「オカルト/心霊」映画一覧

ファイナル・デッドサイン 死の刻印の紹介:2013年製作のウクライナ映画。悪魔の“聖痕”を受けたティーンエイジたちが連続異常死に巻き込まれていくホラー。いつも同級生にからかわれていた高校生・ザッカーは、転校生・アーサーと親しくなる。ある日、ふたりの同級生が異様な刻印を付けられた状態で謎の死を遂げ…。

ネタバレを読む

ネイルズ -悪霊病棟-の紹介:2017年製作のアイルランド映画。「ディセント」シリーズのショーナ・マクドナルド主演によるアイルランド産ホラー。陸上競技コーチのデイナは自動車事故に遭い、臨死体験を経て不自由な入院生活を送っていた。そんなある夜、病室の隅のクローゼットの扉から近づいてくるゴーストを目撃する。

ネタバレを読む

アコークローの紹介:沖縄で明るい未来を夢見ていた若者たちが、赤い髮のキジムナーのような女に阻まれ道を踏み外すという2007年公開のホラー映画。沖縄で人気の戦隊ヒーローもの「琉神マブヤー」「ハルサーエイカー」などを手掛けた岸本司監督の長編デビュー作。主演はドラマ「カーネーション」の田丸麻紀と「リリイ・シュシュのすべて」ドラマ「夜王」の忍成修吾。謎めいたユタ役で「ワンダフルライフ」のエリカ(小田エリカ)、赤い髪の女役で「どんづまり便器」「コワイ女『鋼』」の菜葉菜などが共演している。

ネタバレを読む

少女生贄の紹介:2013年製作のアメリカ映画。都会から田舎町に引っ越してきた牧師一家が襲われる恐怖を描いている。元ガンズ・アンド・ローゼスのスラッシュが音楽とプロデュースを務めたホラー。「トランスフォーマー」や「ハリーポッター」シリーズの制作陣がVFXを手がけた作品。

ネタバレを読む

ダゲレオタイプの女の紹介:”ダゲレオタイプ”と呼ばれる写真の古典技法に拘る写真芸術家の助手が、そのモデルを務める娘と恋に落ち翻弄される、2016年公開のホラー・ロマンス映画。監督/脚本は「クリーピー/偽りの殺人」「LOFT ロフト」の黒沢清。全編フランスロケで撮影された仏語作品で、フランス・ベルギー・日本の合作映画。主演は「預言者」のタハール・ラヒム、ヒロインは「女っ気なし」のコンスタンス・ルソー。「息子のまなざし」のオリヴィエ・グルメ、「潜水服は蝶の夢を見る」のマチュー・アマルリックなどベテランの俳優陣が脇を固めている。

ネタバレを読む

サイレント・ウェイの紹介:2012年製作のスペイン・コロンビア合作映画。コインランドリーを舞台に、モデルを目指している女性が襲われる恐怖を描いている。アントニオ・トラショラスの監督デビュー作品。ぶっ飛んだ展開が衝撃的なワン・シチュエーション・スリラー。

ネタバレを読む

ルーム 205の紹介:2011年製作のドイツ映画。新生活を始めるにあたり、学生寮「205号室」に引っ越してきた女子大生に起こる恐怖を描いている。美人女優ユリア・ディーツェが出演し、「死霊のはらわた」などで知られるサム・ライミがリメイク権を獲得して話題を呼んだ作品。

ネタバレを読む

ドント・スリープの紹介:2016年製作のアメリカ映画。眠ると鬼婆がやって来るという新たな恐怖を描いたホラー。米国内で健康体の人間が睡眠中に死亡する事例が多数発生。原因は不明で、「悪夢死」として世間を騒がせていた。アルコール依存症だったベスもまた、毎晩悪夢にうなされていたが…。

ネタバレを読む

ブラッディ・ホワイト 白の襲撃者たちの紹介:2015年製作のアメリカ映画。刑事のウォールズは病院で起こった大規模な爆破事件に巻き込まれる。彼は病院のベッドで目を覚まし、異様なまでに静まり返る院内で警備員と遭遇するが、何者かに銃弾を撃ち込まれ…。予測不能でジャンル分けの難しい作品。

ネタバレを読む

プレゼンス(2014年)の紹介:2014年のドイツ映画。超常現象の映像を収めるため、廃城に訪れた3人の学生が恐怖の底に突き落とされる様を描いている。学生たちの周りで起こるポルターガイスト現象の数々や、追い詰められていく学生たちのリアルな演技が注目の作品。

ネタバレを読む

リトルデビル(2017年)の紹介:2017年製作のアメリカ映画。美しい女性と結婚して幸せでいっぱいの男性が、義理の息子が呼ぶ悪夢に襲われる恐怖を描いている。主演はアダム・スコット、相手の妻役はエヴァンジェリン・リリーが演じるホラー・コメディ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。