「おすすめ」映画一覧

おすすめタグのついている映画は、今話題の劇場公開中の作品を中心に紹介しています。これらの映画は、旬の俳優を多数起用しており、幅広い年齢層が楽しめる作品となっています。

オーシャンズ8の紹介:2018年にアメリカで製作された犯罪コメディ。スティーブン・ソダーバーグ監督のオーシャンズ三部作のリブート作品で、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイら8人の女優が集結。伝説的な強盗ダニー・オーシャンの妹、デビー・オーシャンが仲間とともにダイヤ強盗の計画を進めていく。

ネタバレを読む

2重螺旋の恋人の紹介:原因不明の腹痛に苦しんでいたクロエ。精神分析医のポールに出逢ったクロエは、医師と患者の関係を解消し恋人となる。ある日クロエはポールに双子の兄がいることを知るが、ポール曰く自分に兄弟はいないと言う…。
2017年の仏映画で、日本では2018年に公開。ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を鬼才フランソワ・オゾンが翻案したエロティック・スリラー。R-18指定。

ネタバレを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国の紹介:2018年にアメリカで製作されたSFアドベンチャー。「ジュラシック・ワールド」の続編となる作品で、監督はJ・A・バヨナ、前作に引き続き、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードが主演を務める。テーマパーク、「ジュラシック・ワールド」の崩壊から三年後、活火山の活動で絶滅の危機にある恐竜たちを救うべく、オーウェンとクレアがイスラ・ヌブラル島へと向かう。

ネタバレを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの紹介:2018年にアメリカで製作された「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品。人気キャラクター、ハン・ソロを主人公とした作品で、オスカー受賞経験者のロン・ハワード監督がメガホンを取った。「新たなる希望」の10年前の宇宙を舞台に、ハン・ソロと相棒チューバッカの冒険を描いていく。

ネタバレを読む

ミッション:インポッシブル/ローグネイションの紹介:2018年8月公開のアメリカ映画。『ミッション:インポッシブル』シリーズ第6弾で、前作の敵テロ組織シンジゲートの残党が敵となる。久しぶりの妻ジュリアが出演し、イーサンとの関係に区切りがつく。

ネタバレを読む

エクスティンクション 地球奪還の紹介:2018年7月27日に配信されたSF映画で、ベン・ヤングが監督を務め、マイケル・ペーニャ主演で贈る作品。悪夢の内容と同じく、謎の侵略者からの攻撃が現実と化して、家族を守りながら安全な場所を目指す男の姿を描いている。

ネタバレを読む

TAU/タウの紹介:2018年6月29日に配信されたアメリカ映画で、マイカ・モンローやエド・スクレインが出演し、ゲイリー・オールドマンが声優を務めたSFスリラー。人工知能を開発する研究者に拉致され、被検体となった女性が、建物から脱出する様を描いている。

ネタバレを読む

すべての終わりの紹介:2018年7月13日にリリースされたカナダ・アメリカ映画で、テオ・ジェームズやフォレスト・ウィテカーらが出演したSFスリラー。原因不明の異変により、アメリカ全土がパニックに陥る中、もうじき義父となる元海兵隊の男と共に、婚約者を助けに向かう弁護士の姿を描いている。

ネタバレを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズの紹介:「リトル・ミス・サンシャイン」などで知られる、ジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリス監督によるスポーツドラマ映画。実在する女子テニス選手であるビリー・ジーン・キングと、男子テニス選手ボビー・リッグスによる、男女対抗試合の様子が描かれている。日本公開は2018年。

ネタバレを読む

万引き家族の紹介:古い平屋で祖母の年金を頼りに暮らす一家は、足りない物資を万引きによって補っていた。ある夜父と息子は、近所の団地で凍えている少女を見かけ、家族として迎え入れる。しかしある出来事をきっかけに、家族は崩れていく。
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた衝撃の社会派ドラマ。これまで家族をテーマにしてきた是枝裕和監督が描いた、“家族の絆”とは…。2018年の公開作品で、PG12指定。

ネタバレを読む

生きのびるためにの紹介:2018年6月1日に配信されたアニメ映画で、デボラ・エリスの児童文学を原作としている。ノラ・トゥーミーが監督を務め、アニメーションスタジオのカートゥーン・サルーンが手がけた作品で、タリバン政権下のアフガニスタンを舞台に、父親が刑務所に連行され、家族を救うために男の子のフリをして生きる少女の姿を描いている。

ネタバレを読む

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルの紹介:フィギュアスケートで2度の五輪出場を果たしながらも、スキャンダルまみれだったトーニャ・ハーディングの半生を軽快でコミカルに描いた実話ドラマ。あの事件の真相が語られる!?
2017年のアメリカ映画で、主演のマーゴット・ロビーは自ら製作にも携わった。トーニャの鬼母を演じたアリソン・ジャネイがアカデミー賞助演女優賞やゴールデングローブ賞に輝いたほか、受賞・ノミネートされた映画賞は110以上にも及ぶ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。