「仮面ライダーシリーズ」映画一覧

仮面ライダーは、石ノ森章太郎の漫画が原作。変身ベルトによって仮面ライダーとなるヒーローが怪人達をバッタバタと倒していくといった内容。仮面ライダー変身ベルトといったグッズや、ライダーキックと呼ばれる必殺技、ショッカーといった敵役など計り知れない影響力を持った作品である。この映画は、主人公の本郷猛を演じる藤岡弘が有名で、他にも豪華な声優や出演者が参加し、歴代のライダー達が登場して人気を称した。

映画:劇場版仮面ライダービルドBeTheOne

劇場版 仮面ライダービルド Be The Oneの紹介:2018年に公開された「仮面ライダービルド」の単独劇場版です。テレビシリーズの45話と46話の間のストーリーだと位置づけられており、本編に先駆けてラストパンドラパネルホワイトが生み出した新世界も一瞬だけ登場しました。さらに次回作の「仮面ライダージオウ」並びに歴代仮面ライダーがエピローグに登場しています。おまけ的な出演のみで、ストーリーには関わっていません。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダーエグゼイドトゥルーエンディング

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディングの紹介:2017年に公開された日本の特撮映画です。「仮面ライダーエグゼイド」の劇場版にして完結編となります。テレビシリーズの後日談を描いた内容で、本編とも密接な繋がりがあります。とはいえテレビシリーズはテレビシリーズとしてきちんと完結しています。さらに本作にはCHEMISTRYの堂珍嘉邦氏が、仮面ライダー風魔役として登場し、次回作の「仮面ライダービルド」も出演しています。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダーウィザードinMagicLand

劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Landの紹介:2013年に公開された「仮面ライダーウィザード」の単独劇場版です。テレビ本編とは違う世界を舞台としているため、一部キャラクターの設定は変更されています。テレビ放送に先行して新フォームが登場する一方で、前年とは違い、次回作の主役ライダーは登場していません。本作のゲストである陣内孝則氏は当時54歳で、それまでの史上最年長ライダーの記録を更新しました。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダーJ

仮面ライダーJの紹介:1994年に公開された特撮映画です。東映スーパーヒーローフェアの1つとして公開されたもので、原作者の石ノ森章太郎氏が最後に携わった「仮面ライダーシリーズ」の作品となります。前年公開の「ウルトラマンVS仮面ライダー」が好評だったため、本作の主人公ライダーは巨大化するという設定になっています。ただ石ノ森氏は巨大化には反対していたようで、「Jの基本能力ではなく奇跡の形態」という案を出したことでようやく同意したそうです。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセル

仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーアクセルの紹介:「仮面ライダーW」のVシネマ作品の1つで、テレビ放映終了後にこうした作品が作られるのは「仮面ライダーシリーズ」でも初の試みとなります。本作は2号ライダーである仮面ライダーアクセルを主役とした作品で、本編よりも恋愛要素大目となっています。オリジナルのドーパント、アクセルの新しい強化形態も登場するなど、本編に負けず劣らずな内容になっていると言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダー対ショッカー

仮面ライダー対ショッカーの紹介:1972年に公開された「仮面ライダー」の中編映画です。「東映まんがまつり」の一編でもあり、テレビ版のスタッフとキャストの手によって制作されています。テレビ版の設定とストーリーを受け継いだ番外編となっており、テレビ版に先んじてギルガラスやユニコルノスが登場しています。本作オリジナルの怪人ザンジオーも登場し、テレビ版よりも規模の大きいアクションになっています。なお撮影日数は3日ほどだったそうです。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダーゴースト100の眼魂とゴースト運命の瞬間

劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間の紹介:2016年に公開された「仮面ライダーゴースト」の劇場版です。仮面ライダー生誕45周年記念の作品であり、「仮面ライダーゴースト」としては初の単独映画となります。次回作となる「仮面ライダーエグゼイド」も先行登場しています。さらに深海大悟役は沢村一樹氏、アルゴス役は木村了氏、ベートーベンやバッハなどは氣志團が演じているなど、キャスティングも豪華なものになっています。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダードライブサプライズフューチャー

劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャーの紹介:2015年に公開された「仮面ライダードライブ」の単独劇場版です。テレビシリーズの第40話と41話の間のストーリーであり、本編と連動した内容になっています。仮面ライダーダークドライブや仮面ライダー超デッドヒートドライブ、仮面ライダードライブ タイプスペシャルといった新ライダーや新フォームも登場します。さらには次回作の「仮面ライダーゴースト」も本作に先行登場しています。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダーフォーゼTHEMOVIEみんなで宇宙キターッ!

仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!の紹介:2012年に公開された「仮面ライダーフォーゼ」の単独劇場版です。テレビシリーズにおける38話と39話の間の出来事と位置付けられており、宇宙を舞台とした物語になっています。「宇宙鉄人キョーダイン」のグランゼルやスカイゼル、ブラックナイトが設定やデザインを一新した状態で登場します。そのうえ「大鉄人17」のワンセブンも設定を変えて出演しています。さらに次回作のライダー「仮面ライダーウィザード」も先行登場しています。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダル

劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダルの紹介:2011年に公開された「仮面ライダーオーズ」の劇場版です。仮面ライダー生誕40周年記念の作品でもあり、時代劇の要素が散りばめられているのが特徴的です。そのため「暴れん坊将軍」とコラボしており、松平健氏演じる暴れん坊将軍が仮面ライダーオーズと共闘するシーンがあります。さらには次回作の「仮面ライダーフォーゼ」もゲスト出演しています。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダー1号

仮面ライダー1号の紹介:2016年に公開された特撮映画です。「仮面ライダーシリーズ」の生誕45周年を記念した作品で、初代仮面ライダーを演じた藤岡弘、が本郷猛として主演を務めています。藤岡氏が仮面ライダーの劇場版で主演を務めるのは、1972年の「仮面ライダー対じごく大使」から実に44年ぶりです。2016年当時69歳だった藤岡氏は子供の夢を壊さないため筋トレに励み、がっしりとした体格で映画撮影に臨んだそうです。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダー電王俺、誕生!

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!の紹介:2007年に公開された「電王シリーズ」初の劇場版です。平成仮面ライダーの劇場版としては初めてとなるテレビシリーズとの連動を持ち味としています。そのため劇場版公開前後にテレビシリーズの27話と28話で関連するエピソードが描かれています。さらに23話と24話に本作に先んじてジークが出演しています。こうしたテレビシリーズとの関係が深い映画になっているため、平成仮面ライダーの劇場版でお馴染みの最強フォームの先行登場はありません。

ネタバレを読む
映画:劇場版さらば仮面ライダー電王ファイナルカウントダウン

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウンの紹介:仮面ライダー電王の映画第3弾です。「電王シリーズ」の完結編に位置づけられている作品で、後の「超・電王シリーズ」に繋がる一つの区切りになっています。この映画を最後に、佐藤健氏は「電王シリーズ」を卒業しています。さらに本作初登場となる仮面ライダーが二人も登場し、主役交代を予感させる要素が多いのも一つの特徴となっています。なお本作では野上幸太郎役の桜田通氏が主演という扱いで、佐藤健氏は特別出演という位置づけです。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ

仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリの紹介:大道克己率いるNEVER相手に、仮面ライダーWとアクセルが立ち向かう。仮面ライダーW初の単独映画で、仮面ライダーシリーズとしては初となるデジタル3D作品でもある。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。