「学校が舞台」映画一覧

学校が舞台タグのついている映画は、生徒や教師を出演者とした、夢を叶えるために突き進むストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ハリーポッターシリーズ」「暗殺教室」「ちはやふる」などがあります。

映画:HELLO WORLD
HELLO WORLDの紹介:2019年に公開された作品。2027年の京都を舞台に、冴えない男子高校生の主人公の元へ10年後の自分を名乗る人物が現れ、大きな出来事へと巻き込まれていく物語を描いた長編アニメーション作品。監督を務めたのは『時をかける少女』『サマーウォーズ』で助監督を務め、数多くのテレビアニメでも監督経験がある伊藤智彦。高校生の主人公を北村匠海、10年後の主人公を松坂桃李、ヒロインを浜辺美波が演じている。 ネタバレを読む
映画:ペーパータウン
ペーパータウンの紹介:2015年に公開された作品。アメリカの小説家であるジョン・グリーンの小説『ペーパータウン』を原作とした実写映画である。監督を務めたのはジェイク・シュライアー。主人公の冴えない男子高校生クエンティンをナット・ウルフが演じ、その幼馴染で不思議な魅力を放つヒロインのマーゴをカーラ・デルヴィーニュが演じた。日本では劇場公開されず、Amazon Prime Videoなどの動画ストリーミングサービスでの公開となった。 ネタバレを読む
映画:学校の七不思議
学校の七不思議の紹介:2011年に制作された日本のホラー映画で、学校の七不思議を題材にした映画となります。制作はジョリー・ロジャーです。本作のストーリーはタイムカプセルを掘りに来た男女の5人組が、20年前に変死した少女の呪いに巻き込まれるというものです。この少女が残した「七つの歌」を本作では「ナナフシギ」として扱っているため、一般的な学校の七不思議とは違うと言えるでしょう。なお主役を演じているのはグラビアイドルの川崎裕菜です。 ネタバレを読む
映画:坂本君は見た目だけが真面目
坂本君は見た目だけが真面目の紹介:2014年3月15日公開の日本映画。多数のクリエイターを輩出してきた映画美学校の脚本コース初等科で選出された鳥井雅子の脚本を、「姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う」の大工原正樹監督が映画化。学校をさぼってロボット作りに励む男子中学生と、彼を授業に出席させようとする女性教師の戦いを描く。出演は「新大久保物語」の藤本泉、「映画 鈴木先生」の伊藤凌。 ネタバレを読む
映画:共犯
共犯の紹介:2014年に公開された台湾の青春ミステリー映画です。3人の男子生徒が女子高生の死体を偶然発見し、死の真相を探り始めるというストーリーですが、ミステリーの要素もありつつ、少年少女のヒューマンドラマの雰囲気も兼ね備えています。さらにメインキャストの少年少女6人のうち、本格的な演技経験があるのはホアン役のウー・チエンホー氏、チュウ役のウェン・チェンリン氏だけです。他の4人は本作が初めての本格的な演技デビュー作となっています。 ネタバレを読む
ホームステイ ボクと僕の100日間の紹介:2019年10月5日公開のタイ映画。森絵都の小説『カラフル』をバンコクに舞台に映画化。死んだはずの“ボク”の魂が自殺した高校生ミンの肉体に宿ることに。100日間でミンの自殺の原因を見つけないと、“ボク”の魂は永遠に消えると告げられ、“ボク”は新生“ミン”として再び生き始める。 ネタバレを読む
映画:マッドプロフェッサー悪の境界線
マッド・プロフェッサー 悪の境界線の紹介:多額の借金を抱えた大学生が、卒業に必要な単位を落としてしまい、担当である心理学の教授に泣きつきますが、その教授から単位取得の代償に「恐るべき依頼」を受けてしまう・・・!というサスペンス映画で、予想のつかない展開が見ものの作品になっています。 ネタバレを読む
映画:ブラッディリベンジ
