アクション映画のネタバレあらすじ一覧

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

タイガーマスク(2021年・韓国)の紹介:2021年製作の韓国映画。つまらない人生を生きてきたある大清が、偶然伝説のタイガーマスクを手にしたことで、別人のような人生を歩み始めるというストーリー。2019年に完読で放送されたドラマ『ストーブリーグ』でエースを演じたチョ・ハンソンが主人公を演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー
ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバーの紹介:2022年11月11日公開のアメリカ映画。マーベル・スタジオ製作で2018年に公開され、ヒーロー映画として初めてアカデミー賞7部門にノミネート、3部門で受賞を果たした『ブラックパンサー』の続編。監督と脚本を担当したのは前作同様、ライアン・クーグラー。レティーシャ・ライト、ルピタ・ニョンゴ、マーティン・フリーマンらが続投するほか、新たに『フォーエバー・パージ』のテノッチ・ウエルタが参加する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ディストピア2043 未知なる能力の紹介:2021年製作のカナダ&ニュージーランド合作映画。「ジョジョ・ラビット」のタイカ・ワイティティ製作総指揮のSFアクション。2043年、軍事政権が都市を支配し、子どもたちは国家の所有物とされた。娘を連れ去られたクリー族の女性は自警団の地下組織に加わり、子どもが集められたアカデミーに潜入する。監督・脚本は、北米の先住民族クリー族をルーツに持つカナダの新鋭ダニス・グーレ。出演は、「ブラッド・ブレイド」のエル=マイヤ・テイルフェザーズ、「パルプ・フィクション」のアマンダ・プラマー、「リメイニング」のショーン・サイポス。トロント国際映画祭トリビュート賞新人賞受賞。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田『未体験ゾーンの映画たち2022』で上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ポリス・ストーリー/レジェンドの紹介:2013年製作の香港映画。アジアを代表するアクション・スター、ジャッキー・チェンの代表作『ポリス・ストーリー』シリーズ。10年ぶりとなる本作では、何者かの仕業で脱出不可能な要塞となってしまったナイトクラブに閉じ込められた親子のドラマが描かれる。ジャッキーならではのアクロバティックなアクションはもちろん、ミステリアスな物語も見どころ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
暴力教室の紹介:1976年製作の日本映画。暴力教師と言われながらも澱んだ既成社会に挑戦する新進教師と非行少年たちの葛藤を描く。脚本は「暴走パニック 大激突」の神波史男、と奥山貞行と福湯通夫、監督は脚本も執筆している「横浜暗黒街 マシンガンの竜」の岡本明久、撮影は「子連れ殺人拳」の中島芳男がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
シン・オブ・アメリカの紹介:2021年製作のアメリカ映画。エドワード・ドレイク監督作品。ブルース・ウィリス主演最新作は弾丸飛び交うハード・ガン・アクション! 弾が途切れるまで撃ちまくれ! 田舎町で起きた人質事件! ! 元NYPD(ニューヨーク市警)の保安官が事件の裏に潜む陰謀を暴く! ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
クラッシュ・オブ・ゴッド 神と神の紹介:2021年製作の中国映画。中国で何度も映像化されている伝奇小説『封神演義』を原作に、総製作費60億円をかけて、最新鋭CGで映画化したファンタジー・アドベンチャー。3000年前の殷の時代を舞台に、人類の存亡をかけて、少年神・哪吒(なた)や伝説的英雄が妖怪と壮大な戦いを繰り広げる。監督は李白勳(リー・バイシュン)。中国時代劇ドラマ『花と将軍~Oh My General~』やサスペンスドラマ『失踪人口』の張植緑(ジャン・ジーリュー)が哪吒(なた)を演じている。また、2015年の時代劇ドラマ『封神英雄』で主人公の姜子牙(きょうしが)を演じた陳鍵鋒(チェン・ジェンフォン/サミュル・チャン)が本作では楊戩(ようせん)を演じているのも見逃せない。その他、「モーニング娘。」のメンバーだったジュンジュンこと李沁谣(リー・チンヤオ)が女神の鄧婵玉(とうせんぎょく)を、尹揚明(イン・ヤンミン/ヴィンセント・ワン)が姜子牙(きょうしが)を、車保羅(チェ・パオラウ/ポール・チェ)が通天教主を演じている。「未体験ゾーンの映画たち2022」にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2016年製作のアメリカ映画で、湖畔のキャンプ場に遊びに来た家族が、湖に出現したサメに襲われるという「サメパニックムービー」です。『ゾンビシャーク 感染鮫』のミスティ・タリーが監督を務め、低予算のTVムービーでサメのCGも精巧な出来栄えとは言えませんが、コメディタッチの味付けが小気味よい快作に仕上がっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「超 西遊記」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

超 西遊記の紹介:2020年製作の中国映画。原作『西遊記』で描かれている孫悟空vs孫悟空のエピソードを初映画化したファンタジーアクション。神と仏に力を封印された孔雀王は、三蔵法師が持つ錫杖の力を利用して新たな勢力を得ようと謀略をめぐらす。三蔵法師一行の前に、もう一人の孫悟空が現れる。出演は、「王朝の陰謀 謎の壁画と舞姫殺人事件」のドゥー・イーフン、「ムーラン 最後の戦い」のグー・シャンウェイ。監督は、「真・三国志 蜀への道」のルオ・ロー。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田『未体験ゾーンの映画たち2022』で上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
追跡者の掟の紹介:2019年製作のアメリカ&イタリア合作映画。ドルフ・ラングレン主演によるリベンジアクション。妻と娘を誘拐の末に殺害された10年前の未解決事件により、アイデンは心に深い傷を抱えていた。そんなある日、アイデンは事件の情報を知っているという謎の電話を受け…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ブレット・トレイン
2022年公開、アメリカ・日本・スペイン合作のアクション作品。 ゆかり号という日本の新幹線をモデルにした高速鉄道内、10人の殺し屋がそれぞれがワケあって乗り合わせてしまう。 それは偶然なのか、運命なのか…。 伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』を原作とし、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチが監督を務めた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「シャークネード」シリーズやヒット作の「パクリ映画」で知られるアサイラム社製作の、海洋パニック映画です。北極海で地球温暖化による氷河融解を調査している科学者たちが、独自の進化を遂げた凶暴なサメに襲われる・・・!という内容で、調査基地がそのまま海底に沈むという斬新な「密閉状態」が見どころになっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「シャークネード」シリーズなどの、B級映画や「パクリ作品」で知られるアサイラム社の製作した、アクション・アドベンチャー映画です。若く美しい女性考古学者が、同じく考古学者だった母親が探索に行って死を遂げた「竜の心臓」と呼ばれる秘宝を探し当てるため、危険な冒険に挑戦する・・・!という物語で、アサイラムらしく低予算ながら、仕掛けられた数々のトラップをヒロインが切り抜けていく展開が見ものになっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「シャークネード」シリーズなど、数々のB級映画を製作して来たアサイラム社によるファンタジー・アクション映画で、ゲームの世界に入り込んでしまった若者たちの奮闘を描いた作品です。登場するゲームがレトロ感覚なのが特徴で、劇中で「竜巻に巻き込まれたサメ」の襲撃があるなど、自社パロディと言える要素を盛り込んでいます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×