「近未来」映画一覧

近未来タグのついている映画は、近い未来の現実世界を予測した、科学技術の発達した都市やロボットなどを設定とした作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ダイバージェント」「ターミネーター」「20世紀少年」などがあります。

映画:CUTIE HONEY -TEARS-

CUTIE HONEY -TEARS-の紹介:2016年に公開された日本のSFアクション映画です。永井豪氏の漫画「キューティーハニー」を原作とした実写化作品となりますが、ストーリーや設定などは独自にアレンジされています。西内まりや氏が主演を務めており、本作で初めてアクションシーンを演じたそうです。ちなみに2017年の「ジャパンアクションアワード」にて、西内まりや氏はベストアクション女優賞の優秀賞を受賞しています。

ネタバレを読む
映画:ムーントラップ

ムーントラップの紹介:「スター・トレック」シリーズで若き操縦士・チェコフを演じていたウォルター・コーニッグと、「死霊のはらわた」のアッシュ役で有名なブルース・キャンベルが主演を務めた、SFアドベンチャー作品です。月面で発見された謎の巨大宇宙船は、地球侵略を企む異星人のメカが積載されていた・・・!という物語で、CG全盛期以前の特撮が懐かしいテイストをかもし出しています。

ネタバレを読む
映画:ザメッセージ地球侵略

ザ・メッセージ 地球侵略の紹介:ほぼ全編に渡り、主要登場人物3人の会話と行動のみで進んでいく、地味なテイストのSFサスペンスです。極力特撮などは省いて、日常的なドラマで「異星人の侵略」を描こうとする手法は、なかなか珍しいものと言えます。

ネタバレを読む
映画:ビヨンドザトレック

ビヨンド・ザ・トレックの紹介:遺伝子組み換えにより「優秀な人材」を生み出すことが可能になった、未来にて。遺伝子組み換えで誕生した「第一世代」から選ばれたメンバーが、外宇宙で遭難した宇宙船の探索に出かけるのだが、彼らを待っていたのは思いがけない運命だった・・・!というストーリーで、遭難し人員が消えた宇宙船の謎を解く、サスペンスタッチのSF作品になっています。

ネタバレを読む
映画:パーフェクトセンス

パーフェクト・センスの紹介:世界中に謎の疫病が蔓延し、予防する手段も治療方法もわからぬまま、感染した人々は徐々に「五感」を失っていく・・・という物語で、疫病によるパンデミックよりも、ユアン・マクレガーとエヴァ・グリーン演じる主人公カップルが、疫病の蔓延した世界で生き抜いていく様を描いています。

ネタバレを読む
映画:ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-

ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-の紹介:2010年に公開された日本の映画で、2004年公開の「ゼブラーマン」の続編となります。ゼブラーマンが姿を消してから15年後の2025年が舞台となっており、ゼブラクイーンというキャラクターが登場します。作中で披露されている「NAMIDA〜ココロアバイテ〜」は実際にリリースされており、ゼブラクイーン役の仲里依紗氏が歌っています。なお本作ではスタントマンを使わず、哀川翔氏がアクションをすべて演じているそうです。

ネタバレを読む
映画:タマテバコ

タマテバコの紹介:2014年製作。Tick Tack製作の連作短編映画シリーズの第4作目となる作品である。日本人ならば誰でも知っている昔ばなしの「浦島太郎」をモチーフとした、全5作から成る連作短編映画シリーズの4作目に当たる作品である。監督・脚本・編集を務めたのは、Tick Tackプロジェクトの中心人物でもある映像作家の堤真矢監督。今作では浦島太郎の玉手箱にフォーカスを当てている。

ネタバレを読む
映画:CASSHERN

CASSHERNの紹介:2004年に公開された日本の映画です。タツノコプロのアニメ「新造人間キャシャーン」を原作とした実写映画となりますが、話は別物です。映像作家である紀里谷和明氏にとっては、初の商業映画デビュー作品となります。キャスト陣が豪華なのが特徴的で、制作費は何と6億円にも上ります。なお余談ですが、アクボーン役として出演している宮迫博之氏は泥まみれの水槽から登場するシーンで、目を開けたまま出てきてほしいという監督の要望に応え、眼病になったそうです。

ネタバレを読む
映画:EMMAエマ人工警察官

EMMA/エマ 人工警察官の紹介:パリで警部を勤めるベテラン刑事・フレッドの元に、新任刑事のエマが研修生として配属されます。若く美人でモデルのようなエマは、頭脳明晰で度胸もありますが、何か「普通ではない」一面も持っていました。実は彼女は、政府の手により作られた「人工警察官」だったのです・・・!TVムービーとして製作された低予算SFドラマですが、ヒロイン・エマの魅力もあって、見ごたえある作品に仕上がっています。

ネタバレを読む
映画:最強サイボーグX

最強サイボーグXの紹介:ハイテク化された軍事産業のシステムが、ある日一斉に人類に対し攻撃を開始。ドローンやサイボーグを駆使する軍事システムになすすべなく、人類は絶滅寸前にまで追い込まれる・・・という近未来SFアクションで、こういったB級作品に数多くゲスト出演しているダニー・トレホが、本作でも大活躍、目立ちまくっています!

ネタバレを読む
映画:アンチヴァイラル

アンチヴァイラルの紹介:華やかなセレブに憧れるあまり、セレブがかかった病気のウイルスを注射することによって、セレブの生活を「疑似体験する」ことが認可された、近未来の世界で。セレブのウイルスを販売する青年シドは、自らもそのウイルスの虜になってしまうのでした・・・という近未来SFで、かのデヴィッド・クローネンバーグ監督の長男、ブランドン・クローネンバーグの長編初監督作にふさわしい、変態チックなドラマに仕上がっています。

ネタバレを読む
映画:ブルークリスマス

ブルークリスマスの紹介:UFOと遭遇し血液が青色化する現象に怯えた指導者らの謀略による、世界的危機を描いた1978年公開のSF映画。「北の国から」の倉本聰のオリジナル脚本「UFOブルークリスマス」を「日本のいちばん長い日」の岡本喜八監督が映画化した。主演の勝野洋、竹下景子他、仲代達矢、岡田英次、小沢栄太郎、大滝秀治など錚々たる名優陣が出演している。主題歌 はCharの「ブルークリスマス」。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。