「戦争」映画一覧

戦争タグのついている映画は、繰り返される悲劇である戦争を設定としており、そこで起こるドラマチックなストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に視聴されています。代表的な映画として、「プライベート・ライアン」「硫黄島からの手紙」「火垂るの墓」などがあります。

映画:ディファイアンス

ディファイアンスの紹介:2008年に公開されたアメリカ映画で、エドワード・ズウィックが監督を務めた作品。事実に基づいて描かれ、ダニエル・クレイグ主演で贈るドラマ。第二次世界大戦中のナチス占領下のベラルーシを舞台に、1200人ものユダヤ人の命を救ったビエルスキ兄弟の姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:婚約者の友人

婚約者の友人の紹介:2016年のフランス映画。1932年の『私の殺した男』をフランソワ・オゾン監督がリメイク。セザール賞撮影賞や、ヴェネチア国際映画祭新人俳優賞に輝き、フランスでは大ヒット作となった。モノクロの中に時折カラー映像を組込み、ミステリアスに展開していく。戦後のドイツ。戦争で婚約者を失ったアンナは、彼の友人だというアドリアンに出逢う。アンナがアドリアンに特別な感情を抱き始めると、彼が正体を明かすのだが…。

ネタバレを読む
映画:不屈の男アンブロークン

不屈の男 アンブロークンの紹介:2014年に公開されたアメリカ映画で、ローラ・ヒレンブランドによるルイス・ザンペリーニの伝記を原作としている。アンジェリーナ・ジョリーが監督と製作を務め、コーエン兄弟が脚本に参加し、ジャック・オコンネル主演で贈る戦争ドラマ。第2次世界大戦中に日本軍に捕われた、アメリカのオリンピック代表選手で爆撃手のルイス・ザンペリーニの姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:1944独ソエストニア戦線

1944 独ソ・エストニア戦線の紹介:2015年に公開されたエストニア・フィンランド映画で、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた作品。1940年を舞台に、ドイツ軍とソ連軍に分かれて戦わざるを得なかった人々の姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:1898スペイン領フィリピン最後の日

1898: スペイン領フィリピン最後の日の紹介:2016年に制作されたスペイン映画で、ルイス・トサルやハビエル・グティエレスらが出演した戦争ドラマ。スペインの最後の植民地となったフィリピンを舞台に、反乱軍と戦うスペイン軍兵士の姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:遥かなる勝利へ

遥かなる勝利への紹介:2011年に公開され、ニキータ・ミハルコフ主演・監督・脚本・製作で贈るロシア映画。2010年の「戦火のナージャ」に続く作品で、1940年代の大粛清時代のソ連を舞台に、激動の歴史を生き抜いた人々の姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:戦火のナージャ

戦火のナージャの紹介:2010年に公開され、ニキータ・ミハルコフが主演・監督・脚本・製作を務めたロシア映画。1994年の「太陽に灼かれて」の続編で、1940年の第2次世界大戦中のソ連を舞台に、お互いに探しあう元大佐の父親と娘の姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:レイルウェイ 運命の旅路

レイルウェイ 運命の旅路の紹介:初老ながら運命的な出会いを果たし、幸せな結婚生活を送っていたエリック。ところが彼は、戦時中に捕虜となったトラウマに苦しめられていた。夫を救うため動き出した妻は、ある情報を手に入れる…。
2013年のオーストラリア・イギリスの合作。原作は著者のエリック・ローマクスが、実際の捕虜体験やその後の出来事を綴った自叙伝『泰緬鉄道 癒される時を求めて』。

ネタバレを読む
映画:シンドラーのリスト

シンドラーのリストの紹介:1993年にアメリカで製作された歴史ドラマ。トマス・キニーリーの原作をスティーブン・スピルバーグが映画化した作品で、第二次世界大戦中にユダヤ人の命を救ったドイツ人実業家オスカー・シンドラーを描いていく。第66回アカデミー賞では作品賞を含む7部門に輝いた。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。