「おすすめ」映画一覧

おすすめタグのついている映画は、今話題の劇場公開中の作品を中心に紹介しています。これらの映画は、旬の俳優を多数起用しており、幅広い年齢層が楽しめる作品となっています。

重松清の小説『ファミレス』を原作に熟年離婚の危機を迎えた夫婦の姿を描くハートフルコメディ。『家政婦のミタ』などの人気ドラマを手がけた脚本家・遊川和彦の監督デビュー作。 子供達が独立して二人きりになった途端、妻にどう接していいかわからなくなった陽平は気まずい思いを抱えていた。そんなある日、妻が隠していた離婚届を見つけてしまい…。 ネタバレを読む
おおかみこどもの雨と雪の紹介:2012年公開の日本アニメーション映画。『サマーウォーズ』の細田守監督が自ら立ち上げたアニメーションスタジオ、スタジオ地図で製作。2人の子供と母親の姿を描くファンタジーアニメ。“おおかみおとこ”と恋に落ち、“おおかみこども”の姉弟を授かった女性の奮闘と、子供たちの成長という13年の物語が繰り広げられる。脚本を担当するのは『八月の蝉』の奥寺佐渡子。 ネタバレを読む
2008年11月公開の日本映画です。 今まさに羽田空港からホノルルに向けて飛び立とうとしている全日空NH1980便。 そのコクピットには機長昇格を目前にしてやる気が空回りしている副操縦士の鈴木や、キャビンには新人CAの斎藤らが出発の時を待っていました。 個性豊かな乗務員、グランドスタッフ、そしてそれを上回るカオスな乗客たち。 果たして、この飛行機は無事ホノルルに向かうことができるのか?! ネタバレを読む
怪盗グルーの月泥棒 3Dの紹介:2010年に公開された作品。グルーは大泥棒になる為に月を盗む計画を立てていた。そんな時、ベクターの基地に忍び込む為に施設にいた3姉妹を利用し養子にしたのだがグルーは愛情が湧き始めてしまう。月泥棒の計画に邪魔だと思ったネファリオ博士は施設に三姉妹を返してしまうのだが...。 ネタバレを読む
名古屋の女子高校に通う工藤さやかはいつも遊び惚けていて学校では一番できの悪いクラスに入れられていた。 ある日さやかは、カバンの中にタバコを入れていることを学校に見つかり自宅謹慎となってしまう。 自宅謹慎となったさやかは、母親から勧められた学習塾の入校テストを受け、目標とする受験校をイケメンが多そうと慶應義塾大学に決めた。 そして母親の支えや自分の可能性を信じてくれる塾の先生と出会い、全く勉強してこなかったさやかはそこから確実に変わり始める。 2015年の日本映画 監督:土井裕泰 ネタバレを読む
2015年のディズニー制作の実写映画。1950年のディズニーアニメが原作。近年続くディズニーの実写映画化ラッシュの先駆け的作品です。忠実な実写化且つ映像美は必見です。また、ケイト・ブランシェットを始めとする脇を固める女優陣の演技もお見逃しなく。継母と義姉妹に使用人としてこき使われるエラは日々を前向きに過ごしていました。そんな中ひょんなことから王子と出会い・・・ ネタバレを読む
ディズニー映画史上初の日本を舞台にしたアニメーション映画。最愛の兄を亡くした少年と兄が遺したロボット「ベイマックス」が、仲間たちと共に悪の討伐を目指すストーリー。アカデミー賞2014年公開。短編映画「愛犬とごちそう」とともに同時上映されている。 ネタバレを読む
映画:スターウォーズ / スカイウォーカーの夜明け
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けの紹介:2019年公開。大人気シリーズ「スター・ウォーズ」シリーズの最新作。時系列順では「エピソード9」に当たる。2015年公開「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、2017年公開「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に続く三部作の完結作でありながら、1977年公開の1作目から続く「スカイウォーカー・サーガ」の完結作となる作品である。監督は「フォースの覚醒」でも監督を務め、三部作の製作総指揮を務めているJ.J.エイブラムスが務めた。三部作の主要キャストはもちろん、旧三部作からルーク役のマーク・ハミル、ランド役のビリー・ディー・ウィリアムズも出演。更に、2016年に急逝したレイア役のキャリー・フィッシャーも「フォースの覚醒」の未公開映像を使用する形で出演を果たしている。 ネタバレを読む みんなの感想が5件届いてます
