「時代劇」映画一覧

時代劇タグのついている映画は、刀を指した侍や、剣を装備した戦士が出演者の作品が多くなっています。また、バタバタと悪を切り伏せるストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「銀魂」「眠狂四郎シリーズ」「300〈スリーハンドレッド〉」などがあります。

2012年製作の韓国映画。イ・ビョンホンが一人二役を熱演し、『大鐘賞』で歴代最多の15部門を受賞した歴史大作。1616年、李氏朝鮮の第15代王、光海君は日々暗殺に狙われ影武者を用意させる。王に瓜二つの道化師ハソンは15日間、王の代わりに政治を行うが…。 ネタバレを読む
「グリーン・デスティニー」は、中国の武侠小説「臥虎蔵竜」を原作としたアクション映画でアン・リー監督の作品です。「王様と私」のチョン・ユンファ、「007トゥモロー・ネバーダイ」のミシェル・ヨー、「初恋の来た道」のチャン・ツィイーと中国を代表する豪華なキャスト。華麗なワイヤーアクションが話題となり、その後の多くの中国映画に影響を与えた作品です。また、広大な中国の風景の美しさと、世界的有名なチェリストのヨーヨー・マと中国の代表的な作曲家のタン・ドゥンが奏でる幻想的で美しい音楽にも注目です。アカデミー外国語映画賞など計4部門を受賞しています。伝説の銘剣、碧銘剣(グリーン・デスティニー)を巡る激しい戦いの中で、愛し合う2組の男女が運命に翻弄される… ネタバレを読む
2010年公開の日本映画です。 「かつて、刀ではなく算盤で家族を守った武士がいた」___という言葉の通り、これは実在する”家計簿”から紐解かれた一人の武士と、その家族の物語です。 自身の算盤バカぶりと、徹底した教育により次世代に至るまで多くのものを守り通した男。 維新を経て、明治へと時代が変わる中でも揺るがなかったその絆を森田芳光監督が丹念に描いています。 ネタバレを読む
2011年、フランス発のロマンティックコメディです。白黒のサイレント映画でありながら、フランス映画として初のアカデミー作品賞を受賞しました。無声映画からトーキーへ移行期のハリウッドが舞台です。主要な台詞以外は字幕が出ませんので、ご注意ください。 ネタバレを読む
2010年公開のアメリカ・イギリスの合作映画。12世紀末のフランス、十字軍の兵士として戦っていたロビンは、イングランドの騎士・ロバートの遺言を聞き、サー・ウォルスターに剣を届ける役目を引き受けます。しかし、そんなロビンの行く先には、イングランド侵略を目論むフランス軍との戦いが待ち受けていて…。 ネタバレを読む
姫の犯した罪と罰 「竹取物語」を原作としたスタジオジブリ、高畑勲監督最後の名作。 誰もが知る昔話「かぐや姫」を題材に、かぐや姫というひとりの女性の心理描写にクローズアップした、人間味溢れる長編アニメーション作品です。   ネタバレを読む
2012年制作の日本映画。時代は明治11年。緋村剣心という男は「不殺の誓い」という変わった誓いを立て、日本各地を旅していた。そんな彼は、自分のかつての異名「人斬り抜刀斎」を名乗る偽物と戦うことになる。やがて、剣心は重大な選択を迫られてしまう。 ネタバレを読む
2006年のアメリカ映画。 原作は、マーヴェルヒーローのデアデビルの生みの親であり、アメコミ業界改革の足掛かりともなった傑作『バットマン:ダークナイト・リターンズ』の作者であるフランク・ミラーのグラフィック・ノヴェル。 古代ギリシア史に燦然と輝く大英雄・スパルタ王レオニダス一世が、300人の兵士たちと共にペルシア帝国100万の軍勢を迎え撃ったデュルモピライの激闘を、鬼才ザック・スナイダーが描いた。   ネタバレを読む
2014年制作日本映画。かつて伝説となった人斬り緋村剣心。彼は、人斬りを止め平穏な生活を送る。ある日、剣心は人斬りの役を剣心から引き継いだ男、志々雄真実が京都を起点に日本を制圧する計画を知る。志々雄を止めるべく、剣心は京都へ向かう。 ネタバレを読む
映画「ムーラン・ルージュ」は「ロミオ+ジュリエット」のバズ・ラーマン監督の作品。ビートルズからマドンナなどの有名な楽曲を多く使用したラブストーリー・ミュージカル映画。主演のユアン・マクレガー、ニコール・キッドマンらが美しい歌声を披露、そして煌びやかな衣装と派手なセットで魅せる最高のエンターテイメント。19世紀後半、パリのキャバレームーラン・ルージュで繰り広げられる、美しい高級娼婦サティーンを巡る愛と嫉妬の物語。アカデミー衣装デザイン賞、美術賞を受賞。 ネタバレを読む
100文字~150文字程度で、映画の紹介をしてください。 (記入例。削除して進めてください)2016年製作のフランス映画。監獄と化した高級アパートで命懸けのゲームに挑むサスペンス。モデルのキャンディスは、ある夜自分の部屋に侵入者の気配を感じる。既に外部との連絡も取れず、部屋に閉じ込められていた彼女の前に、監禁された親友の姿が映し出され…。 ネタバレを読む
2006年製作、アメリカ。トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルの映画化。3人組コーラスガールの栄光と挫折、成長を華々しい楽曲やダンスとともに描く、エンターテインメント作。キャストにグラミー受賞のビヨンセや、本作で注目されたジェニファー・ハドソンは第79回アカデミー助演女優賞を獲得している。 ネタバレを読む
映画:決算!忠臣蔵
決算!忠臣蔵の紹介:2019年11月22日公開の日本映画。大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。 ネタバレを読む
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明の紹介:1991年に公開されたカンフー映画です。清朝末期に実在した高名な武術家、黄飛鴻(ウォン・フェイホン)を主人公としたシリーズの1作目となります。黄飛鴻を演じるのはカンフースターのジェット・リーです。さらにカンフー好きにはお馴染みのユン・ピョウもメインキャラとして出演しています。そのためか本作はシリーズ中、最もカンフーシーンが多い映画となっています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×