「ヤクザ/マフィア」映画一覧

ヤクザ/マフィアタグのついている映画は、裏社会を牛耳る、悪で格好良い出演者が登場し、警察との戦いやマフィア同士の抗争など、残虐でバイオレンスなストーリー展開の作品が多く、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ゴッド・ファーザー」「闇金ウシジマくん」「アウトレイジ」などがあります。

ガイ・リッチー監督が1998年に手がけた長編デビュー作。後にガイ・リッチー製作総指揮、脚本でドラマ化もされ、いまだに根強い人気を持つ作品。 エディ、ベーコンら悪友4人組はギャンブルで多額の借金を背負ってしまい、ギャングの金を横取りする計画を立てる。 計画は一旦は成功したものの、4人は思わぬ事態に巻き込まれていく。 ネタバレを読む
2000年制作イギリス、アメリカ映画。ダイヤ商から86カラットのダイヤを盗み出した、強盗団。宝石をニューヨークを根城にしているボス、アビーに届けようとするが裏では裏切りや陰謀が渦巻いていた。果たして、最後に笑うのは誰か? ネタバレを読む
フランク・マーティンは、どんな危ない仕事でも冷静沈着にこなす、依頼者からは絶対の信頼があるトランスポーター(運び屋)だったが、今はアメリカのマイアミにいた。彼の話を聞いた連邦麻薬対策委員長であるジェファーソン・ビリングスからの依頼でフランクは短期間だが彼の息子ジャックの送迎を担当することになる。しかしコロンビアの麻薬カルテルから仕事を依頼された犯罪者たちが、ジャッ クに殺人ウィルスを注射したことで、フランクはジャックを助けるべく犯罪グループに挑んでいく。 2005年公開 フランス・アメリカ合作のカーアクション映画
製作・脚本:リュック・ベンソン  監督:ルイ・レテリエ ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2009年アメリカ制作のコメディ映画。結婚式2日前に独身パーティーのため、親友2人と新婦のちょっと変わった弟と4人でベガスに出かけた新郎。祝杯をあげて酔っぱらって目覚めると、新郎のダグがいない。そして昨晩の記憶すらない。親友のフィルとステュと未来の弟アランが、結婚式に間に合うよう、必死にダグを探しだそうとしますが、いろんな問題が。無事彼らは結婚式に間に合うのでしょうか? ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
自らに「運び」のルールを課したトランスポーター(運び屋)フランク・マーティンは依頼人からあるバッグを頼まれるが、自分に課した掟を破り中身を見てしまったことから人身売買の組織と渡り合うことになる。 フランスの巨匠リュック・ベンソンが脚本とプロデュースを担当し、本作で世界的に名が知られることとなるジェイソン・ステイサムを主演に、2002年に制作されたフランス・アメリカのカーアクション映画。監督はルイ・レテリエ、コリー・ユン。 ネタバレを読む みんなの感想が5件届いてます
2014年のアメリカ映画。 『トレーニング デイ』や『ザ・シューター/極大射程』など、重厚なアクションスリラーを得意とするアントワーン・フークアが監督を務め、『デレーニング デイ』でアカデミー主演男優賞に輝いたデンゼル・ワシントンと再ダッグを組んだ作品。 ネタバレを読む
2015年制作の日本映画。かつてヤクザの組長をしていた龍三は、今は老人となり息子の家で居候していた。ある時、オレオレ詐欺にあってしまい、このことから半グレ集団の京浜連合の存在を知ります。今の若い連中のやり方が気に入らない龍三はかつての子分を呼び出し、京浜連合と戦うことを決意します。怖いもの知らずの老人たちに若者は翻弄されるのでした。 ネタバレを読む
2007年制作のアメリカ映画。ある日、動物を狩りに行ったモスは、偶然にも麻薬取引の現場を見つけてしまう。交渉が決裂し死体しか残っていない現場でモスは、金が入ったブリーフケースを見つけ、盗んでしまう。これによってギャングから狙われることになったモスは逃亡するのであった。一方でそんなモスを追跡するため、凶悪な殺し屋であるシガーが送り込まれるのであった。 ネタバレを読む
極道の妻たち 危険な賭けの紹介:1996年製作の日本映画。極道とその妻たちとの愛や権力争いを描く『極道の妻たち』シリーズ第9弾。監督は「首領を殺った男」の中島貞夫。脚本を「藏」の高田宏治、撮影を「霧の子午線」の木村大作が担当している。主演は「霧の子午線」の岩下志麻と、シリーズの常連、かたせ梨乃。また「未来の想い出 Last_Christmas」の工藤静香が極妻役に初挑戦し、主題歌も歌った。 ネタバレを読む
極道の妻たち 決着(けじめ)の紹介:1998年製作の日本映画。極道とその妻たちとの愛や権力争いを描く『極道の妻たち』シリーズ第10弾にして最終作。監督は「極道の妻たち危険な賭け」の中島貞夫。脚本は「まむしの兄弟」の高田宏治。撮影を「鉄と鉛 STEEL&LEAD」の仙元誠三が担当している。主演は「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の岩下志麻。 ネタバレを読む
極道の妻たち 赤い殺意の紹介:1999年製作の日本映画。内部抗争により殺された夫と義父の為に復讐を誓った極道の妻の活躍を描く、リニューアルした人気極道シリーズの通算第11作。監督は「残侠」の関本郁夫。家田荘子の原作を基に、「蓮如物語」の中島貞夫が脚本を執筆。撮影を水巻祐介が担当している。主演は「ショムニ」の高島礼子と「極道の妻たち 決着」のかたせ梨乃。スーパー16ミリからのブローアップ。 ネタバレを読む
新・極道の妻たち 惚れたら地獄の紹介:1994年製作の日本映画。極道とその妻たちとの愛や権力争いを描く『極道の妻たち』シリーズ第7弾。監督はシリーズ3作目「極道の妻たち 三代目姐」も手がけた降旗康男。脚本は「継承盃」の松田寛夫、撮影は「わが愛の譜 滝廉太郎物語」の木村大作が担当。1作目以降シリーズの大半に主演している岩下志麻が今回も主役の姐を演じる。 ネタバレを読む
サンダーボルトの紹介:クリント・イーストウッドが主演を務め、本作の後に「ディア・ハンター」でアカデミー賞を受賞したマイケル・チミノが監督を手がけた、1974年製作の作品です。銀行強盗を狙う派手なアクションというより、イーストウッドを中心とした人物たちを描いたロードムービー的な作品になっています。 ネタバレを読む
グリンゴ/最強の悪運男の紹介:2018年製作のアメリカ&メキシコ&オーストラリア合作映画。『ある少年の告白』で、製作総指揮を務めたナッシュ・エドガートンがメガホンをとるリベンジ・エンタテインメント。お人好しすぎる男ハロルドが、極悪な上司リチャードへの復讐として“500万ドルの偽装誘拐”を企て、人生の大逆転に挑む。ハロルド役で主演を務めるのは、『グローリー/明日(あす)への行進』のデヴィッド・オイェロウォ。ナッシュ監督の弟ジョエル・エドガートンや、製作も兼務するシャーリーズ・セロンらが共演。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×