「超能力」映画一覧

超能力タグのついている映画は、科学的に説明できない、普通の人間では実現できない特殊な能力を持つ出演者が登場し、愛する人と世界を守るために戦うストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「X-MEN」「ファンタスティック・フォー」「ジャスティス・リーグ」などがあります。

2014年公開のアメリカのスーパーヒーロー映画。人類の敵を排除する最強兵器「センチネル」がミュータントたちを攻撃するようになった2023年、他人の精神のみを過去の自分に送れる能力を持つキティは、無事合流できたウルヴァリンに、この戦いの始まりとなった”センチネルの創造”を止めさせようと過去に送るが…。 ネタバレを読む
1999年製作のアメリカ映画。『ショーシャンクの空に』のフランク・ダラボン監督がスティーブン・キングの原作小説を再び映画化し、アカデミー賞では作品賞をはじめ4部門にノミネート。 刑務所で看守を務めるポールは、死刑囚のジョンが不思議な力を持っていることに気づく。 ジョンが背負った罪に疑問を抱いたポールは、衝撃の事実を知ることに。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
2003年公開のアメリカ合衆国のアクション映画。アメリカン・コミック「X-メン」の実写映画化2作目。X-MENとブラザーフッドの戦いの後、瞬間移動の能力を持つミュータント「ナイトクロウラー」が大統領を殺害しようとします。アメリカ政府は、ミュータント全員を摘発しようと動き出し…。 ネタバレを読む
2011年公開のアメリカ合衆国の映画。「X-MEN」リーダー兼創設者チャールズ・エグゼビアと、後に「ブラザーフッド」リーダーとなるエリック・レーンシャーが決別する過程を描いたヒーローアクション。チャールズが自分と同じ存在に出会えて喜ぶ一方、エリックは母親を殺された怒りで身を震わせており…。 ネタバレを読む
1998年製作のアメリカ映画。マーベル・コミック作品「ブレイド」の実写映画。 人間とヴァンパイアの混血として生まれた”ブレイド”は、ヴァンパイア・ハンターとして活動していました。地球では、人間の知らない所でヴァンパイアが存在しており、人間に知られる事なく共存していました。ある時、ブレイドは、ヴァンパイアの一人フロストが人間界を滅ぼして、ヴァンパイア達による世界征服を企んでいる事に気がつき…。 ネタバレを読む
1999年アメリカ製作のSF映画。世界一有名なSF作品と言っても過言ではない「スター・ウォーズ」シリーズの4作目。後にダース・ヴェイダーとなる、アナキン・スカイウォーカーを主人公とした、新3部作の1作目の作品。 ネタバレを読む
2008年アメリカで制作されたSFアクション映画。飛行能力と怪力を持ち不老不死で銃弾も通じない体のジョン・ハンコックは、正義のスーパーヒーローとして人々を救うが、街に甚大な被害を与えるために世間から嫌われていた。ある日、事故に遭いそうになるところを救われたレイは、ハンコックのイメージ改善のための戦略を実践し始めるが...。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2012年製作のアメリカ・スペイン合作のスリラー映画。監督はロドリゴ・コルテス。主演に「28日後」のキリアン・マーフィー、共演に「エイリアン」シリーズのシガニー・ウィーバー、「ゴッド・ファーザー」シリーズのロバート・デ・ニーロ、「アベンジャーズ」シリーズのエリザベス・オルセン他。 マーガレットとトムは超常現象の調査を行い、ペテンを見破ってきた。そんな中引退していた超能力者シルバーが現役復帰を果たした。調査を渋るマーガレットに対し、1人で調査を始めるトム。すると彼の周りで異様な現象が次々と起こり始める。シルバーは本物なのか。。 ネタバレを読む
2005年製作のアメリカ合衆国のアクション映画。原案は、DCコミックスの「Hell blazer」。主演は「マトリックス」シリーズや「ジョン・ウィック」シリーズのキアヌ・リーヴス、共演に「ハムナプトラ」や「ブラック・ウィドウ」のレイチェル・ワイズ。 悪魔払いを生業としているコンスタンティンは、ある少女の悪魔祓いをした際に、地獄から悪魔が出てこようとしているのを目の当たりにし、調査に乗り出す。助手のチャドや霊力の強い警察官アンジェラと共に悪魔の手引きをしている人物を追ううちに、意外な人物へとたどり着く。     ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
2013年公開のアニメ映画。社会現象を巻き起こした『魔法少女まどか☆マギカ』のその後を描いた物語。深夜アニメとしては異例の、興行収入20億円を突破する大ヒットを記録。まどかたちは魔法少女として、毎晩ナイトメアと戦っていた。しかしほむらはその日常に違和感を抱き……。 ネタバレを読む
2005年公開のアメリカ映画。世界一有名と言っても過言ではないSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの6作品目であり、新3部作の3作目の作品。 前作エピソード2「クローンの攻撃」より始まった銀河共和国と独立星系連合(分離主義勢力)との間に勃発したクローン戦争の終結と銀河帝国の誕生を描いたスペースオペラで、1977年公開の旧3部作の1作目 エピソード4「新たなる希望」へと続く重要な物語。 悪役としてあまりにも有名な「ダース・ベイダー」はなぜ誕生したのか…。その答えはこの作品にある…。   ネタバレを読む
DRONE/ドローンの紹介:可愛いビーバーがゾンビ化して人を襲うという!というアニマルゾンビコメディ「ゾンビーバー」を撮ったジョーダン・ルービン監督の長編2作目で、殺人鬼の魂を宿したドローンが人を襲う恐怖を描いた作品です。壊されても自ら修理を施し、殺人マシーンに変化していくドローンの暴れっぷりが見どころです。 ネタバレを読む
映画:ねらわれた学園(1981年)
ねらわれた学園(1981年)の紹介:1981年公開の日本映画。平穏な学園を支配しようとする超能力を持った女生徒に立ち向う同じ力を持った少女の活躍を描く。眉村卓の同名の小説の映画化で、脚本は「水戸黄門(1978)」の葉村彰子、監督は「金田一耕助の冒険」の大林宣彦、撮影は「オレンジロード急行」の阪本善尚がそれぞれ担当。 ネタバレを読む
ニンジャ vs ミュータントゾンビーズの紹介:世界大戦後の荒廃した未来の世界で、ニンジャの修行を受けた一族が、生き残りを賭けた戦いに挑む!という物語で、お話のメインはニンジャ同士の対決になっており、ゾンビに当たる怪物は中盤で少し顔を出す程度になっています。アメリカ版ニンジャの繰り出す様々なワザが見どころです。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×