アクション映画のネタバレあらすじ一覧

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画「TAXi(3)」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

シリーズ3作目で2作目までヒットを飛ばしており、今回は序盤からシルヴェスター・スタローンを起用している。スピード狂のタクシードライバー、ダニエル・モラーレスはドジな刑事エミリアンとサンタに扮した銀行強盗団を捕まえるため、改造したタクシーで雪山へ向かう。2003年フランス映画 ジェラール・クラブジック監督 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2012年に公開された、アメリカの映画。アメリカ海軍特殊部隊「Navy SEALs」の活動を描いたアクション映画。「Navy SEALs」チーム7のローク大尉は、副官のデイブと休暇中に家族ぐるみで休暇を楽しんでいたが、突如コスタリカの麻薬組織に潜入中だったCIAのモラレスの救出命令が下され…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「処刑人」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

1999年制作のアメリカ映画。敬虔なカトリック教徒である双子の男は、ある理由で、ロシアンマフィアと喧嘩してしまい、次の日に乗り込んできたマフィアを殺した彼らは、正当防衛が認められるが、この事から、二人で悪人を裁いていくようになる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2002年制作のアメリカ映画。時代は第三次世界大戦終結後の世界。都市国家のリブリアでは、党首のファーザーにより、人々は感情を持つことを禁止されていました。そして、感情を持った違反者は、特殊捜査官により摘発され処刑されました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年制作の日本映画。仮面ライダービルドである桐生戦兎と同じく仮面ライダークローズの万丈龍我は、怪人スマッシュの目撃情報を受け、現場に向かうと見た事のない怪人と謎の戦士カイザーと戦うことになる。そして、万丈が転送装置のエニグマによって並行世界へ飛ばされてしまう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年公開のアメリカ合衆国の冒険アクション映画。イングランドの広大な屋敷に暮らす領主・ロビンには、世渡り上手で傲慢な領主という表の顔と、弱気者を助ける情熱的な正義の盗賊としての裏の顔を持っていました。4年間十字軍として戦争に参加したロビンは、祖国では何故か自分が戦死したという噂が流れていて…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2015年制作のロシア、アメリカ共同制作映画。近未来、ヘンリーはとある研究施設で目覚める。記憶を失っていた彼は、研究員であるエステルからサイボーグ手術を受けたことを教えられる。その矢先、謎の武装組織に襲われてしまい、エステルがさらわれてしまう。彼女を取り戻すために、組織と戦うことになる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
エクストリーム・ジョブの紹介:2019年製作の韓国映画。「二十歳」のイ・ビョンホンが監督、韓国歴代興行収入第1位を記録したアクション・コメディ。解散の危機に瀕した麻薬捜査班は国際犯罪組織の張り込み捜査のため、アジトの前にあるチキン店を買い取り偽装営業。たちまち味が評判になり店が大繁盛してしまう。「7番房の奇跡」のリュ・スンリョンがチームの年長者であるコ班長を演じるほか、「私は王である!」のイ・ハニ、「犯罪都市」のチン・ソンギュ、「ワンライン/5人の詐欺師たち」のイ・ドンフィ、俳優グループ5urpriseのコンミョンが、昼は人気チキン店を運営し夜は麻薬捜査にあたる班のメンバーを演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2010年制作のアメリカ映画。アメリカで放送されたテレビドラマシリーズである特攻野郎Aチームの劇場版である。特殊部隊であるAチームに所属する4人は、とある作戦で濡れ衣を着せられ刑務所へ送られる。彼らは、脱獄を始め、彼らを罠に嵌めた黒幕を探すことに。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
フェイス/オフの紹介:1997年製作のアメリカ映画。凶悪犯とFBI捜査官がお互いの顔を入れ替えて戦うという、異色の設定のアクション大作。監督は「男たちの挽歌」などで香港ノワールの一時代を築き、ハリウッドに渡ったジョン・ウー。「ブロークン・アロー」に続く本作は、荒唐無稽なアイディアを、ド派手な銃撃戦と抒情溢れる描写で見せ、「ヴァイオレンスの詩人」の異名をとる、彼の集大成とも言える仕上り。製作はデイヴィッド・パーマット、バリー・オズボーン、テレンス・チャン、クリストファー・ゴッドシック。製作総指揮は「ゴースト&ダークネス」の俳優マイケル・ダグラスと彼と共にダグラス-ルーサー・プロを設立したスティーヴン・ルーサー、「マイケル」のジョナサン・D・クレーンの共同。脚本は『ダークマン3』(V)のマイケル・コラーリーと「マスク」のマイク・ワーブ(共に共同製作も)。撮影は「ダイ・ハード2」「トゥー・デイズ」のオリヴァー・ウッド。音楽はTVシリーズなどの作曲で活躍するジョン・パウエルで、『オズの魔法使』が銃撃シーンで効果的に使用される。美術は「ヒート」のニール・スピザック。編集は「ザ・ファン」のクリスチャン・ワグナー。衣裳は「ゴースト・アンド・ダークネス」のエレン・ミロジニック。特殊メイクはケヴィン・イェイガー。内面的なひとり二役という難しい役柄に挑戦した主演のふたりには、「ブロークン・アロー」に続いてウーと組んだ「マイケル」のジョン・トラヴォルタと、「コン・エアー」のニコラス・ケイジ。共演は「クルーシブル」のジョアン・アレン、「バウンド」のジーナ・ガーション、舞台・TVで活躍するアレッサンドロ・ニボーロ、「ミセス・パーカー ジャズ・エイジの華」(出演)「ミルドレッド」(監督のみ)のニック・カサヴェテスほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2010年公開のアメリカ・イギリスの合作映画。12世紀末のフランス、十字軍の兵士として戦っていたロビンは、イングランドの騎士・ロバートの遺言を聞き、サー・ウォルスターに剣を届ける役目を引き受けます。しかし、そんなロビンの行く先には、イングランド侵略を目論むフランス軍との戦いが待ち受けていて…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ガイ・リッチー監督が1998年に手がけた長編デビュー作。後にガイ・リッチー製作総指揮、脚本でドラマ化もされ、いまだに根強い人気を持つ作品。 エディ、ベーコンら悪友4人組はギャンブルで多額の借金を背負ってしまい、ギャングの金を横取りする計画を立てる。 計画は一旦は成功したものの、4人は思わぬ事態に巻き込まれていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2012年アメリカの映画。監督はバリー・バトルズ。ウーディ3兄弟は報酬をもらい殺しを請け負っていた。ある日彼らのもとにセクシーな美女、セレステが現れる。彼女の依頼はさらわれた親友の子供を助けだすこと。人助けに縁のない彼らだったが、高額な報酬につられ引き受けることにする。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1998年製作のアメリカ映画。マーベル・コミック作品「ブレイド」の実写映画。 人間とヴァンパイアの混血として生まれた”ブレイド”は、ヴァンパイア・ハンターとして活動していました。地球では、人間の知らない所でヴァンパイアが存在しており、人間に知られる事なく共存していました。ある時、ブレイドは、ヴァンパイアの一人フロストが人間界を滅ぼして、ヴァンパイア達による世界征服を企んでいる事に気がつき…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×