ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:博士と彼女のセオリー

博士と彼女のセオリーの紹介:2014年公開。理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士がジェーン・ホーキングと出会い、結婚して子供を持ち、別れるまでを描く。スティーブンが筋萎縮性側索硬化症を発症して徐々に日常生活が送れることができなくなる中で、彼を支えるジェーンの苦悩と葛藤を中心を描く。監督はジェームズ・マーシュ。スティーブン・ホーキングを演じるのは「レ・ミゼラブル」「ファンタスティック・ビースト」シリーズで知られるエディ・レッドメイン。ジェーン・ホーキングを演じるのは「アメイジング・スパイダーマン2」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」で知られるフェリシティ・ジョーンズ。

ネタバレを読む
映画:25時

25時の紹介:2002年制作のアメリカ映画。スパイク・リーの監督作品で、デイヴィッド・ベニオフの同名小説を基にしている。出演はエドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン、バリー・ペッパーが務めている。日本公開は2004年。

ネタバレを読む
映画:ひろしま

ひろしまの紹介:長田新が編纂した文集「原爆の子〜広島の少年少女のうったえ」を原案にした作品で、1945年8月6日の広島原爆投下の惨劇と、それから7年の月日が経った広島に生きる人々の姿を描いていく。原爆投下から8年後に製作された作品であり、約9万人の被爆者や広島市民が撮影協力した。第5回ベルリン国際映画祭長編映画賞を受賞した作品ながら、当時の国内での上映は限定的だった。2017年にデジタルリマスター版が完成し、全国各地での上映活動が行われている。1953年日本製作。

ネタバレを読む
映画:華麗なる激情

華麗なる激情の紹介:アーヴィング・ストーンの伝記小説を映画化した作品で、苦悩しながらもシスティナ礼拝堂の天井画制作に臨むミケランジェロの姿を描いていく。監督はキャロル・リードが務め、チャールトン・ヘストンがミケランジェロを、レックス・ハリソンが時の教皇ユリウス2世を演じた。第37回ナショナル・ボード・オブ・レビューではベスト10に選出された。1965年アメリカ・イタリア合作。

ネタバレを読む
映画:ブリザード凍える秘密

ブリザード 凍える秘密の紹介:女子高生のヒロインが17歳の時に、母親が突如消息を絶ってしまいます。ヒロインは真面目な父親をはじめ、周囲の人々と関わりあいながら成長し大学生となるのですが、休暇で帰省した際に、母親が消えた「恐るべき秘密」を知ってしまうのでした・・・というストーリーで、母親が消えた理由を追うサスペンスより、ヒロインの日常を描いた青春物語に重きを置いた作品になっています。

ネタバレを読む
映画:7s (セブンス)

7s (セブンス)の紹介:藤井道人が監督をつとめ、2015年に公開された作品で、売れない若手映画監督が賞を受賞したことをきっかけに、小劇団やスタッフなどとともに新しい映画を撮影していくストーリーとなっています。監督自身の実体験をもとに制作されており、自主映画づくりにまつわる希望や苦悩、また夢を追う若者の青春をリアルに描いている作品です。友情出演として斎藤工も撮影に参加しています。

ネタバレを読む
映画:アラバマ物語

アラバマ物語の紹介:ハーパー・リーの小説を映画化した作品で、黒人差別が根深い南部を舞台とした社会派ドラマ。暴行容疑のかかった黒人を弁護することになった白人弁護士の戦いと、その子どもたちの成長物語を描いていく。主人公の弁護士を名優グレゴリー・ペックが演じた。第35回アカデミー賞では、主演男優賞、脚色賞、美術賞(白黒部門)を受賞した。1962年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらの紹介:「もしドラ」として社会現象にもなった岩崎夏海のベストセラー小説を、前田敦子主演で2011年に映画化した作品です。映画のキャッチコピーは「私たちの青春は、一冊の本から始まった」となっており、とあるきっかけからドラッカーの「マネジメント」を読んだ女子高生が、その理論を高校野球をに取り入れて改革していく物語となっています。

ネタバレを読む
映画:影の軍隊

影の軍隊の紹介:ジョゼフ・ケッセルの同名小説を映画化した作品で、ナチス占領下のフランスにおけるレジスタンスの戦いを描いていく。過去にレジスタンスに参加した経験があるジャン=ピエール・メルヴィルが監督・脚本を手掛けた。1969年フランス・イタリア合作。

ネタバレを読む
映画:赤い河

赤い河の紹介:ボーデン・チェイスの小説を映画化した作品で、テキサスからミズーリへキャトル・ドライブの旅をするカウボーイたちの姿を描いていく。名匠ハワード・ホークスが監督を務め、牧場主と彼が息子同然に育てた青年との複雑な人間関係をジョン・ウェイン、モンゴメリー・クリフトが好演した。1948年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジークの紹介:伊坂幸太郎の小説「アイネクライネナハトムジーク」を原作とした実写映画作品。同作は仙台市在住の伊坂幸太郎が仙台を舞台に執筆した作品であり、今作も撮影はオール仙台ロケで行われている。監督は「たまの映画」「愛がなんだ」などでしられる今泉力哉が務めた。また、原作小説はシンガーソングライターの斉藤和義が伊坂に作詞を依頼し、作詞をしたことがなかった伊坂が短編「ナハトムジーク」を代わりに執筆したことが発端となっていることから、今作の音楽は斉藤和義が担当している。

ネタバレを読む
映画:みんな好いとうと

みんな好いとうとの紹介:宝来忠昭監督によって2016年に公開された作品で、福岡を拠点に活動するローカルアイドルを描いた作品です。実在するアイドルグループ「LinQ」が解散の危機にさらされ、ミッションをクリアすることで解散を回避しようと奮闘する姿が描かれています。主演はLinQのメンバーである新木さくらがつとめ、物語はフィクションであるものの出演しているメンバーはすべて本人役として出演しています。

ネタバレを読む
映画:アメリカンヒストリーX

アメリカン・ヒストリーXの紹介:1998年制作のアメリカ映画。主演はエドワード・ノートンとエドワード・ファーロング。CM界の奇才トニー・ケイの初監督作品で、アメリカの社会問題である人種問題を浮き彫りにした秀作。日本公開は2000年。

ネタバレを読む
映画:ヒア アフター

ヒア アフターの紹介:2010年のアメリカ映画。監督はクリント・イーストウッド、製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。出演はマット・デイモンとセシル・ドゥ・フランス。死後の世界にとらわれる3人の登場人物の苦悩と解放を描いている。日本公開は2011年。

ネタバレを読む