「近未来」映画一覧

近未来タグのついている映画は、近い未来の現実世界を予測した、科学技術の発達した都市やロボットなどを設定とした作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ダイバージェント」「ターミネーター」「20世紀少年」などがあります。

2048の紹介:2008年に制作されたドイツ映画で、ジェームズ・ブローリンやイアン・サマーハルダーらが出演したSFアドベンチャー。地球温暖化によって、水面の上昇が止まらない近未来を舞台に、トレジャーハンターの父子が人類を救うため、秘宝を探す姿を描いている。

ネタバレを読む

アイ,ロボットの紹介:2004年のアメリカ・ドイツ合作のSFアクション。アイザック・アシモフによる「われはロボット」を原案とした作品で、ロボット設計者の死をめぐる謎を描いていく。ロボットを嫌悪する主人公の刑事をウィル・スミスが演じた。

ネタバレを読む

恋と嘘の紹介:2017年10月14日公開の日本映画。自由恋愛が禁止された近未来を舞台に、政府が選んだ結婚相手と、幼なじみとの間で揺れるヒロインの姿を描くラブストーリー。マンガアプリに連載され、アニメ化もされた人気コミックの設定を生かした原作とつながりをもつアナザーストーリーとなっている。ヒロインを森川葵、幼なじみを北村匠海、その恋のライバルを佐藤寛太が演じる。

ネタバレを読む

アノマリーの紹介:2014年制作のイギリス映画。9分47秒の間だけ、自分の意識を保てる元兵士が、陰謀に立ち向かう姿を描いている。ノエル・クラークが監督と主演を務め、イアン・サマーハルダーやルーク・ヘムズワース、ブライアン・コックスらが出演したSFアクション。

ネタバレを読む

レボリューション・ティガの紹介:2015年製作のインドネシア映画。同じ師の下で学んだ3人の男たちが、国家の陰謀が渦巻く裏社会で対峙する姿を描いている。アンギ・ウンバラが監督を務め、インドネシア・バンダン映画祭では最優秀監督賞に輝いた。東南アジア最強の格闘技、シラットの使い手たちの怒涛のアクションシーンは見もの。

ネタバレを読む

Mute/ミュートの紹介:2018年2月23日に公開されたイギリス・ドイツ映画。近未来のベルリンを舞台に、声を発することができない男性が、突然と姿を消した愛する人を探す姿を描いている。ダンカン・ジョーンズが監督を務めた作品で、アレクサンダー・スカルスガルド主演で贈るSFサスペンス。

ネタバレを読む

AIR/エアーの紹介:2015年制作のアメリカ映画。地上が致死性の高い空気となった近未来で、人類の未来の鍵となる、スリープ状態の人々を管理する二人の男の姿を描いている。「ウォーキング・デッド」の制作チームが参加し、ノーマン・リーダス主演で贈るSFスリラー。

ネタバレを読む

スイッチ・オフの紹介:2015年製作のカナダ映画。SF小説『森へ-少女ネルの日記』を映画化。突如世界中の電気がなくなり、電力頼りの生活が一変、物資にも事欠くように。森の中で暮らす少女ネルと姉エバは父を亡くし、自分たちの力だけで生き延びようとするが…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。