「世界の終末」映画一覧

世界の終末タグのついている映画は、大規模な戦争や災害などによって、人類や文明が滅びるといった設定をしており、出演者が世界を救うために立ち向かう、目の離せないストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に視聴されています。代表的な映画として、「アルマゲドン」「バイオハザード」「日本沈没」などがあります。

映画:無知との遭遇

無知との遭遇の紹介:2010年に公開されたSFドキュメンタリー映画。吉本興業のお笑いコンビである野生爆弾のロッシーの純粋で天然な性格を利用した作品。TBSの製作を務める合田隆信が監督を務め、千原兄弟の千原ジュニアが出演している。UFOが目撃されたという村を番組で取材するジュニアとロッシーが、宇宙全体を巻き込む壮大な物語に巻き込まれていく様子を記録した作品だが、全ては仕込みのドッキリであり、主演のロッシーのみが知らされていないというドッキリ作品である。

ネタバレを読む
映画:ZOMBEE ゾンビー~最凶ゾンビ蜂 襲来~

ZOMBEE ゾンビー ~最凶ゾンビ蜂 襲来~の紹介:2015年に公開されたホラー映画です。タイトルに「最凶ゾンビ蜂」とついてはいますが、蜂がゾンビ化するわけではありません。蜂に刺された人がゾンビ化します。しかもゾンビはほぼ出て来ず、基本的には蜂が人を襲う構図になっています。ですのでゾンビもの映画だと期待して観るのはオススメしません。ゾンビはおまけ的な要素で、メインは大量の蜂に襲われるシーンだと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:天装戦隊ゴセイジャーエピックONTHEムービー

天装戦隊ゴセイジャー エピック ON THE ムービーの紹介:2010年に公開された「天装戦隊ゴセイジャー」の単独映画です。「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!」にてゴセイジャーはゲスト出演を果たしていたため、本作は2回目の映画出演作品となります。ゲストとして「超星神グランセイザー」にて早乙女蘭を演じた磯山さやか氏が出演しており、テレビ本編のレギュラーを務める山田ルイ53世の相方、ひぐち君も出ています。なおひぐち君の役名は樋口勝太、つまりひぐちカッターとなっています。

ネタバレを読む
映画:リヴォルト

リヴォルトの紹介:2017年に制作されたSF映画で、南アフリカとイギリスの合作です。正体不明の何かに侵略された後の南アフリカを舞台に、ストーリーが描かれています。普段はPVやCMなどを手掛けているジョー・ミアーレ監督の映画で、同氏にとっては本作は初長編作品となります。主演は「ホビットシリーズ」のリー・ペイス氏で、ヒロインは「007 スカイフォール」のボンドガールだったベレニス・マーロウ氏が演じています。

ネタバレを読む
映画:6時間

6時間の紹介:深刻な原発事故により、原子炉の大爆発まであと6時間と迫った時、人はどんな行動を取るのか・・・?というテーマを描いた作品です。低予算で限られた登場人物を使って、大きなパニックが迫る中での「より個人に密着した葛藤の様」を描き出しています。

ネタバレを読む
映画:エリアオブザデッド

エリオア・オブ・ザ・デッドの紹介:欧米で話題になったロールプレイングゲーム「HUMAN VS ZOMBIES」を映画化した作品で、低予算ながらしっかりした造りになっています。突如発生したゾンビたちから逃げ惑いつつ、必死に生き延びようとする若者たちの奮闘ぶりを描いています。

ネタバレを読む
映画:騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!

騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!の紹介:2019年に公開された日本の特撮映画です。「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の単独劇場版となます。リュウソウゴールドことカウロも登場しますが、変身後の姿は出てきません。それどころか最初と最後にちょこっと出てくるだけです。本作はテレビシリーズと密接に関係したストーリーになっており、「エピソードゼロ」ともいうべき秘話が明かされます。

ネタバレを読む
映画:ゾンビアポカリプス

ゾンビ・アポカリプスの紹介:低予算ゾンビ映画の一本ですが、ゾンビの襲撃より、生き残った人々のサバイバル・アクションに重点を置いた作品です。肝心のアクションにキレがないのが難点ですが、本作独自のアイデアなどは、見どころのひとつになっていると言えます。

ネタバレを読む
映画:ZWORLDゼットワールド

Z WORLD ゼット・ワールドの紹介:2012年に制作されたカナダのゾンビ映画です。ゾンビ映画ではありますが、アクションものではありません。どちらかと言えば、人間ドラマの部分が強めです。というよりゾンビは出てきますが、基本的に戦うことはありません。ですのでゾンビアクション映画が好きな人には、あまりオススメできない作品と言えるでしょう。本作の特徴的な部分として挙げられるのが、ラスト辺りの展開です。低予算のゾンビものとしては独自性があります。

ネタバレを読む
映画:ビギニング

ビギニングの紹介:2015年に公開されたオーストラリア映画で、監督はマーク・ファーミー氏です。SF映画ではありますが、どちらかと言えば、核戦争を題材にした作品です。核戦争が間近に迫っている世界を背景としており、宇宙から飛来した謎の物体を手に入れた主人公とその物体を突け狙う組織の戦いが描かれています。とはいえアクション映画といった感じでもなく、メッセージ性のあるヒューマンドラマといったほうが近いかもしれません。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。