「刑事/探偵」映画一覧

刑事/探偵タグのついている映画は、凄腕の刑事や頭脳明晰な探偵を出演者とした作品や、派手な銃撃戦や難解な事件を推理して解決していくストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ダイ・ハード」「名探偵コナンシリーズ」「シャーロック・ホームズ」などがあります。

映画:トラフィッカー運び屋の女

トラフィッカー 運び屋の女の紹介:2018年製作のアイスランド映画。コカイン密輸を企てる兄弟と運び屋の女の運命を綴るクライム・スリラー。多額の借金を抱える弁護士エリックと、刑務所から出所したばかりの弟アトリ。二人は運び屋ソフィアのコカイン密輸を手伝うことになるが、麻薬捜査局の刑事レナの捜査の手が迫ってくる…。

ネタバレを読む
映画:野獣捜査線

野獣捜査線の紹介:1985年に公開されたアクション映画です。チャック・ノリス氏主演の映画で、ハードボイルドな作品になっているのが特徴的です。チャック・ノリス氏のイメージと少々異なった映画になっているのは、元々この作品がクリント・イーストウッド氏のために書かれたものだったからです。チャック・ノリス氏はクリント・イーストウッド氏を尊敬しており、そのため彼が出ることになったそうです。ちなみに本作はチャック・ノリス氏自身お気に入りだと語っています。

ネタバレを読む
映画:マルタイの女

マルタイの女の紹介:1997年公開の日本映画。殺人事件の現場を目撃してしまった女優が、身辺保護の刑事に守られながら困難を乗り越え、裁判で証言台に立つまでの姿を描いた社会派コメディ。監督・脚本は「スーパーの女」の伊丹十三で、これが監督としての第10作目だったが、映画が公開された後の97年12月20日に突然の飛び降り自殺をしてこの世を去ったため、同時に遺作ともなった。

ネタバレを読む
映画:バニーレークは行方不明

バニー・レークは行方不明の紹介:渡英間もないシングルマザーの幼い娘が失踪するが、娘の存在そのものが疑われるという1965年アメリカのミステリー映画。監督は「帰らざる河」「悲しみよこんにちは」のオットー・プレミンジャー。原作は「妖婆の家」の原作でも知られるイヴリン・パイパーの同名小説。母親アン役を「ポセイドン・アドベンチャー」のキャロル・リンレー、刑事役を名優ローレンス・オリヴィエ、アンの兄を「2001年宇宙の旅」「暗闇にベルが鳴る」のキア・デュリアが演じている。

ネタバレを読む
映画:ショウタイム

ショウタイムの紹介:2002年に公開されたアクションコメディ映画です。主演はロバート・デ・ニーロ氏とエディ・マーフィ氏で、いわゆるバディものとなります。密着ドキュメント番組という設定が盛り込まれており、王道のバディものをパロった内容になっているのが特徴的です。そのためコミカルさを前面に打ち出したバディものになっていると言えるでしょう。なお本作の製作総指揮にはあのハリウッド俳優ウィル・スミス氏が勤めています。

ネタバレを読む
映画:アンダーカバー

アンダーカバーの紹介:2016年公開。元FBI捜査官で作家であるマイケル・ジャーマンの実体験を基にした犯罪スリラー映画。監督を務めたのは、本作が長編映画監督デビューとなるダニエル・ラグシス。ラグシスがジャーマンの経験に基づいて物語のプロットを書いたものである。主演を務めたのは『ハリー・ポッター』シリーズで主人公のハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフ。

ネタバレを読む
映画:惨殺のサイケデリア

惨殺のサイケデリアの紹介:シリーズ化もされたホラー「the EYE」や「ゴースト・ハウス」などで知られるダニー・パン監督が、童話をモチーフにした連続猟奇殺人を描いたサイコ・スリラーです。殺人を犯した犯人の動機と、それを追う刑事の葛藤が見ものの作品になっています。

ネタバレを読む
映画:ウインドリバー

ウインド・リバーの紹介:アメリカの辺境の地であるネイティブ・アメリカン居住区を舞台に、若い女性の殺人事件の真相を追うことで、その地に潜む闇の部分を描き出した作品です。「アベンジャーズ」のホークアイ役ジェレミー・レナーと、スカーレット・ウィッチ役エリザベス・オルセンの共演作でもあります。

ネタバレを読む
映画:タイムアフタータイム

タイム・アフター・タイムの紹介:SF小説家として知られるH・G・ウェルズが、実際にタイムマシンを発明していたとしたら?そしてそれを、悪名高き殺人鬼「切り裂きジャック」が使って、「現代」にタイムトリップしてしまったら・・・・?という奇想天外なアイデアで描くタイムトラベルSF映画で、「時計じかけのオレンジ」で知られるマルコム・マクダウェルが、ウェルズ役を好演しています。

ネタバレを読む
映画:パペット大騒査線追憶の紫影パープルシャドー

パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)の紹介:2018年製作のアメリカ映画。『セサミストリート』で知られるジム・ヘンソンカンパニー製作によるアクション・コメディ。人間とパペットが共存する世界で、前代未聞のパペット連続殺害事件が発生。アグレッシブなおばさん刑事コニー&パペット刑事フィルの凸凹コンビが事件解明に乗り出す…。

ネタバレを読む
映画:プロテクター

プロテクターの紹介;1985年に公開されたアクション映画です。香港とアメリカの合作映画で、世界的カンフースターのジャッキー・チェン氏が主演を務めています。ジャッキー氏にとっては本作が2度目のアメリカ映画にあたります。なおジャッキー氏は監督のジェームズ・グリッケンハウス監督と撮影中に揉めており、後に別バージョンの「プロテクター」を制作しています。揉めた理由はアクションの演出などで、東南アジア圏においてはジャッキー版の「プロテクター」が公開されたようです。

ネタバレを読む
映画:メタボリックデカ

メタボリックデカの紹介:2017年製作のタイ映画。メタボ体型の巡査、ヨイ、カン、アオ、プルムの4人は、体重が重過ぎて車が坂を登れず、追跡中の強盗犯を取り逃がしてしまう。さらに、その様子がネット上で拡散され、4人は署長命令でダイエットをすることになるが…。

ネタバレを読む
映画:フレンチコネクション2

フレンチ・コネクション2の紹介:「フレンチ・コネクション」の続編で、ニューヨーク市警の刑事ポパイと麻薬組織の戦いを描いていく。監督はジョン・フランケンハイマー、主演は前作に引き続きジーン・ハックマンが務めた。1975年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:フレンチコネクション

フレンチ・コネクションの紹介:ウィリアム・フリードキン監督、ジーン・ハックマン主演のアクションスリラー。ロビン・ムーアのノンフィクション小説を映画化した作品で、ニューヨークを舞台に国際麻薬組織と闘う刑事たちの姿を描いていく。第44回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞、監督賞、脚色賞、編集賞を制した。1971年アメリカ製作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。