「世界の終末」映画一覧

世界の終末タグのついている映画は、大規模な戦争や災害などによって、人類や文明が滅びるといった設定をしており、出演者が世界を救うために立ち向かう、目の離せないストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に視聴されています。代表的な映画として、「アルマゲドン」「バイオハザード」「日本沈没」などがあります。

2048の紹介:2008年に制作されたドイツ映画で、ジェームズ・ブローリンやイアン・サマーハルダーらが出演したSFアドベンチャー。地球温暖化によって、水面の上昇が止まらない近未来を舞台に、トレジャーハンターの父子が人類を救うため、秘宝を探す姿を描いている。

ネタバレを読む

マザー!の紹介:2017年製作のアメリカ映画。第74回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で上映されるや物議を醸し、日本では劇場公開が中止されていたジェニファー・ローレンス主演の映画『マザー!』。郊外の一軒家に暮らす夫婦の下に、ある日突然、謎の訪問者が現れる。翌日以降も訪れる訪問者たちを次々と受け入れる夫に、妻は恐怖を募らせ……。

ネタバレを読む

予兆 散歩する侵略者の紹介:2017年11月11日公開の日本映画。人々から“概念”を奪う謎の侵略者の恐怖を描いたサスペンス・スリラー『散歩する侵略者』。同作の監督・黒沢清が、その頃、別の街では何が起きていたのかをつづるアナザーストーリー。次第に侵略者の脅威に気づいていく主人公を夏帆、その夫を染谷将太、侵略者である病院の外科医を東出昌大が演じる。

ネタバレを読む

デイライツ・エンドの紹介:2015年制作のアメリカ映画。荒廃した世界を舞台に、愛する者を奪われた男が、復讐のために立ち上がる姿を描いている。ウィリアム・カウフマンが監督を務め、ジョニー・ストロング主演で贈るアクション。

ネタバレを読む

ゾンビマックス!/怒りのデス・ゾンビの紹介:2014年制作のオーストラリア映画。大半の人間がゾンビとなった世界で、妻子を失った男性が、妹を助けにゾンビに立ち向かう姿を描いている。独特なフォルムの鎧や、ゾンビを荷台に乗せた車など、多彩なアイディアが組み込まれたホラーアクション。

ネタバレを読む

散歩する侵略者の紹介:2017年9月9日公開の日本映画。黒沢清監督が、劇団イキウメの人気舞台を映画化したミステリアスなドラマ。とある町を襲った異変によって、“侵略者”に乗っ取られ、まったくの別人になってしまった夫に困惑する女性や、事件の真相を追うジャーナリストらの姿が描かれる。ヒロインの鳴海を長澤まさみ、その夫を松田龍平、ジャーナリストの桜井を長谷川博己が演じる。

ネタバレを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の紹介:2017年10月13日公開のアメリカ映画。高度な知能を得て反乱を起こした猿たちと人類の戦いを描く、人気SFシリーズの第3弾であり、完結編。猿のリーダーであるシーザーがその使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤する物語が描かれる。前2作に引き続き、アンディ・サーキスがシーザーを演じる。

ネタバレを読む

カリフォルニア・ブロウの紹介:2017年製作のアメリカ映画。火山噴火によりロサンゼルスが灼熱の地獄と化すディザスターパニック。カリフォルニアの地下で未知の断層が活動を開始し、ロサンゼルスは炎の海に。混乱状態の中、パニック映画の脚本家・ジョシュと女優のカットは、地震学者のアーウィン博士に出会う。

ネタバレを読む

ノスタルジアの紹介:1983年のイタリア・ソ連合作映画。巨匠アンドレイ・タルコフスキーがイタリアを旅する詩人の姿を描いた作品で、その幻想的な映像は世界で高く賞賛され、第36回カンヌ国際映画祭では創造映画大賞、監督賞、エキュメニカル審査員賞を受賞した。

ネタバレを読む

ステイク・ランド 戦いの果ての紹介:2016年製作のアメリカ映画。2010年に製作された『ステイク・ランド 戦いの旅路』の続編にあたる。ヴァンパイアが蔓延り、世界が崩壊してから10年。愛する妻と娘と共に暮らしていたマーティンは、ある日飢えたヴァンパイアに襲撃され、家族を失ってしまう。怒りと絶望の果てに、彼は復讐を誓うが…。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。