ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:風が強く吹いている

風が強く吹いているの紹介:三浦しをんの同名小説を映画化し、大森寿美男が監督・脚本をつとめて2009年に公開された作品です。とある大学の弱小陸上部を舞台に、寄せ集めの個性的なメンバーたちが箱根駅伝を目指すまでの物語が描かれています。小出恵介と林遣都が主演をつとめ、走ることに情熱を燃やすランナーたちの心情を演技で表現してくれています。またタイトルでもある「風が強く吹いている」も、箱根マラソンをあらわす印象的な言葉として劇中に登場しています。

ネタバレを読む
映画:釣りバカ日誌1

釣りバカ日誌の紹介:1988年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズと並び松竹を代表する国民的映画シリーズ。釣りという共通の趣味で繋がった、平社員と初老の社長とのふれあいを描く『釣りバカ日誌』シリーズの第1弾。ハマちゃんとスーさんが出会った記念すべき回。

ネタバレを読む
映画:咲-Saki-

咲-Saki-の紹介:小林立の同名漫画を原作とした作品で、麻雀の全国大会出場を目指す女子高生たちの姿が描かれています。本作では全国大会出場のための長野県大会決勝の様子が描かれ、主人公の前に立ちはだかるライバルとして、個性的なキャラクターが多く登場しています。キャストには若手女優やアイドルなど次代を担う注目の俳優が多く出演しており、麻雀をテーマにした映画というだけでなく青春ものの映画としても楽しむことができます。

ネタバレを読む
映画:ハッド

ハッドの紹介:ラリー・マクマートリーの小説を映画化した作品で、崩壊していく牧場一家の悲しい姿を描いていく。監督は「長く熱い夜」、「ノーマ・レイ」を手掛けたマーティン・リット、自由気ままに生きる主人公をポール・ニューマンが好演した。第36回アカデミー賞では、主演女優賞(パトリシア・ニール)、助演男優賞(メルヴィン・ダグラス)、撮影賞 (白黒)を受賞した。1963年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:THEPROMISE君への誓い

THE PROMISE 君への誓いの紹介:2016年のアメリカ・スペイン合作の歴史ドラマで、150万人もの犠牲者を出したオスマン帝国によるアルメニア人虐殺を一人の青年の視点から描いていく。監督は「ホテル・ルワンダ」で知られるテリー・ジョージ、主演はオスカー・アイザック、シャルロット・ルボン、クリスチャン・ベールが務めた。

ネタバレを読む
映画:空海

空海の紹介:1984年製作の時代劇ドラマ。真言宗を開いた空海の人生を佐藤純彌監督、北大路欣也主演で映画化した大作。空海の劇的な人生を描いた物語だけでなく、豪華なロケ撮影や特撮による映像も話題を呼び、興行収入で大成功を収めた。

ネタバレを読む
映画:ウタモノガタリCINEMAFIGHTERSproject「Kuu」

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-「Kuu」の紹介:LDH JAPAN、SSFF&ASIAがタッグを組み、作詞家小竹正人の詞を映像化するプロジェクトの『CINEMA FIGHTERS』に続く第2弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は多数のCMや短編映画を手掛ける一方で『しまじろうのわお!』の総合演出も務めている平林勇。公開は2018年、作品原案曲はDANCE EARTH PARTYの『あの子のトランク』。

ネタバレを読む
映画:空母いぶき

空母いぶきの紹介:2019年公開。かわぐちかいじ作、恵谷治監修による日本の漫画作品「空母いぶき」を原作とした実写長編映画。監督は「ホワイトアウト」「沈まぬ太陽」などで知られる若松節郎監督。主演に西島秀俊を迎え、原作にはない映画オリジナルのストーリーを描いている。相手国は架空の国家である「東亜連邦」となっている。主演以外にも、数多くの日本の著名な役者が出演している。

ネタバレを読む
映画:ウタモノガタリCINEMAFIGHTERSproject「カナリア」

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-「カナリア」の紹介:LDH JAPAN、SSFF&ASIAがタッグを組み、作詞家小竹正人の詞を映像化するプロジェクトの『CINEMA FIGHTERS』に続く第2弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は『トイレのピエタ』の松永大司。公開は2018年、作品原案曲はEXILE TAKAHIROの『Canaria』。

ネタバレを読む
映画:長いお別れ

長いお別れの紹介:厳格な父が認知症と診断され、妻や娘は様々な現実に直面する。記憶を失っていく父と家族が過ごした7年間の日々を、ユーモアを交えながらあたたかに描く。2019年の公開作で、監督・脚本は『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太。小説家中島京子が、自身の父との実体験を基に綴った同名小説が原作。オリジナル脚本にこだわってきた中野監督が、初めて小説を映像化した。

ネタバレを読む
映画:つるかめのように

つるかめのようにの紹介:2009年に制作された短編映画。手塚悟監督作品。短編映画ながら家族の絆を描いた感動的な作品。大林宣彦監督はこの作品を見て「生涯でベストの映画だ」発言したほど、評価が高い作品。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009短編コンペティション部門入選、西東京市民映画祭2009 観客グランプリ賞、ふかやインディーズフィルムフェスティバル2009 大林宣彦賞受賞。

ネタバレを読む
映画:最低。

最低。の紹介:2017年11月25日公開。セクシー女優界でカリスマ的人気を誇る紗倉まなが執筆して、話題を呼んだ小説「最低。」を初めて映像化した作品。監督には、「ヘヴンズ・ストーリー」「64-ロクヨンー」で監督を務めた鬼才・瀬々敬久監督が抜擢された。主人公の女性3人を演じるのは、グラビアアイドルで、「フィギュアなあなた」「マリアの乳房」では女優としても高い評価を受けた佐々木心音、女優のみならず舞台演出も手掛ける森口綾乃、今作で本格的に女優としての活動を始めた山田愛奈。

ネタバレを読む
映画:デザートストーム

デザート・ストームの紹介:原題「DESERTED」2016年、アメリカで制作されたサバイバルパニック映画です。砂漠を舞台にした若者たちの脱出劇を描いた作品となっています。主人公ジェイ役を演じたミーシャ・バートンは「ノッティングヒルの恋人」「シックス・センス」など、本作以外にも多くの映画作品に出演しています。さらにテレビドラマ「The O.C」のマリッサ役で注目を集めたことで、一躍人気女優の仲間入りを果たしました。

ネタバレを読む