「ヤクザ/マフィア」映画一覧

ヤクザ/マフィアタグのついている映画は、裏社会を牛耳る、悪で格好良い出演者が登場し、警察との戦いやマフィア同士の抗争など、残虐でバイオレンスなストーリー展開の作品が多く、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ゴッド・ファーザー」「闇金ウシジマくん」「アウトレイジ」などがあります。

ガンズ&ゴールドの紹介:2014年に公開されたオーストラリア映画で、ユアン・マクレガーやアリシア・ヴィキャンデルらが出演したクライムサスペンス。刑務所で知り合った強盗犯から、ノウハウを教えられた若者が、彼と共に裏社会を支配するマフィアと攻防を繰り広げていく様を描いている。

ネタバレを読む

デンジャラス・ミッションの紹介:2016年にドイツで製作されたアクションコメディ。売れないスタントマンの男たちが思いがけない形でギャングの抗争に巻き込まれ、あるミッションを果たすべく街中を奔走していく。

ネタバレを読む

サイゴン・ボディガードの紹介:2016年にベトナムで製作され、大ヒットを記録したアクションコメディ。凄腕ながら少し間抜けなボディガードコンビと、彼らが警護する社長御曹司の誘拐を企むギャング団との戦いを描いていく。監督は国際的評価を高めつつある日本人監督、落合賢が務めた。

ネタバレを読む

ショウダウン 不死身の弾丸の紹介:2016年にアメリカで製作されたアクション映画。フィリピンのマニラを舞台に繰り広げられる元刑事と犯罪組織の大ボスの激しい戦いを描いていく。メガホンを取ったのはアクション俳優マーク・ダカスコスで、俳優としても出演を果たしている。

ネタバレを読む

闇を生きる男の紹介:2011年に公開されたベルギー映画で、ミヒャエル・R・ロスカムがメガホンをとり、マティアス・スーナールツ主演で贈るサスペンス。子供の頃に過酷な試練を与えられた畜産農業者の男性が、ホルモンマフィアと警察との事件に巻き込まれていく様を描いている。

ネタバレを読む

蘇える金狼(1979年)の紹介:1979年に製作された村川透監督、松田優作主演の犯罪ドラマ。大藪春彦の同名小説が原作で、犯罪者としての裏の顔を持つサラリーマンの野心的な物語が展開されていく。劇中のアクションシーンは迫力満点で、撮影監督を務めた仙元誠三はヨコハマ映画祭で撮影賞を受賞した。

ネタバレを読む

皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇の紹介:イスラエルの報道カメラマンであるシャウル・シュワルツ監督が、メキシコの麻薬戦争に直撃したドキュメンタリー作品。日本公開は2015年。

ネタバレを読む

ホイールマン -逃亡者-の紹介:2017年に製作されたアメリカ映画で、フランク・グリロ主演で贈るアクションサスペンス。ギャングに借りのある逃がし屋が、ある仕事を引き受けたことで、抗争に巻き込まれていく姿を描いている。

ネタバレを読む

エル・チャポ:世紀の大脱走の紹介:2016年に製作されたメキシコ映画で、メキシコの麻薬王、エル・チャポことホアキン・グスマンについて描かれたドラマ。厳重な刑務所に収監されていたエル・チャポが、歴史上初めての脱獄を成功させ、その逃走劇を映しだした作品。

ネタバレを読む

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男の紹介:2014年に公開されたアメリカ映画で、ジョン・キューザックが主演を務めたサスペンス。ロバート・デ・ニーロやクリスピン・グローヴァー、ドミニク・パーセルらも出演した。バッグの中身を決して見ないことを条件に、ボスから運ぶ依頼を受けた、1人の殺し屋の運命を描いている。

ネタバレを読む

闇金ドッグス9の紹介:2018年制作の日本映画。裏社会に渦巻く人間たちの欲望を活写する「闇金ドッグス」シリーズ第9弾。女の扱いに絶対の自信を持つラストファイナンス社員・須藤司。ある日、“クスリ”を一緒に提供するサービスが好評な風俗嬢たちに次々と金を貸し付ける司だったが、その回収に苦戦する…。

ネタバレを読む

HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSIONの紹介:2017年11月11日公開の日本映画。映画、コミック、SNS、アルバム、LIVEなどあらゆるメディアを巻き込んで展開される総合エンタテインメント・プロジェクト『HiGH&LOW』『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』の続編となる劇場版長編。5つのチームが覇権を競う街、SWORD地区で新たな抗争が勃発する。前作同様、EXILE TRIBEのメンバーが多数出演。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。