「オキナワノコワイハナシシリーズ」映画一覧

沖縄のTV局琉球放送(RBC)制作のホラー・オムニバスドラマで、2018年現在も制作され、現地では夏の風物詩となっている。スタッフ/キャストは全て沖縄出身者で、コアな沖縄方言(ウチナーグチ)にも字幕が入らない。沖縄の伝説・風習・文化などが徹底して取り入れられ、独特の雰囲気を醸している。沖縄版「世にも奇妙な物語」のような奇抜で実験的な作品やコメディも多く、ナイチャー(本土の人)でも十二分に楽しめる作品群である。

映画:オキナワノコワイハナシ2014

オキナワノコワイハナシ2014の紹介:2004年スタートの沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ。2012年以降は特番化され夏の風物詩となり、本作はその2014年夏放送分。事故死した親友の切なる想いを叶えんと奮闘する「チエコの霊」、無人島に流れ着いた猟師の怪異譚「ヲナリ」、沖縄の魔物キジムナーの逸話「キジムン島」の3作品。

ネタバレを読む
映画:オキナワノコワイハナシ6

オキナワノコワイハナシ6の紹介:2004年から放映されている沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ第6弾。沖縄のお盆と海にまつわる怪談「ゆうれい」、ある橋で呪文を唱えるという沖縄の都市伝説「もの」、先祖のおじいからの電話「煙が目にしみる」の3作品。

ネタバレを読む
映画:オキナワノコワイハナシ5

オキナワノコワイハナシ5の紹介:2004年から放映されている沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ第5弾。封じられた哀しい記憶がよみがえる「13回目のクリスマス」、森の洞に棲まう”視線”につきまとわれる「隙間見(すーみー)」、持ち主不明のドレスが引き起こす怪異「ドレス」の3作品。

ネタバレを読む
映画:オキナワノコワイハナシ4

オキナワノコワイハナシ4の紹介:2009~2012年に放映された沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ第4弾。あるカップルの悲劇「と或る仕合せの果て」、悪霊(マジムン)を見ないようにする「スイッチ」、大学生がとある廃ビルの都市伝説に挑む「幽霊ビル」の3作品。

ネタバレを読む
映画:オキナワノコワイハナシ3

オキナワノコワイハナシ3の紹介:2010~2011年に放映された沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ第3弾。実在の寺を舞台にした怪奇夜話「普天満山神宮寺、二時の霊道」、幽霊を見るとできるという湿疹の噂「ヘーガサー」、自殺霊が取り憑いたメガネ「ミーガンチョー」の3作品。

ネタバレを読む
映画:オキナワノコワイハナシ2

オキナワノコワイハナシ2の紹介:2007~8年に放映された沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ第2弾。心に傷を持つジムの練習生が怪物(マジムン)と化す「怪物 MAJIMUN」、暗闇に潜む恐怖を描いた「暗隅(クラシミ)」、心霊スポットで拾ったラジカセの怪異「放送禁止」の3作品。監督/脚本は岸本司、川端匠志、高山創一など。

ネタバレを読む
映画:オキナワノコワイハナシ1

オキナワノコワイハナシ1の紹介:2004年に放映された沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ第1弾。戦時中の遺物が眠る裏山で小学生が見たものとは…「だるまさんがころんだ」、母を亡くし継母とも馴染めぬ思春期の少女を描いた「少女は夢を見る」、男女6人が海辺の心霊スポットで怪異に遭遇する「イチャンダビーチ」の3作品。監督/脚本は新垣善広、上間一示、川端匠志など。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。