「政治/経済」映画一覧

政治/経済タグのついている映画は、歴史的な出来事を設定としていたり、社会の動きやお金の仕組みを学べるストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「英国王のスピーチ」「県庁の星」「ソーシャル・ネットワーク」などがあります。

2005年12月公開の韓国映画。監督はイ・ジュニク。主演はイ・ジュンギとカム・ウソン、共演にチョン・ジニョン、魏涼子他。 芸人(広大)であるチャンセンとコンギルは、所属していた一団を抜け出して王都にやってくる。そこで時の王燕山君と愛妾チャン・ノクスをからかう風刺芸を披露して人気を博すが、侮辱罪として捕らえられてしまう。そこでチャンセンは王が笑えば侮辱にはあたらないと王の前で芸を披露することを提案する。王の前での芸は緊張のあまりボロボロになりかけたが、コンギルの機転によって大成功を収め宮廷の芸人となる。王のお気に入りとなったコンギルとチャンセンだが、稀代の暴君として有名な燕山君は遊びに夢中になりだんだんと政は疎かになり、自分を邪魔するもの達には粛清を与えるようになる。 ネタバレを読む
オスカー女優としてハリウッドで名を馳せたグレース・ケリーは、カンヌ映画祭で出会ったモナコ大公と結ばれ、大公妃となる。アメリカとは全く文化が異なるモナコの地で、王族という道の世界に踏み入る。これは実話をもとにしたフィクションである。 ネタバレを読む
イランの首都テヘランを舞台に、離婚を決めたある夫婦とその周囲の人間模様が描かれている。 第61回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で金熊賞、女優賞、男優賞の2つの銀熊賞を受賞した。第84回アカデミー賞でイラン代表作品として外国語映画賞を受賞し、脚本賞にもノミネートされた。 ネタバレを読む
2011年のアメリカ映画。謎に包まれたFBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生をクリント・イーストウッド監督が映画化。指紋ファイルや科学的な捜査方法を導入し、FBIの礎を築いたことで賞賛される一方、盗聴や脅迫などの強引な手段をとったことで物議をかもしたエドガーの知られざる素顔に迫る。エドガーをレオナルド・ディカプリオが演じ、側近であり公私に渡ってエドガーを支えたトルソンをアーミー・ハマーが演じた。 ネタバレを読む
エンド・オブ・ホワイトハウスの紹介:2013年製作のアメリカ映画。大統領を人質に、ホワイトハウスを占拠したテロリストにたったひとりで立ち向かう元SPの姿を描く、ジェラルド・バトラー主演のサスペンス・アクション。かつて大統領の妻を守れず、心に傷を負った男が世界の危機を救うベく活躍する。大統領に扮したアーロン・エッカートやモーガン・フリーマンなど実力派が多数出演している。 ネタバレを読む
バンテージ・ポイントの紹介:2008年製作のアメリカ映画。大統領狙撃事件の意外な真実を映し出すサスペンス・アクション。警護官や観光客らの複数の視点で、事件の前後をリピートして描いた斬新な構成に注目!現場にいたシークレット・サービスのトーマス・バーンズは、事件の裏に隠された真相をたった一人で追い始めるが…。 ネタバレを読む
物語は看護師を母に持つ医師の中村弘平が、母の遺品から1冊の日記を見つけ読み進む形で展開していく。母親である浪子がある市民病院で働いていたころ、簡単な外科手術でもまともにできない腐り切った病院にアメリカ帰りの外科医師、当麻鉄彦が赴任してくる。そして目の前の患者を助けたいという当麻の強い思いはやがて浪子やほかの医療スタッフを巻き込んで彼らの心を動かしていく。監督:成島出 2010年日本映画 ネタバレを読む
2010年フランス製作。フランソワ・オゾンが監督で、主演カトリーヌ・ドヌーブの名作「シェルブールの雨傘」へのオマージュにも感じられるこの作品は、「人生は美しい」という願いが込められている。 雨傘工場の娘だったスザンヌ。父親の死後は夫ロベールがその跡を継ぎ、家庭でも飾り壺のように扱われスザンヌに発言権などなかった。ロベールは労働者の労働環境など全く考えず、利益優先主義だったため、ストライキが起こり、心臓発作で倒れた夫に代わり、スザンヌが工場を立て直す。夫が復帰し、株主総会で失脚させられたスザンヌは、今度は議員選挙に立候補する。スザンヌは対抗馬である元恋人のババン議員に勝つことができるのか? ネタバレを読む
前作「エリザベス」から9年、2007年公開の続編。うら若き乙女だった少女が、宗教と陰謀と恋を経て「英国と結婚」し、絶対君主として女王になったエリザベス一世。ゴールデンエイジと言われた「黄金時代」に至るまで描かれる本作では、スコットランド女王メアリー・スチュアートとの確執や別れ、豪快な海賊ローリー卿との恋を描いていく。今やスターのエディ・レッドメインが出ているのも見逃せない。主演・スタッフは前作とぼほ変わらない。ケイト・ブランシェット主演、シェカール・カプール監督。 ネタバレを読む
2002年公開の日本映画です。 世界のビデオの標準となったVHSの開発を、一人のエンジニアの姿を通して描いています。 日本ビクター、ソニー、松下電器など、当時の会社名がリアルに登場し、まるでNHKの”プロジェクトX”を見ているかのような、胸の熱くなる物語です。 ネタバレを読む
ケイト・ブランシェットがエリザベス1世に扮した歴史映画。窮地に陥った混乱の英国を舞台に、妾の子と蔑まれて来た王女エリザベスが幼馴染ロバートとの恋や、女王への道を辿り様々な戦争、陰謀に巻き込まれ「英国と結婚」するまでの軌跡を辿っていく。アカデミー賞ではメイクアップ賞を受賞した。豪華絢爛のドレスや髪型、メイクがいかんなく楽しめる。シェカール・カプール監督。1999年公開作品、124分。 ネタバレを読む
2006年に織田裕二さん主演で公開されたヒューマンドラマです。キャリアである県職員、野村とスーパーでパートで働く二宮が、偶然にも出会い、共に働くことになり、共に分かち合い、スーパーの改革に乗り出すというストーリーです。 ネタバレを読む
横山秀男原作の長編小説を、堤真一主演で描いたミステリーヒューマンドラマ。1985年8月12日、夕刻。一機の日航機が御巣鷹山に激突した。第一報が入り、北関東新聞社の遊軍記者、悠木をはじめとして記者達は事故直後の状況を「どれだけスクープできるか」という高度な情報戦と、圧倒的な被害に押しつぶされそうになりながら、戦後最大の国内飛行機事故に迫る。2008年公開作品。原田眞人監督、145分。 ネタバレを読む
ゾンビコメディ「ショーン・オブ・ザ・デッド」で名を上げた、エドガー・ライト監督とサイモン・ペグ&ニック・フロストの主演コンビが、刑事アクションのパロディに挑んだ作品です。生真面目なエリート刑事が田舎町に左遷され、町に隠されていた陰謀を解き明かしていくという内容で、日本では劇場未公開の状態が続いていましたが、ファンの署名運動により公開が実現しました。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×