「戦争」映画一覧

戦争タグのついている映画は、繰り返される悲劇である戦争を設定としており、そこで起こるドラマチックなストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に視聴されています。代表的な映画として、「プライベート・ライアン」「硫黄島からの手紙」「火垂るの墓」などがあります。

ソルジャーズ・オブ・フューリーの紹介:2014年制作のロシア映画。ベトナム戦争時に、歴史から消されたソ連兵の戦場を描いている。極秘任務を受けて派兵し、味方や米軍からも追われることになった特殊部隊の姿を映し出す。

ネタバレを読む

クライシス・オブ・アメリカの紹介:2004年にアメリカで製作された政治スリラー。監督を務めたのは、「羊たちの沈黙」でオスカーを獲得したジョナサン・デミ。リチャード・コンドンの小説、及びそれを実写化した1962年の映画「影なき狙撃者」を原案としており、デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープら実力派俳優たちが出演している。湾岸戦争の英雄が副大統領候補にまで昇りつめるに至った陰謀がスリリングに描き出されていく。

ネタバレを読む

ロスト・パトロールの紹介:2013年制作。第2次世界大戦中に、イタリアに派遣されたブラジル人部隊の運命を描いている。ヴィセンテ・フェハスが監督・脚本を務め、ダニエル・オリヴェイラやフランシスコ・ガスパルらが出演した戦争ドラマ。

ネタバレを読む

ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たちの紹介:2016年制作のノルウェー映画。13世紀のノルウェーを舞台に、王家の血筋を唯一継ぐ王子を守る伝説の戦士・ビルケバイネルの姿を描いている。史実に基づいた制作されたスペクタル・アクション。

ネタバレを読む

フランス組曲の紹介:2014年制作。ナチス・ドイツに占領されたフランスを舞台に、フランス人女性とドイツ人将校が音楽を通じて心を通わせる姿を描いている。アウシュビッツで亡くなり、未完となっていたイレーヌ・ネミロフスキーの小説を基に制作された作品。ヒロインを演じるのはミシェル・ウィリアムズ。

ネタバレを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年にアメリカで製作された「スター・ウォーズ」シリーズ八作目、新三部作二作目となる作品。監督と脚本はライアン・ジョンソンが務め、前作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の直後の世界を描く。オリジナル三部作でレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーにとっては遺作となった。

ネタバレを読む

夏の庭 The Friendsの紹介:神戸を舞台に、人間の死に突然興味を持った少年三人組と孤独にボロ家に暮らす老人のと夏のひと時を描いた感動作。湯本香樹実の小説を「セーラー服と機関銃」で知られる相米慎二監督が映画化した作品で、三國連太郎が少年たちと交流する老人を好演した。

ネタバレを読む

ディバイナー 戦禍に光を求めての紹介:2014年公開のオーストラリア・アメリカ合作映画。戦地に向かい、消息不明となった3人の息子を探す父親の姿を描いている。ラッセル・クロウが主演だけでなく、監督も務めた作品。彼の初監督作。

ネタバレを読む

魔女と呼ばれた少女の紹介:2012年公開のカナダ映画。紛争地域を舞台に、拉致されてゲリラ兵になった少女の運命を描いている。キム・グエンが監督・脚本を務めた作品。ヒロインのコモナ役、ラシェル・ムワンザがベルリン国際映画祭、トライベッカ映画祭で女優賞を受賞した。

ネタバレを読む

ヒトラー 〜最期の12日間〜の紹介:2004年のドイツ・イタリア・オーストリア合作による歴史戦争ドラマ。アドルフ・ヒトラーの最期の時と同時期に起きた歴史的出来事を描く。「es[エス]」で知られるオリヴァー・ヒルシュビーゲルが監督を務め、名優ブルーノ・ガンツがヒトラーを生々しく演じた。イギリスBBC主催の2006年度ワールドシネマアワードでは最優秀賞に輝いた。

ネタバレを読む

アンネの追憶の紹介:2009年公開のイタリア映画。「アンネの日記」の著者のユダヤ人少女・アンネの知られざる最期の日々を描いている。アンネの親友のハネリ・ホスラーの証言をまとめたアリソン・レスリー・ゴールドの書籍、『もうひとつの「アンネの日記」』が原作。数々の名作を手掛けたエンニオ・モリコーネが音楽を担当した。

ネタバレを読む

アイアン・ソルジャー(2014年)の紹介:2014年制作のアメリカ映画。戦場に命をかける女性兵士の苦悩と葛藤を描いている。実際の基地で撮影をし、訓練の様子やリアルな人間関係を鮮明に映し出す。ミシェル・モナハン主演で贈る戦争ドラマ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。