ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:マリッジストーリー

マリッジ・ストーリーの紹介:2019年配信開始。動画配信サービスNetflixが配給・製作の作品である。離婚協議中の夫婦の物語を描いている。監督を務めたのは、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』『マイヤーウィッツ家の人々』などの監督で知られるノア・バームバック。主演を『スター・ウォーズ』新三部作のカイロ・レン役で知られるアダム・ドライバーと『アベンジャーズ』シリーズのブラック・ウィドウ役で知られるスカーレット・ヨハンソン。今作は第92回アカデミー賞の6部門にノミネートされ、ローラ・ダーンが助演女優賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:オンリーザブレイブ

オンリー・ザ・ブレイブの紹介:2013年、アメリカ・アリゾナ州で実際に起こった大規模な山火事と戦った消防士たちを描いた作品で、実話を基に2017年に映画化されました。エリック・マーシュ率いる一地方の消防隊が実力を認められ、精鋭部隊である「ホットショット」へと昇格していく様子と、自堕落な生活を送っていた青年が真っ当に生きるために消防隊員へ志願し、過酷な訓練を経て成長していく様子を描いた物語となっています。

ネタバレを読む
映画:となりの岡山田くん

となりの岡山田くんの紹介:2019年に公開された短編映画です。岡山をPRするハレウッドムービーの1つで、岡山県倉敷市出身の俳優、前野朋哉氏が監督を務めています。主演の山田辰介氏は一般公募のオーディションを勝ち抜いた当時現役の高校生で、芝居経験は一切ありません。岡山をPRする短編映画だけあって、出演者のほとんどは岡山県出身です。ただ1人、斉藤陸氏だけが北海道出身の俳優となっています。なお本作にはちょこっとだけ岡山出身のブルゾンちえみ氏や千鳥の2人も出演しています。

ネタバレを読む
映画:ぽつり、岡山

ぽつり、岡山の紹介:2019年に公開された短編映画です。岡山の魅力をPRするハレウッドムービーの1つであり、岡山県出身の俳優、前野朋哉氏が監督を務めています。主役を演じるのは岡山天音氏で、ヒロインを務めるのは735名のオーディションを勝ち抜いた北澤響氏です。本作品は晴れの国岡山を舞台に笑顔を取り戻すというストーリーで、たった4日間の撮影ながら岡山の魅力が詰まった映画となっています。ちなみに岡山県知事の伊原木隆太氏も出演しています。

ネタバレを読む
映画:ベラのワンダフルホーム

ベラのワンダフル・ホームの紹介:2019年11月8日公開のアメリカ映画。「僕のワンダフル・ライフ」の原作者W・ブルース・キャメロンによる小説を「アメリカン・グラフィティ」のチャールズ・マーティン・スミス監督が映画化した動物ドラマ。家から600km離れた場所で迷子になった犬のベラは、家族の元に帰るため冒険の旅に出る。

ネタバレを読む
映画:巴里の屋根の下

巴里の屋根の下の紹介:ルネ・クレール監督にとってトーキー第一作目となった作品。楽譜売りの青年が美女に一目ぼれし、やがて二人は愛し合うようになるが、思わぬ困難に襲われてしまう。第3回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞では、外国語映画賞トップ4に選出された。1930年フランス製作。

ネタバレを読む
映画:ビューティフルデイ

ビューティフル・デイの紹介:2017年に製作された作品。作家のジョナサン・エイムズが2013年に発表した短編小説『You Were Never Really Here』を実写映画化した作品である。監督を務めたのは『少年は残酷な弓を射る』の監督として知られるリン・ラムジー。主人公のジョーを演じたのは、第92回アカデミー賞で『ジョーカー』で主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックス。

ネタバレを読む
映画:あしたの私のつくり方

あしたの私のつくり方の紹介:真戸香による同名小説を2007年に映画化した作品で、市川準監督が手がけた映画となっています。多感な時期を過ごす女子中高生を主人公に、本当の自分とはなにかを探っていく内容となっており、会話とともに携帯電話を使ったメールでのやりとりを視覚的に描いた作品でもあります。主人公・大島寿梨役を成海璃子がつとめ、メールがもとで彼女に影響を受けていく花田日南子役を前田敦子がつとめています。

ネタバレを読む
映画:大病人

大病人の紹介:1993年製作の日本映画。ガンを宣告された俳優が、死を前にしていかに生きていくかを、彼を支える医師との対立や友情、また様々な葛藤を通して描くドラマ。「ミンボーの女」に続く伊丹十三監督・脚本作品で、当初は「大病院」というタイトルで製作が進められていたが、伊丹監督の襲撃事件もあってか変更され、死を扱うコメディとして完成している。

ネタバレを読む
映画:復讐の十字架

復讐の十字架の紹介:幼い頃、神父から受けた虐待の記憶に苛まされる寡黙な男の苦悩を描いた2017年のイギリス映画。原題は「ROMANS」(聖書の”ローマ人への手紙”)。主演は「ロード・オブ・ザ・リング」など数々のヒット作で知られるオーランド・ブルーム。監督は本作が初長編作となるルドウィッグ&ポール・シャマジアン。

ネタバレを読む
映画:博士と私の危険な関係

博士と私の危険な関係の紹介:2012年公開のフランス映画作品。実話を基に製作された作品であり、神経科医のジャン=マルダン・シャルコー氏と19歳の患者オーギュスティーヌの関係を描いている。監督を務めたのはフランスのアリス・ウィノクール。主人公のオーギュスティーヌを演じたのは、フランスでシンガーソングライターとしても活動しているSoko。日本ではWOWOWで放送された後にDVDが2014年に発売された。

ネタバレを読む
映画:あげまん

あげまんの紹介:1990年制作の日本映画。“あげまん(上昇運)の女”と呼ばれるヒロインと彼女に携わる男たちの葛藤をユーモラスに描く。脚本・監督は「マルサの女2」の伊丹十三。撮影は「シンデレラ・エクスプレス」の山崎善弘がそれぞれ担当。

ネタバレを読む
映画:食べる女

食べる女の紹介:筒井ともみの同名小説を原作として映画化された作品で、生野慈朗監督によって2018年に公開されました。「食べること」と「セックス」を題材とした作品で、東京に暮らす女性たちが食を通してそれぞれの愛について再認識していく様子がコミカルに描かれています。主演は小泉今日子がつとめ、鈴木京香や沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、シャーロット・ケイト・フォックスなど女性キャストが多く出演しています。

ネタバレを読む