「近未来」映画一覧

近未来タグのついている映画は、近い未来の現実世界を予測した、科学技術の発達した都市やロボットなどを設定とした作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ダイバージェント」「ターミネーター」「20世紀少年」などがあります。

映画:キモチラボの解法

キモチラボの解法の紹介:LDH JAPAN、国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア、作詞家小竹正人氏による音楽と映像のコラボ『CINEMA FIGHTERS』の第1弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は『CUTIE HONEY TEARS』のA.T.。製作は2017年、作品原案曲はFlowerの『白雪姫』。

ネタバレを読む
映画:メイズランナー3最期の迷宮(完結)

メイズ・ランナー:最期の迷宮の紹介:2018年6月15日公開のアメリカ映画。巨大迷路に送り込まれた若者たちの脱出劇を描く、人気小説が原作のサバイバル・アクションの完結編。ウィルスの抗体開発の実験台にさせられていたと知ったトーマスと仲間たちが、捕らわれた仲間を救うため、謎の組織WCKD(ウィケッド)に最後の戦いを挑んでいく…。

ネタバレを読む
映画:Snowman

Snowmanの紹介:LDH JAPAN、国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア、作詞家小竹正人氏による音楽と映像のコラボ『CINEMA FIGHTERS』の第1弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は『東京喰種 トーキョーグール』で長編監督デビューした萩原健太郎。製作は2017年、作品原案曲はE-girlsの『Mr.Snowman』。

ネタバレを読む
映画:レッドハンター

レッド・ハンターの紹介:2018年のアメリカ・カナダ合作の近未来アクション映画。天変地異で崩壊した地球を舞台に、賞金稼ぎの女が復讐を果たすために犯罪者たちが潜伏する街に潜入する姿を描く。主演は総合格闘家ジーナ・カラーノが務めた。

ネタバレを読む
映画:アルヴレズル 機械仕掛けの妖精たち

アルヴ・レズル -機械仕掛けの妖精たち-の紹介:文化庁若手アニメーター育成プロジェクトの『アニメミライ2013』参加作。最速でアニメ化する企画にて劇場公開された短編SFアニメ。原作は山口優、監督は吉原達矢。近未来。神経細胞を模した装置が完成したことで、人間の意識と機械の垣根が壊れ、混乱をきたしていく。心を失ってしまった妹を救うために、奔走する兄の姿を描く。

ネタバレを読む
映画:ラストサバイバーズ

ラスト・サバイバーズの紹介:2014年に製作されたアメリカ映画で、ヘイリー・ルー・リチャードソン主演で贈るSFアクション。日照りが続いて水が枯渇した近未来を舞台に、いつ枯れるか分からない井戸を守りながら、病気の少年と生きる少女の姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:エクスティンクション地球奪還

エクスティンクション 地球奪還の紹介:2018年7月27日に配信されたSF映画で、ベン・ヤングが監督を務め、マイケル・ペーニャ主演で贈る作品。悪夢の内容と同じく、謎の侵略者からの攻撃が現実と化して、家族を守りながら安全な場所を目指す男の姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:TAUタウ

TAU/タウの紹介:2018年6月29日に配信されたアメリカ映画で、マイカ・モンローやエド・スクレインが出演し、ゲイリー・オールドマンが声優を務めたSFスリラー。人工知能を開発する研究者に拉致され、被検体となった女性が、建物から脱出する様を描いている。

ネタバレを読む
映画:2048

2048の紹介:2008年に制作されたドイツ映画で、ジェームズ・ブローリンやイアン・サマーハルダーらが出演したSFアドベンチャー。地球温暖化によって、水面の上昇が止まらない近未来を舞台に、トレジャーハンターの父子が人類を救うため、秘宝を探す姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:アイロボット

アイ,ロボットの紹介:2004年のアメリカ・ドイツ合作のSFアクション。アイザック・アシモフによる「われはロボット」を原案とした作品で、ロボット設計者の死をめぐる謎を描いていく。ロボットを嫌悪する主人公の刑事をウィル・スミスが演じた。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。