤和子と黒澤家が一丸となった作品でもある。2000年劇場公開作品、91分。 ネタバレを読む
北野武がメガホンを取り、有名時代劇「座頭市」を自ら主演でリメイクした本作。激しい殺陣と随所に遊び心を入れたタップダンスなど斬新な演出がひかる一作となった。目が不自由な按摩、謎の男、市は貧乏な村で不思議な姉妹に出会う、その村では悪が暗躍していて...。2003年劇場公開、キャッチコピーは「最強。」 115分 ネタバレを読む
2005年アメリカ公開。1998年公開の『マスク・オブ・ゾロ』の続編です。前作の大ヒットにより、スペイン人のアントニオ・バンデラスが続投しています。愛する家族ができ、民衆を守るヒーローであり続けることとの板挟みに苦悩します。 ネタバレを読む
2006年公開。原作は藤沢周平の時代小説『盲目剣谺返し』。山田洋次監督による『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』から続く「藤沢時代劇三部作」の最終作。主演は木村拓哉。藩主の毒見役を務める新之丞は、ある日貝の毒にあたり両目の視力を失った。妻の加世は家の存続のために、番頭の島田に助力を請うが……。 ネタバレを読む
BALLAD 名もなき恋のうたの紹介:2009年製作の日本映画。大人も涙したという「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を実写映画化。未来からやってきた少年と戦国時代の侍との友情、そして侍と姫との悲恋が描かれる。 ネタバレを読む
「レッドクリフ part1」は日本でも人気の高い三国志の「赤壁の戦い」を描いた作品。2部構成になっており、前半のpart1では赤壁の戦いまでを、後半のpart2では赤壁の戦いを描いていたスペクタル歴史巨編です。「ミッション・イン・ポッシブル2」のジョン・ウー監督が制作し、アジア映画では最高額の製作費100億円を投じ、迫力のあるアクションシーンが見どころとなっています。諸葛孔明を金城武が、孔明のライバルの周瑜をトニー・レオンが演じており、他にもリン・チーリン、中村獅童などが出演しており、中国と日本で大ヒットとなりました。 ネタバレを読む

「レッドクリフ PartⅡ 未来への最終決戦」は三国志の「赤壁の戦い」を描いた作品。2部構成になっており、赤壁の戦いまでを描いた前半のpart1の続編の後編になり、最終決戦の赤壁の戦いをメイン描いていたスペクタル歴史巨編です。「ミッション・イン・ポッシブル2」のジョン・ウー監督が制作し、アジア映画では最高額の製作費100億円を投じ、迫力のあるアクションシーンが見どころとなっています。

ネタバレを読む
本能寺の変で織田信長が討たれたあと、愛知県清須市で 1582年に行われた信長亡き後の後継ぎをめぐる織田家家臣たちの話し合いをコミカルに映画化した本作、原作は三谷幸喜の歴史小説。映画も三谷が務める。「ステキな金縛り」で登場した更科六兵衛も本作でカメオ的に登場している。2013年作品、138分。 ネタバレを読む
盲目の居合の達人・市が自分に居合術を教えてくれた男を探して女の一人旅を続けていると、ある出来事をきっかけに浪人侍・藤平十馬と出会う。宿場町にたどり着いた二人は、そこを仕切る白川組と、勢力を伸ばしてきていた万鬼党との争いに巻き込まれていってしまい・・・ 監督:曽利文彦 2008年公開の日本映画 ネタバレを読む
第27回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した浅田次郎の同名小説を映画化した作品。飢饉が続く南部盛岡藩の下級武士・吉村は、飢え死にしそうな家族を救うため脱藩し新選組に入隊する。周りからは金の亡者のように見られて時はいたが、家族への愛、武士としての義を貫きとおし幕末の混乱期を駆け抜けた本物の侍の姿を描いた作品。 監督:滝田洋二郎、脚本:中島丈博、音楽:久石譲  2002年日本映画。 ネタバレを読む
冷酷な皇帝によってすべてを失った将軍・マキシマスが様々な試練を乗り越え、復讐に挑む姿を描く歴史スペクタクル。第73回アカデミー賞で作品賞をはじめ5部門を受賞した他、英国アカデミー賞やゴールデングローブ賞など主要な賞を独占。 皇帝に逆らった罪で死刑を言い渡されたものの九死に一生を得たマキシマスは、奴隷にまで身を落としながらも剣闘士として名を馳せる。ついに皇帝に対峙する機会を得たマキシマスがとった行動とは。 ネタバレを読む
2012年製作の韓国映画。イ・ビョンホンが一人二役を熱演し、『大鐘賞』で歴代最多の15部門を受賞した歴史大作。1616年、李氏朝鮮の第15代王、光海君は日々暗殺に狙われ影武者を用意させる。王に瓜二つの道化師ハソンは15日間、王の代わりに政治を行うが…。 ネタバレを読む
「グリーン・デスティニー」は、中国の武侠小説「臥虎蔵竜」を原作としたアクション映画でアン・リー監督の作品です。「王様と私」のチョン・ユンファ、「007トゥモロー・ネバーダイ」のミシェル・ヨー、「初恋の来た道」のチャン・ツィイーと中国を代表する豪華なキャスト。華麗なワイヤーアクションが話題となり、その後の多くの中国映画に影響を与えた作品です。また、広大な中国の風景の美しさと、世界的有名なチェリストのヨーヨー・マと中国の代表的な作曲家のタン・ドゥンが奏でる幻想的で美しい音楽にも注目です。アカデミー外国語映画賞など計4部門を受賞しています。伝説の銘剣、碧銘剣(グリーン・デスティニー)を巡る激しい戦いの中で、愛し合う2組の男女が運命に翻弄される… ネタバレを読む
2010年公開の日本映画です。 「かつて、刀ではなく算盤で家族を守った武士がいた」___という言葉の通り、これは実在する”家計簿”から紐解かれた一人の武士と、その家族の物語です。 自身の算盤バカぶりと、徹底した教育により次世代に至るまで多くのものを守り通した男。 維新を経て、明治へと時代が変わる中でも揺るがなかったその絆を森田芳光監督が丹念に描いています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×