「スパイ」映画一覧

スパイタグのついている映画は、凄腕の工作員や暗殺者を出演者とし、極秘の任務を遂行するストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「007シリーズ」「ミッション:インポッシブル」「ボーン・アイデンティティ」などがあります。

映画:ノンストップ救出

ノンストップ 救出の紹介:2012年に公開された映画です。南アフリカとカナダで制作された映画で、娘を取り戻すために戦う父親の姿を描いています。スパイや秘密警察、シリア情勢などの要素が盛り込まれており、少々複雑な様相を呈しているのが特徴的です。一応アクション映画のジャンルとなっていますが、基本的には娘を取り戻すために情報を集めるといったスパイ的な面が強いです。なお本作には「バイオハザードシリーズ」で有名なオデッド・フェール氏が出演しています。

ネタバレを読む
映画:オースティンパワーズ1

オースティン・パワーズの紹介:1997年製作のアメリカ映画。60年代の花形スパイが90年代に復活して大騒動を繰り広げるナンセンス・コメディ。主演(スパイと悪の帝王の二役)・脚本は「ウェインズ・ワールド」のマイク・マイヤーズ。監督は「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」の脚本などを担当した新鋭のジェイ・ローチで、本作が長編劇映画デビュー作。

ネタバレを読む
映画:第十七捕虜収容所

第十七捕虜収容所の紹介:1953年製作のアメリカのサスペンス映画。ナチスドイツの捕虜収容所で密告者の疑いを賭けられた男の孤独な闘いをサスペンスフルに描いていく。元々はドナルド・ビーヴァンとエドモンド・トルチンスキーのブロードウェイ舞台劇で、ビリー・ワイルダー監督がウィリアム・ホールデン主演で映画化した。第26回アカデミー賞ではウィリアム・ホールデンは主演男優賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:マッキントッシュの男

マッキントッシュの男の紹介:1973年のイギリス・アメリカ合作のスパイ・スリラー。「マルタの鷹」で知られるジョン・ヒューストン監督がデズモンド・バグリィ原作の長編小説を映画化した作品で、ポール・ニューマン、ドミニク・サンダが主演を務めた。プロの泥棒がイギリス国内に潜入するスパイとの争いに巻き込まれる姿を描いていく。

ネタバレを読む
映画:レッドスパロー

レッド・スパローの紹介:2018年にアメリカで製作されたスパイ・スリラー。「ハンガー・ゲーム」シリーズでもコンビを組んだフランシス・ローレンスとジェニファー・ローレンスが監督と主演をそれぞれ務めた。元CIA諜報員のジェイソン・マシューズによる同名小説を映画化した作品で、元バレリーナがロシア諜報員として生き抜いていく様を描いていく。

ネタバレを読む
映画:タキシード (2002年)

タキシード (2002年)の紹介:大人気カンフースター、ジャッキー・チェン主演のアクション映画です。従来のジャッキーアクションとは違うSFチックなアクションを味わえます。タキシードという特殊なスーツを着込んだジャッキーのアクションは、カンフーとはまた違った凄味があります。日本とアメリカでは人気を博していますが、香港ではあまり人気を獲得することができなかったようです。ちなみに本作にはソウルミュージックの神様、ジェームス・ブラウンが本人役で出演しています。

ネタバレを読む
映画:アンロック陰謀のコード

アンロック/陰謀のコードの紹介:2018年製作のイギリス&アメリカ合作映画。「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが主演を務めるサスペンス・アクション。過去にトラウマを抱える元CIAの腕利き尋問官アリス。ある日、CIAがバイオテロ計画を察知し、容疑者を逮捕。アリスはCIAに呼び戻され、絶妙な尋問で“完落ち”に追い込むが…。

ネタバレを読む
映画:アトミックブロンド

アトミック・ブロンドの紹介:2017年のドイツ・スウェーデン・アメリカ合作のアクションスリラー。アンソニー・ジョンストン、サム・ハートによるグラフィックノベル「The Coldest City」を映画化した作品で、東西冷戦末期のベルリンを舞台にMI6の女性諜報員が二重スパイを追う姿を描いていく。アクションシーンは高く評価され、2018年度の世界スタント賞では二部門を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ボスベイビー

ボス・ベイビーの紹介:2018年3月21日公開のアメリカ・アニメーション映画。『怪盗グルー』シリーズのユニバーサル・スタジオと、『シュレック』などのドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んだコミカルなアニメーション。ある日、7歳の少年ティムの元に弟としてやってきた、見た目は赤ちゃん、中身はおっさんという謎多き存在“ボス・ベイビー”が繰り広げる騒動が描かれる。

ネタバレを読む
映画:義兄弟(2010年韓国)

義兄弟(2010年韓国)の紹介:それぞれの名誉のために足掻く北朝鮮工作員と元韓国情報院の男の葛藤と友情を描いた2010年の韓国映画。監督は「映画は映画だ」「高地戦」のチャン・フン。主演は「JSA」「殺人の追憶」のソン・ガンホと「デュエリスト」「超能力者」のカン・ドンウォン。

ネタバレを読む
映画:沈黙の激戦

沈黙の激戦の紹介:2016年に製作されたアメリカ映画で、キオニ・ワックスマンがメガホンをとり、スティーヴン・セガール主演で贈るアクション。復帰を依頼された元政府の諜報員が、麻薬カルテルとテロリストの会議を阻止しに向かう姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:街のあかり

街のあかりの紹介:2006年のフィンランド映画。名匠アキ・カウリスマキの監督・脚本作で、『浮き雲』『過去のない男』に続く“敗者三部作”の最終章。アキ・カウリスマキらしい独特な演出で、孤独な男が愛を知ったことで、人間性を回復していく姿を淡々としたタッチながらも丁寧に描き出す。

ネタバレを読む
映画:ダブルミッション

ダブル・ミッションの紹介:2010年に公開されたアメリカ映画で、ブライアン・レヴァントが監督を務め、ジャッキー・チェン主演で贈るアクションコメディ。表向きは冴えない会社員だけれども、CIAの情報員としての裏の顔を持つ中年の男性の活躍を描いている。

ネタバレを読む
映画:SPYTIMEスパイタイム

SPY TIME -スパイ・タイム-の紹介:2015年に公開されたスペイン映画で、マヌエル・バスケス・ガリェゴのコミックを原作としており、イマノル・アリアスが主演を務めたアクションコメディ。時代遅れのベテランスパイが、脱獄した宿敵の悪党から、息子を守るために命を懸ける姿を描いている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。