アクション映画のネタバレあらすじ一覧

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌(特別編)の紹介:2003年製作の日本映画。故・深作欣二監督の遺作にして、社会現象となった問題作の続編。中学生と、非道な大人に反抗するテロ集団とのバトル、無残に死んでゆく子供たちの運命がせつない。前作は高見広春による小説を原作とした映画版であったが、今作は前作の映画版の続編であり、全くのオリジナル作品である。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ブラック・レインの紹介:1989年製作のアメリカ映画。日米の刑事の活躍と友情の絆を描くポリス・アクション。エグゼクティヴ・プロデューサーはクレイグ・ボロティンとジュリー・カーカム、製作はスタンリー・R・ジャッフェとシェリー・ランシング、監督は「誰かに見られてる」のリドリー・スコット、脚本はC・ボロティンとウォーレン・ルイスの共同、撮影はヤン・デ・ボン、音楽はハンス・ジマーが担当。出演はマイケル・ダグラス、高倉健ほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
男たちの挽歌III アゲイン/明日への誓いの紹介:1989年製作の香港映画。ベトナム戦争末期のサイゴンを舞台に、運命の糸に繰られる三人の男女の愛と死を描く、「男たちの挽歌」シリーズ完結篇。製作・監督は「上海ブルース」のツイ・ハーク、脚本はタイ・フーホー、ルン・ユー・ミン、撮影はウォン・ウィン・ハン、音楽はローウェル・ローが担当。出演はチョウ・ユンファ、アニタ・ムイほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
狼/男たちの挽歌・最終章の紹介:1990年製作の香港映画。ひとりの女性を傷つけたことで、本来の人間性に目覚めてゆくある殺し屋の姿を描いた香港ノワール。製作はツイ・ハーク、監督・脚本は「男たちの挽歌II」のジョン・ウー、撮影はウォン・ウィン・ハンとピーター・パオ、音楽はローウェル・ローが担当。出演はチョウ・ユンファ、ダニー・リーほか。「男たちの挽歌」の監督・主演コンビによる作品だが、物語や登場人物は同シリーズとは無関係。すさまじいガンアクションのオンパレードに加え、悲愴を極めた展開も印象的。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
男たちの挽歌IIの紹介:1989年製作の香港映画。国際ニセ札組織をめぐって兄弟とその仲間たちの友情と絆を描くシリーズ第二作。製作はツイ・ハーク、監督は「男たちの挽歌」のジョン・ウー、脚本はハークとウーの共同、撮影はウォン・ウィン・ハン、音楽はジョゼフ・クーが担当。出演はチョウ・ユンファ、ティ・ロンほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
男たちの挽歌の紹介:1987年製作の香港映画。香港警察と国際ニセ札組織の対決を兄弟の反目と絆を背景に描くアクション。製作はツイ・ハーク、監督・脚本はジョン・ウー、撮影はウォン・ウィン・ハン、音楽はジョゼフ・クー、編集はカム・マー、美術はベニー・リウが担当。出演はチョウ・ユンファ、ティ・ロンほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:モービウス
モービウスの紹介:2022年4月1日公開のアメリカ映画。スパイダーマンの宿敵を描くマーベル映画。コウモリの血清を自らに投与し、超人的な力を手に入れヴィランへと変わっていく天才医師モービウスの誕生の物語が描かれる。主人公のモービウスを演じるのは、アカデミー賞俳優のジャレッド・レト。『デンジャラス・ラン』などのダニエル・エスピノーサが監督を務め、『スパイダーマン:ホームカミング』でヴィランを演じたマイケル・キートンが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アンビュランス(2022年)
アンビュランスの紹介:2022年3月25日公開のアメリカ映画。「トランスフォーマー」シリーズや『アルマゲドン』などのマイケル・ベイ監督が手掛けるアクション。『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のジェイク・ギレンホールと、『マトリックス レザレクションズ』などのヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世が血のつながらない兄弟を演じ、ロサンゼルス史上最高額の強盗&逃走劇を繰り広げる。共演は『ゴジラvsコング』のエイザ・ゴンザレス。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ある用務員の紹介:2020年製作の日本映画。「のだめカンタービレ 最終楽章」の福士誠治初主演作となるクライムサスペンス。高校の用務員として働く深見晃には、元暴力団員だった父の兄弟分の娘・真島唯のボディーガードという裏の顔があった。ある日、暴力団の抗争が勃発し、唯が標的にされてしまう。出演は、「ソワレ」の芋生悠、「燃えよ剣」の山路和弘。監督は、「ファミリー☆ウォーズ」の阪元裕吾。「未体験ゾーンの映画たち2021」にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ガンパウダー・ミルクシェイク
ガンパウダー・ミルクシェイクの紹介:2022年3月18日公開のアメリカ映画。『オオカミは噓をつく』でクエンティン・タランティーノから絶賛されたイスラエル出身監督ナヴォット・パプジャッドが手掛けるシスターフッドアクション映画。ネオンの光るクライムシティを舞台に殺し屋サムの戦いを描く。主演はマーベル映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでネビュラ役を務めたカレン・ギラン。また、「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズのレナ・ヘディ、ミシェル・ヨーらが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「フランケンジョーズ」や「ランドシャーク」など、数々のキテレツな低予算サメ映画を撮り続けて来た、マーク・ポロニア監督による2020年度製作の新作サメ映画です。今回はサメの襲撃にエイリアン襲来が絡むという、SFかパニックか判別しかねる設定で、運悪くキテレツな状況に巻き込まれた人々の悲喜劇を描いています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
低予算映画ながら、そのあまりに突飛なアイデアと内容で、評判になった1作です。真面目な青年神父が、両親の死をきっかけとして、ひょんなことから「恐竜化」する力を身に付けたことで、世にはびこる悪に対決を挑むという物語で、低予算を逆手に取った奇抜なアイデアが随所に見られる作品になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アンチャーテッド
アンチャーテッドの紹介:2022年2月18日公開のアメリカ映画。伝説の秘宝の謎を紐解いていく大ヒットゲームを「スパイダーマン」シリーズのトム・ホランド主演で映画化。若きトレジャーハンターのネイトとサリーは、消えたネイトの兄サムが残した手掛かりとマゼランの航海図を頼りに、50億ドルの財宝を探す冒険に旅立つ。共演は「マイル22」のマーク・ウォールバーグ、「ペイン・アンド・グローリー」のアントニオ・バンデラス。監督は「ヴェノム」のルーベン・フライシャー。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2014年製作のインドネシア映画で、2011年に公開された「ザ・レイド」の続編にあたり、前作で話題になった東南アジアに伝わる伝統格闘術「シラット」を駆使した壮絶なアクションが見ものになっています。監督のギャレス・エヴァンスと主演のイコ・ウワイスも前作からの続投で、物語も前作のラスト直後から始まる「正当な続編」になっています。日本から来たヤクザ役で、遠藤憲一や松田龍平、北村一輝らが出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×