「ワクワク」映画一覧

ワクワクタグのついている映画は、驚きの展開に心躍り、目の離せないストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ANNIE/アニー」「ドラえもんシリーズ」「ラストベガス」などがあります。

映画:アウトブレイク2014
アウトブレイク2014の紹介:2013年にアメリカとニュージーランドの合作で制作された感染物の映画です。閉鎖された建物内で起きるウイルスパニックと命を狙う暗殺者の存在といった2種類の恐怖が描かれています。とはいえウイルスパニック主体ではなく、暗殺者の手から逃れつつ、脱出を目指すというのがストーリーの肝となっています。なお本作の制作には「ロード・オブ・ザリング」や「アイアンマン3」の特殊効果スタッフが関わっています。 ネタバレを読む
映画:引っ越し大名
引っ越し大名!の紹介:2019年8月30日公開の日本映画。「超高速!参勤交代」シリーズを手掛けた土橋章宏による時代小説「引っ越し大名三千里」を映画化。姫路藩の藩主が幕府から国替えを言い渡され、その“引っ越し奉行”に任命された書庫番が、一世一代の大プロジェクトに挑む。監督は『のぼうの城』の犬童一心。人と接するのが苦手な引きこもりの姫路藩書庫番・片桐春之介を星野源が演じ、高橋一生や高畑充希など実力派が脇を固める。 ネタバレを読む
映画:仮面ライダーV3対デストロン怪人
仮面ライダーV3対デストロン怪人の紹介:1973年に公開された「仮面ライダーV3」の劇場版です。「東映まんがまつり」の1つとして公開された中編映画で、劇場用の完全オリジナルストーリーが展開されます。本作にはダブルライダーも登場しており、藤岡弘氏と佐々木剛氏は素顔では出演していませんが、声は当てています。なお無人島基地での撮影時、大量の火薬を使ったために海岸の地形が変わってしまい、、担当官庁から怒られたそうです。 ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌20ファイナル
釣りバカ日誌20 ファイナルの紹介:2009年公開の日本映画。ハマちゃん&スーさんコンビでおなじみの、22年に及ぶ国民的人気シリーズがついに完結。シリーズ初の北海道ロケを敢行し、物語のファイナルを涙と笑いで盛り上げる!『釣りバカ日誌シリーズ』第22作(レギュラーシリーズ第20作)であり、シリーズ最終作である。佐々木課長役の谷啓は本作公開後の2010年に事故により急逝したため、これが遺作となった。 ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌19ようこそ鈴木建設御一行様
釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様の紹介:2008年公開の日本映画。国民的人気コメディ・シリーズ最新作。おなじみハマちゃん&スーさんの釣りバカコンビが、大分県の豊かな海を舞台に騒動を巻き起こす。常盤貴子、竹内力らがゲストで出演。 ネタバレを読む
映画:龍陣覇拳の掟
龍陣 -覇拳の掟-の紹介:2008年に制作されたマレーシアのカンフーアクション映画です。マレーシア初の本格的なカンフーアクション映画となっており、スタントやワイヤーなどは一切使っていません。しかも本作にはマレーシアカンフー大会チャンピオンのマイケル・チン、同じくマレーシアチャンピオンのジュン・フェイ・カン、武術世界大会優勝者のロビン・ホー、太極拳世界チャンピオンのディビッド・バオ、散打チャンピオンのショウン・リーなど、本物の武術チャンピオンがキャストとして出演しています。 ネタバレを読む
映画:LAコブラ決闘の時
LAコブラ 決闘の時の紹介:2012年に制作されたクライムアクション映画です。刑務所に収監された父親を助けるため、ダイヤの密輸やギャングとの戦いを行う武術の達人コブラの活躍を描いた作品となります。主人公のコブラことシズウェ・ビコを演じるT・J・ストームは「GODZILLA」や「キング・オブ・モンスターズ」でゴジラ役を務めた俳優です。しかも実際に空手を習っていた武道家でもあるため、作中で切れ味あるアクションを披露しています。 ネタバレを読む
