「海猿シリーズ」映画一覧

海猿は、佐藤秀峰が作者の漫画が原作。海上保安庁の若き潜水士が友情や恋を通して、訓練と挫折を繰り返し、成長して活躍するといった内容。この映画は、週末観客動員数1位を獲得するなど大ヒットし、興行収入は2・4作目は70億以上、3作目は80億以上を記録した。羽住英一郎が監督し、伊藤英明、加藤あい、香里奈、佐藤隆太、濱田岳、仲里依紗など豪華な顔ぶれが出演している。

2010年9月公開の日本映画です。 福岡沖に国際プロジェクトとして建設された天然ガス採掘プラント”レガリア”で火災が発生、第十管区海上保安本部の機動救難士である仙崎大輔はバディの吉岡とともに現場に向かいましたが、作業員の救助中に爆発が起こり、数名が施設内に取り残されてしまいました。 折悪しく天候が悪化する中で、仙崎は全員が無事に帰還できる方法を模索し、奮闘していったのです。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:LIMIT OF LOVE 海猿
「LIMIT OF LIVE 海猿」の紹介:鹿児島の第十管区機動救難隊に所属する仙崎とそのバディ吉岡は鹿児島湾内で座礁したフェリーの救助活動中に要救助者2名とフェリー内で孤立。海上保安庁の海猿たちは果たして全員を無事救助できるか。仙崎は脱出して環菜と再会することができるか。 ネタバレを読む
映画:海猿BRAVE HEARTS[ブレイブハーツ]
大人気「海猿」シリーズの劇場版第4弾。ジャンボジェット機海上着水事故での人命救助を舞台に、危険を顧みず乗客を助ける海上保安庁の働きを描いています。緊張感たっぷりの救命シーンは目が離せません。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×