「ワクワク」映画一覧

ワクワクタグのついている映画は、驚きの展開に心躍り、目の離せないストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ANNIE/アニー」「ドラえもんシリーズ」「ラストベガス」などがあります。

映画:仮面ライダースーパー1

仮面ライダースーパー1の紹介:1981年に公開された「仮面ライダースーパー1」の劇場版です。昭和に制作された「仮面ライダーシリーズ」の映画の中で、オリジナルストーリーでありながら副題がつけられていない唯一の作品でもあります。劇場版オリジナルの怪人が5体登場し、さらには歴代の8人ライダーまで出演しています。歴代の8人ライダーは変身後のみの登場でしたが、V3だけはオリジナルキャストの宮内洋氏が声を吹き替えています。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダーBLACK 恐怖!悪魔峠の怪人館

仮面ライダーBLACK 恐怖!悪魔峠の怪人館の紹介:1988年公開の「仮面ライダーBLACK」の劇場版第2弾です。東映まんがまつりのい1つであり、北海道の夕張市とタイアップして作られた作品です。そのためロボット大科学館や石炭の歴史村、ゆうばりめろん城など、夕張市のスポットも多数登場しています。そのうえ当時の夕張市長、中田鉄治氏が特別出演しています。さらにテレビ本編に先駆け、仮面ライダーBLACKとシャドームーンが直接対決しているのも見どころの1つとなっています。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダーBLACK

仮面ライダーBLACKの紹介:1988年に公開された「仮面ライダーBLACK」の劇場版です。「東映まんがまつり」の1つとして公開されたものとなります。劇場版2作目との違いを分かりやすくするため「仮面ライダーBLACK 鬼ヶ島へ急行せよ」という副題が使われることもあります。なお本作には釣り人役として、「仮面ライダーシリーズ」の原作者、石ノ森章太郎氏が特別出演しています。ちなみにオープニングクレジットにおいては仮面ライダーBLACKではなく、仮面ライダーと紹介されています。

ネタバレを読む
映画:劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVEの紹介:2006年に公開された「仮面ライダーカブト」の劇場版です。テレビ本編とは異なる世界観を描いており、劇場版オリジナルのライダーが3人登場します。いわゆるパラレルワールド的な作品になっており、ライダー初となる宇宙での戦いも見どころの1つです。さらには実写映画史上初となる軌道エレベータを登場させた作品でもあり、いろんな意味で仮面ライダー生誕35周年に相応しい映画だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:カンフーヨガ

カンフー・ヨガの紹介:2017年に公開されたアクションコメディ映画です。冒険活劇の要素も兼ね備えており、中国とインドの合作映画となっています。主演は言わずと知れたカンフースター、ジャッキー・チェン氏で、同じく同氏が主演を務めた「THE MYTH/神話」の続編的映画でもあります。とはいえ直接的な繋がりはなく、独立した作品として楽しめます。ちなみに作中のカーチェイスにて、ジャッキー・チェン氏の車に乗っているライオンは本物です。

ネタバレを読む
映画:バトルハザード

バトル・ハザードの紹介:2013年に公開されたゾンビもののアクション映画となります。本作の主演は人間核弾頭と称されるドルフ・ラングレン氏です。ドルフ・ラングレン氏は主演だけでなく、製作総指揮も勤めています。この映画の特徴的な点はゾンビものでありながら、SF映画のようなロボットの集団が登場することです。しかも東京製のロボットという設定になっていますから、こうした点が他のゾンビ映画とは違うところだと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌10

釣りバカ日誌10の紹介:1998年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第11作(レギュラーシリーズ第10作)。監督は「釣りバカ日誌9」の栗山富夫。脚本は「虹をつかむ男 南国奮斗篇」の山田洋次と朝間義隆の共同。撮影を「釣りバカ日誌9」の花田三史が担当している。主演は「虹をつかむ男 南国奮斗篇」の西田敏行と「釣りバカ日誌9」の三國連太郎。ゲストとして「安藤組外伝 群狼の系譜」の金子賢、「プロゴルファー織部金次郎5 ─愛しのロストボール─」の宝生舞が出演している。

