ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

カラーパープルの紹介:1985年のアメリカ映画。アリス・ウォーカーの同名小説を、スティーヴン・スピルバーグが実写映画化。主演のウーピー・ゴールドバーグは、本作で映画デビューし、アカデミー賞の候補にもなった。日本公開は1986年。

ネタバレを読む

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎の紹介:1981年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの27作目。今作品から満男役が中村はやとから吉岡秀隆に変更。大阪で芸者・ふみと出会った寅次郎は、ふみが幼い頃に生き別れた弟の存在がいると知り、ふみのために奔走するが…。

ネタバレを読む

カッコーの巣の上での紹介:1975年のアメリカ映画。ケン・キージーのベストセラー小説の実写化。主演のジャック・ニコルソンは、本作による演技で2012年の「映画史に残る演技ベスト200」の第1位に選ばれた。日本公開は1976年。

ネタバレを読む

万引き家族の紹介:古い平屋で祖母の年金を頼りに暮らす一家は、足りない物資を万引きによって補っていた。ある夜父と息子は、近所の団地で凍えている少女を見かけ、家族として迎え入れる。しかしある出来事をきっかけに、家族は崩れていく。
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた衝撃の社会派ドラマ。これまで家族をテーマにしてきた是枝裕和監督が描いた、“家族の絆”とは…。2018年の公開作品で、PG12指定。

ネタバレを読む

さようなら、コダクロームの紹介:2018年に製作されたアメリカ映画で、エド・ハリス、ジェイソン・サダイキス、エリザベス・オルセンら出演で贈るドラマ。疎遠だった親子が、古いフィルムを現像するため、看護師と3人で旅をする姿を描いている。

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花の紹介:1980年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの25作目。歌手のリリーが沖縄で倒れたという知らせを聞き、寅次郎が駆け付ける。寅次郎の看病の甲斐あって、リリーの病状はよくなるのだが…。やきもきする回。

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎春の夢の紹介:1979年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの24作目。柴又の帝釈天に外国人が降り立ったことから、今回はいつも以上にトラブル続出。マイケルという外国人の恋の相手とは、寅次郎の恋の行方は…?

ネタバレを読む

男はつらいよ 翔んでる寅次郎の紹介:1979年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの23作目。田園調布のお嬢様・ひとみと北海道で会った寅次郎は、結婚間近のひとみの悩みに乗る。ひとみはそれでも式当日、披露宴を抜け出して『とらや』へ避難した。ひとみの結婚騒動に、『とらや』の連中は嫌が応でも巻き込まれ…。

ネタバレを読む

男はつらいよ 噂の寅次郎の紹介:1978年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの22作目。『とらや』に別居中の美女・早苗が店員として勤務し始めた。ひとめぼれした寅次郎。早苗が離婚をし、寅次郎はいよいよ期待を募らせるが…。

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎わが道をゆくの紹介:1978年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの21作目。九州で振られっぱなしの青年・留吉に説教した寅次郎は慕われる。松竹歌劇団の踊り子となった幼馴染み・奈々子にひとめぼれした寅次郎だが、上京した留吉もレビューを見て、心を奪われる…。

ネタバレを読む

男はつらいよ 寅次郎頑張れ!の紹介:1977年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの20作目。『とらや』2階の下宿人青年・良介が食堂の娘・幸子に片思いをしていると知った寅次郎が奔走し、2人の仲を取り持とうとする。

ネタバレを読む

オン・ザ・ロードの紹介:2012年に公開された映画で、ジャック・ケルアックの小説を原作としている。自由を追い求める若者たちの姿を描いた青春ロードムービー。ウォルター・サレスが監督を務め、製作総指揮にはフランシス・フォード・コッポラが参加した。サム・ライリー、ギャレッド・ヘドランド、クリステン・スチュワート、キルスティン・ダンスト、ヴィゴ・モーテンセン、エイミー・アダムスら豪華出演で贈る作品。

ネタバレを読む