「戦争」映画一覧

戦争タグのついている映画は、繰り返される悲劇である戦争を設定としており、そこで起こるドラマチックなストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に視聴されています。代表的な映画として、「プライベート・ライアン」「硫黄島からの手紙」「火垂るの墓」などがあります。

「鉄男」や「東京フィスト」などで知られる塚本晋也監督が、大岡昇平による同名小説を映画化した作品です。原作は1959年にも一度映画化されており、これが2度目の映像化となります。本作では塚本監督が主演も務め、第二次大戦末期にフィリピンのレイテ島に出兵していた兵士が体験した、戦争の惨さ・悲惨さを生々しく描き出しています。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
マイケル・モーパーゴ原作の長編小説を、スティーブン・スピルバーグが映像化した一作。農耕馬として買い取られた一匹のサラブレッドが戦乱に巻き込まれたあとに類稀なる素質を見出される。その後、第一次世界大戦でイギリスの軍馬に抜擢され名馬とされた数奇な運命を描く、146分。2011年劇場公開作品。 ネタバレを読む
2012年製作のアメリカ映画で、同名のボードゲームを題材として作られた作品です。突如飛来したエイリアンの猛攻に立ち向かう海軍兵士の奮闘ぶりを描き、アツい展開と決めゼリフが絶品で、TV放映される際には毎回SNSで盛り上がりを見せるほどの人気作になっています。海上自衛隊の艦長役で、日本人俳優の浅野忠信も出演しています。 ネタバレを読む
「エイリアン」や「ブレードランナー」の監督として名高いリドリー・スコットが2001年に手掛けた、実話を元にした戦争映画です。民族紛争が泥沼化し、多くの死者が出ていたソマリアに派遣されたアメリカ兵たちの、筆舌に尽くせぬほどの悲惨な戦場体験をリアルに描き出しています。 ネタバレを読む
「レッドクリフ part1」は日本でも人気の高い三国志の「赤壁の戦い」を描いた作品。2部構成になっており、前半のpart1では赤壁の戦いまでを、後半のpart2では赤壁の戦いを描いていたスペクタル歴史巨編です。「ミッション・イン・ポッシブル2」のジョン・ウー監督が制作し、アジア映画では最高額の製作費100億円を投じ、迫力のあるアクションシーンが見どころとなっています。諸葛孔明を金城武が、孔明のライバルの周瑜をトニー・レオンが演じており、他にもリン・チーリン、中村獅童などが出演しており、中国と日本で大ヒットとなりました。 ネタバレを読む

「レッドクリフ PartⅡ 未来への最終決戦」は三国志の「赤壁の戦い」を描いた作品。2部構成になっており、赤壁の戦いまでを描いた前半のpart1の続編の後編になり、最終決戦の赤壁の戦いをメイン描いていたスペクタル歴史巨編です。「ミッション・イン・ポッシブル2」のジョン・ウー監督が制作し、アジア映画では最高額の製作費100億円を投じ、迫力のあるアクションシーンが見どころとなっています。

ネタバレを読む
1944年10月、アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所。”ゾンダーコマンド”と呼ばれるユダヤ人でありながら、命と少々の食べ物を優遇されるという役割でユダヤ人をガス室に誘導したり、遺体を火葬したりする汚れ役をしていた男達の話。ある日、サウルというゾンダーコマンドの男が自分の息子らしき遺体を見つけ、まだ息があるようなので「ユダヤ教」の教えのように司祭に祈りを捧げ埋葬したいと願いこっそり持ち出すが...2015年公開作品。ハンガリー映画 ネタバレを読む
エンド・オブ・ホワイトハウスの紹介:2013年製作のアメリカ映画。大統領を人質に、ホワイトハウスを占拠したテロリストにたったひとりで立ち向かう元SPの姿を描く、ジェラルド・バトラー主演のサスペンス・アクション。かつて大統領の妻を守れず、心に傷を負った男が世界の危機を救うベく活躍する。大統領に扮したアーロン・エッカートやモーガン・フリーマンなど実力派が多数出演している。 ネタバレを読む
「朝コーヒーを飲みながら嗅ぐナパーム弾の匂いは最高だ!」という兵士のセリフと”ワルキューレの行進”を聞くと地獄の黙示録を思い浮かべる方も多いのでは...。1969年ベトナム戦争に派遣された一兵士が脱走した大佐を「始末」するよう任務を受け、カンボジアの奥地へと足を踏み入れていく、そこはまるで天上界のような世界が広がっていた...。フランシス・フォード・コッポラ監督の戦争映画、1979年のカンヌ映画祭パルム・ドール、米アカデミー賞作品賞含む8部門で受賞など圧巻の評価を受けている。202分 ネタバレを読む
2014年に公開された、アメリカの戦場アクション映画。アメリカ海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」が、アフガニスタンにおける「ターリバーン」首謀者の暗殺を目的にした「レッド・ウィング作戦」を実行した際、唯一生き残ったマーカスの手記に基づく物語です。マーカスは仲間と共に、偵察チームとして現地へ赴くが…。 ネタバレを読む
『マイ・レフトフット』のジム・シェリダン監督が戦争で引き裂かれた家族の姿を描く人間ドラマ。 夫サムの戦死の知らせを聞いたグレースは二人の娘を抱えて途方に暮れていた。正義感の強いサムと正反対の弟トミーは一家を助け、娘たちとも打ち解けていく。そんななかサム生還の知らせが舞い込む。喜んだのもつかの間、サムは過酷な経験からPTSDの症状に悩まされ始め、次第に追いつめられていく。 ネタバレを読む
2012年に公開された、アメリカ合衆国の戦争アクション映画。2001年9月11日のアメリカ同時多発事件から10年後、アルカーイダの指導者ウサーマ・ビン・ラーディンの行方を追っていたCIAに、特殊任務のみを担うエリート集団「ネイビーシールズ」はビン・ラーディンの潜伏先の調査を依頼するが…。 ネタバレを読む
アバターの紹介:2009年製作のアメリカ映画。『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサム・ワーシントンほか、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来久々にタッグを組むことになるシガーニー・ウィーヴァーら実力派が顔をそろえる。構想14年、製作に4年をかけたキャメロン監督による壮大な物語と斬新な映像美に酔いしれる。 ネタバレを読む
2011年製作のアメリカ映画で、突如襲来した異星人の侵略に立ち向かう、米軍の一個師団の奮闘を描いています。エイリアンの襲撃を、あくまで主役となる米軍師団の視点から描き、リアルな戦争もの映画のような雰囲気を漂わせる内容になっています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×