ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:否定と肯定

否定と肯定の紹介:2016年のイギリス・アメリカ合作の伝記ドラマ。1990年代のアーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件を映画化した作品で、主人公の歴史学者をオスカー女優のレイチェル・ワイズが演じた。ホロコーストの存在の有無を巡る法廷闘争を描いていく。

ネタバレを読む
映画:ナチュラルウーマン

ナチュラルウーマンの紹介:2017年のチリ・ドイツ・スペイン・アメリカ合作のヒューマンドラマ。突然最愛の恋人に先立たれたトランスジェンダーの女性の苦悩を描いていく。第67回ベルリン国際映画祭では銀熊賞(脚本賞)とテディ賞を、第90回アカデミー賞では外国語映画賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:blank13

blank13の紹介:2018年の公開作で、俳優斎藤工が“齊藤工”名義で監督した初の長編作品。齊藤監督の短編映画『バランサー』で脚本を担当したはしもとこうじの実体験をもとに映像化。インディーズ作品ながら、国際映画祭で20以上の賞を獲得している。借金を残して姿を消した父が、余命3ヵ月の状況で13年ぶりに見つかる。息子のコウジは父と分かり合うことができないまま、葬儀の日を迎えた。ところがコウジは参列者の話から、これまで知らなかった父の真の姿を知ることになる。

ネタバレを読む
映画:かぞくのくに

かぞくのくにの紹介:2012年公開の日本映画。在日コリアン2世のヤン・ヨンヒ監督の自身の体験に基づいたヒューマンドラマ。第62回ベルリン国際映画祭にて国際アートシアター連盟賞、第86回キネマ旬報ベストテンで1位に輝いたほか多数の賞に輝いた。かつて帰国事業によって北朝鮮へ渡った兄が病気治療のために、期限付きながら25年ぶりの帰国を許された。妹は兄との再会を喜ぶが、滞在中は常に監視されているうえに、兄の病状は予想以上に深刻だった…。

ネタバレを読む
映画:オールザットジャズ

オール・ザット・ジャズの紹介:1979年製作のアメリカのミュージカルドラマ。監督を務めたボブ・フォッシーの半生を原案とした作品で、才能あふれるエンターテイナーの生と死を幻想的に描いていく。第33回カンヌ国際映画祭ではパルムドールに輝き、第52回アカデミー賞では美術商、編集賞、編曲・歌曲賞、衣装デザイン賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:ビューティフル・ボーイ(2019年)

ビューティフル・ボーイの紹介:2018年のアメリカ映画で、日本公開は2019年4月。8年もの歳月をかけ薬物依存を克服し、現在は脚本家として活動する息子と、彼を支え続けた父や家族の姿を切実に描き出した感動の実話。父と息子それぞれの回顧録を原作に、ベルギー人監督のフェリックス・ヴァン・フルーニンゲンが見事に映像化した。タイトルはジョン・レノンの同名曲に由来。R15+作品。

ネタバレを読む
映画:西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだの紹介:サチ・パーカー主演で2008年に劇場公開された作品で、原作である梨木香歩の同名小説は、児童文学として高い評価を受けています。映画内でも「西の魔女」こと主人公のおばあちゃんが住む家が森の中に建てられており、ややファンタジックな作品の世界観を演出しています。学校に馴染むことのできない少女が魔女であるおばあちゃんと触れ合うことで、生きるために大切なものを見出していく心温まるストーリーです。

ネタバレを読む
映画:ブリグズビーベア

ブリグズビー・ベアの紹介:2017年製作のアメリカのコメディドラマ。誘拐犯に育てられた青年が長年見続けてきた教育番組「ブリグズビー・ベア」の続編製作に挑む姿を描く。第89回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞ではインディペンデント映画トップ10に選出された。

ネタバレを読む
映画:ロング,ロングバケーション

ロング,ロングバケーションの紹介:2017年のイタリア・フランス合作のコメディドラマ。マイケル・ザドゥリアンの小説「旅の終わりに」を映画化した作品で、認知症の夫と末期がんの妻の最後の旅路をコミカルに描いていく。主人公の老夫婦をヘレン・ミレン、ドナルド・サザーランドが好演し、第22回カプリ・ハリウッド国際映画祭ではアンサンブルキャスト賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ミッション

ミッションの紹介:1986年のイギリス・フランス合作の歴史ドラマ。18世紀末の南アメリカ先住民の悲劇を描いた作品で、主演はロバート・デ・ニーロ、ジェレミー・アイアンズが務めた。第39回カンヌ国際映画祭ではパルムドールを受賞し、第59回アカデミー賞では撮影賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:KIDSキッズ

KIDS/キッズの紹介:1995年公開のアメリカ映画。多くのティーンエイジャーを撮影してきた写真家ラリー・クラークの初監督作で、公開後に賛否両論の論争を起こした衝撃作。ドキュメンタリータッチで描かれた異色の作品が、30年以上の時を経てソフト化された。処女としかセックスをしない少年テリーは、ドラッグと酒にまみれた生活の中で、虎視眈々と次の獲物を狙っていた。しかし過去にテリーと関係を持ったジェニーがHIV検査で陽性と診断され、彼女は必死にテリーを探すのだが…。

ネタバレを読む
映画:アメリカアメリカ

アメリカ アメリカの紹介:1963年に製作されたアメリカのドラマ映画。監督、製作、脚本はエリア・カザンが務め、自身の伯父が経験したアメリカ移住に至る壮絶なドラマを映画化した。第36回アカデミー賞では美術賞(モノクロ作品部門)を、第21回ゴールデングローブ賞では監督賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:友だちのうちはどこ?

友だちのうちはどこ?の紹介:1987年製作のイラン映画で、日本公開は93年。監督は巨匠アッバス・キアロスタミで、今作で映画賞に輝いてから、映画界での彼の存在を不動のものにした。職業俳優を使用しないキアロスタミのもと、今作でも小さな村に住む子供たちが起用された。友だちのノートを間違えて持ち帰ってしまった少年。宿題をノートに書かなければ退学させられてしまう友だちのために、少年は遠く離れた彼の家をひたすらに目指すのだった。

ネタバレを読む