「刑事/探偵」映画一覧

刑事/探偵タグのついている映画は、凄腕の刑事や頭脳明晰な探偵を出演者とした作品や、派手な銃撃戦や難解な事件を推理して解決していくストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ダイ・ハード」「名探偵コナンシリーズ」「シャーロック・ホームズ」などがあります。

映画:影踏み
影踏みの紹介:2019年11月15日公開の日本映画。ミステリー作家・横山秀夫の小説を、山崎まさよし主演で映画化。深夜に人のいる住宅に侵入し、盗みを働く泥棒、通称“ノビ師”。その中でも凄腕の真壁修一はある夜、忍び込んだ家で放火しようとしている女性を止めたことから、警察に逮捕されるが……。共演は「台風家族」の尾野真千子、「十二人の死にたい子どもたち」の北村匠海、「影に抱かれて眠れ」の中村ゆり。監督は「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄。 ネタバレを読む
映画:ヴェンジェンス
ヴェンジェンスの紹介:2017年に公開されたアメリカの映画です。法で裁けぬ悪を刑事が処刑していくというストーリーで、ジョイス・キャロル・オーツの小説「Rape: A Love Story」を原作としています。主役を務めるのはハリウッドスターのニコラス・ケイジで、「キャビン」のアンナ・ハッチソン、「サイレントヒル」のデボラ・カーラ・アンガー、「刑事ナッシュ・ブリッジス」のドン・ジョンソンなどが脇を固めています。 ネタバレを読む
映画:新ポリスストーリー
新ポリス・ストーリーの紹介:1993年に公開されたジャッキー・チェン主演の映画です。1990年に香港で起きた「資産家誘拐事件」をベースにしており、実際に事件が起きた現場の一部がロケ地として使用されています。そのため従来のジャッキー映画よりもシリアスさが前面に押し出されているのが特徴的です。とはいえ警察当局からの要請もあって捜査内容は簡略化されており、すべてが実話ベースではありません。ちなみにジェット・リーが主演をするという話もあったそうです。 ネタバレを読む
映画:デンジャラスブロンド
デンジャラス・ブロンドの紹介:メキシコに旅行へ出かけた女子大生2人が、人身売買の組織に捕らえられ、格闘技に長けたヒロインが決死の脱出を試みるというサスペンス・アクションです。いかにも低予算な作りの作品ですが、終盤には「意外な展開」も加味しています。 ネタバレを読む
映画:ドラゴンコップス
ドラゴン・コップスの紹介:2014年に制作された中国のアクションコメディ映画です。様々な映画のパロディやコネタなどが満載で、ぶっとんだ演出も多いのが特徴的です。さらにはワイヤーアクションもふんだんに使われています。なお本作にはカンフースターのジェット・リー氏が登場しますが、主役はウェン・ジャン氏という俳優です。というのも本策は持病を抱えた後の作品であるため、ジェット・リー氏のアクションシーンはそう多くはなく、ウェン・ジャン氏のアクションのほうが多めになっています。 ネタバレを読む
映画:ノーベル殺人事件
ノーベル殺人事件の紹介:スウェーデンの一大イベントである「ノーベル賞授賞式」を舞台にして起こった殺人事件の真相を追う、女性記者の奮闘を描いた作品です。原作はベストセラーになったリサ・マークンドの「アニカ・ベングッソンシリーズ」で、製作をハリウッドリメイクもされた「ミレニアム」シリーズの製作陣が手掛けています。 ネタバレを読む
映画:マーシュランド
マーシュランドの紹介:スペインのアカデミー賞と言われる「ゴヤ賞」に17部門ノミネートされ、うち10部門を受賞したという、高い評価を得た作品です。軍事独裁政権の爪痕が残る1980年代のスペインを舞台に、田舎の湿地帯にある町で起きた少女失踪事件を追う、2人の刑事の奮闘ぶりを描いています。 ネタバレを読む
映画:ラストソルジャー森に潜む兵士
ラスト・ソルジャー 森に潜む兵士の紹介:「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのギムリ役で知られるジョン・リス=デイヴィスが主演したサスペンス。ある山奥で連続殺人事件が発生し、捜査が難航する中、一人の老人が捜査協力に名乗り出たことをきっかけに、驚きの事実が明かされていく。2018年イギリス製作。 ネタバレを読む
映画:ジャックは一体何をした?
ジャックは一体何をした?の紹介:2020年公開作品。『ワイルド・アット・ハート』『ストレイト・ストーリー』などで知られ、「カルトの帝王」とも呼ばれる巨匠デヴィッド・リンチが自身の誕生日に突然Netflix上で公開した作品として話題となった。デヴィッド・リンチ自身が刑事役を演じている。本作は全編白黒映像で製作されている。 ネタバレを読む
映画:サムライ
サムライの紹介:ジャン=ピエール・メルヴィル監督がジョアン・マクロードの小説を映画化したフレンチフィルムノワールで、寡黙な殺し屋が思わぬミスを犯し、徐々に追い詰められていく姿を描く。アラン・ドロンが主人公のプロの殺し屋を演じており、当時の妻ナタリー・ドロンが恋人役として共演した。1967年フランス・イタリア合作。 ネタバレを読む
映画:トラフィッカー運び屋の女
トラフィッカー 運び屋の女の紹介:2018年製作のアイスランド映画。コカイン密輸を企てる兄弟と運び屋の女の運命を綴るクライム・スリラー。多額の借金を抱える弁護士エリックと、刑務所から出所したばかりの弟アトリ。二人は運び屋ソフィアのコカイン密輸を手伝うことになるが、麻薬捜査局の刑事レナの捜査の手が迫ってくる…。 ネタバレを読む
映画:野獣捜査線
野獣捜査線の紹介:1985年に公開されたアクション映画です。チャック・ノリス氏主演の映画で、ハードボイルドな作品になっているのが特徴的です。チャック・ノリス氏のイメージと少々異なった映画になっているのは、元々この作品がクリント・イーストウッド氏のために書かれたものだったからです。チャック・ノリス氏はクリント・イーストウッド氏を尊敬しており、そのため彼が出ることになったそうです。ちなみに本作はチャック・ノリス氏自身お気に入りだと語っています。 ネタバレを読む
映画:マルタイの女
マルタイの女の紹介:1997年公開の日本映画。殺人事件の現場を目撃してしまった女優が、身辺保護の刑事に守られながら困難を乗り越え、裁判で証言台に立つまでの姿を描いた社会派コメディ。監督・脚本は「スーパーの女」の伊丹十三で、これが監督としての第10作目だったが、映画が公開された後の97年12月20日に突然の飛び降り自殺をしてこの世を去ったため、同時に遺作ともなった。 ネタバレを読む
映画:バニーレークは行方不明
バニー・レークは行方不明の紹介:渡英間もないシングルマザーの幼い娘が失踪するが、娘の存在そのものが疑われるという1965年アメリカのミステリー映画。監督は「帰らざる河」「悲しみよこんにちは」のオットー・プレミンジャー。原作は「妖婆の家」の原作でも知られるイヴリン・パイパーの同名小説。母親アン役を「ポセイドン・アドベンチャー」のキャロル・リンレー、刑事役を名優ローレンス・オリヴィエ、アンの兄を「2001年宇宙の旅」「暗闇にベルが鳴る」のキア・デュリアが演じている。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。