「怪獣/怪物」映画一覧

海底二万哩の紹介:1954年にアメリカで製作されたSF冒険映画で、巨大潜水艦ノーチラス号の戦いを描く。ジュール・ベルヌの小説を映画化した作品で、ウォルト・ディズニーが製作に携わった。リチャード・フライシャー監督、カーク・ダグラス、ジェームズ・メイスン主演。第27回アカデミー賞では、美術監督賞(カラー)、特殊効果賞を受賞した。

ネタバレを読む

THE BITE 変身する女の紹介:2015年製作のカナダ映画。結婚を控えた美女が突如恐ろしい化け物に変貌するクリーチャーホラー。結婚を前に、友人のクリスティンとジルの3人で独身最後の旅行でコスタリカに出掛けたケイシー。現地の秘境に向かい泳いでいた彼女は、何かに足を噛まれてしまい…。

ネタバレを読む

クリスティーンの紹介:気弱ないじめられっ子の高校生が赤のプリムス・フューリーに魅入られ、車に潜む邪悪な意志が彼のために復讐を始めるという、1883年公開のアメリカの車ホラー映画。原作はスティーヴン・キングの同名小説、監督は「遊星からの物体X」「ザ・フォッグ」で知られるジョン・カーペンター。

ネタバレを読む

ブラック・ウォーターの紹介:2008年製作のオーストラリア映画。2003年にオーストラリアで実際に起きた事件を題材にしたパニック・ホラー。本物のマングローブの沼地と体長3メートルの本物のクロコダイルを使用し、迫真の映像を作りあげている。

ネタバレを読む

GODZILLA 怪獣惑星の紹介:2017年公開の日本アニメーション映画。製作は東宝。怪獣映画の王道『ゴジラ』の正統な一作で、シリーズとしては初のアニメ作品でもある。全3部作として構成されていて、本作品はその第1章にあたる。監督は『名探偵コナン』シリーズの静野孔文と『亜人』『シドニアの騎士』などの瀬下寛之。原案・脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』『PSYCHO-PASS サイコパス』の虚淵玄。シリーズ構成に『パーフェクトブルー』『千年女優』などの村井さだゆき。本作の前日譚にあたる小説として『GODZILLA 怪獣黙示録』が公開前に出版された。そして物語は第2章の『GODZILLA 決戦機動増殖都市』に続いている。

ネタバレを読む

アリゲーター2の紹介:1990年製作のアメリカ映画。ペットとして飼育されていたワニが下水道に逃げ込み、人知れず成長して巨大化し、人間を襲うパニック映画『アリゲーター』の第2弾。第1弾と同じように、化学薬品の影響で巨大化したワニが人間を襲う。

ネタバレを読む

アリゲーターの紹介:1980年製作のアメリカ映画。ペットとして飼育されていたワニがある事情によって下水道に逃げ込み、人知れず成長して巨大化し、人間を襲うパニック映画。巨大化したワニと、それを発見した男性刑事との戦いを描く。

ネタバレを読む

ボルケーノ・スパイダーの紹介:2016年製作のアメリカTV映画。TV映画『ラバランチュラ』シリーズの第2弾。溶岩の中から現れるクモ・ラバランチュラとの戦闘を描く。LAにラバランチュラが現れた1年後、今度はマイアミに巨大なラバランチュラが出現、元ハリウッドスターのコルトンがまたも奮闘する。

ネタバレを読む

ラバランチュラ 全員出動!の紹介:2016年1月公開のアメリカ映画。80年代の人気コメディ「ポリスアカデミー」のメンバーが再結集。火山噴火で現れた溶岩を吐く巨大なクモから、ロスの街を救うため、かつての人気俳優たちが立ち上がるが…。

ネタバレを読む

X-コンタクトの紹介:2015年製作のアメリカ映画。漁船に乗り込んだ大学生と教授、乗組員らが、未知の生命体を発見して想像を絶する恐怖に襲われる様を描いている。「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」などに携わったアレックス・ギリスが監督・脚本を務めたSFスリラー。なるべくCGを使ってないクリーチャーの姿や、その暴れる様に注目の作品。

ネタバレを読む

スキンウォーカー・プロジェクトの紹介:アメリカユタ州に実在する超常現象スポット”スキンウォーカー・ランチ”で発生した怪現象の調査にあたった6人の恐怖を描いた、2013年製作のホラー・モキュメンタリー。原題は「SKINWALKER RANCH」。監督・出演は「邪神バスターズ」のデヴィン・マッギン。出演は「ブギーマン3」のエリン・ケイヒル、「96時間」のジョン・グライスなど。

ネタバレを読む

デッドガールの紹介:2008年製作のアメリカ映画。廃病院に侵入した学生2人が、拘束されたゾンビの女性を見つけて、狂気へと向かう様を描いている。各国の映画祭で出品され、その不謹慎な内容から問題となった作品。主演は「死霊のはらわた(2013年)」のシャイロー・フェルナンデス。彼の悪友を務めるのはノア・セガン。

ネタバレを読む

ザ・パック 餌になる女の紹介:2010年製作。ヒッチハイクの男性を乗せたことから、化物の餌になるために拉致・監禁された女性の運命を描いている。「尻敷女」の制作陣が参加し、カンヌ国際映画祭で上映されて話題を呼んだ作品。主演はエミリー・ドゥケンヌ。捕まえた人間を化物の餌として与える女性主人をヨランド・モローが演じる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。