ネタバレを読む
映画:五人ライダー対キングダーク

五人ライダー対キングダークの紹介:1974年に公開された東映の中編映画です。「仮面ライダーX」の劇場版となりますが、シリーズとしては初めてタイトルに特定の仮面ライダーの名前がつけられていません。タイトルからも分かる通り、X以外の歴代4人ライダーも登場しますが、オリジナルキャストは声を当てているのみ(ライダーマンは別)で、変身前の姿では登場していません。一応歴代ライダーの変身シーンで素顔を見せていますが、これは別の映像を流用したものとなっています。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダー対じごく大使

仮面ライダー対じごく大使の紹介:1972年に公開された「仮面ライダー」の劇場版第2弾です。「東映まんがまつり・へんしん大会」の1つでもあり、いわゆる中編映画となります。本作の撮影中、本郷猛役を務める藤岡弘氏はドラマ「赤ひげ」のオーディションを事後報告したことで東映や毎日放送とトラブルになり、一時期行方を眩ませました。それにより本作の撮影は難航し、劇場版のオリジナル怪人カミキリキッドがテレビに先行登場するという異例の事態になっています。一説によるとオーディションへの参加及び失踪は藤岡氏所属会社社長の命令だったと言われています。

ネタバレを読む
映画:スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!の紹介:2015年に制作されたアメリカ合衆国のアニメーション映画です。「スポンジ・ボブ」の劇場版第2弾となります。シリーズ初の実写との融合作品であり、CGアニメも使用されています。本作は本来敵同士であるはずのスポンジ・ボブとプランクトンが協力して秘密のレシピを取り戻すというストーリーで、あの人気俳優アントニオ・バンデラス氏が敵の海賊役として出演しています。

ネタバレを読む
映画:帰ってきた天装戦隊ゴセイジャー last epic

帰ってきた天装戦隊ゴセイジャー last epicの紹介:2011年リリースの「天装戦隊ゴセイジャー」のオリジナルビデオで、最終回後のストーリーを描いています。スーパー戦隊Vシネマの「帰ってきたシリーズ」の第2弾でもあり、ゴセイジャーが国民的アイドルになるという変わった設定を採用しています。時系列としてはゴセイジャーの最終回後から「海賊戦隊ゴーカイジャー」におけるレジェンド大戦の間の出来事となります。

ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌9

釣りバカ日誌9の紹介:1997年公開の日本映画。『釣りバカ日誌』シリーズ第10作(レギュラーシリーズ第9作)。監督は「釣りバカ日誌8」の栗山富夫。脚本は「虹をつかむ男」の山田洋次と朝間義隆の共同。撮影を「スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち」の花田三史が担当している。主演は「虹をつかむ男」の西田敏行と「釣りバカ日誌8」の三國連太郎。ゲストとして「あぶない刑事リターンズ」の小林稔侍と「恋と花火と観覧車」の風吹ジュンが出演している。

ネタバレを読む
映画:花のお江戸の釣りバカ日誌

花のお江戸の釣りバカ日誌の紹介:1998年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第12作(特別編第2作)。現代の建設会社を描いたシリーズ本編とは違い、幕末の江戸と庄内藩を舞台として登場人物の先祖(ナレーションの説明では末裔)が物語を繰り広げ、終盤に現在の浜崎と鈴木のみ登場する。

ネタバレを読む
映画:天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕

天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕の紹介:2011年に公開された特撮映画です。「天装戦隊ゴセイジャー」と「侍戦隊シンケンジャー」のクロスオーバー作品であり、両戦隊映画の副題を組み合わせたタイトルになっています。そのうえ「スーパー戦隊VSシリーズ」の1つとしても数えられており、「スーパー戦隊祭」の第3弾でもあります。さらに「海賊戦隊ゴーカイジャー」も先行登場しており、ゴーカイジャーの40話は本作の裏エピソードとなります。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。