「学校が舞台」映画一覧

学校が舞台タグのついている映画は、生徒や教師を出演者とした、夢を叶えるために突き進むストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ハリーポッターシリーズ」「暗殺教室」「ちはやふる」などがあります。

ストリート・オーケストラの紹介:2015年のブラジル映画で、実話に基づいて製作された作品。交響楽団の選考に落ちたバイオリン奏者が、教師となってスラムの子どもたちに教え始め、苦難を乗り越えて演奏会を目指す姿を描いている。

ネタバレを読む

オタク・レボリューションの紹介:2017年に制作されたアメリカ映画で、ヴィクトリア・ジャスティスやアヴァン・ジョーギア、ペイトン・リストら豪華出演で贈る青春コメディ。高校を支配するお金持ちで美人の同級生を相手に、反撃を開始するオタク女子たちの姿を描いている。

ネタバレを読む

あさひなぐの紹介:2017年9月22日公開の日本映画。小学館漫画賞受賞のこざき亜衣原作の同名コミックを人気アイドルグループ、乃木坂46のメンバーらの出演で実写映画化した青春スポ根ドラマ。スポーツに縁のなかった少女・旭が高校入学を機になぎなたに挑戦。様々な試練を乗り越えて成長していく姿を描く。旭を西野七瀬、憧れの先輩でなぎなた部のエース、真春を白石麻衣が演じる。

ネタバレを読む

斉木楠雄のψ難の紹介:2017年10月21日公開の日本映画。超能力を持つ主人公・斉木楠雄と、彼の周りに集まる個性的な人々が繰り広げる騒動を描く、週刊少年ジャンプ連載の学園コメディを山崎賢人主演で実写映画化。ピンクの髪の毛に緑色のサングラスという奇抜な設定そのままに山崎が主人公を、ヒロインの心美を橋本環奈が演じる。監督は『銀魂』の福田雄一。

ネタバレを読む

チャーリーと14人のキッズの紹介:2003年に公開されたアメリカ映画で、エディ・マーフィ主演で贈るコメディ。元エリートサラリーマンの男性が、仲間と共に保育園を開いて、子供たち相手に奮闘する姿を描いている。

ネタバレを読む

キル・ユア・ダーリンの紹介:2013年公開のアメリカ映画。詩人アレン・ギンズバーグの学生時代を、ウィリアム・バロウズやジャック・ケルアックらの交流と共に描いている。ダニエル・ラドクリフとデイン・デハーン共演で贈るサスペンスドラマで、1944年にコロンビア大学で実際に起きた殺人事件を題材にしている。

ネタバレを読む

先生!、、、好きになってもいいですか?の紹介:2017年10月28日公開の日本映画。『高校デビュー』『青空エール』など数々の映画化作で知られる河原和音の人気コミックを、生田斗真&広瀬すず主演で映画化したラブストーリー。不愛想な社会科教師に恋をした女子高生の純粋すぎるがゆえの暴走する思いがつづられる。“青春ラブストーリー”の名手・三木孝浩が監督を、『心が叫びたがってるんだ。』の岡田麿里が脚本を手がけた。

ネタバレを読む

氷菓の紹介:2017年11月3日公開の日本映画。人気ミステリー作家、米澤穂信による<古典部>シリーズの第1作を山崎賢人主演で映画化した青春学園ミステリー。古典部の少年・奉太郎が、好奇心旺盛な少女えるの頼みで、33年前に学校で起きた彼女の叔父にまつわる事件と古典部の文集「氷菓」の謎に迫っていく姿が描かれる。

ネタバレを読む

フィストファイトの紹介:2017年製作のアメリカ映画。ある高校の卒業式の日、気弱な英語教師が鬼教師として知られる同僚から、決闘を挑まれたことから起こるドタバタコメディ。決闘のニュースは高校内に広がり、やがてそれが思いもよらない結果に…。

ネタバレを読む

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへの紹介:2014年制作のフランス映画。パリ郊外の高校を舞台に、情熱的な教師が問題児の生徒たちを変えていく姿を描いている。実話を基にしたサクセスストーリーで、名女優アリアンヌ・アスカリッドが主演を務めた作品。

ネタバレを読む

ザ・トライブの紹介:2015年公開のウクライナ映画。ろう者の寄宿学校に入学した青年が、不良グループの組織から洗礼を受け、組織の女性を好きになっていき、抑えきれない感情に流されていく様を描いている。音楽や台詞が一切なく、全編手話で構成された衝撃作で、ミロスラブ・スラボシュピツキー監督の初長編作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。