アクション映画のネタバレあらすじ一覧

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:東京リベンジャーズ
東京リベンジャーズの紹介:2021年7月9日公開の日本映画。「週刊少年マガジン」で連載され、累計発行部数1000万部を突破した和久井健の人気漫画を実写化。ヘタレ男子のタケミチが、タイムリープをきっかけに人生唯一の恋人を救うために立ち上がる姿を描く。メガホンをとったのは『映像研には手を出すな!』などの英勉。タケミチ役を『君の膵臓をたべたい』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した北村匠海が務め、山田裕貴、吉沢亮、杉野遥亮、今田美桜らが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:唐人街探偵 東京MISSION
唐人街探偵 東京MISSIONの紹介:2021年7月9日公開の中国映画。東京を舞台に、日本、中国、タイの探偵たちが難事件に挑むエンターテインメント作品。中国のスターであるワン・バオチャンとリウ・ハオランが探偵コンビを演じ、タイ人探偵役をタイのアクションスター、トニー・ジャーが演じる。さらに日本人探偵役で妻夫木聡が出演するほか、長澤まさみ、染谷将太、鈴木保奈美、浅野忠信、三浦友和らが参加。監督は、本シリーズの1、2作目でもメガホンをとったチェン・スーチェン。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
フランス最後の植民地だったジブチで1976年、軍関係者の子供らを乗せたスクールバスが、独立派武装組織のメンバーに乗っ取られる事件が発生した。犯人たちは、政治犯で投獄されている同志の即時解放とフランスからの独立を要求し、応じなければ子供たちの喉を切り裂くと通告してきた。そしてフランス政府は極秘裏に狙撃チームを現地に向け、子どもたちの担任女教師・ジェーンは単身犯人たちのバスに乗り込んでいく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「虎影」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

6年前、忍びから足抜けした虎影と九ノ一だった月影は一人息子の狐月と山里で田畑を耕し穏やかに暮らしていた。そんな時、かつての首領・幻斎から呼び出しを食らう。虎影が断ると狐月が人質として誘拐され、虎影と月影は否応なく運命に飲み込まれていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「ベテラン」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

