「学校が舞台」映画一覧

学校が舞台タグのついている映画は、生徒や教師を出演者とした、夢を叶えるために突き進むストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ハリーポッターシリーズ」「暗殺教室」「ちはやふる」などがあります。

チャーリーと14人のキッズの紹介:2003年に公開されたアメリカ映画で、エディ・マーフィ主演で贈るコメディ。元エリートサラリーマンの男性が、仲間と共に保育園を開いて、子供たち相手に奮闘する姿を描いている。

ネタバレを読む

キル・ユア・ダーリンの紹介:2013年公開のアメリカ映画。詩人アレン・ギンズバーグの学生時代を、ウィリアム・バロウズやジャック・ケルアックらの交流と共に描いている。ダニエル・ラドクリフとデイン・デハーン共演で贈るサスペンスドラマで、1944年にコロンビア大学で実際に起きた殺人事件を題材にしている。

ネタバレを読む

先生!、、、好きになってもいいですか?の紹介:2017年10月28日公開の日本映画。『高校デビュー』『青空エール』など数々の映画化作で知られる河原和音の人気コミックを、生田斗真&広瀬すず主演で映画化したラブストーリー。不愛想な社会科教師に恋をした女子高生の純粋すぎるがゆえの暴走する思いがつづられる。“青春ラブストーリー”の名手・三木孝浩が監督を、『心が叫びたがってるんだ。』の岡田麿里が脚本を手がけた。

ネタバレを読む

氷菓の紹介:2017年11月3日公開の日本映画。人気ミステリー作家、米澤穂信による<古典部>シリーズの第1作を山崎賢人主演で映画化した青春学園ミステリー。古典部の少年・奉太郎が、好奇心旺盛な少女えるの頼みで、33年前に学校で起きた彼女の叔父にまつわる事件と古典部の文集「氷菓」の謎に迫っていく姿が描かれる。

ネタバレを読む

フィストファイトの紹介:2017年製作のアメリカ映画。ある高校の卒業式の日、気弱な英語教師が鬼教師として知られる同僚から、決闘を挑まれたことから起こるドタバタコメディ。決闘のニュースは高校内に広がり、やがてそれが思いもよらない結果に…。

ネタバレを読む

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへの紹介:2014年制作のフランス映画。パリ郊外の高校を舞台に、情熱的な教師が問題児の生徒たちを変えていく姿を描いている。実話を基にしたサクセスストーリーで、名女優アリアンヌ・アスカリッドが主演を務めた作品。

ネタバレを読む

ザ・トライブの紹介:2015年公開のウクライナ映画。ろう者の寄宿学校に入学した青年が、不良グループの組織から洗礼を受け、組織の女性を好きになっていき、抑えきれない感情に流されていく様を描いている。音楽や台詞が一切なく、全編手話で構成された衝撃作で、ミロスラブ・スラボシュピツキー監督の初長編作品。

ネタバレを読む

劇場版 お前はまだグンマを知らないの紹介:2017年7月22日公開の日本映画。群馬県のあるあるをたっぷり詰め込んだ、井田ヒロトの人気コミックが原作の青春ラブ・コメディ。チバ県からグンマ県に引っ越してきた高校生の神月が独自性の強いグンマの文化に戸惑いながら、同級生の京への恋心を募らせていく姿を描く。

ネタバレを読む

京城学校:消えた少女たちの紹介:2015年制作の韓国映画。病気を抱えている少女が、療養学校に転校して襲われる恐怖を描いている。リアルな恐怖と緊張感を作り出す女優陣の熱演や、映像美が見ものの作品。イ・ヘヨン監督、パク・ボヨン主演で贈るサスペンスホラー。

ネタバレを読む

帝一の國(帝一の国)~学生街の喫茶店~の紹介:2017年4月21日公開の日本スピンオフドラマ。日本一の名門校で生徒会長を目指す高校生たちの戦いを描く『帝一の國』の主要登場人物を軸に据えた、オムニバスドラマ。

ネタバレを読む

帝一の國(帝一の国)の紹介:2017年4月29日公開の日本映画。日本一の名門校で生徒会長を目指す高校生たちの戦いを描く、古屋兎丸の人気コミックを菅田将暉主演で映画化した青春コメディ。野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗といった若手注目株が多数共演し、主人公のライバル役をユニークに演じる。

ネタバレを読む

Re:LIFE〜リライフ〜の紹介:2014年制作のアメリカ映画。大学で教師をすることになった落ち目の脚本家が、生徒との交流を通して大切なことに気づいていく様を描いている。マーク・ローレンス監督とヒュー・グランド主演で贈るドラマ。脇を固めるのは、オスカーのマリサ・トメイやJK・シモンズら。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。