「学校が舞台」映画一覧

あの子を探しての紹介:1999年の中国製作映画で、貧しい村に生きる子どもたちを描いた人間ドラマ。シー・シアンションによる「空に太陽がある」を映画化した作品で、監督はチャン・イーモウが務めた。代用教員の少女が行方不明の生徒を探す旅を描く。実際の中国の寒村に暮らす子どもたちを起用した演出が高く評価され、チャン・イーモウはヴェネツィア国際映画祭で自身2度目の金獅子賞を獲得した。

ネタバレを読む

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声の紹介:複雑な家庭環境で育ち、問題ばかり起こしていたステット。母の死をきっかけに少年合唱団に転入した彼を待っていたのは、厳しい指導者やエリート揃いの生徒たちとの生活だった。
2014年のアメリカ映画。ベテラン俳優陣に対し、ステット役は長編映画初出演となるギャレット・ウェアリングが見出された。受賞こそ逃したものの、世界中の映画祭で正式出品された。

ネタバレを読む

きょうのキラ君の紹介:2017年2月25日公開の日本映画。『近キョリ恋愛』などで有名な作者・みきもと凛の同名作を、中川大志&飯豊まりえ主演で映画化したラブストーリー。誰にも言えない秘密を抱えた学校一のモテ男と不器用な女子高生の純愛を描く。

ネタバレを読む

SEXエド チェリー先生の白熱性教育の紹介:2014年製作のアメリカ映画。童貞なのに性教育の授業をする教師の奮闘を描いている。「シックス・センス」や「A.I.」で大人気となった名子役、ハーレイ・ジョエル・オスメントが童貞教師を好演。久しぶりのハリウッド映画に復帰した彼の演技に注目。

ネタバレを読む

アフター・ザ・レインの紹介:2007年制作のアメリカ映画。中国からアメリカに留学し、尊敬する教授と交流を深めていく大学生に起こる悲劇を描いている。出演はアジアでも注目されているリウ・イエ、名女優メリル・ストリープら。

ネタバレを読む

エコールの紹介:2004年制作。森の中にある閉鎖的な学校を舞台に、純粋な少女たちの生活と、外の世界を憧れる様を描いた衝撃作。19世紀の作家、フランク・ヴェデキントの小説「ミネハハ」が原作。女流監督ルシール・アザリロヴィックが監督・脚本を務め、マリオン・コティヤール、エレーヌ・ド・フジュロルが出演。

ネタバレを読む

THE WAVE ウェイヴの紹介:2008年制作のドイツ映画。独裁について学ぶ実習に参加した高校生が、洗脳されていく姿を描いている。実話に基づいた物語で、デニス・ガンゼルが監督を務め、ユルゲン・フォーゲル主演で贈る作品。

ネタバレを読む

青い山脈 (1949年)の紹介:石坂洋二郎の同名小説を、後に「純愛物語」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞する今井正監督が、原節子を主演に迎え映画化した青春映画。田舎町に赴任してきた女性教師が、封建的な街の体制と戦う姿を描く。本作は二部作の前編で、後編は「續青い山脈」に続く。

ネタバレを読む

イン&アウトの紹介:1997年製作のアメリカ映画。結婚式を目前に控えた高校教師が、オスカー賞授賞式で自分の教え子にゲイだと公表されたことから巻き込まれる騒動を描いた映画。トム・ハンクスが「フィラデルフィア」(93)でアカデミー主演男優賞を受賞した際、スピーチでゲイである恩師に感謝した実話を基に作られた。

ネタバレを読む

ベネディクト・カンバーバッチ ホーキングの紹介:2004年公開のイギリス映画。難病に侵されつつも宇宙の研究に貢献したスティーヴン・ホーキングの半生を描いている。天才物理学者ホーキングの若き日をベネディクト・カンバーバッチが演じた作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。