「学校が舞台」映画一覧

学校が舞台タグのついている映画は、生徒や教師を出演者とした、夢を叶えるために突き進むストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ハリーポッターシリーズ」「暗殺教室」「ちはやふる」などがあります。

映画:ホームワーク

ホームワークの紹介:1989年のイラン映画で、日本公開は1995年。息子の宿題に疑問を感じた巨匠アッバス・キアロスタミ監督が、多くの小学生児童に直接インタビューすることで、イランの学校教育や社会問題を抉り出したドキュメンタリー作品。

ネタバレを読む
映画:アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジークの紹介:伊坂幸太郎の小説「アイネクライネナハトムジーク」を原作とした実写映画作品。同作は仙台市在住の伊坂幸太郎が仙台を舞台に執筆した作品であり、今作も撮影はオール仙台ロケで行われている。監督は「たまの映画」「愛がなんだ」などでしられる今泉力哉が務めた。また、原作小説はシンガーソングライターの斉藤和義が伊坂に作詞を依頼し、作詞をしたことがなかった伊坂が短編「ナハトムジーク」を代わりに執筆したことが発端となっていることから、今作の音楽は斉藤和義が担当している。

ネタバレを読む
映画:カランコエの花

カランコエの花の紹介:2016年制作の短編映画。レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭グランプリをはじめとする様々な映画賞に輝いた。主演は話題の今田美桜。監督は『尊く厳かな死』の中川駿。高校のある1クラスにて突然「LGBT」の授業が行われた。他のクラスでは授業が無かったと知った生徒たちは、同級生の中に当事者がいるのではないかと騒然となり…。

ネタバレを読む
映画:最低で最高のサリー

最低で最高のサリーの紹介:2011年のアメリカ映画で、日本では劇場未公開。『(500)日のサマー』のスタジオが贈る草食男子と小悪魔女子の恋と友情の物語。主人公の少年を『チャーリーとチョコレート工場』のフレディ・ハイモア、小悪魔な美少女をジュリア・ロバーツの姪エマ・ロバーツが好演した。人生に希望を見いだせず無気力な学校生活を送っていたジョージは、クラス一の美少女サリーの校則違反をかばったのをきっかけに親しくなる。サリーに恋心を抱いたジョージだったが、「友情を壊したくない」と言われてしまい…。

ネタバレを読む
映画:がっこうぐらし!(2019年・実写)

がっこうぐらし!(2019年・実写)の紹介:2019年1月25日公開の日本映画。累計250万部を突破した海法紀光と千葉サドルの人気コミックを映画化。学園生活部は、学園に日々寝泊りする部活。4人の部員は元気いっぱいな毎日を送っていた。だがその実態は、無数の“かれら”が蔓延る世界で壮絶なサバイバルを繰り広げていたのだ…。

ネタバレを読む
映画:ブギーポップは笑わない Boogiepop and Others

ブギーポップは笑わない Boogiepop and Othersの紹介:2000年に公開された映画です。大人気ライトノベル「ブギーポップは笑わない」を実写化した作品で、原作者の上遠野浩平氏がエキストラとして出演しています。内容は第1巻をベースにしたものになっており、いわゆる群像劇です。主演は吉野紗香氏で、「相棒」で有名な寺脇康文氏や「仮面ライダー」や「ウルトラマン」などの高野八誠氏などもキャスティングされています。

ネタバレを読む
映画:ニセコイ

ニセコイの紹介:2018年12月21日公開の日本映画。週刊少年ジャンプで連載され、人気を博した古味直志原作の同名コミックを中島健人&中条あやみ主演で映画化した青春ラブ・コメディ。抗争を鎮めるために偽物の恋人(=ニセコイ)を演じることになった極道一家の一人息子とギャング組織の一人娘の波乱万丈な恋の行方が描かれる。

ネタバレを読む
映画:打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(1995年)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の紹介:1995年製作の日本映画。小学生の男の子と女の子の淡い恋心と悲しい別れを描いたドラマ。監督は「Love Letter」の岩井俊二。主人公のふたりの小学生を演じるのは、「グッバイ・ママ」の山崎裕太と「パ★テ★オ PATIO」の奥菜恵。もともとはフジテレビで放送されていた『ifもしも』の一篇として製作され、93年8月26日に放送されたもので、テレビ・ドラマとして初めて日本映画監督協会新人賞を受賞した作品。

ネタバレを読む
映画:家族ゲーム

家族ゲームの紹介:1983年公開の日本映画。息子の高校受験のためにと雇った風変わりな家庭教師がやって来たことで一家に巻き起こる騒動を描いた傑作ホーム・コメディ。「の・ようなもの」の森田芳光監督が、現代家庭の抱える問題をシュールなタッチでユーモラスに描く。横一列に並んでの食事シーンなど斬新な表現手法が話題を呼んだ。

ネタバレを読む
映画:ういらぶ

ういらぶ。の紹介:2018年11月9日公開の日本映画。人気コミックをKing&Princeの平野紫耀&桜井日奈子主演で映画化した青春ラブストーリー。好きすぎて、あと一歩が踏み出せない幼なじみの男女と、彼らを見守る親友2人の前に恋のライバルが現れたことから、4人の友情に変化が訪れる…。

ネタバレを読む
映画:スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの紹介:2019年公開。MARVELコミック原作の、同一の世界観を共有する作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の第23作目であり、トム・ホランドが演じるMCU版スパイダーマン単独作としては2作目となる。2019年4月公開の「アベンジャーズ/エンドゲーム」のその後の出来事を描いている作品で、シリーズ第一作である2008年公開「アイアンマン」から始まった「インフィニティ・サーガ」の締めくくりとなる作品である。監督は前作「スパイダーマン:ホームカミング」から引き続きジョン・ワッツが務めている。

ネタバレを読む
映画:ダークスクール

ダーク・スクールの紹介:山間の寄宿学校に編入となった問題児たちが芸術に取り憑かれ壊れていく恐怖を描いた2018年制作のスペイン/米合作のホラー映画。原作は「ラストサマー」シリーズで知られるロイス・ダンカンの「Down A Dark Hall」。監督は「レッド・ライト」のロドリゴ・コルテス。主演は「マンハッタンに恋をして~キャリーの日記~」のアナソフィア・ロブ。エレガントでマッドな校長役を「キル・ビル」のユマ・サーマンが好演している。

ネタバレを読む
映画:小さな恋のうた

小さな恋のうたの紹介:2019年公開。日本の著名な3ピース・ロックバンドMONGOL800の代表曲「小さな恋のうた」を題材として、彼らの出身地である沖縄県を舞台に、高校の軽音部に所属するバンドの物語を描く。撮影も実際に沖縄で行われた。監督は橋本光二郎。この物語の世界観では現代を舞台としているが、MONGOL800が存在していない世界となっており、MONGOL800の楽曲は主人公たちのバンドが生み出した楽曲として扱われている。主人公たちが演奏する楽曲の他にも、MONGOL800の多くの楽曲がBGMとして挿入されており、メンバー3人もカメオ出演している。

ネタバレを読む
映画:ワンダー 君は太陽

ワンダー 君は太陽の紹介:2017年製作のアメリカ映画で、日本公開は翌年。R・J・パラシオのベストセラー小説を実写版『美女と野獣』の製作スタッフが映像化。監督・脚本はスティーブン・チョボスキー。遺伝子疾患により、人とは異なる顔を生まれ持った10歳のオギー。オギー自身や周囲の人々の苦悩、家族の愛情や友情を描いた感動の物語。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。