「スパイ」映画一覧

スパイタグのついている映画は、凄腕の工作員や暗殺者を出演者とし、極秘の任務を遂行するストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「007シリーズ」「ミッション:インポッシブル」「ボーン・アイデンティティ」などがあります。

2008年公開のアメリカ映画。スティーブ・カレル主演のスパイアクション・コメディ作品。アメリカの秘密諜報機関に属するマックスと、整形手術を受けた美貌のエージェント99(アン・ハサウェイ)とがコンビを組み、国際犯罪組織との戦いに挑む。初めての現場でのスパイ任務に張り切るマックスだが、先々でドジを踏んでは相棒の足を引っ張ることに。 ネタバレを読む
2008年制作のイギリス、アメリカの合作映画。前作の直接の続編となる。前作で死んでしまった、ヴェスパーを裏で操っていたミスターホワイトを追うとともに、背後にいる組織を探ることになるが、裏切り者がそれを阻止しようと襲い掛かる。 ネタバレを読む
2015年制作のアメリカ映画。スティーブン・スティルバーグ監督、マット・チャーマンとコーエン兄弟脚本による歴史・伝記・ドラマ・政治・アクション・戦争・スパイ・スリラー映画である。舞台は冷戦下のアメリカ、弁護士のジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)は、アメリカFBIに捕まったソ連側のスパイであるルドルフ・アベルの弁護をすることになる。冷戦情勢は次第に悪化していき、ソ連側でも同じくアメリカ側のスパイが捕まったことが分かり...。 ネタバレを読む
RED/レッドの紹介:2010年製作のアメリカ映画。ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマンらが引退したCIAエージェントに扮し、彼らを抹殺しようとする巨大な陰謀の黒幕を追い詰めていく姿を描く痛快アクション。“若造には負けん!”とばかりに老体にムチを打ち過激なアクションに挑む姿に胸が熱くなる。監督は「フライトプラン」のロベルト・シュヴェンケ。 ネタバレを読む
映画:セントラルインテリジェンス
セントラル・インテリジェンスの紹介:2016年製作のアメリカ映画。「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演のアクションコメディ。高校時代はスーパースターだったが今はしがない会計士のカルヴィンは、当時いじめられっ子で今はマッチョなCIAのボブと再会。組織から追われるボブに助けを求められる…。 ネタバレを読む
映画:スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション
スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッションの紹介:2011年に公開されたアクション・コメディ映画。2003年に公開された作品『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー』の続編にあたる作品であり、『スパイキッズ』シリーズ4作目である。監督・脚本・製作を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はローワン・ブランチャードとメイソン・クック。過去作の主人公姉弟を演じたアレクサ・ヴェガとダリル・サバラも出演している。 ネタバレを読む
映画:スパイキッズ3-D:ゲームオーバー
スパイキッズ3-D:ゲームオーバーの紹介:2003年に公開されたアクション・コメディ映画。2002年に公開された作品『スパイキッズ2 失われた夢の島』の続編にあたる作品であり、『スパイキッズ』シリーズ3作目である。監督・脚本・製作を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はダリル・サバラ。今作はタイトルの通り3D作品として公開され、DVDにも3D版とリアルカラー版が存在する。 ネタバレを読む
映画:スパイキッズ2 失われた夢の島
スパイキッズ2 失われた夢の島の紹介:2002年に公開されたアクション・コメディ映画。2001年に公開された作品『スパイキッズ』の続編にあたる作品であり、『スパイキッズ』シリーズ2作目である。監督・脚本・製作を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はアレクサ・ヴェガとダリル・サバラ。 ネタバレを読む
映画:スパイキッズ
スパイキッズの紹介:2001年に公開されたアクション・コメディ映画。両親がスパイだったことを知った幼い姉弟が、自らもスパイとなって両親の救出に向かう物語。後にシリーズ化もされ、全4作の第一作目にあたる作品である。監督を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はアレクサ・ヴェガとダリル・サバラ。 ネタバレを読む
映画:海外特派員
海外特派員の紹介:ヴィンセント・シーアンの回顧録を原案にしたアルフレッド・ヒッチコック監督によるスパイスリラー。第二次世界大戦直前のヨーロッパを舞台に、アメリカ人記者がスパイによる陰謀を追う姿を描く。第12回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞では、トップテンに選出された。1940年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:ジョニーイングリッシュ3アナログの逆襲
ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲の紹介:2018年制作のイギリス映画。ローワン・アトキンソン扮する英国諜報部員が抱腹絶倒の騒動を巻き起こすアクション・コメディ第3弾。英国の諜報機関MI7がサイバー攻撃を受ける事件が発生。この危機に立ち向かうため、隠居していた諜報員ジョニー・イングリッシュが呼び出されるが…。 ネタバレを読む
映画:ジョニーイングリッシュ2気休めの報酬
ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬の紹介:2011年制作のイギリス映画。『Mr.ビーン』のローワン・アトキンソンが敏腕スパイに扮し、ドタバタ騒動を繰り広げるアクション・コメディの8年ぶりとなる第2作。世界を股にかけてのスパイ、イングリッシュの活躍が、『007』シリーズのパロディを交えて描かれる。『X-ファイル』シリーズのジリアン・アンダーソンがイングリッシュに振り回される上司役に。 ネタバレを読む
映画:ジョニーイングリッシュ1
ジョニー・イングリッシュの紹介:2003年制作のイギリス映画。「ビーン」の人気コメディアン、ローワン・アトキンソン主演の最新コメディが登場。スパイにあこがれる、ドジな男が巻き起こすドタバタ騒動をアクション満載で描く痛快作、第1弾! ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×