映画:バッドダディ史上最悪のツアーガイド
バッド・ダディ 史上最悪のツアーガイドの紹介:2011年に制作されたアメリカの映画です。ジャンルとしてはファミリーコメディに当たります。ストーリーは7年間の服役を終えた主人公が娘との絆を取り戻すため、かつての悪友と対決するというもので、どこかコミカルに描かれているのが特徴的です。主演はアメリカのヒールプロレスラーとして知られるトリプルHことポール・レヴェック氏ですが、アクションシーンはそれほど多くはありません。 ネタバレを読む
映画:仮面ライダースーパー1
仮面ライダースーパー1の紹介:1981年に公開された「仮面ライダースーパー1」の劇場版です。昭和に制作された「仮面ライダーシリーズ」の映画の中で、オリジナルストーリーでありながら副題がつけられていない唯一の作品でもあります。劇場版オリジナルの怪人が5体登場し、さらには歴代の8人ライダーまで出演しています。歴代の8人ライダーは変身後のみの登場でしたが、V3だけはオリジナルキャストの宮内洋氏が声を吹き替えています。 ネタバレを読む
映画:仮面ライダーBLACK 恐怖!悪魔峠の怪人館
仮面ライダーBLACK 恐怖!悪魔峠の怪人館の紹介:1988年公開の「仮面ライダーBLACK」の劇場版第2弾です。東映まんがまつりのい1つであり、北海道の夕張市とタイアップして作られた作品です。そのためロボット大科学館や石炭の歴史村、ゆうばりめろん城など、夕張市のスポットも多数登場しています。そのうえ当時の夕張市長、中田鉄治氏が特別出演しています。さらにテレビ本編に先駆け、仮面ライダーBLACKとシャドームーンが直接対決しているのも見どころの1つとなっています。 ネタバレを読む
映画:仮面ライダーBLACK
仮面ライダーBLACKの紹介:1988年に公開された「仮面ライダーBLACK」の劇場版です。「東映まんがまつり」の1つとして公開されたものとなります。劇場版2作目との違いを分かりやすくするため「仮面ライダーBLACK 鬼ヶ島へ急行せよ」という副題が使われることもあります。なお本作には釣り人役として、「仮面ライダーシリーズ」の原作者、石ノ森章太郎氏が特別出演しています。ちなみにオープニングクレジットにおいては仮面ライダーBLACKではなく、仮面ライダーと紹介されています。 ネタバレを読む
映画:劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE
劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVEの紹介:2006年に公開された「仮面ライダーカブト」の劇場版です。テレビ本編とは異なる世界観を描いており、劇場版オリジナルのライダーが3人登場します。いわゆるパラレルワールド的な作品になっており、ライダー初となる宇宙での戦いも見どころの1つです。さらには実写映画史上初となる軌道エレベータを登場させた作品でもあり、いろんな意味で仮面ライダー生誕35周年に相応しい映画だと言えるでしょう。 ネタバレを読む
映画:カンフーヨガ
カンフー・ヨガの紹介:2017年に公開されたアクションコメディ映画です。冒険活劇の要素も兼ね備えており、中国とインドの合作映画となっています。主演は言わずと知れたカンフースター、ジャッキー・チェン氏で、同じく同氏が主演を務めた「THE MYTH/神話」の続編的映画でもあります。とはいえ直接的な繋がりはなく、独立した作品として楽しめます。ちなみに作中のカーチェイスにて、ジャッキー・チェン氏の車に乗っているライオンは本物です。 ネタバレを読む
映画:バトルハザード
バトル・ハザードの紹介:2013年に公開されたゾンビもののアクション映画となります。本作の主演は人間核弾頭と称されるドルフ・ラングレン氏です。ドルフ・ラングレン氏は主演だけでなく、製作総指揮も勤めています。この映画の特徴的な点はゾンビものでありながら、SF映画のようなロボットの集団が登場することです。しかも東京製のロボットという設定になっていますから、こうした点が他のゾンビ映画とは違うところだと言えるでしょう。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。