「近未来」映画一覧

近未来タグのついている映画は、近い未来の現実世界を予測した、科学技術の発達した都市やロボットなどを設定とした作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ダイバージェント」「ターミネーター」「20世紀少年」などがあります。

AIR/エアーの紹介:2015年制作のアメリカ映画。地上が致死性の高い空気となった近未来で、人類の未来の鍵となる、スリープ状態の人々を管理する二人の男の姿を描いている。「ウォーキング・デッド」の制作チームが参加し、ノーマン・リーダス主演で贈るSFスリラー。

ネタバレを読む

スイッチ・オフの紹介:2015年製作のカナダ映画。SF小説『森へ-少女ネルの日記』を映画化。突如世界中の電気がなくなり、電力頼りの生活が一変、物資にも事欠くように。森の中で暮らす少女ネルと姉エバは父を亡くし、自分たちの力だけで生き延びようとするが…。

ネタバレを読む

ダイバージェントFINALの紹介:2017年8月19日公開のアメリカ映画。ヴェロニカ・ロスのベストセラー小説を新鋭シャイリーン・ウッドリー主演で映画化したSFアクションの最終章。人類が性格別に分けられた5つの共同体で生きる近未来の地球を舞台に、そのどれにも属しない“異端者(ダイバージェント)”と判定されたヒロインが自らの運命と戦う姿を描く。“異端者”にまつわる驚愕の事実と新たな陰謀が明らかに。

ネタバレを読む

機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポートの紹介:日本のアニメーション作品。テレビシリーズ『機動戦士ガンダム』(いわゆる「初代ガンダム」)と同じ一年戦争を舞台にしたOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)シリーズ『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の再編集作品。1998年にガンダム生誕20周年記念『GUNDAM THE MOVIE(ガンダム・ザ・ムービー)』として全国松竹系で劇場公開された。同時上映は『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇』。監督はOVAシリーズの神田武幸/飯田馬之介に代わり同シリーズで演出などを担当したアニメーター出身の加瀬充子。宇宙からはじまり世界各国を舞台とした初代ガンダムから一転、最前線の泥臭い戦場をテーマとしたミリタリーテイストの強い作風で、新たに設定された主人公メカ「陸戦型ガンダム」は現在でもゲームなどで頻繁に登場し、根強い人気がある。

ネタバレを読む

ダイバージェントNEOの紹介:2015年10月公開のアメリカ映画。ヴェロニカ・ロスのベストセラー小説を新鋭シャイリーン・ウッドリー主演で映画化したSFアクションの第2弾。人類が性格別に分けられた5つの共同体で生きる近未来の地球を舞台に、そのどれにも属しない“異端者(ダイバージェント)”と判定されたヒロインが自らの運命と戦う姿を描く。“異端者”と世界の謎が少しずつ明らかに。

ネタバレを読む

ブロークン・アイデンティティの紹介:2012年制作のメキシコ映画。近未来を舞台に、一人の医師が記憶喪失の青年を助け、陰謀に立ち向かう姿を描いている。個人情報がデータベースによって管理される未来で、該当しない記憶喪失の青年に一体何があったのか。クノ・ベッカーやアルバロ・ゲレロ出演で贈るSFスリラー。

ネタバレを読む

アザーライフ 〜永遠の一瞬〜の紹介:2017年制作のオーストラリア映画。僅かな時間で、長い時間を疑似体験できる薬を開発した女性の姿を描いている。ベン・C・ルーカスが監督を務め、ジェシカ・デ・グー主演で贈るSFサスペンス。

ネタバレを読む

ザ・ロード(2009)の紹介:2009年公開のアメリカ映画。コーマック・マッカーシーのベストセラー小説「ザ・ロード」が原作。文明が崩壊したアメリカを舞台に、人としての心を持ちながら旅を続ける父息子の姿を描いている。ヴィゴ・モーテンセン主演で贈るロード・ムービー。脇を固めるのはシャーリーズ・セロンやガイ・ピアースなど。

ネタバレを読む

ジュピター20XXの紹介:2012年制作のアメリカ映画。宇宙空間にただ独り取り残された宇宙飛行士の姿を描いている。エリック・ヘイデン監督とAJ・レイターノ撮影の巨匠二人で贈るSFドラマ。木星の惑星「エウロパ」に生物が生息している証拠が発表され、二人の宇宙飛行士が宇宙へと旅立つ。

ネタバレを読む

デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナーの紹介:SF映画史に残る名作「ブレードランナー」製作の舞台裏を描いたドキュメンタリー。キャスト、スタッフのインタビューを通じて、企画段階からトラブル続きだった映画がいかにして映画ファンの心をつかんでいったかに迫る。2007年、アメリカ製作。

ネタバレを読む

ブレードランナー 2049の紹介:2017年公開のアメリカ映画。1982年に公開され、その後のSF作品に多大な影響を与えたカルト的名作『ブレードランナー』の続編であり、前作から30年後の世界を描く。前作のリドリー・スコット監督は製作総指揮にまわり、変わって監督となったのは、『ボーダーライン』『メッセージ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ。主演は『きみに読む物語』『ラ・ラ・ランド』などのライアン・ゴズリング。前作に主演したハリソン・フォードも同じくリック・デッカード役で出演している。

ネタバレを読む

BLAME!の紹介:2017年公開のアニメ映画。高度な文明と引き換えに秩序を失った世界で、人類が滅亡の危機に陥る中、孤独な主人公が立ち向かう姿を描いている。弐瓶勉のSF漫画が原作。「亜人」や「シドニアの騎士」に携わった瀬下寛之が監督を務めた作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。