2015年公開の韓国映画。監督はリュ・スンワン。主演にファン・ジョンミン、共演にユ・アイン。 ベテラン刑事のドチョルは熱くなりすぎていつも問題を起こしているが、正義感に溢れた刑事。ある日知り合いのトラック運転手のぺさんが自殺を図り、重症を負ってしまう。ペさんは不当解雇でシンジン物産に抗議に来ていたことがわかる。金と暴力に物を言わせて隠蔽を図る大企業の御曹司テオを相手にドチョル達チームは果敢に挑んでいく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ブラック・ウィドウ
ブラック・ウィドウの紹介:2021年7月8日公開のアメリカ映画。「アベンジャーズ」シリーズでも活躍した女性スパイ“ブラック・ウィドウ”を主役にしたアクション。謎に包まれたブラック・ウィドウの過去に迫り、“彼女がなぜアベンジャーズになったのか”が明かされる。10年以上にわたってブラック・ウィドウを演じてきたスカーレット・ヨハンソンをはじめ、『ミッドサマー』のフローレンス・ピューや、「ストレンジャー・シングス」シリーズのデヴィッド・ハーバーらが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
燃えよデブゴン/TOKYO MISSIONの紹介:2020年製作の中国映画。「るろうに剣心」などのアクション監督、谷垣健治が監督したドニー・イェン主演のアクション。ある事件がきっかけで閑職に異動させられ、婚約者とも別れた刑事のファーロンは、暴飲暴食がたたって“デブゴン”化。そんな彼が、日本で巨大な陰謀に立ち向かう。「カツベン!」の竹中直人、「孤狼の血」の丞威、「星屑の町」の渡辺哲、「事故物件 恐い間取り」のバービーらが共演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ハード・キルの紹介:2020年製作のアメリカ映画。ブルース・ウィリス、『大脱出2』のジェシー・メトカーフ共演のアクション。絶大な力を持つ量子AIシステムがテロリストに奪われた。システム開発会社のCEO・デイトンは、傭兵のデレク・ミラー率いる精鋭部隊を招集し、テロリスト殲滅を計画するが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ザ・ファブル 殺さない殺し屋
ザ・ファブル 殺さない殺し屋の紹介:2021年6月18日公開の日本映画。第41回講談社漫画賞一般部門に輝いた南勝久の同名コミックを映画化した『ザ・ファブル』の続編。殺しを禁じられ一般人として生活する伝説の殺し屋“ファブル”に扮する岡田准一をはじめ、木村文乃、佐藤浩市、佐藤二朗、山本美月、安田顕、井之脇海らおなじみのメンバーが勢ぞろい。堤真一と安藤政信がファブルの前に立ちはだかる新たな強敵を、ファブルと関係のあるわけありのヒロインを平手友梨奈が演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:モータルコンバット
モータルコンバットの紹介:2021年6月18日公開のアメリカ映画。世界的な人気にもかかわらず、残虐な描写を理由に日本では現在未発売となっているゲームシリーズ「モータルコンバット」を実写映画化。最強の戦士たちが、世界の命運を賭けた戦いに挑む姿を描く。本作が長編監督デビューとなるサイモン・マッコイドが監督を、製作を「死霊館」シリーズのジェームズ・ワンらが務める。日本からは『ラスト サムライ』の真田広之、『ミッドウェイ』やマーベル作品などに出演した浅野忠信が参加する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:Mr.ノーバディ
Mr.ノーバディの紹介:2021年6月11日公開のアメリカ映画。『ハードコア』のイリヤ・ナイシュラー監督と「ジョン・ウィック」シリーズの脚本家デレク・コルスタッドがタッグを組んだハードボイルド・アクション。ドラマ「ベター・コール・ソウル」でゴールデングローブ賞に4度、エミー賞にも4度ノミネートされているボブ・オデンカークが主演を務め、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのクリストファー・ロイド、『トータル・リコール』のマイケル・アイアンサイドらが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年製作のアメリカ・中国合作映画。監督はアーニー・バーバラッシュ。主演に「イップマン」「アメリカン・アサシン」などのスコット・アドキンス。共演に「ダブル・フェイス潜入官」や「三国志」などのアンディ・オン。 全く知らない場所で目覚めたクインは、自分と同じように囚われた人々が首に蜘蛛のような形をした装置をつけられているのを見て隙を見て逃げ出す。違う部屋には別の容器で保管されている人々を見つけその中に自分の娘ルーシーの姿を見るける。謎のフードの男たちに見つかりその場を逃げるクイン。海に落ち次に気づくとそこはベトナム。記憶などが曖昧になっているクイン。警察に収監された精神病院で出会った精神科医に現在は2018年だと聞かされ1980年代に自分と娘は失踪していると訴える。実際の事件を調べた精神科医のアンナは、同じように妻を誘拐されたコナーと出会い、三人はクインの娘ルーシーとコナーの妻のマヤを探すため、共闘を始める ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:るろうに剣心 最終章 The Beginning
るろうに剣心 最終章 The Beginningの紹介:2021年6月4日公開の日本映画。和月伸宏のコミックを大友啓史監督と佐藤健の主演で実写映画化した、アクションシリーズ「るろうに剣心」の最終章となる2部作の第2弾。剣心が“不殺の誓い”を立てるに至った所以を描き、彼の頬に刻まれた十字傷の秘密に迫る。かつての剣心の妻である雪代巴を有村架純が演じるほか、武井咲、青木崇高、蒼井優、江口洋介らレギュラーキャストも出演。原作では、剣心が過去を語る形式で物語が展開する「追憶編」がベースとなっている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「キング・アーサー」は2004年に公開されたアメリカの作品です。中世の伝説「アーサー王と円卓の騎士」をモデルにして制作された歴史スペクタル作品です。「トレーニングデイ」「イコライザー」のアントワーン・フークアが監督で、クライヴ・オーウェンが主役のアーサーを演じ、他にキーラ・ナイトレイ、ヨアン・グリフィス、マッツ・ミケルセンなどが脇を固めています。ローマ帝国の騎士として使えてアーサーが、ブリテン人を率いてサクソン人と戦い、ブリテンの王となるまでを描いた作品です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×