映画:ルパン三世27プリズンオブザパスト
ルパン三世 プリズン・オブ・ザ・パストの紹介:2019年11月29日放送の日本アニメーション。モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のテレビスペシャルシリーズ第27作。前作である第26作『ルパン三世 グッバイ・パートナー』に続くテレビスペシャルであり、「金曜ロードSHOW!」枠で放送予定の完全新作ストーリーとして製作された作品である。2019年4月11日に原作者のモンキー・パンチが死去したため、死去後最初のルパン三世のアニメ作品となる。また、新作のテレビスペシャルが1年に2本放送されるのは今回が初めてである。 ネタバレを読む
映画:イエスタデイ(2019)
イエスタデイ(2019)の紹介:2019年公開の映画作品。世界的に有名な伝説のバンドであるビートルズの楽曲をモチーフとした作品に仕上がっている。世界中で有名なバンドであるはずのビートルズの存在とその楽曲が存在しない世界に迷い込んでしまった主人公をコメディチックに描いた作品。監督を務めたのは「28日後…」シリーズや「スラムドッグ$ミリオネア」などの監督として知られるダニー・ボイル。エド・シーランが本人役で出演していることでも話題となった。 ネタバレを読む
映画:ボーダー 二つの世界
ボーダー 二つの世界の紹介:「ぼくのエリ 200歳の少女」などで知られる、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの短編小説を基にしたスウェーデン映画。イラン系デンマーク人のアリ・アッバシが監督を務めており、第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門にてグランプリを受賞した。第91回アカデミー賞においては、メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされた。日本公開は2019年。 ネタバレを読む
映画:マチネの終わりに
マチネの終わりにの紹介:2019年の公開作。芥川賞作家平野啓一郎の同名小説を『容疑者Xの献身』『昼顔』の西谷弘が映像化。社会背景を織り交ぜながら、40代を迎えた男女の愛の物語を上質に描く。クラシックギタリストの蒔野はパリの通信社に務めるジャーナリストの洋子に出会う。強く魅かれ合った2人だったが、洋子には既に婚約者がいた。それでも蒔野は洋子に愛を告げるが、あることをきっかけに、2人は決定的にすれ違ってしまう…。 ネタバレを読む
映画:IT/イット THE END “それ”が見えたら終わり
IT/イット THE END "それ"が見えたら終わりの紹介:2019年公開。スティーヴン・キングの人気小説「IT」の二度目の映像化作品の後編。2017年に公開された「IT/イット "それ"が見えたら終わり」の続編となり、前作から27年後、が少年時代にペニーワイズと戦った「ルーザーズ・クラブ」のメンバーが再会し、再びペニーワイズに挑む物語を描く。主演は「X-MEN」シリーズや「スプリット」などで知られるジェームズ・マカヴォイ。 ネタバレを読む
映画:真実(2019年)
真実の紹介:『万引き家族』の是枝裕和監督の国際共同製作による仏・日の合作で、全編フランスで撮影。日本人監督としては初めて、ヴェネチア国際映画祭オープニング作品として上映を果たした。世界的大女優ファビエンヌが、自伝本『真実』を出版する。出版祝いと称して彼女の家族や知人が集まってくるが、娘のリュミールは本に綴られた内容が気がかりだった。やがてファビエンヌとリュミールの間に隠れていた愛憎が入り混じる“真実”があらわになっていく…。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×