「戦争」映画一覧

戦争タグのついている映画は、繰り返される悲劇である戦争を設定としており、そこで起こるドラマチックなストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に視聴されています。代表的な映画として、「プライベート・ライアン」「硫黄島からの手紙」「火垂るの墓」などがあります。

遥かなる勝利への紹介:2011年に公開され、ニキータ・ミハルコフ主演・監督・脚本・製作で贈るロシア映画。2010年の「戦火のナージャ」に続く作品で、1940年代の大粛清時代のソ連を舞台に、激動の歴史を生き抜いた人々の姿を描いている。

ネタバレを読む

戦火のナージャの紹介:2010年に公開され、ニキータ・ミハルコフが主演・監督・脚本・製作を務めたロシア映画。1994年の「太陽に灼かれて」の続編で、1940年の第2次世界大戦中のソ連を舞台に、お互いに探しあう元大佐の父親と娘の姿を描いている。

ネタバレを読む

レイルウェイ 運命の旅路の紹介:初老ながら運命的な出会いを果たし、幸せな結婚生活を送っていたエリック。ところが彼は、戦時中に捕虜となったトラウマに苦しめられていた。夫を救うため動き出した妻は、ある情報を手に入れる…。
2013年のオーストラリア・イギリスの合作。原作は著者のエリック・ローマクスが、実際の捕虜体験やその後の出来事を綴った自叙伝『泰緬鉄道 癒される時を求めて』。

ネタバレを読む

シンドラーのリストの紹介:1993年にアメリカで製作された歴史ドラマ。トマス・キニーリーの原作をスティーブン・スピルバーグが映画化した作品で、第二次世界大戦中にユダヤ人の命を救ったドイツ人実業家オスカー・シンドラーを描いていく。第66回アカデミー賞では作品賞を含む7部門に輝いた。

ネタバレを読む

エイプリル・ソルジャーズ ナチス・北欧大侵略の紹介:2015年制作のデンマーク映画。1940年を舞台に、ドイツ軍の侵略を食い止めるため、圧倒的な不利な状況下で戦った、デンマークの自転車部隊の姿を描いている。「ヴェーザー演習作戦」と呼ばれる作戦を史実に基づいて制作された作品で、ピルー・アスベック主演で贈る戦争アクション。

ネタバレを読む

メイド・イン・フランス ーパリ爆破テロ計画ーの紹介:2015年制作のフランス映画。パリを舞台に、身分を偽ってテログループと行動を共にしていた記者が、爆破テロの計画を知って事実を掴んでいく姿を描いている。ニコラ・ブークリエフがメガホンをとった作品で、マリック・ジディやディミトリ・ストロージュが出演したサスペンス。

ネタバレを読む

ふたつの名前を持つ少年の紹介:ナチスドイツの手から、たった1人で逃げきった少年。あまりにも壮絶な少年の運命を綴った感動の実話。
2013年の独・仏の合作。原作は自身もユダヤ人収容所に入所したウーリー・オルレブの児童文学『走れ、走って逃げろ』をアカデミー短編実写賞の受賞歴があるペペ・ダンカート監督が映像化した。英題は『RUN BOY RUN』。双子の兄弟が主人公を見事に演じ分けた。

ネタバレを読む

眼下の敵の紹介:1957年にアメリカで製作された戦争映画。第二次世界大戦を舞台に、戦いを通じて次第に尊敬の念を互いに抱き合うアメリカ軍とドイツ軍の司令官の姿を描いていく。D・A・レイナー原作、ロバート・ミッチャム主演。大海戦のスペクタクルな映像は高い評価を受け、第30回アカデミー賞では特殊効果賞を受賞した。

ネタバレを読む

鷲は舞いおりたの紹介:1976年にイギリスで製作された戦争ドラマ。第二次世界大戦中にチャーチル誘拐計画の任務に身を投じたドイツ軍の少数精鋭部隊の戦いを描いていく。「大脱走」で知られるジョン・スタージェス監督がジャック・ヒギンズによる小説を映画化した作品で、マイケル・ケイン、ドナルド・サザーランド、ロバート・デュバルが主演を務めた。

ネタバレを読む

スペシャル・フォースの紹介:2011年公開のフランス映画。拉致されたフランス人女性ジャーナリストを救うため、フランス特殊部隊が任務に向かう姿を描いている。ダイアン・クルーガーやジャイモン・フンスーらが出演したミリタリーアクション。

ネタバレを読む

シャトーブリアンからの手紙の紹介:2011年制作のフランス・ドイツ映画。ナチス占領下のフランスを舞台に、ドイツ将校が殺された報復として、ヒトラーの命令で処刑される人々の姿を描いている。ドイツの名匠、フォルカー・シュレンドルフが監督と脚本を務めた作品で、実話に基づいて制作された戦争ドラマ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。