ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:ちいさな独裁者

ちいさな独裁者の紹介:「RED/レッド」などで知られるロベルト・シュヴェンケ監督が手がける、2017年のドイツ映画。第二次世界大戦末期、敗戦直前のドイツで偶然軍服を手に入れた若き脱走兵の実話を基に描いている。日本公開は2019年。

ネタバレを読む
映画:誰も知らない

誰も知らないの紹介:2004年に製作された是枝裕和監督によるヒューマンドラマ。実際に起きた事件を原案に、母親の家出により生活が困窮していく子どもたちの姿を描いていく。主人公を演じた柳楽優弥の演技は高く評価され、第57回カンヌ国際映画祭では史上最年少で男優賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤの紹介:2018年6月15日公開の日本映画。「半沢直樹」や「下町ロケット」など数々のテレビドラマ化作品で知られる人気作家・池井戸潤の同名小説を初めて映画化した、長瀬智也主演の人間ドラマ。トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が、独自の調査を開始し、衝撃の事実を突き止める。

ネタバレを読む
映画:女王陛下のお気に入り

女王陛下のお気に入りの紹介:2018年本国公開、2019年2月15日日本公開。「ロブスター」「聖なる鹿殺し」で知られるヨルゴス・ランティモス監督作品である。オリヴィア・コールマンを主演に据え、「アメイジング・スパイダーマン」「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「ボーン・レガシー」のレイチェル・ワイズらが脇を固める。イギリスのインディペンデント映画賞で10部門を受賞するなど、大変評価が高い作品。

ネタバレを読む
映画:必死剣鳥刺し

必死剣 鳥刺しの紹介:2010年に製作された時代劇ドラマ。藤沢周平の「隠し剣」シリーズの一編を映画化した作品で、監督は平山秀幸、主演は豊川悦司が務めた。藩主の側室を殺し罪に問われた藩士が迎える衝撃の最期を描いていく。

ネタバレを読む
映画:愛を綴る女

愛を綴る女の紹介:2016年にフランス・ベルギー・カナダ合作で製作されたヒューマンドラマ。ミレーナ・アグスの小説「祖母の手帖」を映画化した作品で、オスカー女優のマリオン・コティヤールがヒロインを演じた。望まぬ結婚をした少女の運命的な恋と、その意外な結末を描いていく。

ネタバレを読む
映画:ルージュの手紙

ルージュの手紙の紹介:2017年にフランス・ベルギー合作で製作された家族ドラマ。義理の母娘の約30年ぶりの再会をユーモラスに描いていく。わがままな母をカトリーヌ・ドヌーヴが、生真面目な娘をカトリーヌ・フロがそれぞれ好演した。

ネタバレを読む
映画:はやぶさ/HAYABUSA

はやぶさ/HAYABUSAの紹介:2003年に打ち上げられ、約7年にわたるミッションを終えて地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」をテーマにした作品で、史実に基づきながら登場人物などに一部フィクションを加えて製作されています。日本の宇宙開発の歴史や小惑星からサンプルを持ち帰る「はやぶさ」のミッションの様子が分かりやすく描かれており、大人から子どもまで多くの人が楽しめるエンターテイメント作品になっています。

ネタバレを読む
映画:その街のこども劇場版

その街のこども 劇場版の紹介:2010年11月20日公開の日本映画。阪神・淡路大震災をテーマに、NHKで放送されたドラマ「その街のこども」に新たな映像を加え、再編集バージョンで映画化。「メゾン・ド・ヒミコ」の渡辺あやが脚本を担当し、子どものころに震災を体験した男女が抱える傷や未来への希望を描く。実際に震災を体験している森山未來と佐藤江梨子の真に迫った演技に心を揺さぶられる。

ネタバレを読む
映画:犬のおまわりさん 手のひらワンコ3D

犬のおまわりさん 手のひらワンコ3Dの紹介:2011年の公開作。『ねこばん3D とび出すにゃんこ』の有馬顕監督をはじめ、数々の動物映画を手掛けて来たチームが作り上げた心温まるドラマ。ある日交番に迷子の子犬が届けられる。法改正により子犬は交番では預かれずに保健所へ行くことになったが、引き取手がなければ1週間で処分されてしまう…。それを知った新米おまわりの愛沢は、自宅へ子犬を連れ帰るのだが…。

ネタバレを読む
映画:ロボコン

ロボコンの紹介:ロボコンは高専に通う主人公を通して、ロボット競技大会「ロボコン」を描いた作品です。部員の足りない第二ロボット部に所属する個性豊かな落ちこぼれ部員たちは、いろいろな経験を乗り越えることで成長していきます。意図せずにロボット部に参加させられ、ロボコンでロボットの操縦を任されることになった主人公の高専生を長澤まさみがつとめる本作は、長澤まさみの映画初主演作品でもあります。

ネタバレを読む
映画:羊と鋼の森

羊と鋼の森の紹介:2018年6月8日公開の日本映画。2016年の第13回本屋大賞に輝くなど、数々の賞を受賞した宮下奈都の同名小説を、山崎賢人主演で映画化した青春ストーリー。将来の夢をもっていなかった一人の少年が、高校で出会ったピアノ調律師に感銘を受けて、調律の世界に足を踏み入れ、ピアノに関わる人々と出会い、成長していく。

ネタバレを読む
映画:天然コケッコー

天然コケッコーの紹介:天然コケッコーはくらもちふさこの同名漫画を原作として2007年に公開された作品です。田舎に暮らす女子中学生と東京からの転校生による淡い恋模様が日常の生活を通して描かれており、夏帆と岡田将生が主演を務め、瑞々しい演技を披露しています。山下敦弘監督の手による淡々とした描写や長閑な田園風景、また渡辺あやの脚本による登場人物のやりとりが心地よく、青春を思い起こさせてくれる作品となっています。

ネタバレを読む
映画:スリーデイズ

スリーデイズの紹介:2008年公開のフランス映画「すべて彼女のために」をリメイクした作品です。本作は2010年ごろに公開されており、ネタ元と違ってアメリカで制作されています。基本的なストーリーは「すべて彼女のために」と変わりありませんが、「クラッシュ」や「告発のとき」でお馴染みのポール・ハギス監督が手がけているためか、演出方法といった点が異なっています。ですのでネタ元とリメイクを比較して、どこがどう違うのかを見比べてみるのも一つの楽しみ方だと言えるでしょう。

ネタバレを読む