「時代劇」映画一覧

時代劇タグのついている映画は、刀を指した侍や、剣を装備した戦士が出演者の作品が多くなっています。また、バタバタと悪を切り伏せるストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「銀魂」「眠狂四郎シリーズ」「300〈スリーハンドレッド〉」などがあります。

ラスト・ナイツの紹介:2015年に公開されたアメリカ映画で、紀里谷和明が監督を務め、クライヴ・オーウェンやモーガン・フリーマンらが出演したアクションドラマ。忠臣蔵をモチーフに、主君の仇討ちを果たそうとする騎士たちの姿を描いている。

ネタバレを読む

声をかくす人の紹介:2010年のアメリカの歴史映画。監督はロバート・レッドフォード。リンカーン大統領の暗殺事件に関与したとして、アメリカ史上初めて死刑となった女性メアリー・サラットの裁判の様子が描かれる。日本公開は2012年。

ネタバレを読む

忍びの国の紹介:2017年7月1日公開の日本映画。『のぼうの城』など歴史小説を得意とする和田竜のベストセラーを、嵐の大野智主演で映画化した痛快アクション。織田信長も恐れた伊賀・忍び軍団の活躍を迫力満点のアクション描写と共に描く。石原さとみが主人公の妻を演じるほか、伊勢谷友介、鈴木亮平らが脇を固める。監督は数々のヒット作を手がけてきた中村義洋。

ネタバレを読む

関ヶ原の紹介:2017年8月26日公開の日本映画。戦国史上最大の合戦である関ヶ原の戦いを描いた司馬遼太郎のベストセラー小説を岡田准一、役所広司ら実力派俳優の共演で映画化した時代劇。正義で世の中を変えようとする石田三成や、天下取りの野望を抱く徳川家康ら、武将たちそれぞれの思惑がつづられる。監督は人間ドラマの描写に定評のある原田眞人。

ネタバレを読む

幕末太陽傳の紹介:1957年製作の川島雄三監督、フランキー堺主演の幕末喜劇。品川遊郭で豪遊した挙句、下働きすることになった陽気な男、佐平次の活躍を描いていく。同年のキネマ旬報ベスト・テンでは日本映画部門第4位にランクインした。

ネタバレを読む

赤穂城断絶の紹介:1978年製作の深作欣二監督による時代劇。主君の無念を果たした赤穂浪士四十七人の討ち入りまでの壮絶な道のりを描く。萬屋錦之介始め多くの名優がキャストに名を連ね、「仁義なき戦い 完結篇」でも深作監督と組んだ高田宏治が原作と脚本を担当した。第52回キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞受賞作品。

ネタバレを読む

炎の城の紹介:1960年に製作された時代劇。巨匠、加藤泰監督がシェークスピアの「ハムレット」を原案に、瀬戸内海を舞台とした壮大な復讐劇を描く。国を乗っ取った叔父を討とうとする主人公を大川橋蔵が熱演、クライマックスには「ゴジラ」のテーマが使われ、壮絶な斬り合いをおおいに盛り上げる。

ネタバレを読む

この首一万石の紹介:1963年製作の大川橋蔵主演の時代劇。時代劇映画の巨匠、伊藤大輔監督が原作・脚本を兼任し、江戸の身分制度に翻弄される人足の悲劇を描いていく。撮影は「仁義なき戦い」シリーズの吉田貞次が務め、ラストでは臨場感あふれる斬り合いが描かれる。

ネタバレを読む

花戦さの紹介:16世紀、天正時代。花をこよなく愛する京都下京六角堂の”けったいな花僧”池坊専好が、生け花を通して町人らに慕われ、茶人千利休とも懇意になるが、天下人秀吉の暴虐に”花の力”で立ち向かうという2017年公開の時代劇。原作は「カルテット」の鬼塚忠の時代小説「花いくさ」。監督は「山桜」「地下鉄(メトロ)に乗って」の篠原哲雄。脚本は「ごちそうさん」の森下佳子。監修は華道家元池坊で、作中に登場する生け花は名立たる家元らによる力作が使用された。主演は「陰陽師」「のぼうの城」の野村萬斎。市川猿之助、中井貴一、佐藤浩市、佐々木蔵之介など名優らが多数共演している。

ネタバレを読む

新選組 (1958)の紹介:1958年製作の時代劇。新選組の内部対立と長州藩の暗躍という緊迫した幕末の状況をドラマチックに描いた作品。一方で、劇中には鞍馬天狗、月形半平太ら有名時代劇で知られるキャラクターたちも参戦、エンターテインメント性が高い娯楽作品に仕上がっている。

ネタバレを読む

男の出発(たびだち)の紹介:1972年にアメリカで製作された西部劇。一人の少年がカウボーイになる夢を追い、様々な厳しい現実に直面しながら成長する青春物語。従来の西部劇で見られるような派手なカウボーイ像ではなく、その裏で必死に生きるカウボーイたちの砂埃にまみれた人生を描いていく。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。