「超能力」映画一覧

超能力タグのついている映画は、科学的に説明できない、普通の人間では実現できない特殊な能力を持つ出演者が登場し、愛する人と世界を守るために戦うストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「X-MEN」「ファンタスティック・フォー」「ジャスティス・リーグ」などがあります。

映画:天気の子

天気の子の紹介:2019年公開。「秒速5センチメートル」「君の名は。」などで知られるアニメーション監督である新海誠監督作品の最新作である。今作は、社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録した2016年公開の前作「君の名は。」以来となる作品となり、前作同様、主題歌と劇伴をロックバンドRADWIMPSが担当しており、特にボーカルの野田洋次郎はストーリー展開などを決めるミーティングにも参加しており、作品に大きく関わっている。

ネタバレを読む
映画:アンジェラ

アンジェラの紹介:「レオン」「フィフス・エレメント」のリュック・ベンソンが、「ジャンヌ・ダルク」以来6年ぶりにメガホンを取った、2005年の監督作です。見栄えもこれまでの人生も冴えないダメ男の元へ、突然現れた美女。彼女はダメ男をを助けるために孤軍奮闘し始めるのだが、彼女の正体は、その目的は・・・?という物語です。全編モノクロームの映像が美しく、ファンタジックな作品の雰囲気にマッチしています。

ネタバレを読む
映画:X-MEN:ダーク・フェニックス

X-MEN:ダーク・フェニックスの紹介:2019年公開。MARVELコミック原作の映画シリーズ「X-MEN」シリーズの第12作目であり、20世紀フォックス主導で製作されるX-MENの完結作である。2014年公開「X-MEN:フューチャー&パスト」にて生まれた新たなタイムラインでのストーリーで、2006年公開「X-MEN:ファイナルディシジョン」で要素として取り入れられた原作エピソード「ダーク・フェニックス」をメインストーリーとして描く。監督は、長年シリーズに携わりながら、初の監督となるサイモン・キンバーグ。

ネタバレを読む
映画:ダークフィアー逃亡者

ダークフィアー/逃亡者の紹介:平凡で地道な生活を送っていた主人公が、突如特殊な能力に目覚め、それと同時に命を狙われ犯罪者の汚名を着せられ、逃亡生活を送ることに。主人公は愛する彼女と共に、自分が背負った「意外な運命」と対峙することになる・・・!というSFアクションです。低予算のTVムービー的な作品で、あまり派手な展開こそありませんが、なかなか楽しめる作品に仕上がってます。

ネタバレを読む
映画:モスダイアリー

モスダイアリーの紹介:全寮制の寄宿学校で、親友や学友たちと学生生活を謳歌していたヒロイン・レベッカでしたが、転校生のエネッサが現れてから、楽しい生活が一変。不思議な雰囲気を漂わせるエネッサは一体何者なのか、彼女の目的は・・・?という学園サスペンス・ホラーです。女性監督による寄宿学校の描写が清々しくまたみずみずしく、作品全体を覆う謎めいた空気感を演出するのに効果を上げています。

ネタバレを読む
映画:キャビンインザウッズ

キャビン・イン・ザ・ウッズの紹介:友人の麻薬中毒を治療するため、森の奥深くに建つ小屋=キャビンに友人を軟禁した主人公が、その地で次々と不可思議な現象を体験することになる・・・という、低予算ホラームービー。「ブレアウィッチ・プロジェクト」に似た手法ながらPOVではなく、派手な仕掛けもないが、アイデアや構成が上手くラストまで惹き付けられる。話題になった、クリス・ヘムズワース出演のホラー「キャビン」(原題が「キャビン・イン・ザ・ウッズ」)とは違う映画なので、ご用心を。

ネタバレを読む
映画:ビューティフルクリーチャーズ光と闇に選ばれし者

ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者の紹介:全米でベストセラーになったヤングアダルト小説を、60億円の製作費をかけて映画化したラブ・ファンタジー大作。古い因習にとらわれたアメリカ南部の町に転向して来た少女は、光と闇の魔術を継ぐ魔術師だった。彼女と恋に落ちた主人公の運命は・・・?というストーリー。

ネタバレを読む
映画:劇場版3Dあたしンち情熱のちょ超能力♪母大暴走!

劇場版3D あたしンち 情熱のちょ〜超能力♪ 母大暴走!の紹介:2010年公開。えらけいこ原作の人気テレビアニメシリーズ「あたしンち」の劇場公開作品第2弾となる作品であり、シリーズ初の3Dでの公開となった作品でもある。テレビシリーズでお馴染みのキャラクターたちが、日常的な模様を描くテレビシリーズとは異なり、非日常な物語で描かれるのが劇場版長編作品の特徴となっている。

ネタバレを読む
映画:インクレディブルファミリー

インクレディブル・ファミリーの紹介:2018年公開。「トイ・ストーリー」「カーズ」「リメンバー・ミー」などのピクサー・アニメーション・スタジオ製作の長編CGアニメーション映画である。2004年公開「ミスター・インクレディブル」の14年振りとなる続編であり、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作作品では第20作品目となる作品である。監督は「ミスター・インクレディブル」「トイ・ストーリー3」などで知られるブラッド・バード。

ネタバレを読む
映画:キャプテン・マーベル

キャプテン・マーベルの紹介:2019年公開。マーベル・スタジオ製作作品。「アイアンマン」シリーズ、「アベンジャーズ」シリーズなどで知られる、共通の世界観を持つ映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第21作であり、今作は、同シリーズ初の女性ヒーローの単独主演作でもある。監督はアンナ・ボーデンとライアン・フレッグ。アンナ・ボーデンはシリーズ初の女性監督となる。主人公のヒーロー、キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース役に「ルーム」などで知られる女優ブリー・ラーソンを起用。舞台設定は1995年となっており、シリーズ一作目「アイアンマン」以前の物語となり、アベンジャーズ誕生のきっかけも描かれている。

ネタバレを読む
映画:ミスター・ガラス

ミスター・ガラスの紹介:2019年公開。「シックス・センス」などで知られているM・ナイト・シャマラン監督作品。同監督作品である「アンブレイカブル(2000)」と「スプリット(2017)」のその後を描く物語であり、それぞれのメインキャラクターが対峙する、シリーズの集大成的作品。キャストも引き続きブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン、ジェームズ・マカヴォイが主要キャラクターを演じている。

ネタバレを読む
映画:幕間

幕間の紹介:1924年のフランス制作のサイレント映画。スウェーデンバレエ団の公演『本日休演』の幕間に上映された実験的な映画で、特別なストーリーはなく、モンタージュ技術を駆使して制作された映像作品である。監督はシュルレアリスムの影響下にあったルネ・クレール。音楽を担当したエリック・サティは、数名の芸術家らと共に劇中にも登場する。

ネタバレを読む
映画:ラプラスの魔女

ラプラスの魔女の紹介:2018年5月4日公開の日本映画。著作が日本だけでなく、韓国などでも映像化されるなど、国内外で人気の作家・東野圭吾のデビュー30周年記念作を、三池崇史監督が主演に櫻井翔を迎えて映画化したミステリー。不可解な事件の謎に挑む大学教授がさらなる事件に巻き込まれていくさまが描かれる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。