「ヤクザ/マフィア」映画一覧

ヤクザ/マフィアタグのついている映画は、裏社会を牛耳る、悪で格好良い出演者が登場し、警察との戦いやマフィア同士の抗争など、残虐でバイオレンスなストーリー展開の作品が多く、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ゴッド・ファーザー」「闇金ウシジマくん」「アウトレイジ」などがあります。

映画:フレンチコネクション2

フレンチ・コネクション2の紹介:「フレンチ・コネクション」の続編で、ニューヨーク市警の刑事ポパイと麻薬組織の戦いを描いていく。監督はジョン・フランケンハイマー、主演は前作に引き続きジーン・ハックマンが務めた。1975年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:全員死刑

全員死刑の紹介:インディーズバイオレンス映画「孤高の遠吠」で注目を浴びた小林勇貴監督の、商業用映画第一作目となる作品です。実際に起きた4人家族による連続殺人事件を基に、コメディタッチながらも凄絶なバイオレンス描写が炸裂する一作になっています。

ネタバレを読む
映画:アホーマンス

ア・ホーマンスの紹介:狩撫麻礼原作・たなか亜希夫作画による同名の漫画を基に、故・松田優作が監督・主演を務めた作品です。諸事情により別の監督から受け継いだ形になりましたが、松田優作さんにとって初の監督作であり、そして生涯唯一の監督作になりました。全編を貫く「静かなる狂気とバイオレンス」は、今見ても鮮烈です。

ネタバレを読む
映画:刑事マディガン

刑事マディガンの紹介:ドン・シーゲル監督、リチャード・ウィドマーク主演のクライムアクション。リチャード・ドハティの小説を映画化した作品で、捜査中に拳銃を奪われながらも執念で犯人を追い続ける刑事の姿を描く。1968年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:運び屋

運び屋の紹介:2018年製作のアメリカ映画。巨匠クリント・イーストウッドが、麻薬カルテルの運び屋である90歳の老人を演じ、『グラン・トリノ』以来10年ぶりに自作で主演を務めた人間ドラマ。なぜ、たったひとりで10年もの間、麻薬カルテルの運び屋をしていたのか、驚きの事実が明らかになる。

ネタバレを読む
映画:フラグメント 偽りと真実の狭間

フラグメント 偽りと真実の狭間の紹介:メキシコを旅する女性が、行方不明になった夫を探すうち、隠されていた夫の「真の仕事」を知り、思わぬ事件に巻き込まれることになる・・・という物語で、過去と現在の場面を入り乱れるように交えた構成が巧みな作品です。

ネタバレを読む
映画:修羅の華

修羅の華の紹介:韓国の人気女優キム・ヘス主演のノワール映画。犯罪組織のナンバー2の女が仲間の裏切りに遭い苦境に立たされながらも、愛する者を守り抜く姿を描いていく。第50回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭では、フォーカス・アジア部門最優秀作品賞を受賞した。2017年韓国製作。

ネタバレを読む
映画:スノーロワイヤル

スノー・ロワイヤルの紹介:2019年製作のアメリカ映画。マフィアに息子を殺された除雪作業員の壮絶なる復讐劇を描く、リーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクション。犯罪小説で得た殺しの知識によって、たった1人でマフィアに立ち向かっていく男をニーソンが熱演。ノルウェーの鬼才と呼ばれるハンス・ペテル・モランド監督がステラン・スカルスガルド主演で映画化した自作をリメイク。

ネタバレを読む
映画:ガルヴェストン

ガルヴェストンの紹介:2018年製作のアメリカ映画。ニック・ピゾラットの犯罪小説『逃亡のガルヴェストン』を「マレフィセント」のエル・ファニング、「インフェルノ」のベン・フォスター主演で映画化。病に冒された殺し屋ロイは、彼を切り捨てた組織に反旗を翻し、傷ついた娼婦ロッキーを連れて逃避行に出る…。

ネタバレを読む
映画:シシリアンゴーストストーリー

シシリアン・ゴースト・ストーリーの紹介:2017年制作のイタリア、フランス、スイス合作映画。1993年、シチリアで実際に起きた陰惨な誘拐事件を元にした寓話的なラブストーリー。主演の2人には演技未経験のユリア・イェドリコブスカとガエターノ・フェルナンデスが選ばれた。

ネタバレを読む
映画:25時

25時の紹介:2002年制作のアメリカ映画。スパイク・リーの監督作品で、デイヴィッド・ベニオフの同名小説を基にしている。出演はエドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン、バリー・ペッパーが務めている。日本公開は2004年。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。