アクション映画のネタバレあらすじ一覧

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

ハンブルクの犯罪調査局に着任したばかりのニックは、人身売買組織の内偵をしている最中に、組織の人間を3人も射殺してしまう。ニックはその現場で、かつて相棒だったマックスと鉢合わせする。覆面捜査官の仕事を続けていると思ったニックは、マックスを見逃すのだが・・・ 2013年制作 ドイツ映画 監督:クリスティアン・アルヴァルト ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
アメリカ・ニュージャージーとタイ・バンコク。それぞれの国の警察でビクター・ドラゴビッチ率いる人身売買の組織を追っていたニックとトニー ニックはビクターを捉える際、ビクターの3男坊・アンドレを撃ち殺してしまう。 一族に恨みを買い家族を殺されたニックは、復讐の鬼と化してビクターを追いタイへ向かう。一方ニックをタイで待ち構えたトニーは相棒のヌン刑事をニックに殺されたと思い込み・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
コミュニケーションツールの発達は、犯罪の組織化・過激化を助長させた。激増の一途をたどる過激犯罪に対抗すべく、軍や警察の勢力を上回る新たな手段、即ち銃火器の無効化、組織に対する単体での攻撃力、機動力を備えたシステムの開発がわが国で秘密裏に始まっていた。それは特殊装甲スーツ、“ポリマーシステム”だった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ヘラクレス」は2014年のアメリカの映画です。ギリシア神話の英雄ヘラクレスを普通の人間として描いたアクションアドベンチャー作品です。監督は「ラッシュ・アワー」シリーズや「レッド・ドラゴン」などのブレット・ラトナー制作、主演は「ジュマンジ」などの人気俳優のドウェイン・ジョンソンです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「スパイダー・マン2」は2004年のアメリカの映画で、前作「スパイダー・マン」の続編にあたります。監督は全作と同じくサラ・ライミ監督で、トビー・マグワイアをはじめ主要キャストも全て前作から引き続き出演しています。高いVFXの技術が評価され、アカデミー賞の視覚効果賞を受賞しました。前作の敵グリーンゴブリンとの戦いから2年が経ち、ピーター・パーカーはスパイダー・マンとなり犯罪との闘いが忙しく、学業や自分の生活が疎かになってしまい、このままスパイダー・マンを続けていけるのか迷いが出てくきてしまう・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
2014年公開の日本映画。原作は柩やなの「黒執事」で、既刊は30巻で累計発行部数は3000万部の大人気漫画。監督は、さとう けいいち・ 大谷 健太郎。主演に水島ヒロと剛力彩。 急速にミイラ化して亡くなった遺体が複数見つかり、女王の番犬である幻蜂家当主、幻蜂清玄は、悪魔で執事であるセバスチャンと共に捜査に乗り出す。首謀者と見られたイプシロン製薬会長の九条は殺され、さらに本筋と見られた武器商人の篠崎まで殺されてしまう。事件の首謀者の意外な正体と、その目的とは? ネタバレを読む
007/ダイ・アナザー・デイの紹介:2002年製作のイギリス&アメリカ合作映画。リー・タマホリ監督のスパイアクション映画。『007』シリーズ第20作であり、シリーズ40周年通算20作を記念して作られたダブルアニバーサリー作品である。ピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンドを演じた最後の作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
架空の町「シン・シティ」を舞台としたアメコミの大家フランク・ミラーの原作を、「デスペラード」「グラインドハウス」などを手掛けたロバート・ロドリゲス監督が、原作のタッチを生かした個性的な作風で映画化した作品の2作目です。前作から9年後の公開になりましたが、ジェシカ・アルバやミッキー・ロークなど主なキャストが再び顔を揃え、ジョシュ・ブローリンやレディ・ガガ、ジョセフ・ゴードン=レヴィットなどの豪華な「新顔」も加えた、バイオレンスな娯楽作です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「犯罪都市」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