ブラッディ・リベンジの紹介:内気で自分に自信のなかった女子美大生が、同じ大学の青年にレイプされたことから、レイプ犯を次々に殺害する「復讐者」へと変貌していく・・・!というサスペンス・スリラーで、痛々しいヒロインを、名優であり名監督であるクリント・イーストウッドの娘、フランチェスカ・イーストウッドが熱演しています。原題の「M.F.A.」は「Master of Fine Arts」の略で、「美術学修士」という意味です。 ネタバレを読む
映画:ブラッディスクール
ブラッディ・スクールの紹介:エミネムからAKBまで、数々のミュージック・ビデオを手掛けたジョセフ・カーン監督の作品ですが、タイトルとジャケットから想像されるようなホラーではなく、殺人鬼も出てはくるものの、ストーリーがあちらこちらに脱線しまくる「学園ぶっ飛びコメディ」といった内容になっています。 ネタバレを読む
映画:4月の君スピカ
4月の君、スピカ。の紹介:2019年4月5日公開の日本映画。杉山美和子による人気漫画を「黒執事」の大谷健太郎監督が実写映画化。高校受験に失敗し、うっかり超進学校へ入学した早乙女星。口の悪い秀才・泰陽と無口な美少年・深月と共に天文部に入るが、ふたりは星を意識するようになり、次第に3人は微妙な三角関係に…。出演は「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の福原遥、「センセイ君主」の佐藤大樹、「心に吹く風」の鈴木仁、「ひだまりが聴こえる」の井桁弘恵。脚本を「映画 桜蘭高校ホスト部」の池田奈津子、音楽を「四月は君の嘘」の吉俣良が務める。 ネタバレを読む
映画:となりの岡山田くん
となりの岡山田くんの紹介:2019年に公開された短編映画です。岡山をPRするハレウッドムービーの1つで、岡山県倉敷市出身の俳優、前野朋哉氏が監督を務めています。主演の山田辰介氏は一般公募のオーディションを勝ち抜いた当時現役の高校生で、芝居経験は一切ありません。岡山をPRする短編映画だけあって、出演者のほとんどは岡山県出身です。ただ1人、斉藤陸氏だけが北海道出身の俳優となっています。なお本作にはちょこっとだけ岡山出身のブルゾンちえみ氏や千鳥の2人も出演しています。 ネタバレを読む
映画:町田くんの世界
町田くんの世界の紹介:2019年6月7日公開の日本映画。別冊マーガレットに連載された安藤ゆきの同名コミックを『舟を編む』の石井裕也監督が映画化した青春ムービー。勉強も運動も苦手だけど、“人を愛する”才能に長けた少年が“人が大嫌い”なクラスメイトとの出会いを通して“わからない感情”と向き合う姿を描く。主人公の町田くんを演技経験ゼロの超新人、細田佳央太が演じる。 ネタバレを読む
映画:世界でいちばん長い写真
世界でいちばん長い写真の紹介:誉田哲也の同名小説を、草野翔吾監督・脚本で映画化し2018年に公開された作品です。高校を舞台に写真部に所属する主人公が360度撮影することが可能な珍しいカメラと出会ったことで成長していくストーリーとなっています。原作は世界一長い写真を撮影したという実話をもとに制作されており、作中でも主人公の高校生たちが145mに及ぶ横長の写真を撮影する様子が収められています。 ネタバレを読む
映画:HANA
HANAの紹介:2018年に公開された短編映画です。「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」のプロジェクトの1つ「ブックショート」の第1回大賞作品となり、芥川龍之介氏の「鼻」を女子高に置き換えた内容となっています。胸の小ささに悩む女子高生を主人公としており、ある日胸が大きくなったらという設定のもの、ストーリーは進んでいきます。元となる「鼻」の内容と胸のコンプレックスをうまく結びつけた物語になっているのが特徴的です。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。