「世界の終末」映画一覧

世界の終末タグのついている映画は、大規模な戦争や災害などによって、人類や文明が滅びるといった設定をしており、出演者が世界を救うために立ち向かう、目の離せないストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に視聴されています。代表的な映画として、「アルマゲドン」「バイオハザード」「日本沈没」などがあります。

アルティメット・ディザスターの紹介:2012年に製作されたアメリカ映画で、ミン・ナ主演で贈るSFパニック。海底油田開発がきっかけで、巨大な嵐などの災害が同時に発生し、壊滅の危機に見舞われるアメリカを救うため、奮闘する人々の姿を描いている。

ネタバレを読む

ラスト・サバイバーズの紹介:2014年に製作されたアメリカ映画で、ヘイリー・ルー・リチャードソン主演で贈るSFアクション。日照りが続いて水が枯渇した近未来を舞台に、いつ枯れるか分からない井戸を守りながら、病気の少年と生きる少女の姿を描いている。

ネタバレを読む

北斗の拳の紹介:1995年に公開された映画で、日本の漫画「北斗の拳」を実写化した作品。トニー・ランデルが監督を務め、ゲイリー・ダニエルズ主演で贈るアクション。恐怖政治が支配する世紀末を舞台に、北斗神拳のケンシロウと南斗聖拳のシンとの死闘を描いている。

ネタバレを読む

THE DAY ザ・デイの紹介:2012年に製作されたアメリカ映画で、ダグラス・アーニオコスキーが監督を務めたSFホラー。ショーン・アシュモアやドミニク・モナハン、シャニン・ソサモンらが出演した作品で、世紀末の世界を舞台に、終わりのない戦いを強いられる5人の生存者の姿を描いている。

ネタバレを読む

劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕の紹介:1999年公開の日本アニメ映画。ポケモンマスターを目指して旅を続ける少年たちが、幻のポケモンと共に世界を破滅の危機から救う姿を活写した長篇アニメーションの大ヒット・シリーズ第2弾。声の出演に松本梨香、大谷育江ら。また、ゲスト・スタアに鹿賀丈史と浜田雅功。

ネタバレを読む

エクスティンクション 地球奪還の紹介:2018年7月27日に配信されたSF映画で、ベン・ヤングが監督を務め、マイケル・ペーニャ主演で贈る作品。悪夢の内容と同じく、謎の侵略者からの攻撃が現実と化して、家族を守りながら安全な場所を目指す男の姿を描いている。

ネタバレを読む

すべての終わりの紹介:2018年7月13日にリリースされたカナダ・アメリカ映画で、テオ・ジェームズやフォレスト・ウィテカーらが出演したSFスリラー。原因不明の異変により、アメリカ全土がパニックに陥る中、もうじき義父となる元海兵隊の男と共に、婚約者を助けに向かう弁護士の姿を描いている。

ネタバレを読む

ジオストームの紹介:2017年製作のアメリカ映画。衛星の暴走による地球滅亡の危機に立ち向かう人々の戦いを描く、ジェラルド・バトラー主演のスペクタクル・アクション。『インデペンデンス・デイ』で製作・脚本を担当するなど、ローランド・エメリッヒとのタッグで活躍してきたディーン・デヴリンが初監督に挑戦。最新データに基づいた、地球規模の同時多発災害の恐ろしさをリアルに映像化する。

ネタバレを読む

2048の紹介:2008年に制作されたドイツ映画で、ジェームズ・ブローリンやイアン・サマーハルダーらが出演したSFアドベンチャー。地球温暖化によって、水面の上昇が止まらない近未来を舞台に、トレジャーハンターの父子が人類を救うため、秘宝を探す姿を描いている。

ネタバレを読む

マザー!の紹介:2017年製作のアメリカ映画。第74回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で上映されるや物議を醸し、日本では劇場公開が中止されていたジェニファー・ローレンス主演の映画『マザー!』。郊外の一軒家に暮らす夫婦の下に、ある日突然、謎の訪問者が現れる。翌日以降も訪れる訪問者たちを次々と受け入れる夫に、妻は恐怖を募らせ……。

ネタバレを読む

予兆 散歩する侵略者の紹介:2017年11月11日公開の日本映画。人々から“概念”を奪う謎の侵略者の恐怖を描いたサスペンス・スリラー『散歩する侵略者』。同作の監督・黒沢清が、その頃、別の街では何が起きていたのかをつづるアナザーストーリー。次第に侵略者の脅威に気づいていく主人公を夏帆、その夫を染谷将太、侵略者である病院の外科医を東出昌大が演じる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。