「ロボット/AI」映画一覧

ロボットタグのついている映画は、悪者から人々を守り助ける、正義のヒーローのロボットを出演者とした作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ロボコップ」「トランスフォーマー」「A.I.」などがあります。

映画:最強サイボーグX

最強サイボーグXの紹介:ハイテク化された軍事産業のシステムが、ある日一斉に人類に対し攻撃を開始。ドローンやサイボーグを駆使する軍事システムになすすべなく、人類は絶滅寸前にまで追い込まれる・・・という近未来SFアクションで、こういったB級作品に数多くゲスト出演しているダニー・トレホが、本作でも大活躍、目立ちまくっています!

ネタバレを読む
映画:エリザベスエクスペリメント

エリザベス∞エクスペリメントの紹介:2019年1月11日公開のアメリカ映画。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」で注目を集めたアビー・リー主演のSFサスペンス。天才科学者ヘンリーと結婚し、彼の邸宅で暮らし始めたエリザベス。ある日、彼女はヘンリーから「絶対に入ってはいけない」と言われていた部屋の扉を開けてしまう…。

ネタバレを読む
映画:ターミネーターウォー

ターミネーター・ウォーの紹介:2012年にアメリカで制作されたSFアクション映画です。タイトルからも分かるように、人間とロボットとの戦いを描いた作品となっています。ただし「ターミネーターシリーズ」とは一切関係がありません。そもそも原題は「Android Insurrection」で、意味はアンドロイドの反乱です。「ターミネーターシリーズ」と基本設定はほぼほぼ一緒であるため、「ターミネーター・ウォー」という邦題が付けられたのでしょう。

ネタバレを読む
映画:ハードコア(2018年・日本)

ハード・コア(2018年・日本)の紹介:2018年11月23日公開の日本映画。狩撫麻礼&いましろたかしによるカルト漫画を、同作のファンだったという山下敦弘監督と山田孝之のタッグで映画化した人間ドラマ。廃工場で謎のロボットを見つけたことから運命を狂わせていく男たちの姿を描く。山田演じる主人公・右近と行動を共にする男を荒川良々、右近の弟を佐藤健が演じる。

ネタバレを読む
映画:イヴの時間

イヴの時間の紹介:2010年3月6日公開。2008年にインターネット上で順次公開され、高い評価を受け数々の賞を受賞した、全6話からなるアニメシリーズ「イヴの時間」を元にし、新規シーンを追加して一本の映画にまとめあげた劇場公開作品である。これにより、作品の知名度をさらに上昇させることとなった。劇場公開時のキャッチコピーは「ボクラノキョリ」。主題歌はkalafinaの「I have a dream」。

ネタバレを読む
映画:いぬやしき(2018年実写)

いぬやしき(2018年実写)の紹介:2018年4月20日公開の日本映画。テレビアニメ化もされた奥浩哉の人気コミックを木梨憲武主演で実写映画化したSFアクション。ある日、何者かによって人間を遥かに超越する力を手に入れた、定年間近のサラリーマンと高校生が、それぞれの思いを胸に対決する。主人公と対峙する高校生・獅子神役で佐藤健が自身初の悪役に挑戦。監督は『GANTZ』シリーズの佐藤信介。

ネタバレを読む
映画:キモチラボの解法

キモチラボの解法の紹介:LDH JAPAN、国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア、作詞家小竹正人氏による音楽と映像のコラボ『CINEMA FIGHTERS』の第1弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は『CUTIE HONEY TEARS』のA.T.。製作は2017年、作品原案曲はFlowerの『白雪姫』。

ネタバレを読む
映画:スカイキャプテンワールドオブトゥモロー

スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモローの紹介:2004年に公開されたアメリカ・イギリス映画で、ジュード・ロウ主演で贈るSFアドベンチャー。グウィネス・パルトローやアンジェリーナ・ジョリー、ジョバンニ・リビシらも出演した作品。空軍のエースパイロットが、突如現れた巨大ロボット集団に立ち向かう姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:最強サイボーグX

最強サイボーグXの紹介:2016年に製作されたアメリカ映画で、イヴ・マウロやダニー・トレホらが出演したアクションホラー。機密兵器によって破壊された地球を舞台に、生き残った人々が生き残りをかけ、サイボーグなどの兵器に立ち向かう姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:アルヴレズル 機械仕掛けの妖精たち

アルヴ・レズル -機械仕掛けの妖精たち-の紹介:文化庁若手アニメーター育成プロジェクトの『アニメミライ2013』参加作。最速でアニメ化する企画にて劇場公開された短編SFアニメ。原作は山口優、監督は吉原達矢。近未来。神経細胞を模した装置が完成したことで、人間の意識と機械の垣根が壊れ、混乱をきたしていく。心を失ってしまった妹を救うために、奔走する兄の姿を描く。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。