「新感染 ファイナル・エクスプレス」で、素手でゾンビをなぎ倒すパワフルな男を演じて一躍名を挙げたマ・ドンソクが、ヤクザ者たちも一目置くほどのコワモテ刑事に扮した、バイオレンス犯罪映画です。パワフル極まりない剛腕刑事ながら、人情味溢れる「頼れるアニキ」という役どころを、ドンソクが魅力たっぷりに演じています。本作の物語は、2004年に韓国で実際に起きた事件を基に描かれました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
巨大な嵐が合体して出来上がった、未曽有の災害「パーフェクトストーム」に遭遇した漁船の苦難を、実話を基に描いた小説を原作とした作品です。「Uボート」や「アウトブレイク」など硬派な作風で知られるウォフルガング・ペーターゼン監督が、未曽有の大嵐を迫力溢れる映像で描いています。主演は「オーシャンズ11」や「ゼロ・グラビティ」のジョージ・クルーニー、クルーニーの「弟分」と言われるマーク・ウォールバーグが共演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「仮面の男」は1988年のアメリカの映画。アレクサンドル・デュマの小説「ダルタニャン物語」を元にして作られた作品で17世紀のフランス、実在した謎の仮面の男を巡り、三銃士とダルタニアンたちの活躍を描いた歴史活劇です。監督は「パール・ハーバー」や「ブレイブ・ハート」のランダル・ウォレスが制作、レイオナルド・ディカプリオが暴君のルイ14世と心優しいフィリップの2役を演じ、他にもジョン・マルコヴィッチなどが出演しております。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
2019年6月公開の日本映画。原作は南勝久による漫画で週間ヤングマガジンにて第一部が連載されていた。現在は休載中。 監督は江口カン。主演にV6の岡田准一。共演に木村文乃、山本美月他。2021年2月には第二弾が公開予定。 伝説の殺し屋と言われるファブル。ある日、ボスから1年間の休暇を言い渡され、誰も殺さず、プロとして普通に暮らすように言われる。相棒の洋子と共に大阪に移り住み、ひょんなことから知り合ったミサキに紹介してもらったアルバイトをして暮らし始める。しかし、普通の生活を提供してくれた怪しさ満載の「真黒カンパニー」の内部抗争に巻き込まれてしまう。ボスからの命令である「誰も殺さない」を守りながら人質を救うことができるのか、プロとして普通に徹するファブルの生活はいかに・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2020年7月にNETFLIXで全世界独占配信をされたオリジナルのアクション映画。監督は映画「フェイス・イン・ラブ」などのジーナ・プリンス=バイスウッド。主演に「モンスター」や「マッドマックス 怒りのデス・ロード」などのシャーリーズ・セロン。原作は「The Old Guard」。原作・脚本のグレッグ・ルッカは、「ワンダーウーマン」「スーパーマン」などのアメリカン・コミックライターとしても活動している。 不死者として人々を救いながら生きているアンディことアンドロマケは、同じような不死のブッカー、ニッキー、ジョーを率いている。ある日、依頼人である元CIAのコプリーに裏切られ、不死者であることがばれてしまう。逃げながらコプリーを追う4人の前に新しい不死者となったナイルが現れる。隠れ家もことごとく探り当てられて、遂には捕まってしまうニッキーとジョー。二人が連れて行かれた先は大手製薬会社のメリック社。不死を研究し自社の製品として売り出したいと考えているメリックは二人に拷問のような検査を繰り返す。ニッキーとジョーを探すアンディだが、不死者になって日が浅いナイルは家族の元へ戻りたいとアンディたちの元を去ってしまう。しかし、ひょんなことからブッカーの裏切りに気づいたナイルはアンディを探すが、時すでに遅くメリックに捕らえられてしまっていた。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
『美しき野獣』のキム・サンス監督が『僕の彼女を紹介します』のチャン・ヒョクを主演に迎え、爆発的に感染拡大するウイルスの恐怖を描いたパニックムービー。 ある日、ソウル近郊の盆唐で致死率の高いウイルスが猛威をふるい、感染の恐怖にかられた人々は次第に暴徒と化していった。そんな中、救助隊員のジグは封鎖された町に取り残された人々と愛する人の娘ミルを助けようと奔走するが、感染拡大を恐れたアメリカ側の指揮官は盆唐を攻撃する準備を進めていた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×